« カネじゃなく頭を使えという話 | Main | 社畜養成部 »

最近覚えた四文字熟語

いつもからかっている年上の同僚がいます。
少年の心を持ち続け、
整理整頓が苦手で、
人を疑うことなく、
餅つきが大好きで。

東大法学部を卒業しているのですが、
ちっとも頭がよく見えないんです。
やることなすこと真っ直ぐで、
ギャグは滑りまくり、
要領も悪いんです。

で、いつものように皆で作業をしていたら、
好きな言葉は何かという話題になり、
その東大出の同僚が、四文字熟語をあげたんです

 和光同塵

誰も意味を知らなかったので教えてもらいました。

光を和らげ、
塵と同じくする。

ピカピカ光るのはやめて、
塵と同じように汚れ、
民衆の中に入っていく。

その昔流行ったらしいセツルメントの思想そのもの。
セツルメントとは、settlement 定住。
民衆の間に立ち、ともに生きていこう、と。

で、とたんにその同僚へを見る目が変わったという話です。
ちょっとおばかに見えたのは、わざとだったんです。
能ある鷹は爪を隠していて、
それに気づかない僕などがいじっていたんです。

「もう一つの東大」というのがあるらしいんです。
エリートとして、権力側に入れば、
カネも地位も手に入れられるのに、
その優秀な頭脳を民衆のために使う人たち。
まったく惜しげもなく。
他にも何人かそんな東大出の人を知っています。

人間、捨てたもんじゃない、と思います。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


|

« カネじゃなく頭を使えという話 | Main | 社畜養成部 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« カネじゃなく頭を使えという話 | Main | 社畜養成部 »