« エイジング | Main | 東京の表情 »

東京の日々

今、東京に来ています。
高校一年生たちと。
企業見学やら大学見学する研修。

東京の学生気分を思い出します。
当時、バブル期。
日本中が浮かれていた時代。

しかし、あえて僕は仕送りをもらわず、
奨学金とバイトで生計を立てていました。

「貧困は美徳だ」が座右の銘。
貧しい人は小銭を拾ってもうれしい。
だから、幸せをたくさん見つけられる、と。

企業には興味を持てず、
就職活動もせず、
文学に専念していました。

僕はあの時代は好きではありませんでした。
バブル、まさに泡、膨れても中身はなし。
遅かれ早かれ、はじけるのも泡。

文学の中に、
普遍的な価値があるはず、
と、本ばかり読み、
そのうち、いろいろ書き始め、
現在に至るわけです。

英米文学科で学び、
英語を教え、
小説を書く毎日。
この東京には感謝しているんです。

明日は、母校でも見に行こうかな。
きっと、銀杏並木がきれいなはず。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

|

« エイジング | Main | 東京の表情 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« エイジング | Main | 東京の表情 »