« 深夜のフェミレス好き | Main | 書評という仕事 »

出会いと別れの間

人生は旅であり、
旅は人生である。

僕の好きな言葉。
たしかアンデルセンの。

旅は、
移動ではなく、
出会いを求める行為。

そう、今の自分は出会いの総決算。

で、出会いがあれば、
同じ数だけ、
別れもあるんです。

人間が、死すべき存在であるかぎり、
別れと別れることはできません。

そう、今の自分は、別れの総決算でも。

せつないもんです。

だからこそ、
出会いと別れの間、
愛を詰め込めるだけ詰め込む。
これが人生なんだなあ。

と、思う、日曜の夜です。
さ、いっぱいやってねっか。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


|

« 深夜のフェミレス好き | Main | 書評という仕事 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 深夜のフェミレス好き | Main | 書評という仕事 »