« 自分が一番正しい人たち | Main | 東京の小さな教会の読書会 »

日本的な、あまりに日本的な

戦艦大和、
子どもの頃、
図鑑で見て、かっこいいな、と思いました。
宇宙戦艦ヤマトなども人気で。

めちゃめちゃ大きくて、
めちゃめちゃ強い戦艦大和、
今も誇りに思っている日本人も多いはず。

でも、実際は、
大した戦果を挙げることなく、
「一億総特攻のさきがけ」として、
水上特攻のために出航したものの、
すぐに沈められてしまいました。

今のカネの換算すると、
4兆円くらいかかったそうです。
そう、国家予算を揺るがす額。

巨艦大砲主義は、
すでに時代に乗り遅れていて、
反対した軍人もいたそうです。
にもかかわらず、莫大な血税を吸い上げ、
極秘のうちに、建造したんだとか。

そして、すべてが海に沈んでしまったというオチ。

でっかいことを威勢よく言って、
同調しない奴は脅して、
でっかいことしようとして、
とてつもないでっかい失敗をする。
とりかえしがつかないほどの。

まったく、なんて日本的。

今も時にそんな臭いがプンプンします。
とても、つきあっちゃぁ、いられません。

それでも日本人かって?

地球人ですが、なにか?

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

|

« 自分が一番正しい人たち | Main | 東京の小さな教会の読書会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 自分が一番正しい人たち | Main | 東京の小さな教会の読書会 »