« March 2017 | Main

営業の極意

さきほど、ようやく、
薬屋さんがやってきました。
何度か電話をもらっても、
留守だったもので。
うちの置き薬をチェックしてもらい、
使った分だけ薬代を払いました。

スーツを着て、
黒縁眼鏡をかけ、
ふっくらして、
親しみやすそうな青年営業マン。

彼が来るのを楽しみにしているお年寄りもいるんだとか。
薬を置いてあるうちを訪ねるだけじゃなく、
新たに薬を置いてもらうため、
飛び込み営業もするといいます。

断れても、断られても、
ドアをピンポンし続ける。
営業トークの基本は、
話を聞いて聞いて、
潜在的ニーズを掘り起こすこと。
そして、押すときは押す。

なるほど。

同人誌を売ったり、
組合の勧誘をしたり、
共済をすすめたり、
と、僕も営業をすることがあります。

ライフワークの社会変革も、
営業と言えば営業。
話を聞いて聞いて、
一人でも多くの人に、
連帯してもらう。
まさに、営業トーク。

今日は勉強になりました。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

更新されるコトバ、されないコトバ

この頃は、特に、SNSで、
コトバが、日々、更新されていきます。

デモや集会で、
掲げたスローガンなど、
10日も経てば古くなります。

昨日ウケたコトバが、
今日まったくスルーされる。
なんてことはザラ。

更新し続けないと、
コトバは届かない。
そんな時代なのでしょう。

しかし、紙の本、これもいいんです。
もう何十年も更新されないまま。

あてもなく古本屋に入り、
たまたま手に取った本に出会う。
出会った以上、即、買い。
この頃は、そんな読書ばかり。

更新されない読むとと。
今度は自分が更新されていきます。

さ、今宵も古本読んで、寝よっと。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

答えられなかった問い

教え子からはいろいろ質問されます。
口のうまい僕のことだから、
いつもテキトーに答えるんです。
で、たいてい納得させるんです。
いちおう、プロですから。

でも、今まで、一つだけ、
答えられなかった質問があります

「先生、私、日本がどんどん嫌いになる。どうすればいい?」

今も、答えが見つかりません。
あれだけ、起きてから寝るまで、
言葉を吐き続けているのに。

今日も、心ない失言がありました。
その大臣は辞任したようですが、
ホンネは変わらないでしょう。
悪いと思っていないし、
たとえ悪いと思ったとしても、
ホンネを隠さなかったことに対してくらいでしょう。

彼女がこれ以上日本を嫌いにならないように、
言葉を紡ぎ続けるしかないでしょう。

言葉しか武器はないので。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

111位な日本

先日、不倫がバレた自民党議員、
妻が、土下座して謝罪していました。
別れりゃいいだけなのに、
まったくアホらしい結婚。

日本の衆議院議員、女性はたった9.3%。
一日の家事は、女性3時間35分、男性42分。
平均年収、、女性276万円、男性521万円。

そんな数字が今朝の新聞に出ていました。
ただ男に生まれてきただけで、
そんなに偉いのか?
さすが、男女平等111位(144カ国中)だけのことはあります。

自民党が、
憲法に「家族は助け合って」
なんて書き込もうとしています。
夫が不倫したら、妻が土下座する。
そんな「助け合い」いらないでしょう。

日本の結婚は、
男性が、合法的に、
カネ、家事、育児、お家、
それらを駆使して、
女性を所有するシステム。

と、つくづく思います。
ま、これが独身主義なわけでもありますが。

男尊女卑国家ジャパン、
このままでいいわけありません。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

ボスとリーダー、大きすぎる違い

ボスとリーダーは、
似て非なるもの、
大きな違いがあります。

ボスは、上から命令して、
部下を思い通りに管理します。
これは、支配。

リーダーは、先頭に立って、
仲間を引っ張っていきます。
これは、指導。

学校では、必要なのは、
支配ではなく、指導。
この違いがわからなくて、
ナメられることを恐れ、
生徒を支配して、
指導した気になっている、
そんな教師が多すぎるようです。

