« 兄の教え | Main | GNPと包丁 »

自由からの逃走 in ジャパン

数年前、苦労して読んだ本、
「自由からの逃走」
心理学者E・フロムの名著。

ナチス台頭の時に書かれた本。

人は孤独で不安になると、
自由から逃走して、
強い者に服従して、
安心したがる、と。

同じように、
権力者も不安になると、
弱い者の自由を奪って、
支配して、安心したがる、とも。

これが、ファシズムを呼び込むんです。

服従と支配のタテの関係、
実は、愛のない状態。

本当の愛は、ヨコの関係。
「愛は自由と平等に基礎づけられる」と。
束縛も序列もないんです。

タテの関係には、
愛はないゆえに、
やがて、憎しみが生まれていきます。

日本を愛すると称して、
国家に服従して、
日本人でない人を憎み、
国家に服従しない人を憎み、
ヘイト・スピーチなどをするのは、
まさに、「自由からの逃亡」

実は、孤独と不安が、最大の敵のようです。

 あなたは一人ではないし、
 あなたはあなたでであって大丈夫。

そんなメッセージをまわりに発信することが、
2016年の目標となりそうです。

まずは、話を聞くことからでしょう。
これが一番難しいのですが。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


|

« 兄の教え | Main | GNPと包丁 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 兄の教え | Main | GNPと包丁 »