« 受験前夜 | Main | 港町のミニミニシアター »

弱者の生き様

誰もが、かつて赤ん坊、いずれ年寄り、
今強がっていても、
それは弱さを隠しているだけ。

自分の弱さを認め、
それを受け入れて、
隠さなければ、
誰かが助けてくれるでしょう。

弱さがひとそれぞれなら、
強さもひとそれぞれ。
だから、誰でも誰かを助けられるはず。

人間なんて、
助け合わなければ、
生きていけない存在。

そう、みんな弱者。

弱者の生き方は二つしかありません。

強者に服従するか、
弱者で連帯するか。

アッキード事件の報道で目に余るのは
強者に服従して、
便宜を図ってもらおうとする醜さ。

自民党支持者の多くは、
媚びて甘い汁を吸おうとしてるんです。

僕が教員採用試験を受けるとき、
自民党の県会議員に頼め、
とアドバイスされたことを思い出しました。
もちろん、頼みませんでしたが。

アベ政権はもはや泥船。
もう逃げ出す準備をしたほうがいいのでは。
ま、心中するつもりなら、どうぞ。

万国の弱者よ、団結せよ。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

|

« 受験前夜 | Main | 港町のミニミニシアター »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 受験前夜 | Main | 港町のミニミニシアター »