« 写真の眼 | Main | 歩く、書く、そして、食べる »

ふつうの勇気

ふつうでいることの勇気。

ふむ。

あるがままの自分、
自分以上でもなく、
自分以下でもなく、
等身大、自然体、
そんな自分でいることは、
勇気がいることなんだとか。

ま、ついつい、
他人の目を気にして、
自分を大きく見せようとしたり、
うまくいかなくて、
自分をちっぽけなものと思いこんだり、
と、こんなことを繰り返してきました。
恥ずかしい話。

ブンガクの主人公は、
たいてい、「ふつう」の人。
どこにもありそうで、
どこにもなさそうな話。
大したことは起こらなくても、
しっかりとドラマはある。

ブンガクの中に、
「ふつう」でいるためのヒントはたくさん。

で、ふつうでいる覚悟を決めることは、
実は、全然、ふつうではないんです。
むしろ、勇気ある決断。

ま、「ふつう」って、
なんだかよくわからなくなってきましたが。

さ、ブンガク読んで、寝よっと。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

|

« 写真の眼 | Main | 歩く、書く、そして、食べる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 写真の眼 | Main | 歩く、書く、そして、食べる »