ま、日本の社会全般がそうかもしれませんが。

支配では、成長させることはできません。
ダメ出しで、自分より下に落とし込むからです。

指導では、
ここまでが教師の課題、
ここからは生徒の課題、
と課題を分離して、
生徒が教師を追い抜くのが理想。

指導者には、
待つ、見守る、信じる、
その勇気が必要です。
教育者は、支配者ではないんです。

学校で、マジメで、頭がいい子が、
社会で、柔順で、そのいい頭で忖度。
そんな「いい子」が日本をダメにしています。

日々奮闘されている先生がた、
ドMポチ国民を育てるために、
学校に行ってるわけではないでしょ?

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

愛を続かせるもの

独り者で、一人暮らし。
もう4年目。
で、意外に、孤独ではないんです。

愛に飢えてないからでしょう。

誰かと暮らしても、
愛がなければ、
何人と暮らそうと孤独。

恋は終わるけれど、
愛は終わらない。

恋は相手は、たいてい、一人ですが、
愛はもっと広いもの。

で、愛に必要なもの、
ようやくわかってきました。

 距離

人間は、
文字通り、
人と人の間(あいだ)に間(ま)がある存在。

 不在は愛を深める。
 Absence makes the heart grow fonder.

僕の好きなことわざ。

人間は、ヘソの緒を切ったときから一人。
でも、愛があれば、孤独ではないはず。

この人生の前半は、淋しかったなあ。

Love & Peace ・・)v


| | Comments (0)

グレーで引っ張る日々

白黒つける。
いつも、それがいいとは限りません。
グレーで引っ張る。
このほうがいい場合もあるんです。
いや、このほうが多いんです。

正しいか間違いか、
勝つか負けるか、
敵か味方か、
上か下か、
そんな単純な思考では、
ぶつかってばかりで、
すぐに行き詰ってしまうでしょう。

ブンガクから学んだんです。
グレーで引っ張ることを。
そのうち、光が見えてくるんです。
チラッと。
なんとなく方向が見えるくらいに。

毎日、SNSで、短文の連打。
あまりにも政治がひどいもので。
これは、白黒つける言葉ばかり。
心が騒つくんです。

だから、夜な夜な、一人静かに、
長編小説を書いています。
一年間の話。
やっと正月三が日が終わったところ。

コツコツ、グレーで引っ張る日々です。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

僕の好きな先生

学校で、先生の言うことをよく聞く、頭のいい子が、
社会で、権力者の言うことをよく聞き、その頭の良さで忖度。

実は、そんな人たちが、
日本をどんどん悪くしているようです。

先生の言うことなんてマジメに聞いてたら、
先生みたいなつまんない大人になる。
と、高校生の頃は思っていました。

もちろん、つまんない先生ばかりではありませんでした。

高校時代、僕の好きだった先生は、
独自の世界観を持っているカッケー大人。

外国まで蝶をつかまえにいく先生。
地元のトンボにめちゃめちゃ詳しい先生。
脚本を書いて、文化祭で職員劇を上演する先生。
宿泊訓練で、ハーモニカと怪談を披露する先生。
大きなバイクで学校に来る英語の先生。
失恋の経験を話しながら詩を教える先生。

