« June 2018 | Main | August 2018 »

パスカルの賭け

神はいるのか、いないのか。
もちろん、僕にはわからないし、
神を見た者は、おそらく、いないでしょう。

で、パスカルの賭け。

神がいる方に賭けたら、
実りある人生を送り、
たとえ、神がいないとわかっても、
失うものはない。

神がいない方に賭けたら、
自堕落になり、
人生を浪費するだろう。
そして、もし神がいたとわかったら、
どうしてその前に出られるだろう。

神以外にも、
今はないものに、
人生を捧げる。
そんな生き方もあるでしょう。

たとえば、
戦争のない世界。
これまでもないし、
今ももちろんない。
でも、そんな世界がいつか実現する。
と、生涯、信じて、生きていく。

または、
どうせ戦争がなくなるわけがない、
と、冷笑して、
目の前のことばかり気にして、
カネでも数えて、生涯を終える。

どっちがイケてるかって話。

そう、悩む必要も、悩むヒマもない。

今あるものの多くは、
昔なかったもの。
当時はなかったものに人生を賭けた先人たちの、
生命のリレーの産物。

おっし、
今はないLove & Peace な世界に、
この人生を捧げようではないか。

いったる。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

家族

家族っておもしろいな、と思うんです。

バランスを欠いた面々が、
寄りあって、
なんとかバランスをとるところが。

僕は独身主義で、
一人で暮らしていますが、
実家が近いので、
暇さえあれば行きます。
ま、家族なもので。

僕を含め、
みんなふつうじゃありません。
何かと過剰な母、
風来坊な父、
体が不自由で口のきけない兄、
ま、アレな僕、
うちの中はしっちゃかめっちゃか。
ここへたまに娘が帰ってきます。

転がり落ちそうですが、、
坂の途中で何かにひっかかって、
いつのまにか安定したような感じ。

「万引き家族」をこの前見たのですが、
見ている間、ずっとうちのことを思っていました。

途中、寝てしまったので、
ノベライズ本を買って、
今、読んでいるところ。

つくづく、家族っておもしろいな、と。

そろそろ、長編家族小説でも書こうかな。
さ、家族のみんな、スタンバイだ。
特に何もしないでくれればOKだから。


Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

教会の読書会

台風の迫る中、
東京にやってきました。

半年に一回の教会での読書会。
キリスト教がテーマの本を、
みんなで読んできて集まり、
牧師先生もまじえ、
神を信じる者も信じない者も、
ともに語りあうんです。

恋とは、
愛とは、
神とは、
信じることとは、
答えはなくとも、
問いを共有するんです。

打ち上げは、
いつもの中華料理店で。
話は尽きず、
紹興酒もいただきました。
そのうち大雨も止み、
今、娘のアパート。
実家のあたりは台風が吹き荒れ、
さきほど電話して無事を確認。

まだまだ考えることはありそうです。
明日、教会また行こうっと。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

テキトーな仕事

時間をかければ終わるものは、
仕事ではない。
それは作業。
他の人でもできます。

そう、仕事とは、
その人にしかできないもの。
書きかけの小説は、
その作者にしか続きは書けないように。

仕事しているつもりの人は、
作業にやたら時間をかけて、
挑戦はせず、前例に習い、
そして、仕事したと大きな声で言う。

本当に仕事ができる人が、
テキトーにこなせられるのは、
ふだんから準備しているから。
仕事の前に、ほぼ勝負はついているんです。

その努力は、水鳥の足のようなもの。
湖面を優雅に進む水鳥は、
実は水面下で必死に足を動かしています。

さ、そんな仕事をしなくちゃ。
毎日、ダラダラしすぎているもので。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

本気(マヂ)な夏

今、この時期、
特に高三は、
進路決定の大事な時期。

僕は、今、三年生のクラス担任、
連日、保護者、本人と、
三者で話しています。

僕は高二の時、
毎日ギターを弾き、
ミュージシャンを目指していました。
本気で。

高三になると、
新しい先生が転勤してきて、
一緒に庭を造ったんです。
農業高校造園科に通っていたもので。
先生は、頭がやや固くて、平凡なひと。
当時、まだ子どもは生まれたばかり。
庭を造り始めると、先生とケンカし、
庭が完成すると、その感動で生徒と仲直り。
この繰り返し。

