« 海とカレーの日曜日 | Main | ソウルフード研究 »

ほろ苦い祭り

ここ田舎では、お祭りの季節が近づいてきました。
時に公民館からお囃子の練習の音が聞こえます。

ちょっと、ほろ苦い思い出。

子どもの頃は、参加できなかったんです。
家族が創価学会員だったもので。
「邪宗」の祭りに出ることは禁止だったんです。
それで、いじめられたり、からかわれたり。

中学二年の時に、親に内緒で、こっそり参加しました。
祭りの衣装は、友達に借りて。
みんなが盛り上がっているときに、
たいてい一人冷めているキャラの僕ですが、
一回出たらやみつきになりました。

そのうち、堂々と祭りに参加しました。
各町の屋台についていくのではなく、
ツッパリ仲間といっしょに練り歩きました。

いつしか、創価学会の祭り参加は解禁されていました。

で、大学生になってからも、
必ず帰省して祭りに参加しました。
ちょっとした同窓会気分で。

社会人になってからは、
遠くに住んでいたのですが、
それでも帰省して祭りに参加しました。
でも、そのうち、止めてしまいました。

故郷にずっと住む同級生が、
祭りは祭りの時だけじゃない、と言ったんです。
彼は祭りのずっと前から準備に関わり、
当日も祭りの運営に携わり、
プライドを持って参加していたのでしょう。

祭りの時だけ、
ふらりとやってきて、、
好き勝手に練り歩き、
またふらりと去っていく……
そんな僕が無責任なよそ者に思えたのでしょう。

昔も今も、祭りは苦手なんです。

ま、どこへ行っても、よそ者人生。

もう慣れたし、
いつも旅しているようで、
今はこちらのほうが気に入っています。

夜店で天津甘栗を買うつもりです。
祖母の好物でいつも買いに行っていたもので。


Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


|

« 海とカレーの日曜日 | Main | ソウルフード研究 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 海とカレーの日曜日 | Main | ソウルフード研究 »