« 民主主義なわけ | Main | 書くということ »

兄のこと

兄は、重度の障害者なんです。
知能はおそらく幼児くらい。
しゃべることはできません。
手をつながなければ歩けないし、
トイレも手助けが必要。

今は主に両親が兄の面倒を見ていて、
祖母も最後まで兄の世話をしていました。
僕も暇さえあれば、兄と一緒にいます。
介護しているとは思ったことはないんです。
ただ、一緒にいたいから一緒にいるだけで。

兄は社会にはまったく役に立ちません。
特技も、なし。
でも、家族はみな、
兄が大好きなのです。
兄がいると、うちの中が明るくなります。
兄はいい笑顔を見せるんです。

僕は生まれたときから、
兄と暮らしているので、
特に大変と思ったことはありません。
だから、大変だね、と言われると、
実は、ちょっと迷惑。
同情は、もっと迷惑かな。

兄は、今日は1日、
通っている施設で、
元気がなかったそうです。


Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

|

« 民主主義なわけ | Main | 書くということ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 民主主義なわけ | Main | 書くということ »