アカと呼ばれ、小説を書き、
英語も話せる国語の先生もいました。
この先生に一番影響を受けたようです。

で、今、僕は高校教師。
言うことをよく聞く生徒がいると、
うれしくなっちゃうことも。

まだまだだなあ、というわけです。

マジメで忖度する生徒だけは育てないようにしなくちゃ。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

卵がけご飯には、これ

ようやく、できあがりました。

 醤油麹

米麹を買ってきて、
タッパーに入れ、
醤油ととくとくと入れ、
朝晩と毎日かき混ぜて、
常温で、一週間。

ツブツブがこなれて、
味噌のようになりました。
で、味見をしたら、美味。

で、早速いただきました。
卵がけご飯に入れて。

マヨネーズと混ぜて、
野菜スティックのディップにも。

みりんと豆板醤と混ぜて、
豚肉とトマト炒めに入れたら、
居酒屋で出せそうなくらい美味でした。

塩麹ブームは去ってしまいましたが、
醤油麹ブームはまだまだ続きそうです。

娘よ、今度、持ってくわ。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

北極星を見る目

目が二つあるのは、
近くを見る目と、
遠くを見る目、
両方必要だから。

北極星を見ながら、
目の前の波を乗り越えていく。

北極星を見ないで、
目の前の波にとらわれていたら、
どこかに迷い込んでしまうでしょう。

北極星は433光年、
たとえ100年前に壊れていても、
まだ333年見ることができるんです。

100年後には、
アジア共同体ができていて、
日米の対等な条約が結ばれていて、
戦争の心配がなくなり、
自衛隊もいらなくなる。
それっくらいの北極星を見なきゃ。

と、思うんです。
新しもの好きで、
ブレブレなもので。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

まさかの結末の古書

そういえば、山本有三、読んでませんでした。

この前、娘が京都へ一人旅して、
古本屋で、山本有三を選んでもらったんです。
「生きとし生けるもの」

で、取り寄せて、読んでみました。
金持ちの青年と貧乏人の青年の物語が、
交互に並行して進行していきます。
そして、最後に二つの物語が交差する。
グイグイ読ませます。

娘にLINEでおもしろいと伝えると、
絶対に結末は言うな、と。

昨夜、読み終えました
まさかの結末なんです。
ほんとにまさかの。

なんと、連載中断。
これから、いいところだったのに。

もちろん、娘にはまだ言ってません。
ま、今度会ったら、
この物語の続きを語り合おうと思います。

実は、娘はもう一冊買ったんです。
「無事の人」
現在、お取り寄せ中。

古本って、いいね。
な、娘よ。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

多喜二の「母」

映画を観にいってきました。
隣町のミニシアターへ。
一人で。

 「母」

小林多喜二のお母さんの物語。
ぜひ、多くの人に見て欲しい映画です。
こんな今だからこそ。

多喜二は共産党員作家、
反戦を貫き、
弱者の側に立ち続け、
ペンでたたかい続けました。
警察に拷問で殺されるまで。

お母さんは、多喜二の死後、
多喜二の妹が通う教会で、
牧師に絵を見せてもらいます。
十字架から下ろされたキリストを見つめるマリア。
まるで、冷たくなって帰宅した多喜二とお母さんのようでした。

多喜二は、厚木に潜伏して執筆していました。
厚木は、青学時代、二年間住んだ町。
映画の中で歌われた賛美歌に驚きました。
朝のチャイムのメロディだったんです。
厚木キャンパスのチャペルを思い出しました。

大学に入ったばかりの頃、
アパートの隣の国文科の同級生が、
「蟹工船」を貸してくれたんです。
「共産党万歳って思うよ」、と。
アカは怖いと育てられた僕は、
そんなバカなことはあるか、
と読み始め、
読み終わってからはずっとアカ。

