« 短所を長所に変える術 | Main | 世界の中の無数の世界 »

指導と支配

日々、学校で働いていて、
よく自分に問うんです。

今、生徒に対してしてることが、
指導なのか、
支配なのか、と。

指導では、生徒を前へ行かせますが、
支配では、生徒を前に行かせません。

教師は、
指導者であって、
支配者ではありません。

常に生徒の上に立ち、
生徒を管理することが、
教育だと思っている支配者的教師は、
けっこう多いんです。
きっと劣等感が強いのでしょう。

ま、生徒は敏感で、
そんな教師には面従腹背で、
適当に対応していますが。

教師なんて、
生徒に追い抜かれてなんぼ。 
自分よりすごい生徒を育ててこそ、
いい仕事をしたというものです。

自分以下の生徒を育てたって、
この国は進歩しないでしょう。

教え子たちよ、
どんどん追い抜いておくれ。
ついてくよ。
そして、僕の老後の楽しみになってくれ。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


|

« 短所を長所に変える術 | Main | 世界の中の無数の世界 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 短所を長所に変える術 | Main | 世界の中の無数の世界 »