« となりのアイヒマン | Main | ほどよい距離感 »

理のあるこっちへ

理は、いつも、こっちにあるんです。

でも、あっちは多数だったり、
権力やカネを持っていたり、
それで、負けちゃうんです。

理は、いつも、こっちにあるのに。

あっちもわかってるんです。
理は、こっちにある、と。
でも、仕方がない、と言って、
こっちをねじ伏せるんです。

理がこっちにあれば、
あっちが多数でも、
あっちがカネを持っていても、
あっちが権力を持っていても、
勝てることもあります。

ま、最近は負けが混んでいますが。

理がこっちにあれば、
こっちが多数になることもあります。

かつて、異端だった地動説が、
今は、常識となったように。

たとえ少数でも、
理のあるほうにいたいものです。
居心地は、こっちのほうが、ずっといいから。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

|

« となりのアイヒマン | Main | ほどよい距離感 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« となりのアイヒマン | Main | ほどよい距離感 »