« December 2015 | Main | February 2016 »

同じ本、同じ場所

人生、何で測るのか。
本で測る。一冊の本で測る。
おなじ本を、読み返すことで測る。

詩人長田弘さんの言葉。

これまで、何度も読み返した本は何冊か。

「こころ」
「ノルウェイの森」
「ライ麦畑でつかまえて」
「星の王子さま」

読み返す度に、
こんなことが書かれていたのか、
と驚くんです。

読み返す度に、
違うことを思い、
新しい自分に気づくんです。

同じ場所に何度も行くことも、
とても好きなんです。
昔の自分に会いに行き、
今の自分との距離を測るような。

そんな旅に出たい今日この頃です。
以前読んだ本を持って。

娘よ、つきあうか?

Love & Peace・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

考えるな、肌で掴め

人生二回目のスキーに行ってきました。
去年、人生初スキーで、痛い目を見たので、
行きたくなかったんです。

水泳部員たちとバスツアーで。

去年は、転びまくり、
尾てい骨をひどく打ち、
その痛みが一ヶ月以上続いたんです。

結局、滑れるようにはならず、
スキーが大嫌いになって、
二度と行かないと誓って、帰ってきたんです。
で、一年間、それがネタになったというオチ。

で、今年は、
おそるおそる初心者コースで、
すべってみました。

 Don't think. Feel.
 「考えるな。肌で掴め」 

ブルース・リーの有名なセリフ。
今日は一日、それを自分に言い聞かせました。

気づけば、低く、緩やかな坂でですが、
まっすぐ、滑れるようになっていました。
少し曲がれるようになり、
なんと、止まれるようにもなりました。
去年は、転んで止まっていたのですが。

帰りは、温泉によって、
男子部員たちと人生を語りました。
風呂上がりの珈琲牛乳の美味なこと美味なこと。

今年はスキーが少し好きになって帰ってきました。
来年は、リフトで上って、滑ってみようかな。

 まずは感じる。
 人間の感性すぐれているようです。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

金曜日の政治談義

議論じゃなく対話、
論破じゃなく共感、
断言じゃなく呟き。

天気の話から、
さりげなく、
この頃アベさんもねえ、
と話題をシフト。
ちょっと、この頃、試してるんです。

で、話してみると、
高校教師でも意外に知らないんです。
日々いろいろ忙しいのでしょう。
身軽な僕はデモや集会に出かけ、
SNSをやっているうちに、
気づいたら、物知りになっていたようです。

アベさん9条大嫌いみたいだねえ、
何でもありの「緊急事態条項」怖いよねえ、
民主党政権時の参議院議員が改選なんだよねえ、
参議院で改憲派が3分の2とりそうだよねえ、
ナチスは議会で過半数とってなかったのにねえ、
と、そんなことを言うと、驚かれて、驚きます。

今日は金曜日、
一週間が終わった放課後の職員室、
ちょっとホッとしたところで、
作戦通り、政治談義が盛り上がりました。
二、三人で話していても、
まわりの人はけっこう聞いてるんです。

ま、今日はまあまあの成果。
原発賛成の同僚が反対派になったりもして。

この夏は、いよいよ、
18才になる高校三年生が、
選挙デビュー。
政治がふつうに話題になる雰囲気をつくらなくては。

たかがおしゃべり、されどおしゃべり。

さ、いったる。


Love & Peace・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ただ、その家に

僕が中学生の頃、
亜無亜危異(アナーキー)が人気でした。
ま、ツッパリ少年の間だけですが。

 あったま来るぜ、まったくよ
 いい家住んで、のおのおと、
 ただその家に生まれただけで、
 なーにが日本の(ブーという音)だ
 何にもしねえでふざけんな

たしか、そんな歌詞。
天皇のことを歌ってんだなあ、
と思いました。

カネのある家に生まれれば、
教育を受けられ、裕福になり、
カネのない家に生まれれば、
教育を受けられず、貧しくなる。

家庭の経済事情で、
進学をあきらめた教え子を、
何人も見てきました。
こんなに悔しいことはないんです。
無料で大学までいける国もあるのに。

ただ、その家に生まれただけで、
総理大臣になったアベを、
ただ、日本に生まれただけで、
自分がエラいと思ってしまうやつが支持する国。

 おかしいだろ、これ。
 
また、ツッパリ魂を思い出しました。


Love & Peace・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

北極星のような

その昔、船乗りたちは、
星を頼りに航海していました。
中でも、決してブレない北極星は、
もっとも頼りになった星だったはず。

僕の手帳にはビニールカバーがかかっていて、
チェ・ゲバラの写真が挟んであるんです。
医師でもあった革命家、
キューバ革命をなしとげた後、
権力の座に執着することなく、
さらなる革命に身を投じ、
若くして命を落としたチェ・ゲバラ。