で、こんな人生もありかな、
と、高校教師でもいいかな、と。
英語が得意だったので、英語教師を。

ま、それで現在に至るわけです。
高三の夏の頃には、まだミュージシャン志望。

目指すのなら、本気。
本気でやれば、
才能があるかないかわかる。

僕はなかったわけですが、
本気でやったので、
悔いはありません。
よかったことは、本気になり方を覚えたこと。

教え子たちよ、この夏、とりま本気出してみろ。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

光と陰の甲子園

夏の高校野球、
この県では、
あと決勝を残すのみ。

朝日新聞が言いました。

 『それは無理』と感じた時、
 『もうダメだ』と体に異変を感じた時、
 仲間の様子がおかしい時、
 自分や仲間を守るために、
 声を上げましょう。

熱中症を巡る記事。
いいことを言っていますが、
その朝日新聞が、
甲子園を主催しているという矛盾オチ。

僕は高校野球の大ファン。
自分の勤めている高校や、
これまで勤めた高校を中心に応援、
ま、公立が私立を倒すのを見たいんです。

高校野球ほど美しいものはなく、
高校野球ほど汚いものもありません。

美しさは、ま、説明不要でしょう。

汚さとは、つまり、
高校野球が、子どものものではなく、
大人の楽しみに成り下がっていること。

そして、
あれだけのドラマを、
ノーギャラの高校生にやらせて、
スタッフの家庭生活を奪って、
一部の大人の金儲けの道具になってること。

炎天下、
選手は丸坊主、
用語は軍隊用語、
主砲、満塁弾、封殺、憤死、打撃などなど。
ちょっと大日本帝国陸軍の臭いもします。

僕がこよなく愛する高校野球、
そろそろ、大改革が必要でしょう。
こよなく愛し続けるためにも。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

狼の記憶

ジャック・ロンドンの小説、
「野生の叫び声」は二回読みました。

ソリ犬が主人公。
ソリを操る人間は、
ゴールドラッシュで金を探しに行きます。

人間のために、
ソリ犬は集団で奉仕、
和を乱すことは仲間からも許されず、
人間に餌をもらい、
ほめられると喜び、
絶対服従。

最後に強欲な人間は、
氷が割れて、
ソリごと沈んでいきます。

ソリ犬は、
ただの犬に戻り、
やがて自分の中に、
狼の血が流れていることに気づく。

資本主義に飼い慣らされた犬、
革命を起こし、
本来の狼に戻る。

と、僕は解釈しました。

昨日今日と、
キャンプに行ってきました。

夜、仲間と火を囲みながら、
狼に近づけたような気がしました。

この夏、また野生に戻ろうっと。


Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

10時間後の夕日

今日は、一日、学校にいたんです。
10時間勉強しようというイベントにつきあって。
スマホはスマホ置き場に置いて、
休み時間だけというルール。

おやつには、
僕の手作りクッキーを配布。

昼休みには、
自転車置き場で、
なんと流しそうめん。

2時間を5セットで10時間。
ま、僕も高三の夏は、
ほぼ毎日10時間勉強したものです。

で、ちょっと監督も兼ねて、
つきあってみました。
僕は受験がないので、
文学と英語をやろう、と。

なんだかみんなとやると、
のりきれちゃうもんなんです。
午前中には、短編小説を一つ書き、
午後は、英語を勉強したり、
読書会用の本を読んだり、
で、僕もほぼ10時間つきあっちゃいました。

