« 12月6日の思い出 | Main | 締め切り際な日々 »

もし愛しているのなら

If you love someone, let them go.
If they return, they are yours.
If not, they never were.

もし愛しているのなら、行かせてあげなさい。
戻ってくるなら、その人はあなたのもの。
戻ってこなければ、もとからあなたのものではない。

これは、ジブラーンの詩の一節。
昔のガールフレンドに教えてもらいました。

二十代半ばの頃、
僕たちは別れたんです。
二十年後にまた会おうと約束して。

そして、本当に二十年経ったら、
彼女は末期癌に冒されていました。
もうすぐ死ぬから見舞いに来い、と。

で、その約束を果たすことになりました。
彼女は、イギリスで家族を持っていたので、
イギリスまで会いにいったんです。

彼女の夫も僕を歓迎してくれ、
子どもたちもすっかりなつき、
ホームステイさせてもらったんです。

そして、帰国の朝、キッチンで、
彼女がその詩を教えてくれました。
英語でスラスラといったので、
よくわからなったのですが、
帰国してから、あらためてメールできいたんです。

それ以来、愛について考えるときは、
必ず、その詩のことを思い出します。

恋なら、行かせないでしょう。
愛なら、逆に、行かせるんです。

僕は職業柄よく恋の相談を受けるんです。
今度、この詩を教えてあげようっと。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

|

« 12月6日の思い出 | Main | 締め切り際な日々 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 12月6日の思い出 | Main | 締め切り際な日々 »