« July 2016 | Main | September 2016 »

9月1日前夜

明日は9月1日、
だから今日は、
一年でもっとも悲しい日。

そう、教師にとっても。
夏休みの終りですから。

今宵、多くの子どもたちも悲しんでいることでしょう。
宿題が終わってない子もいるだろうし、
居場所のない教室に戻るのがイヤな子もいるだろうし、
朝が苦手な子もいるだろうし、
ま、眠れない夜になることは必至。

明日は一年でもっとも自殺が多い日なんだとか。

ま、死にたくなるくらいなら、休んじゃえばいいでしょう。
保健室や相談室に逃げ込むこともいいでしょう。

かつて、不登校の子とじっくり話したら、
彼女が正常で、まわりが異常なんだな、と思いました。
僕を含めまわりが鈍感なだけで。
ま、学校も、社会も、インチキだらけですから。

考えるから、学校に行けなくなっちゃうのでしょう。
考えることは、悪いことじゃないんです。
考えない罪もあるんです
何も考えず、真面目に上の言うことを聞き、
悪に手を貸すこともありますから。

僕は高校に行かず、
一年ブラブラしたんです。
そのころ、家族はつらい思いをしたでしょう。

でも、その一年は、今となっては宝物。
ま、あまりものは考えていませんでしたが。

今日はたしかに悲しい日。
悲しい時は思いっきり悲しむ。
とことん落ち込む。
底に当たるまで。
こういうカウセリング技法もあるんです。
ドン底まで落ちると、世界がひっくり返る。
そんなことはたしかにあります。

ああ、悲しいこと、悲しいこと。
ああ、めんどくせえ、めんどくせえ。


Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

夏の終わりの西海岸

夏の終わりは、
西伊豆がいいんです。

昨日は台風接近の影響で、
西伊豆の海に潜ったんです。
大瀬崎だけ、ダイビングができたんです。
さほど海は荒れてなく、
天気もよくなって、
ダイバーも少なくて、
のんびり海の中を散策できました。

その後、近くのカフェへ。
窓から遠くに富士山が見えました。
ちょっと長居。

黄昏時、
西海岸を北上。
左手には、海に沈む夕日、
前には、影のような富士山。

伊豆は、
東伊豆、南伊豆、中伊豆、西伊豆、
と、それぞれ表情が違います。

都会を向いた東伊豆、
南国風の南伊豆、
山間の温泉地の中伊豆。

鉄道の通ってない西伊豆は、
海と夕日がセット、
時間がゆったり流れているようです。

夜は沼津港の近くで、
金目鯛の煮付け、
カサゴの唐揚げ、
海の幸をいただきました。

駅の近くのカフェで一休み。
娘は電車で横浜に帰っていきました。
僕は車でうちに帰ってきたんです。

さ、これで夏休みも終わり。
いよいよ、新学期です。

え、娘よ、まだ夏休みあるのか?