夕日がきれいになったころ、
10時間勉強が終了、
生徒たちは拍手をしました。

新作が書けたこともあり、
僕も参加してよかったと思いました。

「青灯」次号あたりで発表かな。
コーヒーが主人公の話、請うご期待。

では、今日は早く寝ようっと。


Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

やるしかない夏

やれるかやれないか不安、
と、教え子たちはよく言います。

やれるかやれないか、
やってみなきゃわからない。

とは、職員室の若手の言葉。

やると言ったら、やる、やりきる。

とは、中堅体育教師の言葉。

やれるかやれないかじゃない。
やるしかない。

とは、ベテラン数学教師の言葉。

やったら、できた。

とは、僕の言葉。

やる気はやり始めると出る。

そんなことも聞いたことがあります。

たしかに。

やらせるんじゃなく、
やる気にさせるのが、
教師の仕事。
ま、これができれば苦労はありませんが。

さ、いよいよ勝負の夏、
どーすりゃいいんだか。

あ、まずは僕がやらなきゃ。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

この道を行く

最近、職員室の一角で、
流行っている言葉があります。。

 選んだ道ですから

他の誰でもない自分が選んだ道を、
今日ここまで歩いてきて、
今の自分があるんです。

後悔はしません。
そんなヒマがあったら、
一歩でも前に進め、
という話。

さ、明日も、この道を歩こうっと。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

甘くない

もし僕が誰かと一緒にいて、
その人にスマホをいじられたら、
それは僕の話がつまらないということだから、
相手がマナー違反というより、
僕が悪いと思うんです。

浮気されたら、
相手に怒るんじゃなく、
自分を磨け、
というのと同じ。

話をちゃんと聞け、
と言われても、
つまらない話なら聞きません。
てか、聞けません。

授業でも、そう。
生徒が居眠りしたら、
それは授業がつまらないから。
生徒を叱る前に、
教師が授業を改善すべき。

 新手一生

他人が差した手は差さない。
一生、新手を追求する。
これは伝説の棋士枡田孝三の言葉。

なるほど、
言葉も常に新しくなくてはいけません。


さ、日々精進です。
コミュニケーションは甘くない

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

ロンリー・ナイト

この町に住んで、
もう8年ちょっと、
ようやく近所にいい店を見つけたんです。

各種スコッチウイスキーが揃い、
ジャズが流れ、
落ち着いた雰囲気の店。

サッカー観戦帰りには、
娘と立ち寄って、
マスターにウイスキーを選んでもらい、
オン・ザ・ロックで飲んだんです。。

で、本日、Jリーグが再開、
もちろん、近所のスタジアムに行って来ました。
今日は娘がいなかったので、
帰りに、一人で行きました。

すると、もうその店は、営業していないようでした。

ようやく見つけた隠れ家だったのに。
この町で唯一のお気に入りカフェが、
昨年閉店してしたことも思い出しました。

なんだか、さみしい夜です。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

粘り強さ

粘り強いことは、いいこと。

ま、その通りでしょう。

しかし、たとえば、仕事で、
効率の悪い方法を、
改善することもなく、
耐えて耐えて、
ダラダラ働いたら、
この「粘り強さ」は、
いいことではありません。
むしろ、進歩を阻害する悪いこと。

粘り強くないひとが、
もっとも効率のよい方法を見つけて、
他の多くの人に貢献してきたのも事実。

粘り強さは、しょせん、
多面的な人間の一面。
場面によっては、
いいこともあれば、
悪いこともあるのでしょう。

ものごとは多面的に見る。
特に人間は。

ふむふむ、めとめも。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

終わらない夏

高校野球地区予選真っ最中、
毎日半分のチームが、
悔し涙を流します。

今日は本校野球部も、
強豪校相手に一時はリードして、
善戦したものの、
後半突き放され、
悔し涙を流しました

いつも、ちょっとうらやましくなるんです。
悔し涙を流す人たちを。
悔し涙を流すためには、
地獄のような練習をしているはずです。
そんな経験がないから、
僕は悔し涙を流したことがないのでしょう。

涙は、
心の汗、
泣いたぶんだけ、
強くなるはずです。

こんな僕でも、
スポーツではありませんが、
悔し涙を流したことがあります。

それは、2015年の9月19日の朝。
そう、「戦争法」の強行採決の日。
僕はデモに19回参加し、
全国の仲間もたたかいましたが、
それでも止めることができなかったんです。