生涯ブレなかった男、
きっと生きながらえても、
ブレなかったはず。

チェ・ゲバラは僕の北極星なんです。
スヌーピーと並んで。

ま、人間、長く生きていれば、
ブレるもんなんです。
特に、長いものにクルクル巻かれたりして。

好奇心旺盛で、新しもの好きで、
集中力も散漫な僕は、
もう、毎日、ブレまくり。

だから、ブレない人が必要なんです。
僕の人生の北極星になるような。

幸い、何人かそんな友達に恵まれ、
なんとかこれまでやってこられました。

身近なところでは、
重度の心身障害者の兄も決してブレない男。
祖母が旅立ったときも、
僕が落ち込んでいるときでも、
いつでも同じ笑顔で迎えてくれました。
この安定感はハンパないんです。。

これまで、どれだけ励まされたことか。
たまに、あまり悲しいときは、
兄を抱きしめまるんです。
たいてい、逃げられます。

よし、明日こそ、ブレないようにしよっと。
ダメだったら、兄ちゃんとこいこっと。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

舞台裏の舞台

今日は劇を見てきました。
市民劇場の会員になっているので、
二ヶ月に一回観劇なんです。

見たいものを見に行くだけでは、
いいものは見れないんです。
期待してなかったのによかった、
そんなのもいいんです。

今日は、当番で、
バックステージ作業に参加しました。

劇が終わると、まず、
舞台裏からいろいろと運び出すお手伝い。
劇団専属の運び屋さんの指示で、
小道具が入った箱を運んだり、
みんなで幕を畳んだり、
最後にステージや楽屋や廊下を掃除しました。

運び屋さんたちは、
真冬なのに黒いTシャツで、
笑顔で素人集団をまとめ、
てきぱきと無駄なく作業します。
まあ、イケてること、イケてること。

運び屋さんたちは、
今ごろホテルで、
この町の名産でもつまみに呑んで、
また明日には、
役者さんたちと旅に出るのでしょう。

今日の劇は好きなタイプでなかったので、
なんだかバックステージの光景が、
まだ余韻として残っています。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (2)

欠けたところ

いつも何か欠けてるんです。
で、探し続けて。
見つかった、と思っても、
やっぱ、どこか充たされなくて。
また、探しづけて。

実は、欠けている状態が自然。
その欠けっぷりが、その人の個性。

欠けているところは、
自分では決して埋められない。
他者にしか埋められない。

その他者も何か欠けていて、
誰かに埋めてもらわなければならない。

いっそ自分の欠けているところを埋めるより、
誰かの欠けているところを埋めようとすべき。

自分の欠けているところを埋めてもらい、
誰かの欠けているところを埋めたつもり。

それでも、やっぱり、何かがいつも欠けている。

ま、いっか。

欠けてないところもあるし。


Love & Peace・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

今年一番の寒さでも夏

まだ、夏は終わってないんです。
9月19日に戦争法が成立してから。

今日は一日ハラハラしていました。
岩国市、八王子市、宜野湾市で、
市長選があったもので。

このごろでは、ネットがあるので、
全国の情報が入ってきます。

今日は、
おやつのシフォンケーキを焼いて、
晩ごはんはハンバーグを焼いて、
エプロンをしながら、
ツイッターで、情報を集め、拡散、つぶやき。

 #一本の鉛筆で日本を変える

戦争法成立後、
ツイッターを本気で始めたんです。

で、いつもiPadばかりいじって、
先日、父に怒られたほど。

でも、夜、すべての選挙区で、
相手候補の当選確実の速報。

日本人力士10年ぶりの優勝の喜びも、
すっかり吹き飛んでしまいました。

さ、次は、京都市長選に注目しようっと。

では、最後に有名な詩を。
反ナチ教会の指導者マルティン・ニーメラーの。

 ナチスが最初共産主義者を攻撃したとき、
 私は声をあげなかった
 私は共産主義者ではなかったから

 社会民主主義者が牢獄に入れられたとき、
 私は声をあげなかった
 私は社会民主主義ではなかったから

 彼らが労働組合員たちを攻撃したとき、
 私は声をあげなかった
 私は労働組合員ではなかったから

 そして、彼らが私を攻撃したとき
 私のために声をあげる者は、
 誰一人残っていなかった

さ、明日から、また、いったろっと。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

母の味

このごろ、あまり料理をしてないんです。

シングルファーザー時代は、
一日三食つくっていたのですが。

晩ごはんは、つきあいがなければ、
実家で、母のつくったものを食べます。

母は、料理が下手なんです。
何をつくっても、イマイチ。
細かく切りすぎたり、
クタクタに煮すぎたり、
具が多すぎたり、と。
これは、おそらく、センスの問題でしょう。

子どもに料理をつくるのは、
親としては最大の喜び。
母は、毎日、はりきっているので、
だから、これも親孝行と食べに行くんです。

ま、不味いと、食べ過ぎることはないので、
ちょっとしたダイエットになるかな、と。

昨日は、職場の若手がうちにきたので、
はりきって、料理しました。
若手も、気を使ってか、大げさに喜んでくれ、
ひさしぶりに料理する喜びを味わいました。

たしかに、料理は誰かのためにするもの。
おいしさは、わけあうと、倍増するもの。

ま、この喜びは、母に譲るとします。

娘よ、うちの飯が恋しいだろ、ははは。

Love & Peace・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

あの夏変わったこと

あの夏、
何度もデモに行って、
国会前にも行って、
日本が変わったことを感じたんです。

政治家が国民を動かす日本から、
国民が政治家を動かす日本へ、と。

 言うこと聞かせる番だ、俺たちが。
 言うこと聞かせる番だ、私たちが。

 民主主義って何だ?
 これだ!