僕の母は、
僕のことをずっと心配しています。
毎日、仏壇に向かい、
僕のアカが治るよう、祈っているんです。

さて、「母」の前売り券。
先日、母に渡しました。
店が休みの日に見に行くそうです。

多喜二、母を頼む。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

学生時代

ペギー葉山さんが旅立たれました。

 「学生時代」

この歌が好きなんです。
”蔦のからまるチャペールで…”
母校の青山学院大がモデル。
これを聞くと、せつなくなります。
チャペルなど行ったことないのに。

ガールフレンドと青学に行こう、
と、一緒に勉強して、一緒に入学したんです。

ガールフレンドは、バブルを謳歌。
華やかに輝いていました。
ちょっと自慢でした。

一方、僕はバブルの波に乗り遅れていました。
仕送りは拒否していたため、
バブル期なのに、貧しい学生時代。

ごはん代をケチっても、
古本屋に通い、
本ばかり読んでいました。

生まれた家で、
ここまで格差が生まれるのか、
と、いつしか、ヒダリにもなっていました。

家屋が無理して大金をはたいて、
僕を私立大学に入れてくれたので、
英語教師になれる程度には、
わりと真面目に勉強しました。

そのうち詩や小説を書き始めました。
ガールフレンドに見せるため。

ヒダリ、英語、文学、
もちろん、ガールフレンド。
これが僕の学生時代のすべて。

で、今も、僕は、
ヒダリで、
英語を教え、
文学を書いています。

しかし、ガールフレンドは、
旅立ってしまいました。
これが、せつないわけ。

さ、もう一回、「学生時代」聞いて寝るとします。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

声を拾う、声を届ける

声の大きな奴の意見が通る。
よくあること。
声の大きな奴は気づいていないようですが、
大きな声は、ある意味、暴力なんです。
他人に威圧感を与え自由を奪えば、それは暴力。

声なき者の、
声なき声を聞き、
その声を届ける。
これが政治なんだと思います。

声の大きな奴が、
声なき者からぶんどり
取り巻きだけにばらまく。
これを政治だと思っている奴が多いようです。

今、この町では、市会議員選挙が行われています。
明日は、最終日、選挙カーから絶叫が聞かれるでしょう。
これも政治なら、
茶畑の真ん中の選挙事務所から、
電話一本で市民の声を聞き、
その声を届けるのも政治。

一票投じるだけじゃなく、
耳になる。

さ、明日は耳になれるか。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

いい加減に適当

「いい加減」って、
加減がよいってことなので、
意味はプラス。
でも、マイナスの意味で使われています。

「適当」も、文字通り、意味はプラスなのに、
マイナスの意味で使われています。

「あの人はイーカゲンでテキトー」

これは、もはや悪口。
本来、褒め言葉なのに。

いい加減でも適当でもなく、
緻密な計画を立てて、
厳密に計画通りことを進める。

これは、とてもいいこと、とされています。
しかし、実際に現場では、
計画通りに、ことが進むことはなく、
もし、むりやりその計画通りやろうとしたら、
絶対に、誰かを傷つけるでしょう。
経験上。

