« マジメにがんばると恐い話 | Main | 白球な日々 »

二人のヒーロー

二人のカールによって、
この人生、大きな影響を受けました。

一人は、カール・マルクス。
アカは怖いと育てられ、
怖いもの見たさで、
「共産党宣言」を読んだんです。
東京で貧富の差に悩んでいた頃のこと。
ついでに「蟹工船」も。
アカは怖いは、資本家と権力者にとってのこと。
ずいぶんと長い間だまされていたと知りました。

さて、もう一人は、カール・ロジャース。
教師なら誰でも知ってるカウンセラーです。

 どんな人間も自らの力で立ち直る。
 と、信じきる。
 カウンセラーは、伴走者。
 上からアドバイスするのではなく、
 同じ地平で、 傾聴し、受容し、共感し、
 相手が自ら解決策を見つけるのを見守る。

ロジャースなくして、25年の教師生活は語れません。
ロジャースの真似して、いつも上手くいったわけではありませんが。

社会では、格差が広がり続け、
学校では、うまくいかないことだらけ。

いまだ二人のカールは、僕のヒーローなんです。

いつか、格差はなくなり、どんな人間も立ち直る。

絶対。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

|

« マジメにがんばると恐い話 | Main | 白球な日々 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« マジメにがんばると恐い話 | Main | 白球な日々 »