« 玄米炒飯弁当 | Main | 例の古着屋 »

黒蜥蜴を観て、読む

この前の日曜日は、
一人、電車に乗って、
バルザックを読みながら片道一時間、
県庁所在地へ。

劇を見に行ってきました。
 
 「黒蜥蜴」

 江戸川乱歩作、三島由紀夫脚本

 ヒロインは黒蜥蜴と呼ばれる妖艶な長身美女。
 美を追究するあまり、犯罪にまで手を染める。
 対するは、名探偵明智小五郎。
 二人の間のスリリングな心理戦。
 決して結ばれないがゆえに生じる奇妙な恋。

まあ、主演女優たきいみきさんの美しいこと、美しいこと。

教え子の役者が出てたんです。
僕は彼の追っかけなもので。

 横山央、以後ぜひお見知りおきを。

ふだんなら触れないような作品でしたが、
その作品世界の奥深さと、
心理描写の細やかさ、
言葉の巧みさ、
そして、人生の哀歓……

早速、原作を買って、今読んでいるところ。
バルザックは、ちょっとお休み。

教え子はもう次の作品の稽古に入っているとか。
次の舞台も楽しみです。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

|

« 玄米炒飯弁当 | Main | 例の古着屋 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 玄米炒飯弁当 | Main | 例の古着屋 »