これは、SEALDsのコール。

政党に国民が耳を傾けるのではなく、
政党が国民に耳を傾けるようになったんです。

で、戦争法が成立した9月19日、
アベがゴルフに出かけているうちに、
早速、あの共産党の志位委員長が、
「国民連合政府」構想の発表したんです。

アベ政権を倒し、
戦争法を廃止し、
立憲主義を取り戻すため、
その一点で、野党は共闘しよう、と。
共産党は、そのためなら他党でも応援する、と。

これには、びっくり。

あの2009年、
共産党が候補者を半減させたとき、
何が起こったか?
そう、政権交代。

この田舎でも、。
野党共闘の声が広がっています。

和夫はみずほに会い、
一郎にも教えを乞い、
でも、まだ、もたつく野党も。

しかし、今は、
野党が共闘するんじゃなくて、
野党に共闘させる時代なんです。

これは、「国民が自らの政府を選ぶ初めての経験」

いったる。
まじで、いったる。


Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!
 


| | Comments (0)

毎日書くこと

僕はブログを毎日書くのですが、
兄も、毎日、書くんです。
といっても、兄は読み書きどころか、
しゃべることもでいません。
だから、母が連絡帳に書くんです。

 今日はジローと遠足に行きました。
 晩ごはんは、ジローがカレーをつくってくれました。
 僕はジローのカレーが大好きです。

などと、
母が勝手に想像して、、
兄の第一人称で。

連絡帳を兄は毎日学園に持っていくんです。
すると、先生がそれを読み、
兄にいろいろ聞いてくれるのでしょう。

また兄は連絡帳を持って帰ってきます。
そこには、先生の言葉が書いてあります。

 今日はジローさんの話をすると、
 イチローさんはうれしそうでした。
 午後はボランティアの生徒さんと張り切って、
 卵を割る仕事をしてくれました。

などと、あたたかいコメントが書いてあるんです。

僕は実家に行くと、
兄にその連絡帳を持ってきてもらい、
学園での様子をいろいろ聞くんです。
すると、兄はうれしそうに笑顔で、
首を縦に振ったり、横に振ったり。
これで、充分なコミュニケーション。

で、兄は、一日の終わりに、
母に合図するんです。
人差し指でテーブルの上を叩き、
今日のことを連絡帳に書け、と。

兄の連絡帳は毎日のこと、
僕のブログも毎日のこと。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

話すコツ

僕が尊敬する刑事コロンボ、
あの話し方を試してみようかな、と。

まず、あえて、ナメられる。
で、油断させる。
ボコボコの車に乗る。
相手に教えを乞う。
質問をする。
けっこう、しつこく。
で、矛盾を浮き上がらせる。
最初から最後まで敬意を持つ。

僕は論理的思考が苦手なので、
すぐ議論になると負けてしまうんです。
この前、辺野古問題で、知人と。
結局、言いたいことの半分も言えず、帰宅。
その後、数日、もんもんとしたもので。

次に、議論になったら、コロンボ話法使ってみます。

さて、話し方といえば、
プレゼンが苦手な日本人。
特に、パワポ・プレゼンに当たりなし。

今日たまたま読んだ雑誌に、
プレゼンのコツが書いてありました。
TEDで話すときの極意のような。
大事なことは、三つ。

 ①権威や信用
 ②データや数値
 ③物語

この三つがないと、ダメなんだとか。
どれも同じくらい大事ではなくて、
とりわけ③の物語が段違いに大事とのこと。

この頃、偉い人の話を聞くことが多くて、
いつも退屈してしまったのは、このせいでしょう。

③が決定的に欠けていたのです。

権威も数値も嫌い。
で、好きな物語がない。

そりゃ、話の途中、iPadをいじっちゃったりするわけです。

さ、明日、学校で試してみよっと。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

求めることと与えること

今日は、教え子たちと、絵本を読みました。
最近、英文法ばかりで、つまらなそうだったので。

 The Giving Tree.