2015年の夏は、
僕の中では終わってないんです。
それ以来、ずっと夏。

さ、夏本番、僕の一番好きな季節到来です。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

たたかいはここから、たたかいはいまから

大学生一年生の時、
アパートの隣の部屋には、
同学年の日本文学科の学生がいたんです。
僕の部屋にちょくちょく遊びにくる仲で、
お互い、本を貸しあっていました。

あるとき、僕が「しろばんば」を貸したんです。
中学校の時、一部が教科書に載っていて、
全部読みたくなって買った文庫本。
おばあさんと二人で暮らす少年の成長物語。

お返しに彼も本を貸してくれました

「これ読むと、共産党万歳ってなるよ」

そう、小林多喜二の「蟹工船」

僕はアカは怖いと英才教育を受けていました。
最初の選挙では公明党に入れたくらい。

そんなわけないだろう、と思いながら、
で、読み終わると、
すっかり気持ちはアカに。

話は単純、
労働者は団結して、
ピンハネする資本家から、
カネをきっちりいただこう、
と、ただそれだけのこと。
そりゃ、アカは怖いわけです。
資本家にとっては。

究極の搾取である戦争にも、
アカは当然反対します。
そりゃ、アカは怖いわけです。
政府にとっては。

共産党員で小説家の多喜二は、
牢獄に入れられ、
拷問で虐殺されました。

そんな日本共産党が、
今日で96才のバースデイなんだとか。
もちろん、日本最古の政党。
こりゃ、めでたい、めでたい。

アカが怖いとは、権力者のセリフ。
アベが怖いとは、我々のセリフ。

蟹工船がベストセラーになったのは、
つい数年前のこと。

たたかいは、続いています。

今も。
これからも、ずっと。


Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

初戦!

今日は高校野球応援に行ってきました。
我が校野球部は、
僕が転勤してきて以来、
夏の初戦で勝ったことがありません。

で、今日、
先制点をとるものの、
逆転され、接戦に。
また負けるのか......
と思い始めたら、
逆転、
といっても1点だけ......

よく廊下ですれ違い、
そのたびにいじってきた選手が、
めちゃめちゃがんばっていました。
3番手投手。
出番はなさそうでしたが、
声を出すこと、出すこと。
仲間を励まし、
相手にプレッシャーをかけ、
ずっと声をかけっぱなし。

いつしか、そんな彼を応援していました。

僕のクラスの唯一の野球部員は、
キャッチャーで、今日は控えに。
控えキャッチャーはなかなか忙しいんです。
ブルペンで二番手投手の球を受けたり、
正捕手が出塁したときなど、
準備ができるまで投球練習の相手したり、と。

サードコーチャーもよく声が出ていました。
点をとるかどうかの走塁の決断をする重要な役割、
迷うことは許されない瞬間の判断、
そうとうなプレッシャーでしょう。

そう、レギュラーの9人以外も、
いっしょになってたたかっているんです。
ここが、高校野球の醍醐味。

さ、明後日は9年ぶりの二回戦!
いったれ、いったれ!

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

マジメとキマジメとフマジメあいだ

ま、どの社会でも、キマジメな人はいます。
たいてい、その社会を支えるのは、
そんなキマジメな人なのかもしれません。

でも、キマジメな人は、
上の誰かが作った型に忠実なだけ。
まわりもその型にはめようとします。
で、はまらないと、怒る怒る。
上の代弁者かよって話

一方、
本当にマジメなひとは、
自分の心に忠実。
心の奥底の声なき声に耳を傾けるんです。

他人のつくった型にはまることより、
自分で型をつくることのようを優先するので、
時に、フマジメと呼ばれることも。

キマジメな人は、
自分の感情に向き合うことを、
サボっています。
その点では、こちらのほうがフマジメ。

マジメでありたいと思います。
キマジメでも、
フマジメでもなく。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

学期末の数字たち

今学期もそろそろ終わり、
毎日、数字に追われる日々。
授業時数、欠席数、、
テストの点数、平均点、順位、偏差値、
そして、通信簿。

僕たち教師も大変ですが、
数値化される生徒たちは、
精神的にもっと大変でしょう。

しかし、
好きな人のすばらしさを、
数字で説明しろ、
と言われても、
それは無理というもの。

そう、数字なんて、
多面的な人間のたった一面にすぎません。

すべての競争は、
その一面を比べるだけ。
勝っても、負けても、
たった一面。

そもそも、人間の魅力など、
数値化できないところにあるのですから。

さ、通信簿を渡せば、
もうすぐ夏休み。

なんのために、
一生懸命勉強して、
教師になったかといえば、
この夏休みのため。

で、明日は球技大会、
どうか晴れますように。


Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

男もしてみんとてするなり

傘を買いに行ったんです。
昼休みに。
県庁所在地の街中で。

晴雨兼用の折りたたみ傘を見つけ、
ちょうど日差しも強かったので即決。

店を出て、
日傘を差して歩くと......
まあ、快適なこと、快適なこと。
まるで、携帯日陰。

しかし、日傘を差している男は皆無。
すこし、恥ずかしくなってきましたが、
とりま、歩き続けました。

女もすなる日傘というもの、
男もしてみんとてするなり。
そんなことをつぶやきながら。

ちょっと思ったのですが、
マイノリティの人たちは、
いつもこういう思いをしているのだな、と。

顔を上げて、
胸を張って、
歩き続けて、
まわりの意識を変えていく。

こうして、時代がを変わってきたのでしょう。
そう、時代の変えるのは、いつもマイノリティですから。

男の日傘、いいね。


Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

壁は破るためにある。

人生は、
クローズアップで見れば悲劇だが、
ロングショットで見れば喜劇である。

チャップリンの言葉です。

今日、ちょっと話題になったんです。
職員室でも、
相談室でも。

今はつらくても、
時間が解決しますよ。
近くばかり見てないで、
壁を破って、
外の世界に出てみれば、
今ここで抱えている問題なんて、
小さなものだってわかりますよ。

