« 誇り高きサボり魔 | Main | 電話が嫌いなわけ »

コロナの時代の愛

コロナ時代、

会いたい人に会えない日々が続いています。

 

 Absence makes the heart grow fonder.

 「不在が愛を深める」

 

この言葉が心の支え。

 

しかし、実家の面々とは、

毎日、顔を合わせています。

 

実家では、

両親の小さな店は休業中。

でも、毎日、家族は店に全員集合。

 

父は片付け、

母はほぼ休養、

兄はあいかわらずゴロゴロ。

 

僕は毎日コーヒーを丁寧に入れて、

母と飲み、味のチェック。

いつでもお客さんに出せるよう、

技術と舌を鈍らせないようにしています。

 

晩ごはんは、

母に任せておくと、

モヤシ料理しか出てこないで、

ちょいちょい僕がつくります。

この前は、筑前煮、

今日は、日曜なのでカレー。

 

5ff72ae122434b20a3769bc32e80bb77

高校卒業して、この町を出たとき、

父が買ってくれた包丁。

今もキレッキレ。

これを持って、ちょっとした出張料理人気取り。

 

今、保温鍋で、カレーを放置して、煮込んでいる最中です。

 

さて、そろそろ、仕上げにいってきます。

 

あ、ズーム飲みなんてのも、やってみようかな。

 

Love & Peace (・・)v

 

|

« 誇り高きサボり魔 | Main | 電話が嫌いなわけ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 誇り高きサボり魔 | Main | 電話が嫌いなわけ »