« あの夏から3年 | Main | みんなハッピー »

セマフカ、ナカソト

ユダヤ人の文学に興味があるんです。

独自の文化の狭い世界を、
深く掘り下げる作品が。

井戸のように、
深く深く掘っていくと、
地下水脈に当たり、
水が沸き上がってくるように。

その地下水脈は、
表面ではわからいけれど、
広く世界とつながっている。

狭い世界の中を書いていても、
その世界の外の人の心に響く。

狭く深く、
中から外へ、
で、セマフカ、ナカソト。

そんな作品を書きたい、
と、ブンガクの仲間に言ったことがあるんです。

だから、今回頼まれた書評の本は、
そんなユダヤ人が書いた本でした。

軽い気持ちで読み始めたら、
とても重厚な作品で、
なかなか読み進めず、
ただただ圧倒され、
ほんとうに〆切のギリギリまで粘って、
ようやく書評を送りました。
たった660字でしたが。

書評のできはどうあれ、
勉強になりました。

さ、そろそろ、本気出さなくちゃ。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

|

« あの夏から3年 | Main | みんなハッピー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« あの夏から3年 | Main | みんなハッピー »