« 正常は正常、異常は異常 | Main | 第2の故郷の洋食屋 »

小さく静かな声なき声

昨日から夏休みなんです。
今朝は、少し歩いて、朝食。
この町のはずれの公民館に行ってきました。
戦争のパネル展を開催しているというので。

一人で見ていたら、
偶然、元同僚もやってきて、
おしゃべりしながらパネルを見ました。

空爆で、この町でも、多くの方がなくなりました。
近所の小学生が数十人、一瞬にして、
18才の先生とともに殺されたりも。

実家にも焼夷弾が落ちたことがあるそうです。
まだ乾いていないおむつが干してあり、
それを焼夷弾にかぶせて、事なきを得たんです。
祖母に何度も聞いた話。

みんなに送り出された青年教師の、
しごきに耐える様子が書かれたメモも。
さぞつらかったことでしょう。
強くなることを願いながら、戦地で病死したんです。

驚いたのは、犬の写真があったこと。
犬も徴兵されて出征したんです。

米兵が三人乗った軍用機が、
この町の海岸に不時着したことも。
怯える米兵たちは殴られたりもしたそうですが、
捕虜収容所に送られ、無事、帰国したそうです。

政治家も、今や、戦争を知らない世代ばかり。
だから怖い、と元同僚。

静かで小さな戦争パネル展、
じっくり見て読んで、
時間を忘れ、
足がすっかり疲れてしまったほど。

さ、今日は、早く寝るとします。
実は、車で眠るんです。
そう、軽キャンピングカーの旅の途中。
ま、荷台を平らにしただけですが。

波の音が聞こえてきます。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

|

« 正常は正常、異常は異常 | Main | 第2の故郷の洋食屋 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 正常は正常、異常は異常 | Main | 第2の故郷の洋食屋 »