おおきな木があって、
毎日、少年が遊びに来ます。
木登りしたり、ブランコしたり、
木陰で、昼寝したり。

でも、少年は大きくなるんです。
青年になり、カネが欲しくなり、
木に、リンゴをもらいます。
中年になり、家が欲しくなり、
木に、枝をもらいます。
老年になり、この世界がいやになり、
木に、幹をもらいます。
少年は、それで船をつくって、
どこか遠くへ去っていきました

木は、少年に何かを与えるたび、
幸せな気分になるんです。

少年がまた帰ってきます。
しかし、木はもうただの切り株。
もう何もあげられません。

少年は、ようやく、何もいらなくなります。
ただ、疲れて、休みたい、と。
そこで、木は、言います。
古い切り株は腰掛けにちょうどいい、と。

ようやく、また二人きりに。
木は幸せでした、と。

生徒たちに、タイトルを考えてもらいました。
一番、好評だったのは、「木があたえるもの」
おかしかったのは野球部員の「少年の運命」

ちなみに、翻訳本のタイトルは「おおきな木」

ようやく、
プレゼントをもらうことと同じくらい、
プレゼントをあげることもうれしくなりました。

あげるほうがうれしくなって、
はじめて大人になれるのでしょう

そういえば、少年は、絵本の中で、
晩年になっても、the boyと書かれていました。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

カネ政治を許さない

何でも安く買えたら、うれしいもの。
しかし、その裏には、
泣かされてるひとがいるんです。

で、今回のスキーバス事故のようなことが。

2000年コイズミ構造改革→
規制緩和 → 業者増加 →
競争激化 → 経費削減 →
超過勤務 → 安全軽視 →
そして、悲劇。

町でも、
安売りすれば、
店の利益が減り、
従業員の給料が減り、
従業員が買い物しなくなり、
町の景気が悪くなり、
さらに安売りをして……

と、負の連鎖。

聞くところによれば、
アベノミクスでは、
国が借金でカネをばらまき、
年金積立金で株を買い支えてるとか。

それでも、
庶民の暮らしはよくならず
格差は広がるばかり。

これじゃ、カネに多くの国民が殺されちゃいます。

だから、カネ政治を許さない。

本気で、まずは、できることから。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ブンガク in 横浜

東京の出張のついでで、
帰りに横浜に行ってきました。
で、娘と合流。

カフェに寄って、
小物ショッピングして、
短編映画を見て、
中華街で夕食を食べ、
で、またカフェへ。

今日は「グレート・ギャツビー」が、
なぜグレートかについて語りました。

娘は、僕と同じ英文科学生、
ギャツビーのレポートを書いていたんです。

愛するデイジーの気をひくため、
ようやく金持ちになり、
夜ごと派手なパーティを開くギャツビー。

しかし、成金と言われ、
デイジーは人妻でつれなく、
あげくのはてに誤解で殺され、
淋しい葬式にはデイジーも参列しない。

好きだ、会いたい、抱きしめたい……

それだけが愛じゃない、

で、なぜグレートなのか?

結論は出ず、
あやうく、終電に乗り遅れそうなりながら、
なんとか先ほど帰宅。

娘よ、次は鎌倉行こうぜ。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

熱狂なきファシズム

ファシズムって、
熱狂的に迎えられるもの、
と、ずっと思っていました。

ファシズムは、
いつの間にか滑り込んでくる、
そんな感じのような気がします。
この頃は。

弱者が強者に同調して、
強者になった気になって、
強者を支えてしまったり。

党利党略で、
ファシストと組む政党があったり。
共闘に踏み切れず、
もたもたしている政党があったり。

無関心な人や、
冷笑系の人や、
中立とかいって沈黙してる人も、
結果的に、ファシストを支えちゃうんです。

あのナチスは、
議会で過半数の議席を持っていなかったんです。

そんなとき、政権をとるために、
ヒトラーを利用する政党がありました。
共産党と社民党は仲が悪かったんです。

で、国会議事堂炎上事件が起こります。
共産主義者のしわざと断定し、
徹底的に弾圧します。
実は、事件はでっち上げだったのですが。

その後、「全権委任法」成立。
国会の議論がなくても、
ヒトラーが法律を作れるようになります。
そして、他の政党は非合法に。

それから、どんな悲劇が起こったかは、ご存じの通り。

なんだか、日本に似てるなあ、と思うんです。

僕が間違ってればいいのですが。

自民党は、憲法に「緊急事態条項」を盛り込みたいようですが。
まるでナチスの「全権委任法のような。

僕のいうことなんて全部でたらめならいいのに。

Love & Peace・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

Let's take our time.

日記専用の万年筆の調子が悪くなりました。
1992年制の古いもの。
最近、インクが出すぎるようになったんです。
そこで、以前、二回ほど修理してもらったところに、
お願いしようとしたら……

もう修理は止めたんだそうです。
その理由は、
早期対応を求める客の増加。

万年筆はとてもデリケートな道具。
使う人の癖も受け入れ、
年月とともに育っていくもの。
だから、修理に時間がかかるのは当然。

にもかかわらず、
修理をせかす客がいたのでしょう。

もし、早期対応をしようとしたら、
丁寧な仕事はできなくなります。
だからこその修理サービス終了の決断。

その店まで行けなくても、
万年筆愛好家のために、
郵送での修理をしてくれてたんです。
さほど儲からなくても。

スピードが商品になってしまった昨今。
ネット通販など、
たとえ祝日でも、
翌々日には届きます。
いつか元日に商品が届いたときには、
ドライバーさんに申し訳なくなりました。

近所の傘修理屋さんもなくなりました。
傘を修理するより買ったほうが早い、
と思う人ばかりになったからでしょう。

そんなスピード狂が増えたせいで、
失われたものが、
他にもたくさんあります。

自動車なども、
スピードが速くなればなるほど、
危険は増し、
命さえ失われてしまいます。

 スピードが速くなればなるほど、
 人間の罪は大きくなる。

僕の好きな作家の作品の中に書いてありました。

 Take your time.

