« March 2020 | Main | May 2020 »

コロナの時代の愛

コロナ時代、

会いたい人に会えない日々が続いています。

 

 Absence makes the heart grow fonder.

 「不在が愛を深める」

 

この言葉が心の支え。

 

しかし、実家の面々とは、

毎日、顔を合わせています。

 

実家では、

両親の小さな店は休業中。

でも、毎日、家族は店に全員集合。

 

父は片付け、

母はほぼ休養、

兄はあいかわらずゴロゴロ。

 

僕は毎日コーヒーを丁寧に入れて、

母と飲み、味のチェック。

いつでもお客さんに出せるよう、

技術と舌を鈍らせないようにしています。

 

晩ごはんは、

母に任せておくと、

モヤシ料理しか出てこないで、

ちょいちょい僕がつくります。

この前は、筑前煮、

今日は、日曜なのでカレー。

 

5ff72ae122434b20a3769bc32e80bb77

高校卒業して、この町を出たとき、

父が買ってくれた包丁。

今もキレッキレ。

これを持って、ちょっとした出張料理人気取り。

 

今、保温鍋で、カレーを放置して、煮込んでいる最中です。

 

さて、そろそろ、仕上げにいってきます。

 

あ、ズーム飲みなんてのも、やってみようかな。

 

Love & Peace (・・)v

 

| | Comments (0)

誇り高きサボり魔

コロナ時代、

くそマジメなひとが、

生命を落とすような気がしてならないんです。

いや、生命を奪いかねないかもしれません。

 

もし、暴漢に追われていて、

逃げている最中、

車の行き来のない交差点で、

赤信号に出くわしたら……

それでも、赤信号で止まりますかって話。

 

センセイたちの多くはマジメで、

毎日学校へ行き、

登校日を設定して生徒を登校させ、

教室に詰め込む。

 

このマジメさが怖いんです。

しかも、マスクなしで大声で話すセンセイもいて。

 

サボればいいんです。

在宅勤務も許されてるんだから。

いつものように教えるのは無理。

罪悪感を持つ必要はありません。

 

学力よりも、生命のほうが大事ですから。

 

過敏になりすぎ?

 

過敏じゃないひとが死ぬんです。

殺すことも。

 

そもそも、サボるとは、崇高なこうい。

サボは、フランス語で、木靴。

かつて、不当な扱いを受けた工場労働者たちが、

木靴で機械を蹴っ飛ばしたというのが語源。

 

サボるとは、

たたかうこと。

 

上が決めたことに従い、

同じことを繰り返すばかりで、

新しいことをやろうとしない。

そんなマジメな人のほうが、

よっぽど怠惰です。

 

僕は中学を卒業して、

ブラブラしていました。

1年遅れて高校入学したんです。

 

失ったものより、

得たもののほうが、

はるかに多かった1年でした。

 

今は歴史的な日々が続いています。

1年くらい学校をサボったって、

学ぶことはとんでもなく多いでしょう。

 

さ、サボろう(たたかおう)!

 

Love & Peace (・・)v

 

| | Comments (0)

散らかった部屋で書類が散乱してていつも行き当たりばったりなこと

片付いた部屋で仕事するのと、

散らかった部屋で仕事するのと、

どちらがクリエイティヴか?

答えは、後者。

 

片付いている部屋では、

考えが型にはまってしまうとか。

 

書類をきちんとファイルする人と、

書類を机に積み上げちゃう人と、

どちらがいい仕事をするか?

 

実は、これも後者。

ファイルする人はいらないものまで溜め込み、

いつしかファイルすることが目的となってしまい、

書類に目を通すことさえなくなるんだとか。

 

遊びに行く時、

細かくスケジュールするのと、

いきあたりばったりでいくのと、

どちらが楽しめるか?

 

これも、後者。

予想もしないことが起こるからこそ、

人生は楽しいんです。

 

これは、先日の英語の勉強をしたときに知ったこと。

 

散らかった部屋で、

書類が散乱し、

今日も明日もいきあたりばったり。

 

これで、いいんです。

いや、これがいいんです。

僕は間違ってなかった……

 

自分を肯定するために、

勉強して、

知識を得て、

確信を持つことは大事。

 

ま、片付けしようと思ってたけど、

ま、また今度で、いっか。

 

 

Love & Peace (・・)v

 

| | Comments (0)

勝ち飯ドリア

父がパチンコで勝つと、

ドリアをコンビニで買ってきてくれるんです。

そう、ドリアは、勝ち飯。

 

しかし、父も、このご時世、

母からパチンコ界から引退勧告。

 

ということで、

今日は僕がドリアをつくりました。

実は初めて。

 

愛用の包丁持参で、

実家へ出張料理人。

00a3fbd05b2649689ce6acf2f7e43113

玉ねぎ、しめじ、鳥のササミを炒め、

いったん取り出します。

小麦粉をバターで炒め、

牛乳をチョロチョロ垂らして、

ホワイトソースをつくり、

取り出したものを戻し、

塩コショウで味を整えます。

そして、ご飯を入れて混ぜ混ぜ。

皿に入れて、チーズをのせます。

オーブンが実家にないので、

バーナーでチーズに焼きを入れてできあがり。

 

めちゃめちゃ美味しくいただきました。

両親はなぜか紅生姜を添えて食べていましたが。

 

これで、いつでも勝ち飯が食べられるというわけです。

 

たたかわずして、勝利です。

 

Love & Peace (・・)v

 

| | Comments (0)

#いわたエール飯

大好きなカフェバー「10+(じゅうたす)」も、

このご時世、営業も自粛ぎみのようです。

 

