« 路地裏の名店で旗開き | Main | Let's take our time. »

珈琲道

街に出れば、必ず、コーヒーを飲みます。

そういえば、娘と会えば、三軒はカフェに行きます。

兄も、コーヒー好きで、
毎日、絶対に飲みます。
貯水池のほとりか、海辺で、缶コーヒーを。
で、週一回は喫茶店に行くんです。

僕は週末は必ず、
ウィークデイは週二日か二日、
カフェに行きます。

そんな時間が大事なんです。

ボーッとしていると、
脳が活性化するんです。
自分が考えるのではなく、
脳に考えてもらう感じ。
脳が勝手に、
頭の中にあるゴチャゴチャしたものを、
整理して、結びつけて、新しいものを産むんです。

それほどカフェには行くものの、
なかなか美味しいコーヒーには出会えません。

雰囲気がイケてるカフェは、たいていダメ。
きっと雰囲気づくりに力を入れすぎなのでしょう。
だから、その雰囲気にカネを払うんです。

チェーン店は、もう全部ダメ。
不味くて飲みきれないので、
いつもコーヒーを残してしまいます。
だから、目的は、雑誌や新聞を読むこと。

先日、近所の珈琲豆屋で、
豆を買ってきてドリップしたのですが、
これも、イマイチでした。
豆はいいので、僕の技術の問題でしょう。
まだまだ日々精進です。

僕が好きなのは、母が店で淹れるコーヒー。
母は料理がメチャメチャ下手なのですが、
コーヒーだけは絶品。
だから、僕にとっての母の味は、コーヒー。

豆を挽いてからドリップして、
カップもコーヒーも熱々、
そして、いつも同じ味。

母に豆をもらって、
うちで淹れても、
同じ味にはならないのが不思議。

そう、コーヒーは、繊細で奥深い飲み物なんです。

さ、明日は週末、どっか行ってみようっと。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

|

« 路地裏の名店で旗開き | Main | Let's take our time. »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 路地裏の名店で旗開き | Main | Let's take our time. »