« 多喜二の「母」 | Main | 北極星を見る目 »

まさかの結末の古書

そういえば、山本有三、読んでませんでした。

この前、娘が京都へ一人旅して、
古本屋で、山本有三を選んでもらったんです。
「生きとし生けるもの」

で、取り寄せて、読んでみました。
金持ちの青年と貧乏人の青年の物語が、
交互に並行して進行していきます。
そして、最後に二つの物語が交差する。
グイグイ読ませます。

娘にLINEでおもしろいと伝えると、
絶対に結末は言うな、と。

昨夜、読み終えました
まさかの結末なんです。
ほんとにまさかの。

なんと、連載中断。
これから、いいところだったのに。

もちろん、娘にはまだ言ってません。
ま、今度会ったら、
この物語の続きを語り合おうと思います。

実は、娘はもう一冊買ったんです。
「無事の人」
現在、お取り寄せ中。

古本って、いいね。
な、娘よ。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

|

« 多喜二の「母」 | Main | 北極星を見る目 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 多喜二の「母」 | Main | 北極星を見る目 »