« 世界の中の無数の世界 | Main | 今日もミスばかり..... »

和をもって、いつも、尊しというわけではない

和をもって尊しとなすのが日本人。

だから、衝突を避けるのでしょう。
もの申すなんてもってのほか、と。

上が間違っていても、黙っている。
もの申す人がいたら、村八分。
みんな不幸でみんないい。

そんな「和」は尊しとはいえないでしょう。

新年度が始まり、一ヶ月ちょっと。
衝突するならこの時期、と思うんです。
先に言いたい放題言いあって、
お互いのスタンスを見せあい、
あとは、雨降って地固まるを待つ。

ギャンギャンうるさい人がいると、
まわりはギャンギャン言われたら、
めんどくさいので、何も言わない。

それで、ギャンギャンうるさい人は、
これでいいんだ、と勘違いして、
さらにギャンギャンうるさくなり、
もっとめんどくさくなるものです。

毎年、この時期、
そんなギャンギャンなひとたちと、
あえて、衝突するんです。

衝突するなら、今。
仲良くしていて、あとで衝突するより、
先に衝突して、後で仲良くなりたいもの。

もう少し攻防が続きそうです。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

|

« 世界の中の無数の世界 | Main | 今日もミスばかり..... »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 世界の中の無数の世界 | Main | 今日もミスばかり..... »