ごゆっくり、という意味。

これこそ、今年、流行らせたい言葉です。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

珈琲道

街に出れば、必ず、コーヒーを飲みます。

そういえば、娘と会えば、三軒はカフェに行きます。

兄も、コーヒー好きで、
毎日、絶対に飲みます。
貯水池のほとりか、海辺で、缶コーヒーを。
で、週一回は喫茶店に行くんです。

僕は週末は必ず、
ウィークデイは週二日か二日、
カフェに行きます。

そんな時間が大事なんです。

ボーッとしていると、
脳が活性化するんです。
自分が考えるのではなく、
脳に考えてもらう感じ。
脳が勝手に、
頭の中にあるゴチャゴチャしたものを、
整理して、結びつけて、新しいものを産むんです。

それほどカフェには行くものの、
なかなか美味しいコーヒーには出会えません。

雰囲気がイケてるカフェは、たいていダメ。
きっと雰囲気づくりに力を入れすぎなのでしょう。
だから、その雰囲気にカネを払うんです。

チェーン店は、もう全部ダメ。
不味くて飲みきれないので、
いつもコーヒーを残してしまいます。
だから、目的は、雑誌や新聞を読むこと。

先日、近所の珈琲豆屋で、
豆を買ってきてドリップしたのですが、
これも、イマイチでした。
豆はいいので、僕の技術の問題でしょう。
まだまだ日々精進です。

僕が好きなのは、母が店で淹れるコーヒー。
母は料理がメチャメチャ下手なのですが、
コーヒーだけは絶品。
だから、僕にとっての母の味は、コーヒー。

豆を挽いてからドリップして、
カップもコーヒーも熱々、
そして、いつも同じ味。

母に豆をもらって、
うちで淹れても、
同じ味にはならないのが不思議。

そう、コーヒーは、繊細で奥深い飲み物なんです。

さ、明日は週末、どっか行ってみようっと。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

路地裏の名店で旗開き

ま、いろいろと、思い通りにいかなくて、
なんだか、気分が晴れなかったんです。

で、今日は、旗開きでした。
いわゆる、組合の新年会。
同世代の仲間と。

今までに行ったことのない店へ。
ちょっと、勇気を出して。

路地裏のカウンターの小さな店。
店主の料理する姿がよく見え、
ちょっとしたライヴのよう。

お通しが、縮緬キャベツに肉味噌がのったの。
いきなり、美味で驚きました。

蒸し野菜を頼むと、
見たことのない、きれいな野菜がズラリ、
クルミとオリーブオイルのディップにつけて。

大根カツ、初めて食べました。
蒸し煮した大根のフライに、
特製ソースがかかっているんです。
続いて、麻婆豆腐、酢豚ならぬ酢鶏。
まあ、どれも美味なこと、美味なこと。

店主は、以前、中華料理店にいたんだとか。
いくつか店を渡り歩き、
結局、一人でやれる店に落ち着いたそうです。
野菜中心のメニュー、
契約農家から届く野菜一つひとつの声を聞き、
中華包丁と切り、蒸籠で蒸し上げます。
野菜は蒸すのが一番いいんだとか。

〆は、玄米炒飯。
胡麻がたっぷり入り、
大きなプチプチと小さなプチプチの食感。

仲間は、ラーメンを注文。
奥行きのあるあっさりスープ、
細麺で、温野菜も入っていました。

一人だから、できるんだそうです。
人を雇ったら、絶対に味が落ちる、と。

舌だけでなく体も喜ぶ美味。
酒は飲まなかったのですが、
いろいろうまくいかなかったことも、
すべて忘れることができました。

ごちそうさまでした。

しかし、今日も食べ過ぎてしまいました。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

夏が終わってない冬

弱者には二種類あるようです。

弱者どうし団結して、
強者とたたかおうとする弱者①と、
強者に服従して、
強者と一体化しようする弱者②。

やっかいなのは、弱者②
同じ仲間の弱者①を攻撃するからです。
自分が従う強者に従わないから、といって。
しかも、弱者②は数が多い。

そして、たまたまその家に生まれたから、
強者になったような強者を支持するんです。
相手にもされず、搾取されるているのに。

社会なんて、放っておけば、
強者が強者であり続けるために、
強者に有利なルール改正をして、
弱者から搾取して独占するんです。

だから、政治があるんです。
放っておけば、不公平になる社会を、
少しでも公平に近づけるように、と。

しかし、弱者②が強者の政治を支持しちゃうんです。

やれやれ。

まだまだ内閣支持率の高いニッポン。
憲法改悪に向けて一直線。

ファシズムは熱狂に支えられると思っていました。
まさか、ファシズムが無関心に支えられるとは、
夢にも思いませんでした。

やはり、あの熱い夏を忘れちゃいけないんです。
ここのところの寒さと、野党のもたつきで、
多くの国民はすっかり冷めてしまったようですが。

よし、長編小説でも書こうっと。

忘れない夏!