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

一人旅の予感

昨日は、娘と別れ、
車で帰ってきたのですが、
眠くて、眠くて、
また車中泊。
高速道路のサービスエリアで。

一昨日も車中泊で、二晩目。

僕の愛車は中古のホンダ・バモス、
軽自動車のワンボックス。
荷台と後部打席を平らにして、
足を伸ばして横になれます。
ヨガマットを敷いて、わりと快適。

二晩とも、暑くもなく、蚊もいなくて、
熟睡することができました。

娘が小さい頃は、
この車で寝ながら、
旅に出たものです。

道の駅やサービスエリアなら、
トイレも売店もあり、
心細いこともありません。

秋もまたこの愛車で一人旅に出ようかな。


Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

第2の故郷の洋食屋

第二の故郷は?
ときかれたら、
迷うことはないんです。

大学卒業後に5年住んだ温泉街。
高校の教壇に立ち始め、
漱石の坊ちゃん気取りだった5年間。

昨日からここに泊まっているのですが、
温泉街を離れ、はや20年、
今回はやけに坊ちゃんデイズを思い出します。

ということで、
夕食は、僕の歓迎会をしてくれた洋食店へ。
25年ぶりに行くと、
まだ店はやっていて、
25才年をとったシェフが喜んでくれ。

娘よ、またこの店に戻ってこようぜ。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

小さく静かな声なき声

昨日から夏休みなんです。
今朝は、少し歩いて、朝食。
この町のはずれの公民館に行ってきました。
戦争のパネル展を開催しているというので。

一人で見ていたら、
偶然、元同僚もやってきて、
おしゃべりしながらパネルを見ました。

空爆で、この町でも、多くの方がなくなりました。
近所の小学生が数十人、一瞬にして、
18才の先生とともに殺されたりも。

実家にも焼夷弾が落ちたことがあるそうです。
まだ乾いていないおむつが干してあり、
それを焼夷弾にかぶせて、事なきを得たんです。
祖母に何度も聞いた話。

みんなに送り出された青年教師の、
しごきに耐える様子が書かれたメモも。
さぞつらかったことでしょう。
強くなることを願いながら、戦地で病死したんです。

驚いたのは、犬の写真があったこと。
犬も徴兵されて出征したんです。

米兵が三人乗った軍用機が、
この町の海岸に不時着したことも。
怯える米兵たちは殴られたりもしたそうですが、
捕虜収容所に送られ、無事、帰国したそうです。

政治家も、今や、戦争を知らない世代ばかり。
だから怖い、と元同僚。

静かで小さな戦争パネル展、
じっくり見て読んで、
時間を忘れ、
足がすっかり疲れてしまったほど。

さ、今日は、早く寝るとします。
実は、車で眠るんです。
そう、軽キャンピングカーの旅の途中。
ま、荷台を平らにしただけですが。

波の音が聞こえてきます。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

正常は正常、異常は異常

不登校の女子生徒と、
じっくり話したことがあります。
相談室で。
もう何年も前のこと。

彼女と話していると、
だんだん、彼女が正常で、
まわりが異常だとわかってきました。
異常な社会で、正常でいると、
異常だとまわりに見られ、
生きづらくなるのでしょう。
彼女は、とても感性が鋭く豊かでした。

まわりの生徒たちが、
何も疑問を持つことなく、
まとまって流されていく。
もし一緒に流されたら、
自分が自分でいられなくなる。
だから、教室に入るのが怖い。

ホールデンを思い出しました。
「ライ麦畑でつかまえて」の。
インチキを見抜いちゃうんです。
だから、学校でうまくいかない。
何度も読んだ大好きな小説。

彼女もホールデンも、
炭坑のカナリアなんです。
その昔、炭坑夫は鳥かごをもって地下に潜りました。
有害ガスが発生したら、
まっさきにかごの中のカナリアが死にます。
それで、炭坑夫は逃げることができたんです。

これほど異常なことが多く続くと、
国民はますます鈍感になり、
異常なことに慣れ、甘んじ、
それでも正常なままでいる人を非難して、
異常な世界に引きずり込もうとします。

今朝の新聞に、
「共謀罪」の検討が始まった、と。
これまで三回廃案になった悪名高き法案。
二人以上で話をしただけでつかまえるんです。
監視と密告の暗黒国家がやってきているようです。
軍靴の足音を響かせながら。

インチキはインチキ、
異常の中の正常は異常ではなく、
正常は正常。

さ、正念場が続きます。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ひととひととあいだのま

人間というのは、
人と人の間(あいだ)に間(ま)がある存在。

長い棒が倒れるのを、
短い棒が必死に支える「人」じゃなく。

愛は、その間にあるんです。
もし、くっつきすぎたら、
風船のように割れてしまうでしょう。

間があることで、自由にもなれます。
愛は、支配や服従とは、無縁なもの。

間を保つには
自分の足で立たなくちゃいけません
そう、自立した者どうしの間でなくては、
愛は続かないんです。

よりかかるのではなく、よりそう。

兄は障害者なので、
援助がなくては生きていけませんが、
それでも、自立は大事。
自分でできることは自分でしてもらいます。

その間の距離は、
ひとによって違うようです。
ここが難しいところ。
だから、逃げたり、逃げられたり。

ま、人間、生まれたときに、
母子分離して以来、
一人、死ぬまで、一人。

さ、明日は、お一人様休暇。
楽しんできます。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

経済の話

今日は、受験生に質問されました。
小論文書きたいんですけど。
経済について教えてください。

パンを買う金と株を買う金は違う。
額に汗して稼いだ金もあれば、
金貸して利子で得る金もある。
働かざる者食うべからずって知ってるか?
実は、レーニンの言葉だ。
金貸しとか地主とか、働きもせず、金を得る。
おかしいだろ、これってっ話。

金持ちはさらに豊かに、
貧乏人はさらに貧しくなる。

もっとも儲かるビジネスは戦争らしい。
金持ちが戦争を始めて、
貧乏人が戦地に行く。
これが世界の現状だ。

金持ちから金をとって、
貧乏人に回すのが政治だろ。
できてねえっての。
それは、政治家が金持ちとつるんでるから。
ほとんどの人はそんなヤツらのイヌに甘んじている。
食ってくために、仕方なく。
教師も公務員だから県のイヌかもしれない。

しかし、イヌには狼の血が流れている。
今は無理でも、いつかは狼になれ。

と、廊下の立ち話で、五分くらいで話しました。

ありがとうございました、と受験生。

大丈夫か?


