« こんな連夜 | Main | 教室の風景 »

デタラメ政治を許さない

2015年の夏、
「戦争法」が議論では、
中国が攻めてきたらどうするんだ、
同盟国アメリカが攻撃されてお何もしないのか、
と声高らかに言われたもんです。

で、「戦争法」は成立。
いよいよ南スーダンで、
「駆けつけ警護」するんだとか。

で、南スーダンには、
同盟国がやられたら助けたくても、
アメリカ軍はいないんです。

あれだけ脅威を煽った中国軍はいるんです。
で、何かったら、まさかの中国の駆け付け警護の可能性も。

なんてデタラメな「戦争法」

で、TPP。
8400ページもある資料の7割以上が外国語。
交渉経過の資料は、表題以外すべて黒塗り。

これを、議論もしないまま、強行採決しようとしてるんです。

ふつう、取り扱い説明書が、
7割以上が外国語か黒塗りだったら、
その商品は買わないでしょう。

そう、TPPは、賛成反対以前の話。
これも、まったくデタラメ。

議論したら負けるんです。
だから力で押し切るんです。
それが、ファシズム、
そう、アベ政治。

 「デタラメ政治を許さない」

この国が壊れていきそうです。
でも、諦めない側に立つしかありません。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


|

« こんな連夜 | Main | 教室の風景 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« こんな連夜 | Main | 教室の風景 »