« 通常運転な夜 | Main | 必需品 »

学校に行く理由

発達障害、その言葉を、
教育現場で聞かない日はないいくらい。

かわった子、
他とは違う子、
個性が強い子、
困らせる子、いや、困っている子、
などなど。

まわりの人ができることができなくて、
まわりの人ができないことができる。
そんな人たちの人材バンクもあるんだとか。
どこかが凹んでいるぶん、
他のどこかが飛び抜けていて、
その特殊能力を活用しよう、と。

いいことだと思います。

僕もその一人。
と、確信して、
カミングアウトしたら、
まわりは、とっくに知ってたよ、と。
心が軽くなりました。

ついでに小説も書いたり、と。
共感してくれる仲間もいて、
ずいぶんと救われたんです。

でも、心ない人もいて、嫌な想いもしました。
ま、あまり気にせず、
相手にしないことにしていますが。

とにかく、
できない人に、
できないことをやれと言って、
できないと言って叱る。

こんな場面を減らしたいものでうす。

さ、そのために、明日も学校行こうっと。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

|

« 通常運転な夜 | Main | 必需品 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 通常運転な夜 | Main | 必需品 »