料理だってそう。
レシピの分量通りつくると、
たいてい不味くなります。

食材はいつも状態が違うし、
味覚はひとそれぞれ違うし、
だから、
いい加減で適当でないと、
美味はでないんです。

いい加減で適当なことが、
もっと評価されてもいいと思います。
文字通りに。

相談室の仕事をしてると、
本当にそう思うんです。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

桜は桜として

ずっと寒い日が続いていて、
なかなか桜が咲かなかったんです。
入学式も三分咲きくらいで。

で、ようやく、満開に。
今日は、昼休み、
職場の近くの公園で、
ボッチ花見してきました。
スマホで写真を撮って、
娘に送ったり、Facebookにのせたり。

つい、思い出してしまうんです。
子どもの頃、なぜか歌っていた歌を。
うちに軍歌のレコードがあり、
兄とよく聞いていたんです。

貴様と俺とは同期の桜
同じ兵学校の庭に咲く
咲いた花なら散るのは覚悟
みごと散りましょ
国のため

桜は桜として、
鑑賞したいものです。

春の訪れを告げ、
新しい出会いに期待させ、
その美しさは儚い。
でも、また冬が終われば、
必ず、桜が咲きますから。

また来年。
さ、新しい一年が始まります。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

支配欲論

人間って、支配欲が強いんだな、
と、つくづく思うんです。

強者は強さで、
美女は美で、
賢者は賢さで、
作家は言葉で、
画家は色彩で、
弱者は弱さで、
人間はあらゆるワザを駆使して、
他者を支配するんです。

支配欲と同じくらい強いのが、
自由を求める欲望。

カツ丼を食べたいと思っていて、
カツ丼しか食べるなと言われたら、
親子丼を食べたくなるのが人情。

そう、支配と自由は真っ向から対立する物。
ゆえに、争いが絶えず、
ストレスも増大するわけです。

そんなに支配をしたいのなら、
まずは自分を支配すべき。

わかっちゃいるけどやめられない。
これが、人間。
頭ではわかっているけど、
心はコントロールできず、
逆のことをして失敗戸惑うでしょう。

で、自分を支配しようとするだけじゃなく、
自分たちを自分たちで支配しようとする。、
そのために、対等に話し合って、
自分たちのためのルールを作る。
そう、支配欲は、自治でかたがつくです。

民主主義サイコーというわけです。


時に、人間は、不安で孤独になると、
「自由からの逃走」をするんです。
強くて大きな者に服従して、
心の安定を得ようとする。
この行きつく先はファシズム。
「自由からの逃走」は病気とも言えそうです。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

耳になる

話を聞いてもらいたかったら、
先に相手の話を聞く。

こちらの話を聞いてくれない人が、
いくら熱く語っても、
ふつう聞く気にはなれませんから。

聞くとは、
耳になること。
口はいりません。

すると、
聞こえないものまで、
聞こえてくるんです。

耳は二つ、口は一つ。
二つ聞いたら、
一つ話す。
それでも、多いくらい。

相手の話をちゃんと聞けば、
どんな言葉を選べばいいかわかるでしょう。

これまでは、話す人生でした。
方針変更。
これからは、聞く人生かな。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (1)

出会う人生

昨日、横浜で、
たまたま出会った古書祭り。
で、たまたま手に取った文庫本、
閉店間際で、選ぶ時間もなく、
著者名も知らず買ったんです。

女将が切り盛りする小さな酒場、
夜な夜な集まる常連たち。
店の隅の掲示板には、
常連たちの不要になった物リストも。
ちょっとしたコミュニティ。
そこに新参者が現れて……

と、そんな物語。

人生は出会い、
とつくづく思った次第。

その文庫は短編集、
巻頭がその酒場の話、
二つ目は駄作。
もう三つ目以降は読まないでしょう。
でも、巻頭作には出会えて幸運でした。

いつか、そんな酒場の常連になって、
いろんなひとと出会うのがささやかな夢。

人生は、計画通りにはいかないもの。
出会いも。
どちらもアンダー・コントロールというわけにはいきません。
ゆえにエキサイティングなのでしょう。

さて、去年、近所に、
個人経営の居酒屋ができたんです。
なかなか一人で行く勇気が出ないんです。

あ、今度、娘が帰省したら行ってみよっと。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

東京、そして横浜

今日は東京出張、
あえて鈍行で。
本を読もうと。
ま、けっこう寝てしまいましたが。

会議後、
就活中の娘の陣中見舞いに横浜へ。

待ち合わせ前に散歩をしていたら、
たまたま古本祭りをやっていて、
文庫本2冊と出会いました。
大好きな山頭火の評伝と、
名も知らぬ作家の短編集。
カフェで、巻頭作を読んだら好みでした。

娘と合流し、
中華街で晩ごはんを食べ、
お互いの近況報告。

お茶をして、
ブラブラ歩いていたら、
終電の時間が過ぎたので、
深夜バスで帰ろうとしたら、
なんと満席。

で、いつものカプセルホテルというオチ。

さ、さっきの続き読んで寝ようっと。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

フレーマー、不幸せな人々

職業柄、人間ウォッチングな毎日。
教師としても物書きとしても。

で、不幸せになり方がわかったものでご報告。

まず、理想の型を思い描きます。
他者や組織などの。
そして、実社会で、それらを、
その型にはまるかはまらないかで評価。
はまればOK,
はまらなかったらダメ、と。