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

カブトムシの口

今日、たまたま、ラジオをつけたら、
子どもが専門家に質問する番組が聞こえてきました。

 カブトムシは樹液しか食べないのか?

で、先生の答え。
樹液だけしか食べないし、
口の形がすでに樹液専用になっているが、
樹液で充分栄養がとる。
いろいろ食べるのは人間だけ。

びっくり。

きっと、パンダも笹しか食べないのでしょう。

イギリスでホームステイしたときは、
いつも食事はワン・プレートで驚きましたが、
カブトムシは樹液のみ、皿いらず。

今日は、冷蔵庫に夏野菜が残っていたので、
炒めて、煮込んで、ラタトゥイユをつくりました。
冷蔵庫で冷やして食べるつもりです。
おやつは、兄と週一回のお楽しみコメダ珈琲。
夕食は僕のおごりで家族と天丼をいただきました。
明日は手巻き寿司パーティをする予定。

つくづく、カブトムシはすごい、と思います。

明日も、そのラジオ番組聞いてみよっと。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ラジオデイズ

ここしばらくラジオを持ち歩いていました。
片耳イヤホンをさして聞く超小型の。
甲子園やオリンピックの実況を聴くため。
映像がなくてもけっこうエキサイティング。
今年の夏はそのラジオ大活躍でした。

ポケモンGOで歩きながら、
片耳イヤホンをiPhoneにさして、
Podcastを聞いたりも。
これもラジオみたいなもので、
繰り返し聞ける放送番組です。

毎日のように人の声を聞いてると、
やはり、人は言葉で動くんだな、と思うんです。
言い古された言葉じゃなくて、
同じメッセージでも、
新しい言葉で。

ま、ポケモンで動かされている僕が言うのもなんですが。

はじめに言葉ありき

そういえば、そんな言葉も聖書にあったっけ。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

ホーム・スイート・ホーム

三泊四日のホテル暮らしから、
ようやくうちに帰ってきました。

「教育のつどい」が県庁所在地で開催されたんです。
全国からセンセイたちが集まり学びあうというイベント。
地元からの参加ということで、
準備や運営の手伝いもしながら、
フォーラムや分科会に参加しました。

この「つどい」には、
全国から右翼もかけつけ、
妨害しに来ます。
街宣車が100台ほど来たんだとか。
僕は会館の中にいて気づかなかったのですが。
駅周辺で大騒ぎして渋滞を起こしたそうです。
まったくバカなひとたちです。

全国の仲間をお迎えする、
我らが教職員組合は弱小組織、
ということで、
県内の他の職種の労働組合の仲間が、
手伝いに駆けつけてくれました。
この熱い連帯には、感謝感謝。
これからも、ともにたたかう同志たちです。

さきほど、打ち上げを終えて、帰ってきました。

甲子園も終わり、
オリンピックも終わり、
教育のつどいも終わり、
網戸越しには、
涼しい風が入ってきて、
虫の声が聞こえてきます。

さ、文庫本読みながら、
うちのベッドで眠ることにします。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

真実の「わだつみ」

夏になると読みたくなる本、
今年で3回目の読了。

真実の「わだつみ」

学徒兵木村久夫さんの遺書。
京大で経済を学び、英語が堪能でした。
そのため、出征先の南洋の島で、
スパイ事件があったとき、取り調べを命じられました。
スパイに関わった島民は、裁判抜きで、処刑。

戦後、木村さんは戦犯として、処刑の判決が出ました。
一方、木村さんに取り調べを命じた上官は、
罪は木村さんに押し付け、処刑を免れます。

木村さんが、死を前にして、最後にしたことは、
哲学書を再々読することでした。
遺書はその余白に書かれたのです。
学ぶ喜びを感じながら、
処刑の30分前まで。

木村さんは、ただ英語が得意だっただけで、
このような最期になったのです。

「きけわだつみのこえ」や文芸誌に、
木村さんの遺書は発表されていたのですが、
実は父親や恩師によって編集されたことを、
新聞記者がつきとめ、遺書を発見したんです。

