« 華氏541を観る | Main | マジメにがんばると恐い話 »

いと小さき者

最も小さい者のひとりにしたのは、
すなわち、わたしにしたのである。

ふと、この言葉にたどりつきました。
聖書の一節。
「マタイ26・40」
神様が、我々が死んだとき、
天国に行くか、地獄に行くか、
決めるときの言葉。

神に尽くした者は天国へ、
神に尽くさなかった者は地獄へ。

しかし、この世に神はいないので、
神に尽くしようがありません。
そこで、その言葉。

最も弱い者に寄り添った人は、
神に尽くしたと同じ、
だから、天国へ行ける、と。

ま、神も天国も信じようと信じまいと、
弱者に寄り添うことは最も大事なこと、
このメッセージは伝わってきます。

とかく、ひとは、強い者に従います。
長いものには巻かれろ、という諺も。
エラい人に褒められればうれしいもの。

だからこそ、
「もっとも小さい者」、
その言葉が心に刺さります。

やたら権力にたてついてるわけじゃなく、
「もっとも小さい者」のために、
たたかう人たちを応援するつもりです。

応援とは、きっと、
心で思うだけじゃないのでしょう。


Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

|

« 華氏541を観る | Main | マジメにがんばると恐い話 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 華氏541を観る | Main | マジメにがんばると恐い話 »