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

たかが20年、されど20年

今、娘の弁当をつくったところです。

おかかのおにぎりは朝ごはん、
ビビンパは昼ごはん。

娘はもうすぐ夜行バスで横浜に帰るんです。

今日は、スイーツもつくりました。
兄の誕生日だったもので。
実家で、兄を囲んで食べました。
得意のイチゴのババロア。

晩ごはんは、父に寿司をつくってもらいました。
昨日、娘の成人式もあったので。
ちらし寿司。
やっぱり、これが一番。

さ、娘よ、そろそろ、タイムカプセル開けるぞ。
ひいおばあちゃんが書いた手紙も入ってるぞ。
振り袖見せてやりたかったなあ。

え、父親20周年だって?

その発想はなかったな、ははは。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

この道の先

ヒトラーの伝記を読み終えました。
「アドルフ・ヒトラー」ルイス・スナイダー

恐くなりました。
あの独裁者より、
彼を支えた国民が。
日本に似ていることも。

ユダヤ人を憎む民族主義を煽り、、
強引に経済政策を進め、
憎しみとカネが、
ファシズムを育てていきます。

韓国や北朝鮮や中国を嫌い、
アベノミクスの幻想に酔う……

ナチスは、議会の過半数をとっていませんでした。
そんなとき、国会議事堂放火事件が起きます。
共産党員のしわざと、弾圧が始まりました。
実は、ナチスの自作自演のでっち上げだったのですが。

そして、「全権委任法」が成立。
ヒトラーは、議会を葬り、立法権を手に入れます。
ナチス以外の政党も非合法になります。
政敵を、次々に殺し、やがて無謀な戦争へ。

アベが企む「非常事態条項」
災害や戦争など、有事の際は、
内閣は、議会を通さず、
法律に匹敵する政令をつくることができるいうもの。
人権や地方自治を制限することもできます。
これさえあれば、九条があってもなくても同じ。

まるで、ナチスの「全権委任法」

当時の人々は、
ファシズムの行く末を知りませんでした。

しかし、私たちは、学んでいます。
この道の先に何があるか。

さ、止めるのは、今。

たたかーいはここかーらー
たたかーいはいまからーー
ソレソーレ


Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

瞬間を集める

時に、噛みしめるんです。
隣町にミニ・シアターがある幸せ。

で、今日は、「ヴィヴィアン・マイヤーを探して」

ある若者が、たまたま手に入れたネガ・フィルム。
それが、傑作のストリート・フォト15万枚以上。
それを撮ったヴィヴィアンは、生前一枚も発表することもなく、
住み込みの乳母として働き、生涯を終えます。
その彼女の生涯をその若者が追うドキュメンタリー映画。

これは、当たりでした。
探求系ストーリーが好きなんです。

彼女が使っていたローライフレックスというカメラ、
おなかのあたりで構え、
ファインダーを上から覗いて撮るんです。
見上げるようなアングル、
モデルにレンズを意識させない間合い、
それで、独特の雰囲気が出るようです。

彼女は、いつもカメラを首からぶら下げて、
子どもを外に連れだしては、
写真を撮っていました。

変人扱いされた彼女の孤独の闇は、
レンズを通しての無数の一期一会によって、
照らされることはあったのでしょうか。

実に含蓄のある映画でした。

僕も、写真を撮るが好きなんです。
たいていPadで、たまにデジカメで。

うちでプリントしては、
実家に持っていき、
兄のアルバムに入れていくんです。

兄は、写真が大好きで、、
暇さえあれば、アルバムをめくっています。
最近のお気に入りは、振り袖姿の娘の写真。

そういえば、娘も写真が好きで、
iPhoneで撮っては送ってきます。
ウェブ上にもアップしてるようです。

 Collect moments, not things.

僕の好きな言葉。
瞬間を集めろ、モノじゃなく。

人生は、長さではなく、密度。
心のシャッターをどれだけ切って、
瞬間を心に刻み込むか。

さ、明日も、心のシャッター切りまくろうっと。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

モノより思い出

モノを買うより、
経験を買うほうが、
幸福度が持続するんだとか。

モノは、いずれ劣化するし、
他のもっといいモノと比較すれば、
とたんに輝きが失せていきます。

経験は、思い出となり、年々、美化されたりも。
それに、他の人の経験とは比較ができません。
比較では、永遠に幸せにはなれないでしょう。

人間、死の床まで持っていけるのは、思い出くらい。
今の自分は、いいも悪いも含め、経験の総決算。

と、言いつつ、今日は衝動買いしちゃいました。
五百円玉貯金がそこそこ貯まったもので。

 小さなスピーカー

ワイヤレスで、いい音が出るんです。
今、こたつの上が、ライヴハウス状態。

音楽は偉大なんです。

祖母が最後ごはんを食べなくなっても、
音楽だけはベッドの上で楽しんでいました。
歌を歌ったり、イヤホンで歌を聴いたり。

兄も音楽が大好き。
明日、これ持ってこっと。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ままならぬ日々