そう、この本の遺書が、真実の声。

無念であること、
死を前にして不安であること、
軍に対して憤ってること、
などがカットされていたんです。

だからこその真実のわだつみ。

これからも、読み返す本となりそうです。


Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

悔し涙の先

このごろ五輪やら甲子園で、
悔し涙のシーンをこの頃見ます。
つい、貰い泣きしそうになります。

たしかに、つらいでしょう。
限界まで努力したはずです。
だからこその悔し涙。
勝って嬉し涙が最高でしょうが、
負けて悔し涙も同じ価値があります。
結果は、通過点すぎません。
その経過がこの先にとっては重要ですから。

僕は負け慣れていて、
いい加減が良い加減で、
がんばらないようにがんばるんです。
だから、悔し涙を流すことがなく、
ちょっとうらやましいんです。
負けて悔しがってる選手には不謹慎ですが。

勝つか負けるか、
じゃないんです。
たたかい続けるかどうか、
人生は、これなんです。

名選手は、負けて引退しても、
指導者として、たたかい続けるでしょう。

さ、そろそろ、本気出そうかな。
だから、娘よ、本気(マジ)だって。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

コンゴの伊達男たち

内戦を経験したコンゴには、
サプールと呼ばれる男たちがいます。
たとえ、貧しくても、
ド派手なスーツを着て、
ただ町を闊歩する。
美をまとうことに誇りを持って。

エレガントであること、
礼儀正しく振る舞うこと、
他人を尊敬すること、
非暴力を貫くこと。

平和をこよなく愛するサプールはいいます。

すべての人がサプールなら、
戦争は起こりません。
武器を持つ必要がないからです。
サプールの文化を広めることで、
世界を平和にしたい。

たしかに、戦前は、
派手な色の服は着られず、
男は軍服、女はモンペなんてことも。

平和運動をする人が、
ダサダサだったら、
これも、やはり、いただけまん。

自分が正しければ、
格好はどうでもいい、
というわけにはいかないでしょう。

なんだか、新しい秋服がほしくなってきました。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

長く熱い夏の終わり

甲子園に、オリンピックに、
そして、ポケモンGOで、
この夏、寝不足で歩き疲れで大変。
もうポケモンGOでは100キロ歩いちゃいました。

久しぶりの夏休みです。
去年は戦争法をめぐる攻防で、
デモやらなんやらで忙しく、
心が安まるときはありませんでしたから。

参議院選挙が終わり、
都知事選も終わり、
終戦日、SEALDsも解散し、
ようやく長く熱い夏がようやく終わったような気がします。

去年の熱をなんとか冷まさないように、
と思っていたのですが、
やはり、冷めてしまったようです。

気分は、もはや秋。
もうすぐ、冬。

チューリップを育てたことがあるのですが、
冬を越さないと、春に咲いてくれないんです。

そう、相田みつをさんが言うように、
花の咲かない寒い日は、
下へ下へと根を張るんです。

さ、とりあえず、
自民党憲法草案の語り部になるべく、
お勉強、お勉強。
冒頭から、「日本国民」から「日本国」へ、
と、主語が変わっているんです。
天皇は、「象徴」から「元首」になっていたりも
その後は、推して知るべし。

娘よ、次の勝負は、国民投票だな
また、熱くなるぜ。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

コメダの日

火曜日は、コメダ珈琲の日。
両親の店が休みで、
重度の障害者の兄を連れていくんです。
兄の週に一度のお楽しみ。
兄は指折り数えて待ちこがれています。

店員さんは、とてもやさしく接してくれます。
何も言わなくても、ストローを持ってきてくれたり。
兄は何を飲むにもストローが必要なんです。
毎週のことなので、兄の対応に慣れているようです。

八月は残業がないので、
僕もいっしょにコメダで珈琲タイム。
いつも、母と、兄のとりあい。
今日は僕が隣に座りました。
僕のほうが兄の世話は上手なもので

まわりのお客さんも、兄にはやさしいんです。
入り口でモタモタしていても、
ドアを開けて待っていてくれたり。
お気をつけて、と声をかけてくれたり。

今日は、アイスコーヒーをいただきました。
クーポン券がたまり、ソフトクリームも。
チキンのサンドイッチも四人で分けて食べました。
チキンはやわらかく、なかなかのボリューム。
美味しゅうございました。