理想の型はいつも完璧。

で、現実の他者も組織も、
型にはまらなくて、イライラ。
そして、型にはめようとがんばり、
全然、はまらなくて、
さらにイライライライラ。

実はその型に、
はまる他者も、
はまる組織は、
世界中にないのに。
イライラばかり募り、
不幸になるとようです。

まわりにそんな「型はめ人」はけっこういて、
みなこのパターンで自滅しています。

ごくろうさまです。

フレームにはめる、
とりま、フレーマーとでもなづけておきましょう。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

また忘れるのか?

何もやってなくても、
何かやりそうなら、
逮捕できる。
その判断は警察まかせ。
これが「共謀罪」

「準備行為」があれば、
と言いますが、
現場近くを歩いただけで、
下見とみなされ逮捕、
なんてこともあるでしょう。

一般人は関係ない、
と言いますが、
一般人かどうかは、
一般人を監視しなくてはわかりません。

そう、監視社会。

盗聴捜査はすでに合法。
これまでも警察は、
監視カメラやGPSをつかって、
違法に捜査してきました。

「共謀罪」は、おそらく、
声をあげない人たちには関係ないでしょう。
しかし、そんな人たちの生活や権利は、
声をあげる人たちに守られてきました。

もし、共謀罪で、
拘束されたり、萎縮させられ、
声をあげる人たちが沈黙したら、
声をあげない人たちも気づくでしょう。

しかし、その時には、もう遅いという話。

 支持率も下がるだろうが、
 時間が立てば、
 国民は忘れるだろう。

これは、戦争法成立前のアベの言葉。
そんな国民が多いのも事実。

さ、今度も、忘れるのでしょうか?

政治に無関心になれても、
政治に無関心にはなれません。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

ヒマそうな人、忙しそうな人

ヒマそう、とよく言われるんです。
忙しそうな人に、
嫌みっぽく。

仕事の優先順位をつけて、
無駄な仕事を見切って、
コミュニケーションを重ねて、
同僚と仕事の分担をして、
勇気を持ってできないことはできないと言って、
文章はブラインドタッチで速打ちして、
スキマ時間はフル活用して、
最適の道具を見つけて、
最小限の労力で最大限の成果を求めて、
と、日々、ヒマになるために努力しているのに。

ったく。

買い物に行って、
商品が見つからないとき、
ヒマそうな店員がいると助かります。
すぐに探してくれるし、
商品のウンチクも語ってくれるし。

すべての店員が、
忙しそうにバタバタしていたら、
客はきっと困ってしまうでしょう。
そんな店は不人気になるはず。

で、嫌みを言う人にかぎって、
人望がないから、
仕事を頼めず抱えてしまい、
無駄に時間をかけるだけでなく、
時間をかけたことを自慢したり、
と、少し迷惑です。

ヒマは、そこにあるものではなく、
削り出すもの。

そう、楽をしたら、楽はできません。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ある問い

ひとは何のために生きているのか、
そりゃ、幸せになるために決まっています。

ひとは何のために仕事をするのか、
そりゃ、他者を幸せにするために決まっています。

他者を幸せにすると、
自分も幸せになるものです。

自分だけ幸せになろうとすると、
たいてい誰かを不幸にして、
結局、幸せにはなれないんです。

教師の仕事も、
もちろん
生徒が幸せになる援助すること。

自分が幸せじゃなければ、
他人を幸せになんかできるわけがありません。
だから、日々、
小さな幸せを見つけては、
大きな喜びを見つける活動してるんです。

勉強ができる子が幸せとはかぎりません。
運動ができる子も幸せとはかぎりません。

三木清いわく、幸福はオリジナル。
とても教えることはできそうにありません。

授業も、部活も、テストも、掃除も、遠足も、
すべては、一つの問いを解くため。

 幸せとは何ぞや?