相談室に来た教え子が、
そんなことを言って、
僕を励ましてくれました。

こんな僕でも、
うまくいかないことがあれば、
クヨクヨ考えてしまうもので。

そう、気づけば、壁に囲まれて、
小さな世界に安住していました。

そんな壁はまずうち破って、
外のもっと大きな世界を見て、
予想もしないものに出会う。

今の僕に欠けているものは、それかな、と。

壁は、破るためにあるものですから。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

人間の成分

人間は、何でできているか?

もちろん、食べたものでできています。
内面は、愛してきたものでできているのでしょう。
そして、人生は習慣からできているともいえそうです。

毎日、
何を、
どのくらい、
どのようにしているか。

がんばっている人は、
無理をしてるのではなく、
毎日、さほど苦もなく繰り返している人。
まさに習慣。
でも、これが難しいんです。

たとえ、一分でも、
とにかく、毎日繰り返すこと。
一ヶ月もすれば、
すっかり習慣になるはず。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

賛否両論

不完全な人間が、
何かをすれば、
それも不完全なので、
ほめる人もいれば、
けなす人もいるのは、
当然といえば当然。

ほめられたい、
でも、
けなされたくない。

それは無理というもの。

賛否両論、
これは最高の評価。

最低の評価は、
無視ですから。

どうしてもけなされたくないなら、
何もしなければいいんです。
で、それで、生きてると言えるかって話。

けなす人が劣等感を抱えてるのはよくある話。
そんな人は、実は自分をけなしてるんです。

誰かをけなすときは、
劣等感から言ってないか、
よくよく確かめなくてはいけません。

ま、けなさないのが一番ですが。

けなしてばかりの人は、
自分が何かしたらけなされる、
と恐れ、何もしないもの。

今、ちょっと賛否両論の嵐の中にいます。
小さな嵐ですが。
ま、感謝感謝。

ああ、無視されなくてよかった。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

AM土曜

今日は、久しぶりに朝寝坊。

日課のスロートレーニングとヨガを、
少し遅い時間に始めました。

朝食は、ブランチに近く、
パーティで残った餃子を温めて。

録画しておいたビデオを見ながら、
シフォンケーキをつくりました。

で、それを持って、
午後には早速出かけましたが。

明日は東京に行きます。
ま、また来週、のんびりできるかな。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

カメラを持ち歩かない日々

カメラ、落としちゃいました。
で、今、修理中。
何万円とられるんだろ?
ドキドキです。

ここ数ヶ月、
毎日カメラを持ち歩いていました。

夕日部鬼顧問として、
部員たちと、夕日を撮りにいくこともありました。

運動部の試合や、
文化祭の様子の、
撮影を依頼されることも。

外出するときは、
カメラが相棒。
そんな日々だったのに。

日常の中に、
非日常な瞬間を、
見つけるのが、
僕の撮り方。

しかたないので、
iPhoneで写真をとる今日この頃。
無念。

しかし、教え子のJリーガーが言いました
 
 試合に出られない時にこそ成長するチャンス、と。

iおっし、勇気出た。
老いては、教え子に従えとは、言ったものです。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

かりゆしデイ

昨日、ちょっと買い物してきました。
少し離れた町まで電車で行って。
沖縄物産店で、かりゆしを買ったんです。
沖縄風の半袖シャツ。
僕のはボタンダウンで、
薄い青の生地に、
紺でハイビスカスと鳥の模様。

かりゆしサーズデイが始まったんです。
まだ数人の同僚しか着てませんが、
乗り遅れるわけにはいかない、と。

職員室の一角が、
ちょっとした南国に。
仕事がさらに楽しくなってきました

沖縄は、
日本の問題が、
集約された島。

戦前も戦後も。
どれだけお世話になっていう話。
沖縄の問題は、日本の問題。
少しでも連帯できたらな、
とも思いました。

ノーネクタイ、
裾をズボンの中に入れないので、
けっこう涼しいんです。

かりゆしエブリデイでもいいくらい。

また、沖縄行きたいなあ。

な、娘よ、どう?