また、来週が楽しみです。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

今日の正午の祈り

あの玉音放送を、
当時24才の祖母は、
人生でもっとも美しかった頃、
これであの人が帰ってくる、
と喜んで聞いたそうです。

婚約後、
結局うちで一日も結婚生活を送ることなく、
祖父は出征。
瀬戸内海の因島に帰還した際、
祖母は僕の母を身ごもりました。

それが、二人が会った最後。
祖父は、レイテ沖で、戦死。
祖母が送った僕の母の写真は、
間に合わなかったようです。

もしも天国があるのなら、
二人はようやく再会しているはず。
祖父は二十代のままなので、
祖母ももっとも美しかった頃に若返っているのでしょう。

そんなことを想いながら、
今日の正午、
二人が眠る墓の前で、
ひとり黙祷しました。

この戦後が永遠に続きますように。

はい、平和憲法を守るため、「不断の努力」は忘れません。

とりま、自民党憲法草案は熟読中です。


Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

謙虚に神を

常々、願っていることがあります。

謙虚になりたい、と。
やはり、僕は偉そうなんです。
偉くもないくせに。

この夏、歴史をちょっと勉強したら、
謙虚じゃない人間は、
どんな偉業を達成しても、
たいてい、残念な晩年となるんです。

神を信じられたらな、と憧れてるんです。
神を信じている人で、謙虚じゃない人にあったことがないんです。

 神を信じた者も
 信じなかった者も
 その血は流れ 流れ交わる
 ともに愛した大地のうえに
 新しい季節がくるとき
 麝香葡萄のよく実るように

こんな詩を見つけました。
あのナチスとたたかい倒れた人に捧げる詩。

今週末は、教会へ。
昨日は読書会、今日は礼拝。

神を信じられない僕もあたたかく迎え入れてくれました。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

旅に出る頃

このごろ、たいていの本は、
ネットで買うことができます。
だから、町の小さな本屋が少なくなっているようです。
ネットで本は買えても、
本屋でしか本と出会えないんです。
だから、本好きにとっては、
本屋が少なくなることは悲しいこと。
とっても。

ネット社会では、
探している情報はたいてい手に入りますが、
思いがけない情報に出会うのは難しいんです。
見せられている情報は企業の思惑通りですから。

思い通りにいかないのが人生、
しかし、
思いがけないことがあるのも人生。

人生が旅と呼ばれるのは、
旅が出会いを求める行為だから。

そろそろ、旅に出たくなってきました。

ま、本を読むのも、旅みたいなものか。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

いいね

教え子たちがよくいう言葉。

 褒められて伸びる

はい。

叱られてばかりだと、
叱る人に怯えて取り組むでしょう。
ほめられてばかりだと、
自分を信じて取り組めるでしょう。
どっちがいいかといえば、
当然、ほめられてばかりのほうでしょう。

ちょっと、最近、
肯定より否定のほうが、
割合が大きかったようです。
反省。

どんなものも、
光が当たれば、
陰ができます。
光を見て生きるか、
陰を見て生きるかって話。

否定の力より、
肯定の力のほうが、
断然、強いんです。

文句ばかり言う人は、
どんなときでも、
どんなことでも、
文句を言うものです。
そんな人から逃げの一手にかぎります。

よし、人生に、いいね、を。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

甲子園前夜

子どもの頃から、
高校野球は大好きでした。
近所の公園でよく草野球をしたものです。
後に、運動音痴で球技はまるでダメ、と知るまで。

甲子園では、
五輪に負けず劣らず、
連日の熱戦。

僕が見るポイントは3つ。

①公立か私立か
②部員数
③県外選手の割合

どちらを応援するか迷うときは、
その基準で決めるんです。

私立で、
部員が百人以上で、
ベンチ入り選手が県外選手ばかり、
となると、気持ちが冷めてしまいます。
もちろん、それだけ条件が揃って、
負けられないというプレッシャーはあるでしょうが。

特に、学校数が少ない地区で、
中には県内25校なんて県もありますが、
そんな県で多数の部員がいれば、
他校にいたら脅かされる選手も、
自分のチームで抱えることになります。
そうなれば、優勝の可能性は上がるでしょう。
なんだかなあ、となるわけです。

ちょくちょく地方大会を球場に見にいくのですが、
マナーの悪いオヤジも目立ちます。
あえてまわりに聞こえるように、
選手を批判するんです。
自分がいかに野球通か自慢したいのでしょう。
ストレス発散してるに違いありません。
とても、残念です。