さ、いよいよ新学期が始まります。

 
Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

途中下車な春の半日

午後、ひょっこり休みをとりました。
半日の春休み。

いつも通り過ぎるだけの駅で途中下車。
まず、駅前の蕎麦屋へ。
ざるそばをいただき、
そば湯も食後に味わいました。

5分も歩けば、
海が見えてきました。
今日は天気がよくて、
海は青く、眩しく、きらめいていました。

ブラブラと海岸を歩き、
ビーチグラスを2片見つけました。
透明なのと茶色いのと。
娘と海に行くたびに探すんです。
で、いつも見つけるのは僕ばかり。
娘は根性がないもので。

海岸沿いの公園のベンチで読書。
おじいちゃんが孫とサッカーボールで遊んでいました。
朝早かったので、春の陽気で、うとうとと。

帰りは、駅の近くの小さな喫茶店へ。
いつか来たことがある店、
店の名前と店主がかわっていました。
コーヒーをいただきながら、
娘にiPhoneでとりたての写真を送りました。

海辺にもカフェがあり、
定休日だったので、
また来ることにして、
昼下がりのショート・トリップは終わりです。

今日着ていたコートは、
僕が社会人になる直前、
祖母が買ってくれたもの。
バーバーリーの。
もう25年も着ています。

そういえば、今日は新社会人の初日だったようです。
電車で、そんなコートを何着も見ました。

初心にかえって、
明日もこのコート着ていこうっと。
もちろん、仕事に。
たぶん、仕事に。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

前へ

僕ももういい年なので、
いろいろ諦めようかな、と。

諦めることは、
ちょっと残念な気もして、
さみしくもなります。

才能がないのに、
才能があると信じて、
できないことをしようと、
不幸になった例も、
この年になればいくつも見てきました。

ま、人間には限界があるということです。
でも、限界の中で、できることをする。
そう、できることしか、できないんです。

できると思っていても、
実際にやってみると、
できないなんてこともあるでしょう。

できることでも、
一度にいくつもやったら、
どれもできないなんてことも。

だから、
できることを、
できるうちに、
できるだけやろうかな、
と思うんです。

少しずつ、
日々、
一歩ずつ。

限界も感じ、
諦めもして、
それでも、
前へ、
前へ。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

山の温泉文学合宿

山の温泉に来ています。
文学仲間二人と合宿。
今日の午後、明日の午前、
文学の話だけをするんです。

文芸批評家と、
小説家兼文芸批評家と、
僕。

二人はけっこう難しい話をするので、
ついていくのが大変なんです。
二人とも超頭がいいので。

二人はその優秀な頭脳を、
文学と社会変革ためだけに、
惜しげもなく使います。

長いつきあいで、
僕にとっては北極性的存在。

二人がこの合宿で、
何か化学反応を起こし、
すごい作品を書いてくれるはずです。

ま、僕はこれからも、
身近な人々との暮らしの中で、
小さな幸せを見つけ、
大きな喜びを感じて、
それを淡々と書いていくだけですが。

さ、課題図書があるので、
明日の朝までに読まなくては。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

蕾見

花見好きなんです。
で、今日、初の花見決行。

弱小水泳部の練習後、
部員たちにつきあわせて、
コンビニで菓子を買いこみ、
近くの神社のの東屋で。

全然、咲いていませんでした。
花見ならぬ蕾見に。

恋や新学期のことなど、
いろいろ語ったのですが、
最後は、政治の話に。

高校生たちは、
民進党がだらしない、と怒っていました。
このチャンスをものにしなくてどうするんだ、とも。
さすがは、もうすぐ選挙権を得るだけのことはあります。

寒くて、雨も降り出し、
花見は来週、再決行ということに。

次は、何かつくっていこうかな。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

« March 2017 | Main