« アナーキーな散歩 | Main | 甘ったれる憲法 »

じゃんけんぽん

授業の最初は、ジャンケンなんです。
僕vs全生徒。
僕に勝ったら生徒は座り、
負けると立ち続けます。
最後に立ってる生徒から当てるんです。

予習なしで授業に臨む、
ノーガード戦法のツワモノたちは、
ジャンケンがめっぽう強いんです。
僕の癖を読みきって、勝って最初に座ります。

教え子たちは必死、
自分が当てられたくないから、
そして、負けたら近くの生徒に恨まれるから。

ジャンケンが弱いのは、
予習をバッチリしてきて、
テキトーにジャンケンしてる生徒。
で、負けると、当然、非難されます。

まったく.......
理不尽です。

僕はジャンケンのコーチじゃない。
ジャンケン強くなるより、
英語できるようになるほうがいいだろ、
と、教え子たちにはいつも言うのですが。

ジャンケンは、実によくできています。
グーチョキパー、それぞれ個性があって、
勝つこともあれば、負けることもある。
実に公平で、平等。
ま、僕はチョキばかり出すので負けるようですが。

「勝ち組・負け組」というのいけないんです。
勝負は、やってみなくちゃわからないものです。
勝ちと負けを固定するのは、
よっぽどズルいことをしなければ無理。
庶民は白紙領収書出したら違法だが、
政治家なら白紙領収書はOKというくらいに。

フランスでは、グーチョキパーに加え、
井戸というのがあるそうです。
きっと手を筒のように丸めるのでしょう。
石とハサミは沈むから負け、
紙は浮かぶから勝ちなはず。

なるほど。
僕だけ井戸を使えるルールにしようかな。

あ、不公平で不平等か。
ま、先生はいいことにするか。
いや、それはポリシーに反する。
よし、チョキ出すのやめよっと。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

|

« アナーキーな散歩 | Main | 甘ったれる憲法 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« アナーキーな散歩 | Main | 甘ったれる憲法 »