« なにせ忘れっぽいもので | Main | 創価学会員の皆さんへの手紙 »

悲劇も喜劇に

子育ても終わり、
祖母も見送り、
今のところ、両親は元気で、
兄の面倒も見てくれているので、
僕は、身軽な身の上。
まるで、背中に翼がついたように。

さあ、これから何しよう、
と、思っていたら、
クミアイの役員になることに。

まあ、週一回、県庁所在地に行くのも、
気晴らしになっていいな、と思っていたら、
この戦争法騒動。

ったく……。

なにせ、名詞の裏には、
「教え子を再び戦場に送るな」
と書いてあるもので。

デモやら、集会やら、座り込みやら、
とても、週一回ではまわらなくなってきました。

でも、けっこう、楽しいんです。

 人生は
 クローズアップで見れば悲劇 
 ロングショットで見れば喜劇

 Life is a tragedy when seen in close-up,
 but a comedy in long-shot.

これは、チャップリンの名言の一つ。

戦争法衆議院通過は、たしかに悲劇。
でも、長い目で見たら、
これも、終わりの始まり、
アベシンゾーも長くないので、
結局は、喜劇ということになるんです。
絶対。

明日は、本拠地、県庁所在地での集会・パレード。
午前10時、静岡市駿府公園へ。

誰に会えるかな?
お昼は何にしようかな?


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

|

« なにせ忘れっぽいもので | Main | 創価学会員の皆さんへの手紙 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« なにせ忘れっぽいもので | Main | 創価学会員の皆さんへの手紙 »