« 超個性っ | Main | 水風船じゃなく水鉄砲 »

やさしい社会

社会や組織の成熟度は、
マイノリティへの対処で計られる。

と、思うんです。

一つのマイノリティを排除したら、
次に他のマイノリティを排除するんです。
そして、さらに排除すべきマイノリティ探しが続きます。
イジメと同じ構造。
そんな社会が長続きするわけありません

いずれ、誰もが年老いて、
弱者というマイノリティになるんです。

だから、マイノリティを包み込む社会を、
今のうちにつくっておかなくっちゃいけません。
そう、自分のために。

また、マイノリティは、
特に発達障害の人たちなど、
他の人にはできない特殊能力を備えていることも。
もし、そんなひとたちがいなかったら、
技術革新も革命も起こらず、
今ごろ、原始時代のまま、奴隷制も残っていたことでしょう。

かつて、ネアンデルタール人は、
障害者がいても、
みんなで支えて、
天寿を全うさせました。
文明もない何万年も前のこと。

現代人にできないはずがありません。

ちょっと変わった人がいたって、
同性婚したい人がいたって、
障害のある人がいたって、
赤ちゃん連れで働く人がいたって、
ちっちゃいことで文句を言うなって話です。

社会なんて、マイノリティが集まってできているのですから。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

|

« 超個性っ | Main | 水風船じゃなく水鉄砲 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 超個性っ | Main | 水風船じゃなく水鉄砲 »