« ある親孝行 | Main | 冬の街 »

支配と自由

人間は支配欲で動いているようです。

強い者は、強さで。
権力者のように。
弱い者も、弱さで。
赤ん坊のように。
他者を支配するんです。

几帳面なひとも。、
他者を支配するかわりに、
細々としたモノを支配します。

支配欲と同じくらい強いのが、
自由を欲する心。
支配はしたくても、
支配はされたくないのが人間。

カレーを食べようとしていて、
カレーしか食べてはいけない、
と言われたら、
カレー以外を食べたくなるんです。
そう、自由を守るため。

支配されない自由のために、
時にひとは命がけでたたかうことも。

支配と自由、
この相反するものを、
同時に欲しがるので、
人生とはなかなか難しくなるのです。

自然は、支配できません。
自然の一部である人間も、
結局は支配できないんです。

支配できないものを、
支配しようとして、
やっぱりできない、
これが人生。

さて、どうするか。
そこで、三つ。

1、セルフコントロール

自分を支配する、
これだけで、充分、難しいこと。
でも、挑戦する価値はあります。


2,民主主義を貫け

支配のないヨコの関係、
いばられることも、いばることもない世界を、
せめて身の回りだけでも築くんです。

3、与えよ

愛とは、与えること。
見返りなど、求めず。
情けはひとのためならず、
結局、最後には返ってきます。

とかなんとか、
朝、布団の中で考えていました。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


|

« ある親孝行 | Main | 冬の街 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ある親孝行 | Main | 冬の街 »