« 教えない教え | Main | ラブ・ピース・アンド・ミュージック »

前しか見えない

去年の今日は、
いよいよその夜にも、
「戦争法」が成立するのでは、
と、朝からソワソワしてたんです。
休み時間の度にネットでチェックして。

近くの席の管理職も気にしていたようで、
僕にちょくちょく現状を聞いてきました。

「行ってきなよ、あとは任せて」、と言ってくれました。
で、仕事を切り上げ、
有給休暇をとって、
周りの同僚に見送られ、
新幹線に乗ったんです。

「がんばってきてください」
「私たちの代表だもんね」

東京駅で、娘と合流し、
パンやお菓子やジュースを買って、
いざ、国会前へ。

ものすごい人が集まっていました。

SEALDsのところにいく、と娘。
国会議事堂の真ん前まで行き、
コールに声を合わせてきました。

 集団的自衛権はいらない
 アベはやめろ
 憲法守れ
 民主主義って何だ?これだ!
 野党は共闘
 野党はがんばれ

ま、結果はご存じの通り。

後日、飲み会の二次会で、
管理職は僕に言ったんです。

 あの日あんたは国会前にいた
 俺は行けなかった
 このことは俺が一生問われることなんだ

とても、悔しそうでした。
負けたことではなく、
たたかわなかったことに。

たたかうってことは、
困難なことに挑むってことなんです。
一生かかっても達成できないような。

多くの先人たちが、
志半ばで倒れ、
負け続けながらも、
バトンを受け渡し、
それで、今があるんです。

娘よ、バトン、落とすなよ。

休んだり、
歩いたり、
寄り道したり、
それでも前へ。

もう、前しか見えないよな。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

|

« 教えない教え | Main | ラブ・ピース・アンド・ミュージック »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 教えない教え | Main | ラブ・ピース・アンド・ミュージック »