« 悲劇も喜劇に | Main | 政治と宗教と焼鳥 »

創価学会員の皆さんへの手紙

最近、母は悩んでいるようです。
おそらく、引き裂かれるように。

僕は創価学会員の家族に生まれました。
ま、今は、熱心な信者は母だけですが。
父と僕は邪魔しないというスタンス。

僕も小さな頃は、
仏壇に向かったもので、
今もお経はスラスラ読めます。
うちの開かずの間の隅には仏壇もあります。

初めての選挙は、
公明党に入れました。

ま、社会人になってからは、
信仰心も薄らぎ、
政治信条も変わりましたが。

現在、与党の公明党、
戦争法には、もちろん、賛成。

戦争で父親をなくした母は、
当然、戦争反対。

だから、いったん公明党支援を止めることを提案。
信仰と政治は別だから、とも。

しかし、母は、
信仰を捨てられないように、
公明党も捨てられないようです。

子どもの頃から、
公明党は平和と福祉の党と教えられました。
近所の創価学会の方々は、いい人ばかり。
障害者の兄にもとてもやさしくしてくれ、
祖母の葬式も、無報酬で、手伝ってくれました。

だから、僕もつらいんです。
家族が、戦争協力者になってしまうので。

僕は、今日も、デモにでかけてきました。
この田舎で、二千人以上集まり、驚きました。
皆の怒りは、アベシンゾーだけでなく、
公明党にも向かっているようです。

だから、僕もつらいんです。
その怒りが、家族にも向けられているので。

どうか、創価学会の皆さん、
同じ平和を愛する者として、
力を貸してほしいのです。
創価学会が本気になれば、
戦争法なんて、吹き飛ばすことができるはず。

公明党の衆議院議員の方が、
反対するだけで、
衆議院再可決を阻止できるのです。

どうか、創価学会員の友達がいる方、
戦争阻止に力を貸してほしいと、伝えて下さい。

母は、公明党の次の会合で、
戦争法についてきいてくる、と言ってくれました。

僕も友人の創価学会員に電話してみます。

|

« 悲劇も喜劇に | Main | 政治と宗教と焼鳥 »

Comments

ジロー先生、お久しぶりです。昨日の総がかり行動に参加していらしたのですね。私もオット、孫2人と家族「総がかり」参加しました。お会いできたらよかったのに。ところで、友だちのFBにジローズカフェがシェアされてました。私もシェアさせてくださいね。

Posted by: ジュリア | July 19, 2015 at 09:51 AM

家族総がかりとは、
なんとすばらしい!

シェアしていただき、光栄です。

Love & Peace ・・)v

Posted by: ジロー | July 22, 2015 at 12:13 AM

ご無沙汰です。いろいろあってブログを拝見する時間をとれませんでした。ひさしぶりにアクセスしましたら、やはり、どんどん引き込まれます。私は巣鴨駅の近くに住んでいるのですが、毎週土曜日OLDsというSEALDsに触発されてできた年配者のグループが巣鴨駅前で創価学会講堂へ行かれる人たちに向けて平和を一緒に考えましょう、戦争法を反対しましょうと呼びかけています。私は毎週金曜日に国会前で脱原発行動に参加しますので、土曜日にはあまり参加できません。でも気持ちは同じです。

Posted by: 牧泉(上田裕子) | April 27, 2016 at 01:50 PM

こんにちは。OLDsのみなさんもがんばっておられるのですね。公明党は、やはり力があり、イケマキ選挙でも、4万票自民に入れたんだとか。僕は母がいつか戦争協力者と言われるようになってしまうのでは、と冷や冷やしています。金曜日の国会前もいつか行ってみたいと思っています。Love & Peace ・・)v

Posted by: ジロー | April 27, 2016 at 11:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 悲劇も喜劇に | Main | 政治と宗教と焼鳥 »