本格的に仕事始め。
今日は課題テストの監督で、
眠くなって、大変でした。

まだ時差ボケなんです。
寝正月のせい。

昼間、早く寝よう、と思うんです。
夕方も、そう思ってるんです。
夜になっても。

で、真夜中が近づいてくると、
目が冴えてくるんです。

今、全然、眠くないんです。

早く寝ようと思っても、夜更かし、
ダイエットしようと思っても、ドカ食い、
本読もうと思っても、ネット……

人生、思い通りにはいかないものです。
しかし、思いがけないことがあるのも人生。

さ、新しい年、また思いがけないことが起こるでしょう。

楽しみです。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

それぞれの世界

昨日、古いビデオを見てたら、

「自分が見てる世界がすべてだと思うな」

と、私立探偵が言っていました。

たしかに、外国に行くと、
とくに観光しなくても、
ただ町を歩いているだけで、
驚くことばかり。

この前、福井に行ったときは、
お土産で、水ようかんを勧められました。
「冬はこたつで水ようかん」と。
これも、びっくり。

新学期が始まり、
教え子たちにお雑煮のことを聞くと、
それぞれのうちでレシピが違い、
これにも、驚かされました。
で、どの家のお雑煮も美味しいんだそうです。

今年は民主主義元年と思っているんです。
美味しい雑煮でさえ家によって違うほど、
みんな違うのですから、
自分と同じ意見の人ばかりじゃないのも当然。

そう、「自分が見てる世界がすべてではない」

はい、今年はここからスタート。

しかし、アベ総理、
みんなちがってみんないい、
あんたが言うなよな。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

お正月の終わり

今日は冬休み最後の日、
両親と兄と日帰り温泉に行ってきました。
車で一時間ほど行くと、いいところがあるんです。

これは、我が家の一大イベント。

お節料理もなくなったので、
お昼は温泉の食堂で。
デザートにソフトクリームも。

兄を温泉に入れるのは、
なかなか大変なのですが、
父と協力して、
男三人で湯につかりました。
まわりのお客さんも親切で助かりました。

そういえば、
両親は結婚50周年、
そう、金婚式のお祝いでもあったんです。

風呂上がりには、コーヒー牛乳をいただき、
座敷で昼寝も恒例のこと。

帰りに、喫茶店に寄り、ティータイム。
両親と兄が、毎週火曜日に行くところ。

さ、明日は始業式。
教え子たちと会うのも久しぶり。

で、まだ持ち帰り仕事が終わりません。
暮れに終わらせるつもりだったのですが。

さ、今年も、がんばらないようにがんばろっと。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

GNPと包丁

今日、ラジオを聞いていたら、
包丁のCMが流れてきました。

ブランド包丁、
三本セットに一本おまけして、
十年間無料で研いでくれる特典付き。

料理は好きなので、
ぐっと物欲が沸きました。

が、しかし、うちの包丁を思い出したんです。

メイン包丁は、大学入学時、
料理人の父がホームセンターで買ってくれたもの。
鋼をステンレスで挟んだもの。
ま、さほど高価なものではないでしょう。
大学時代は、大して料理もせず、一度も研ぎませんでした。

今も現役なその包丁、
一番長いつきあいの包丁なので、
一番手に馴染むんです。
もはや、手の一部。

シングルファーザーになってから、
砥石を買って、
しょっちゅう研いでいるので、
いつでも、切れっきれ。
そのため、指まで切ることも多々。

さて、この資本主義社会において、
GNPのことを考えれば、、
超高級で超高価な包丁を一本一本売るか、
すぐ切れなくなる安っぽい包丁を何本も売るか、
そのどちらかしかありません。
そう、売れてなんぼ。