でも、お弁当をつくってくれます。

14e0aff38c48432d84a308934123020f

カレーライスですが、

ただものじゃないんです。

左にカレー、

右にステーキ、

中央のマーマレードが、

味を統率するという、

戦闘力高めのお弁当。

うちのコタツでいただきました。

4ef2bd87bc734ab39a777c6100761a17

先日は、近くの公園で。

優雅に一人ランチ。

毎日食べても飽きません。

 

この町では、

いくつかのお店が、

コロナに負けず、

テイクアウトでがんばっています。

 

#いわたエール飯

 

というムーヴメント。

 

両親の小さな店も、

今は休業中。

テイクアウトコーヒーできないかな、

とひそかに企んでいます。

 

コロナ時代、

これを切り抜けたら、

きっと新しい世界が待っているはず。

 

さ、生き抜くぞ。

 

Love & Peace (・・)v

 

 

| | Comments (0)

コロナ時代の将棋

コロナ時代、そりゃ大変に決まっています。

 

両親の小さな店は、

しばしお休みです。

B1933c8a60e943458c34e617ec60494f

 

勤務校も、ようやく、休校。

50人以上集まるなってわけですから、

当然といえば当然。

しかし、生徒の登校日はあるわ、

教師のテレワークも認められないわ、

どうなることやら。

 

僕の大好きな将棋は、

この頃では、スマホで。

将棋のサイト上で、

ライバルと電話しながら熱戦。

これがけっこう盛り上がります。

 

コロナ不況で、

お金の心配している母は

このごろ、ちょっと元気がないんです。

いや、ちょっとどころではありません。

 

ここ数日、毎晩、

母と、はさみ将棋をやるんです。

450ff53de5654ce7b28e43d10e183f7f

はさみ将棋は,子どもの頃、母に教わりました。

勝てなくて、涙を流したことを覚えています。

母も、その挟み将棋を、自分の母に教わったようです。

僕は、母の母、祖母ともよくはさみ将棋をやったものです。

 

会いたい人に会えない日々が続いています。

僕もそのうち家族と会えなくなるかもしれません。

 

今は、辛抱する時です。

 

さ、明日も将棋やろうっと。

 

Love & Peace (・・)v

 

 

 

| | Comments (0)

WHYはあるのか

とかく教師は、

「これをしなさい」

「こうしなさい」

とは言うんです。

しかし、

「なぜこれをするのか」

は言わないことが多いんです。

 

「なぜ」がないからです。

ただ言うことを聞かせてるだけ。

指導ではなく、支配。

動物の世界で言えば、マウンティング。

 

上にひたすら従い、

頭がからっぽな人間を育てるなら、

それでいいでしょう。

 

そんなことができなかったんです。

サボっているからとか、

指導力がないからとか、

思われたり、

僕もつい思ったりしたことも。

 

で、最近気がついたんです。

僕にも「良心」があって、

その「良心」がそれをすることを許さなかった、と。

 

サボっていたからでも、

指導力がないからでもない。

 

新年度最初の会議で、

勇気を出して言いました。

そんなの教育でもなんでもない、

指導じゃなく支配だ。

権力のイヌを育てることは僕にはできない。

それでもやれと言うなら、

心病んでやる、と。

 

コロナ騒ぎの中、

新学期が始まろうとしています。

少しは変わるといいのですが。

 

え、僕のWHYは何かって?

 

世界を愛と平和であふれさせること。

 

これに決まっています。

ここはブレてません。

 

Love & Peace (・・)v

 

 

| | Comments (0)

桜を見る土曜日

桜は、ここらでは、6分咲きくらいでしょうか。

今日はいい天気だったので、

兄と近くの神社へお花見に。

車で行って、

椅子を出して、

持参したカフェオレを飲みました。

兄は、いつものように、桜には興味なし。

7a8971beb1234327948eb6ab824e1bbf

夜は、夜桜見ることに。

教え子を呼び出し、

馴染のカフェのキューバサンドをテイクアウト。

Efad5e36d1ef4862acfc62f7f7ed6a62

7a7cfc38a0a74627a0166ea0b3545e88

で、夜桜決戦。

いとも簡単に負けました。

 

まだ2回しか花見してないので、

明日も行こっかな。

 

Love & Peace (・・)v

 

| | Comments (0)

しあわせごはん

子どもの頃、

父がたまにビーフシチューをつくってくれました。

圧力鍋で。

上のぐるぐる回るのがなくなって、

かわりにお猪口がのっていました。

 

枯れ葉が入っていて、

食べれないのに、

なんで入ってるのか不思議でした。

 

八十を超えた父、

もうレシピ忘れちゃったようです。

 

で、先日、

小遣い貯めて肉買うから、

そんときゃつくってくれ、

と父。

 

コロナ不況か、

最近元気のない両親。

 

ということで、

この前の日曜日、

ビーフシチューをつくりました。

 

安売りしてたから、

と嘘言って、

牛肉を買ってきて。

 

保温鍋で。

中の鍋を最初に熱して、

保温容器に入れ放置。

コトコト煮込まなくても、

美味しくできました。

 

うちはビーフシチューには、

ほうれん草のソテーなんです。

 

休みの日に、

父と二人でこっそり、

スカイラークに行き、

ビーフシチューを食べたことも、

いい思い出。

 

たくさんつくったので、

教え子がうちにきてふるまい、

翌日もビーフシチューをいただきました。

 

0cc4e9049d494f70a963d400f6eea9a8

 

我が家のしあわせごはんです。

 

Love & Peace (・・)v

 

 

| | Comments (0)

« March 2020 | Main | May 2020 »