« 日本人の偉業 | Main | ちまちました話 »

華麗なる先送り

なんでも、先送りしてしまうんです。
昔から。
で、仕事は速いので、
ギリギリに間に合うんです。
なぜか、いつも。
自称締め切り際の魔術師。

先送りには、利点がたくさん。
エッセイなどは、最新のネタを仕込めるし、
ネタは寝かせれば寝かせるほど熟成するし。

雑用などは、先送りしていると、
そのうち、やらなくてもよくなったり、
誰か他の人がやってくれたり。

仕事が速いのには理由があるんです。
シングルファーザー時代、
毎日、残業せず、
学童に娘を迎えに行っていたので、
仕事を早く終わらせる習慣がついたのです。

仕事を速くしたかったら、いくつかコツが。
無駄なことはしない。
明日できることは今日しない。
みんなでできることを一人でしない。
他の人ができることはお任せする。
八割仕込んで、二割はアドリブにする。
などなど。

なぜ、先送りするのか?

それは、先送りできるから。
そして、今を生きるため。

しかし、問題が……

教え子や娘が真似をするんです。

君たち、二十年早いわいっ。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


|

« 日本人の偉業 | Main | ちまちました話 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 日本人の偉業 | Main | ちまちました話 »