安物の包丁を、
千円もしない砥石で研いで、
ほぼ三十年も長く使い続けたら、、
資本主義には逆行でしょう。

それでも、この包丁を握るたび、
これを持たせて僕を送り出した父の気持ちを思い、
これで料理を娘のためにつくり続けた日々を思い、
あったかい気持ちになるんです。

GNPを上げることに貢献できなくても、
ハッピーになれることもあるんです。
思ったより多く。

昨日、娘が深夜バスで、横浜に帰っていきました。
で、久しぶりに、弁当を作ったんです。
リクエストで、オムライスを。

もちろん、包丁は切れっきれでした。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

自由からの逃走 in ジャパン

数年前、苦労して読んだ本、
「自由からの逃走」
心理学者E・フロムの名著。

ナチス台頭の時に書かれた本。

人は孤独で不安になると、
自由から逃走して、
強い者に服従して、
安心したがる、と。

同じように、
権力者も不安になると、
弱い者の自由を奪って、
支配して、安心したがる、とも。

これが、ファシズムを呼び込むんです。

服従と支配のタテの関係、
実は、愛のない状態。

本当の愛は、ヨコの関係。
「愛は自由と平等に基礎づけられる」と。
束縛も序列もないんです。

タテの関係には、
愛はないゆえに、
やがて、憎しみが生まれていきます。

日本を愛すると称して、
国家に服従して、
日本人でない人を憎み、
国家に服従しない人を憎み、
ヘイト・スピーチなどをするのは、
まさに、「自由からの逃亡」

実は、孤独と不安が、最大の敵のようです。

 あなたは一人ではないし、
 あなたはあなたでであって大丈夫。

そんなメッセージをまわりに発信することが、
2016年の目標となりそうです。

まずは、話を聞くことからでしょう。
これが一番難しいのですが。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

兄の教え

今日は、予定もなかったので、
一日、兄と一緒にいました。

兄はさすがに僕より長く生きているだけあって、
いつも教わることが多いのです。

兄は、重度の障害者で、
しゃべれず、左手は動かず、
手を繋がなきゃ歩けず、
知能は幼児くらい。

そんな兄を見ていると、
人間に何が必要かがわかるんです。

兄は、必要なものしか持ってない存在。
金欲も物欲も性欲も出世欲もゼロ。
そんなものはどれも人間には必要ないようです。

兄は、いつも誰かと一緒にいたがります。
壁のカレンダーの書き込みを見て、
いつも何か楽しみにしています。

愛があるかぎり、明日が来るかぎり、
人間は生きていけるのでしょう。

時々、僕はいたずらするんです。
兄を抱きしめて、動けなくするんです。
すると、兄は大きな声で騒ぎ出します。

そう、自由も人間には必要なようです。

そして、一日一回のコーヒータイム。
うちの外で、カフェオレを飲むんです。
コーヒータイムも、人間には不可欠なんです。

他に兄が好きなものは、写真。
いつも、アルバムをめくっています。
クリスマスプレゼントにはアルバムをあげました。
新しい写真を入れると、とてもうれしそうです。

そう、思い出も不可欠。

兄は字を書けませんが、
毎日のできごとを、母に書いてもらっています。
今通っている施設に持っていく連絡帳にです。
これは、コミュニケーションの大事なツール。
施設の先生は、それを見て、兄と話すのでしょう。
施設での様子も先生が書いてくれるので、
うちで、その話をすることもできます。
コミュニケーションといっても、
兄は笑ったり、頷いたりするだけですが、
僕達には、それで充分。

書くこと、これも重要。

ということで、今年も、
そう、生きるために書き、
書くために生きることにします。

兄ちゃん、じゃ、また明日。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

元旦のこたゴロ

昨日の深夜、年が明けると、
娘と近所の神社に行ってきました。
いちおう、初詣。
僕は無料でふるまわれる甘酒が目当て。
娘は二回目のおみくじで大吉が出て大喜び。

で、眠って、起きると、
いよいよ、お節料理の重箱の蓋を開けました。

朝は、雑煮ときんぴらとなますと黒豆の三段重。
すべて、母が担当。
僕のつくった豚の角煮と煮卵も。

夜は、僕がボーナスで買った豪華お節がおかず。

お節料理は、保存食。
三日くらい買い物しなくても、
おかずに困らないように、と。
シュフも正月くらい休めるように、とも。

娘と街に出ると、けっこう店が開いていました。
正月くらい従業員を休ませればいいのに、
と思いつつ、
喫茶店、映画館、また喫茶店と。

正月なんて、飲んで食って、
こたつでゴロゴロするにかぎります。

じゃ、娘よ、明日は、こたゴロだ。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

2015年回顧

いきなり、祖母が旅立った2015年、
四月からは、教職員組合の副委員長に。
五月に、もう一人大切な人を見送りました。

そして、夏、デモにあけくれ、
夏が終わっても、
心の中では夏のまま。
「民主主義って何だ」
とずっと問われているようです。

小説やエッセイや書評、
組合のしんぶんのコラム、
ブログ、フェイスブック、ツイッター、
今年も「生きるために書き、書くために生き」た一年。

いろんなところにも行きました。
毎週、県庁所在地へ、
だいたい毎月東京へ、
たまに娘のいる横浜へ、
イギリス、仙台、長崎、福井、そして沖縄へも。

あの9月19日未明、戦争法が成立。

「新しい年が明けたようだ」、と。

まさに、民主主義元年となった実感。
政府が国民を動かす国から、
国民が政府を動かす国になり始めたような。

言うこと聞かせる番だ、俺たちが。
言うこと聞かせる番だ、私たちが。

さ、新作は長編になりそうです。
で、教え子たちが選挙に行きます。

猿年、見ざる、聞かざる、言わざるじゃなく、
見るし、聞くし、言うし、そんな年になりそうです。

みなさん、2016年も宜しくお願いいたします。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

« December 2015 | Main | February 2016 »