« 同じ本、同じ場所 | Main | トイレのない高級マンション的ジャパン »

なじみのお店

高校時代、よく行った店があるんです。
学校の近くのお好み焼き屋で、
僕たちはオッコーと呼んでいました。

僕は母の作る弁当が嫌いだったので、
昼はそこで食べていました。
学校を抜け出して。
もちろん、校則違反なので、こっそりと。

いつも同じものを注文。
醤油味の焼きうどんとライスと缶コーヒー。
これで、ワンコイン、500円でした。

老夫婦で経営するアットホームな店、
二人とよくおしゃべりもしました。
たばこキープもできたんです。
たばこに名前を書いて置いておけるんです。

で、食後に、
たばこを一本吸って、
学校に戻るんです。

放課後にも、
休日にも、
よく行ったものです。

もうオッコーはなくなってしまいました。

今、僕は教師として働いていますが、
まわりに、そのような店はないんです。
コンビニが一軒あるだけ。

今日、その話を教え子にしたら、
とってもうらやましがられました。

定年したら、そんな店開こうかな。
高校生食堂。
たばこキープは不可で。

Love & Peace・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

|

« 同じ本、同じ場所 | Main | トイレのない高級マンション的ジャパン »

Comments

青春時代の懐かしい思い出ですね。
今はキュウキュウとした世の中、
そんなお店は確かに見かけなくなりましたね。
応援しておきました。ポチッ

Posted by: 矢田@医療職兼業トレーダー | February 02, 2016 at 10:31 PM

街に出ると、
いつも個人店を探しますよ。
応援、ありがとうございました。

Love & Peace ・・)v
 

Posted by: ジロー | February 03, 2016 at 12:26 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 同じ本、同じ場所 | Main | トイレのない高級マンション的ジャパン »