人間は誰もが不完全、
欠点を見つけるのは簡単なこと。
長所を見つけられるのなら、
スカウトにもなれるんです。

さて、基本、高校野球は、教育の一環、
大人の娯楽ではありません。
高校生を食い物にしている大人は多いようですが。

明日、ひょんなことから、甲子園に行くことになりました。
初めてのこと。
眠れない夜になりそうです。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

人生の問題

我が家の家訓。

 小さな幸せ、大きな喜び

シングルファーザーの12年間、
このテーマ一本でいきました。

道ばたに落ちていたガラクタ、
映画のワンシーンの片隅の小物、
長編小説の中のたった一言、
いつも食べてるけれどいつもおいしいおかず、
夏休みラジオ体操をボイコットしての朝寝、
などなど。

遠くに行かなくても、
金をかけなくても、
独りぼっちでも、
退屈することはありませんでした。


が、しかし、ちょっと問題が。
最近、ある人に指摘され、
その通りだと思ったんです。

僕も、娘も、
どんな状況にあっても、
小さな幸せを見つける技術を習得してしまったため、
すっかり、なくなってしまったんです。

そう、向上心が。

誰かを踏み台にしてまで上に行くつもりはありませんが、
いつも現状維持で満足するのはどうか、と。

なにせモットーは、
がんばらないようにがんばる、
これでしたから。


ま、娘よ、
上に行くのが嫌なら、
前に行くってのもあるな。

前へ、前へ。

人生は後ろ向きに理解されるが、
前にしか進まないっていうしな。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

一年前の祈り

一年前の今日、
長崎にいたんです。
11時2分、黙祷を捧げました。
あの頃は、2015年安保まっただ中。

あれから、戦争法は成立し、
参院選では、改憲派に3分の2をとられ、
そして、この夏。

中国の船や
北朝鮮のミサイル、
毎日、そんなニュースも。

今日も沖縄では、
東村高江で、ギリギリの攻防。
人口150人の村に、
100人以上の機動隊が入り、
まるで参院選で自民全滅の腹いせをしているよう。

宮本百合子が言ったように、
まさに「平和は眠りを許さない」ようです。


今日は最後に長崎の教会で見た詩を。

主よ、わたしをあなたの平和の道具としてください。
憎しみのある所に、愛を置かせてください。
侮辱のある所に、許しを置かせてください。
分裂のある所に、和合を置かせてください。
誤りのある所に、真実を置かせてください。
疑いのある所に、信頼を置かせてください。
絶望のある所に、希望を置かせてください。
闇のある所に、あなたの光を置かせてください。
悲しみのある所に、喜びを置かせてください。
主よ、慰められるよりも慰め、理解されるより理解し、
愛されるよりも愛することを求めさせてください。
なぜならば、与えることで人は受け取り、
消えることで人は見出し、許すことで人は許され、
死ぬことで人は永遠の命に復活するからです。

聖フランチェスカ平和の祈りです。
今日は音読してから、寝るつもりです。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

熱戦に注目

オリンピック開会式を見て、驚きました。
旗手の真後ろにはなんと、
セクハラパワハラキス魔橋本聖子、
役員なのかオヤジが選手の前にズラリと。
選手が主役なのに、そんなのが偉そうに先頭。
まるで、日本の社会の縮図を見ているようで。

「歩きスマホはゼロ」との報道。
マナーの良さというより、
どうせ上からの支持、同調圧力。

ユニフォームはダサめで、
カタくてマジメな感じ。

で、マスコミは、
キンキンうるさく、
日本ガンバレ、と。
まず、お前たちが権力監視ガンバレよ、と。
応援するということと、
プレッシャーをかけるということは別物。
そこが何度やっても学習しない様子。
練習では厳しくても、
試合では伸び伸びとやらせる。
これが、スポーツの鉄則なのに。

それでも五輪を応援しています。
ガイドブックも書って。
さて、もう一つ熱いたたかいがあります。

東村高江、
人口150人の村に、
百人以上の機動隊が入り、
ヘリパッド建設に反対する住民と対峙。
沖縄では、今回の選挙で、自民議員がゼロに。
民意は明らかなのですが……

