« 短いのも、長いのも | Main | 焦る夜 »

ノー・リスクでハイ・リターンな投資

僕が大学生の頃は、バブル最盛期。

しかし、僕はその波に乗れませんでした。
ちょうど、両親も店もあまりよくなくて。

僕は私立大しか行けなくて、
塾にも行かせてもらい、
しかも、うちを出たので、
きっと、お金を用意するのは大変だったでしょう。

ちょうど、塾で、諺を教わったんです。

 Poverty is virtue.
 貧困は美徳だ。

千円拾ったらうれしいでしょう。
でも、お金持ちはうれしくないんですよ。
だったら、貧しい方が喜びは多いんですね。

と、先生。

この言葉にはずいぶんと救われました。

大学入学後、仕送りを三回もらって、拒否。

バイトを見つけ、
奨学金をもらいました。
教師を6年やれば返金免除、
一種の給付型で、毎月4万5千円。
本当に助かりました。
ま、麻雀でしのいだこともありますが。

そして、企業の就職活動はしないで、
まよわず、地元の高校教師に。
で、現在に至るというわけです。

本当に感謝しています。

これまで、何人もの向学心のある教え子たちが、
経済的理由で進学を諦めたのを見てきました。
その数は、年々、増えています。

給付型奨学金、
甘ったれるなとか言う人もいるようですが、
ぜひぜひ、拡充してほしいと思います。

教育への投資は、
ノー・リスク、ハイ・リターン。
国が子どもたちに投資すれば、
きっと国に返ってきます。

株に投資して損するより、
よっぽど賢い金の使い方。

僕も給付型奨学金をいただいて、
現在に至るわけなので、
残りの教員人生で、
なんとか恩返ししたいと思っています。

ここは、マジで、いったります。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


|

« 短いのも、長いのも | Main | 焦る夜 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 短いのも、長いのも | Main | 焦る夜 »