« のんびりサンデー | Main | 別の見方 »

逆から見ると

僕はサッカーの町に住んでいるんです。
Jリーグのチームのホームタウン。
スタジアムもうちのすぐ近くで。

でも、まったく興味がないんです。
もちろん、まわりには、
たくさん熱狂的なサポーターがいます。

先日、友人と町を歩いていたら、
選手とすれ違ったんです。
友人は、興奮して、大喜びでした。
そういえば、僕は一人も選手を知りません。

友人にしてみたら、
この町に住み、
サッカーに興味がないなど、
信じられないことでしょう
まさに、非国民ならぬ、非市民。

で、どうしたら僕が熱狂的サポーターになるかって話。
僕は運動神経は鈍く、
スポーツより文化が好き。
熱いサポーターを見ると、引くタイプ。

いったい、この僕がサポーターになる日は来るのか?
娘も、まったく、サッカーには興味がない様子。
うちでも、サッカーの話題はゼロ。
W杯の時にちょっと話に出るくらい。

ちょっとサポーターになることには、
憧れはあるんです。
でも、誰も誘ってくれそうもありません。
多分、自分からは絶対に行きそうもありません。
無料チケットをもらっても無駄にするでしょう。

昨日、選挙の帰りに、
娘とそんな話をしたんです。

僕が好きな政党に投票しない人、
そもそも選挙に行かない人、
その人たちは、こんな感じなんだろうな、と。

逆から見ると、こりゃ難しいな、と実感。

2009年に政権交代した時は、
投票率が、69%。
で、今回は54%。

僕がサポーターになるのが先か、
アベ政権打倒が先か。

うううん、どっちだろう?

娘よ、今度、サッカー観に行ってみるか?


Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


|

« のんびりサンデー | Main | 別の見方 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« のんびりサンデー | Main | 別の見方 »