« 夏が終わってない冬 | Main | 珈琲道 »

路地裏の名店で旗開き

ま、いろいろと、思い通りにいかなくて、
なんだか、気分が晴れなかったんです。

で、今日は、旗開きでした。
いわゆる、組合の新年会。
同世代の仲間と。

今までに行ったことのない店へ。
ちょっと、勇気を出して。

路地裏のカウンターの小さな店。
店主の料理する姿がよく見え、
ちょっとしたライヴのよう。

お通しが、縮緬キャベツに肉味噌がのったの。
いきなり、美味で驚きました。

蒸し野菜を頼むと、
見たことのない、きれいな野菜がズラリ、
クルミとオリーブオイルのディップにつけて。

大根カツ、初めて食べました。
蒸し煮した大根のフライに、
特製ソースがかかっているんです。
続いて、麻婆豆腐、酢豚ならぬ酢鶏。
まあ、どれも美味なこと、美味なこと。

店主は、以前、中華料理店にいたんだとか。
いくつか店を渡り歩き、
結局、一人でやれる店に落ち着いたそうです。
野菜中心のメニュー、
契約農家から届く野菜一つひとつの声を聞き、
中華包丁と切り、蒸籠で蒸し上げます。
野菜は蒸すのが一番いいんだとか。

〆は、玄米炒飯。
胡麻がたっぷり入り、
大きなプチプチと小さなプチプチの食感。

仲間は、ラーメンを注文。
奥行きのあるあっさりスープ、
細麺で、温野菜も入っていました。

一人だから、できるんだそうです。
人を雇ったら、絶対に味が落ちる、と。

舌だけでなく体も喜ぶ美味。
酒は飲まなかったのですが、
いろいろうまくいかなかったことも、
すべて忘れることができました。

ごちそうさまでした。

しかし、今日も食べ過ぎてしまいました。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

|

« 夏が終わってない冬 | Main | 珈琲道 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 夏が終わってない冬 | Main | 珈琲道 »