この夏、熱いたたかいから目が離せません。


Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

町の風景

最近、近所をちょっと女装した青年が歩いているんです。
この田舎で、勇気のある行為だと思います。

女子高生と一緒にいたとき、見かけたんです。
こういう時代なんだな、と僕。
差別するのは先進国で日本くらい、と彼女。

さて、昨日も見かけたんです。
近くにいた子どもがジロジロ見て笑っていました。
一緒にいた母親は、無表情で、放置。

ふと、子どものころを思い出しました。
重度の障害者の兄とレストランなどにいくと、
ジロジロ見られたんです。
兄は外食をとても楽しみにしていたんです。
僕は、そのうち、行きたくないと言いだし、
うちで一人留守番をしていました。
ちょっと苦い記憶。
いつも堂々としていた両親は、リスペクトです。

少しまわりと違うとヘンな目で見る「同調圧力ニッポン」
大嫌いです。
子どもの頃から。

社会の成熟度は、
弱者やマイノリティへの配慮で計られる。
と、思うんです。

デンマークに行ったとき、
障害者や高齢者がたくさん町にいて驚きました。
デンマークは人口が多いわけじゃないんです。
町中がバリアフリーだから、町に出てこれるんです。
逆に言うと、日本は、
町に出られない弱者が多いということ。
とても、残念です。

今は、週一回、近くのコメダ珈琲に、
両親は兄を連れていきます。
兄はとても楽しみにしているんです。
店員さんがとてもやさしくしてくれます。
僕も、ちょくちょく合流します。

早くマイノリティが町の風景の一部になるといいなあ。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

反オッサニズム

オヤジギャグが苦手なんです。
ダジャレが嫌いなんです。
発音が似た言葉を並べても笑えないんです。

一番イヤなのは、
笑いを強要するところ。
だから、絶対に笑いません。
時に、注意したりも。

 オヤジギャグは言葉の暴力です。

ま、それを言っても、ギャグだと思われますが。
マジで言っているのに。

つまり、ひとを支配したいんです。
おもしろくないギャグを言って、
おもしろくなくても笑わせる。
これで、支配=服従の関係ができるんです。
こうなれば、すっかりパワハラ事案。

オッサンは、笑わせているつもりで、
実は、笑われているだけ。

ギャグ以外でも、
上から、
自分はいつも正しくて、
相手の話を聞かなかったら、
オッサンの仲間入り。

そう、権威的、独善的、一方的、
これらの三条件が揃えば、
100%オッサン。

オッサン主義、
つまり、オッサニズムは、
男だけのものではありません。
男社会の中で、
男以上にオトコになろうと、
間違った方向でがんばって、
結果、マッチョ脳になる女性も。
けっこう、自民の中で見かけますが。

オッサニズムは、
年齢の問題ではなさそうです。

よし、永遠の非オッサン目指そっと。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

もうバカばっか

夕方、テレビを見たら、
タレントが離婚したらしく、
その記者会見を放映していました。
しかも、延々と。

つくづく、テレビが嫌いになりました。

視聴者がその理由を知りたがっている、
と、テレビ局は考えるのでしょう。
ま、その通りでしょうが。
他人が一番知りたがっていることは、
たいてい、本人が一番知られたくないことなんです。
犯罪をしたわけでもないのだから、
いちいち説明する必要はないでしょう。

もし、なぜ離婚したかをきかれ、
その理由を明確に答えられるなら、
問題もその解決策もわかるはず。

こんがらがった糸玉のように、
様々なことが複雑に絡み合い、
修復不可能なんです。
だから、別れるしかないのでしょう。

離婚というのは、
とても大変な作業なんです。
どちらも深く傷ついています。
だからこそ、そっとしといてあげるべきなんです。
なぜ、そんなこともわからない日本人が多いのでしょう。

離婚したひとにかける言葉は、ただ一つ。

 おめでとう

新しい人生は、いつもおめでたいもの。
そう考えなくっちゃ、前には進めません。

だいたい、誰と誰が別れ、
誰と誰がセックスしたか、
そんなことで盛り上がる人はバカです。
僕の友達にはいません。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

バジル&トマト

ベランダのバジルを収穫し、
バジル・ジェノベーゼをつくりました。

バジルの葉を摘んで洗って水を切って、
ニンニクと粉チーズと塩とオリーブ油と、
あれば松の実、今回は省略、
で、フードプロセッサーでガーっと。

パスタと和えて食べたら、
とても美味でした。

トマトのパスタが一番好きなんです。
トマトを切って、
パスタを冷やして、
オリーブ油、塩コショウ、バルサミコ酢、蜂蜜と和え、
バジルの葉をちぎってアクセントに。

夏休みの味がします。

ピザにもあいます。
娘よ、リストランテが待ってるぜ。

Love & Peace ・・)v

| | Comments (0)