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

経営者の夢、労働者の悪夢

先日、国会で、
残業しても残業代はゼロになる法律が成立。

残業代ゼロを、
「高度プロフェッショナル」などと言いかえて。

年収1075万円超えたら、
残業代は払わなくてもいいようです。

 君の給料は1075万円いってないけど、
 ブラック企業並みにめっちゃ残業すれば、
 1075万円軽く超えちゃうよ。
 だから、残業代、ゼロでいいよね。

そんなことも可能になるそうです。

働きすぎで死ぬ国は、日本だけなんだとか。
Karoshiなんて言葉が、英語の辞書に載るくらい。

アメリカ人の同僚に、
いつか、サービス残業の話したら、
何を言っているのかわからないようでした。

こんな国で、
働き方改革、
どころか、
働かせ方改悪。
データをねつ造してまで、
与党はこの法律をつくったんです。

残業させても、
残業代を払わなくてもいい。

どう考えてもおかしな法律。
経営者の夢かよって話。

まったく、
どこまで痛めつけられたら、
日本人は立ち上がるのでしょう。
このままじゃ、
立ち上がれなくなるほど、
痛めつけられそうです。

上に忠誠をつくす。
たとえ上が間違ってても、目をつぶる。
それが日本人の美徳ならば、

もう非国民でけっこう。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

もうちょっとだけ

衝動買いしてしまったんです。

 任天堂クラッシック

いわゆる、ファミコンです。
高校生の時、遊んでいたゲーム、
懐かしくなって、ついポチってしまいました。

昨日、うちに帰ってきたら、届いていたんです。
「スーパー・マリオ」をちょこっとやってみたら、
おもしろいこと、おもしろいこと。
そして、思い出すこと、思い出すこと。

農業高校造園科に通っていて、
空手を習ったり、
ドラムを叩いたり、
英語を勉強したりの日々を。

当時、最優先事項は、
常に、恋愛でした。
女子のこと以外で悩んだことがなかったほど。

昨日も今日も、、
ついつい時間を忘れて、
ファミコンに没頭してしまいました。

すぐにゲームオーバーになり、
悔しくて、もう一回。
これで終わる、と誓っても、
また悔しくてもう一回、
と、きりがないんです。

困った、困った。

さ、寝る前に、もうちょっとだけ。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ちょっと結婚式へ

アメリカに行ってきました。
弾丸ツアーで。
結婚式にお呼ばれしたもので。

12時間のフライト、
3時間乗り気和えで待って、
1時間ま飛んで、
ようやくインディアナポリスに着きました。

元同僚が花嫁。
花婿に挨拶して、
うちの中を見せてもらい、
おしゃべりして就寝。
ふかふかのベッドに感激。

翌朝、花婿がダイナーに連れていってくれました。
いかにもアメリカンな店、
パンケーキ、ハッシュドポテト、目玉焼き、コーヒー。
そして、フレンドリーなウェイトレス。
まさに、映画の中のダイナーのようでした。
ボーイズトーク、花婿はいかに自分が幸せかを語りました。

そして、結婚式。
元は大きな納屋だった建物を借りて、
160人が集まるとか。

装飾は、友達や親族で。
僕も手伝いました。
みんなで二人を幸せにしようと、
協力して、手作りでする結婚式。

花嫁は二回目の結婚。
両親も離婚していたので、
それぞれのパートナーと参加。
バージンロードは、二人のお父さんがリレー。
さすが、離婚大国。

アメリカの結婚の条件はただ一つ、
ロマンチックであること。
冷めたら、さっさと別れるんだとか。

ひととおり儀式が終わると、
二人がみんなの前で踊ります。
花嫁は、二人の父さんと、
花婿の父さんとも踊りました。

披露宴では、
多くの人とおしゃべりしたが、
まさに一期一会。

そして、次の日の早朝、
また飛行機で帰ってきました。

さて、観光なしのこの旅、
お土産話はたっぷりできそうです。

またいつでもおいで、と二人。
なら、またいくしかないかな、と。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

« June 2018 | Main | August 2018 »