同調圧力

日本の社会の特徴、
一言でいったら、

 同調圧力

かな、と思うんです。

 みんな静かにしてるんだから、
 静かにしなさい。
 みんなじっとしてるんだから、
 じっとしてなさい。
 みんな上に従ってるんだから、
 上に従いなさい。


子どもの頃から、
じっと座ってられなくて、
気が散って、
怒られてばかり。
つまり、同調圧力に鈍感だったんです。

今思うと、ADHDだったのでしょう。
多動性注意欠陥障害の疑いあり、とのこと。
最近、指摘され、気づきました。
ま、今さら治りそうもありませんが。

実は、今も、会議などで、じっと座ってられなくて、
一つのことをしていても、他のことに目がいくんです。

最近、こんなツイートを見かけました。

 幸せなら手を叩こう(提案)
 幸せなら手を叩こう(提案) 
 幸せなら態度で見せようよ(威圧)
 ほら幸せなら手を叩こう(同調圧力)

うんうん、わかるわかる、と。

 幸せなら手を叩こう(他にも表現方法あるじゃん)
 幸せなら手を叩こう(何も手を叩かなくてもいいじゃん)
 幸せなら態度で示そうよ(うわ逃げたくなってきたよ)
 ほらみんなで手を叩こう(さよなら)

と、今はこんな感じ。

同調しないのも問題かもしれませんが、
何でも同調するのも問題になることも。
今は、特に。

だから、今のままで行こうっと。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

歴史は繰り返す

最近、「ローマ帝国」の本を読みました。
「面白いほどよくわかる」シリーズ、
見開き2ページで一区切り、
ちょこちょこ読めて、
ほんとに、面白いほどよくわかるんです。
高校で世界史がなかったので新鮮。

奪い取るか奪い取られるか、
殺るか殺られるかの権力闘争、
偉大な王の息子はたいていバカで、
隆盛と堕落を繰り返し、
2200年続いたローマ帝国も、
オスマン帝国に滅ぼされます。

どんな権力も堕落して滅ぶようです。

イースター島の歴史も、今日知りました。
モアイ像をつくりまくり、
それを運ぶ丸太が必要なので、
木を切りまくり、
自然破壊され、
作物がとれなくなり、
島民どうしの争いが起こり、
人肉まで食べ、
一万人以上いた島民が、
六百人くらいに減っても、
まだ争い続けていたんだとか。

人間とは何と愚かなのでしょう。

ま、進歩はしていますが。
昔は当たり前だった奴隷制度が、
今では許されないように。

歴史は悲劇を繰り返すのも事実。
でも、歴史の知識の蓄積で、
それを最小限に抑えられるのが知恵。

昨日から新しい本を読みはじめました。
「細川ガラシャ夫人」
明智光秀の娘の話。
ガラシャは洗礼名なんだとか。
これは読書会用の本、楽しみです。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

八月の野望

この夏の宿題。
「自民党憲法草案」を読む。
日本国憲法と比較しながら。

たしかに、ぜんぜん、違います。
最初の3〜4文字読むだけでわかります。

日本国憲法の最初は「日本国民は」
自民党草案の最初は「日本国は」
自民党草案では、国民より国が大事。

つまり、最近、日本人は、
自由だの、人権だの、平和だの、
ユルいので、シメよう、と。
これが、全体のトーン。

自民草案の前文を要約してみました。

 日本国は、天皇を戴く国家、
 大戦を乗り越え、
 国に誇りを持ち、
 国を自ら守り、
 家族が互いに助け合い、
 規律を重んじ、
 経済で国を成長させる。

と、こんな感じ。
だいぶ、俗っぽくなってきました。

 自民草案百一条

 全て国民は、この憲法を尊重しなくてはならない。

国民が守るのが法律、
権力者が守るのが憲法、
憲法に違反する法律はつくれない。
この立憲主義をひっくり返す「草案」

他にもツッコミどころ満載な自民草案。
この夏、退屈することはなさそうです。

選挙も一段落、
僕みずから自民憲法草案語り部になり、
一人でも多く語り部を増やす。
これが、今の野望です。

長編執筆の野望も、もちろん。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

« July 2016 | Main | September 2016 »