« January 2015 | Main | March 2015 »

シブン型

僕はシブン型なんです。
私立大学文系、略してシブン。

あのバブル期、都会にたくさんいた人種。

大学受験は、
理科と数学を捨てて、
英語と国語と社会の3教科に絞る。

高校の最初の2年間は、
恋にお洒落に、青春を謳歌し、
遊び飽きた最後の1年に、
ラストスパートをかけ、
最小限の労力で最大限の成果を狙う。

シブン型は、社会人になっても、
その癖が抜けず、
無駄を見極め、
空いた時間でしっかり遊び、
数字が苦手な分、
コミュニケーションは得意なので、
頭が悪くても、
頭のいい友達がたくさんいて、
基本、追い込まれないと働かない。

職場などでは、
やはり、コクリツ型がリーダー的存在。
だてに5教科勉強していません。
頭の文理バランスがよく、
書類はなくさないし、
仕事も全般的に手抜きなし。

僕はいつも頭を下げています。
申し訳なくて、申し訳なくて。

だから、コクリツの同僚ががんばってくれる間に
僕は職場を明るくすることに専念します。
ボケ役として、皆にツッコんでもらい、
同僚のいいところを見つけては褒め、
宴会の幹事も、喜んで、引き受けます。

ずっとダメ社会人なのですが、
そんなヤツがいると、
まわりの同僚は安心するらしく、
その期待に応えるため、
あえて、ダメ人間を継続しています。

だから、娘よ、ホントだって。

あ、親子でシブンだ。

やばっ。


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

足して、引いて、幸せ

年収は、増えれば増えるほど、
幸せな気分になるもの。

しかし、それも、
アメリカの調査によれば、
年収7万5千ドルまで。
それ以上稼いでも、
幸福感は増えないんだとか。

きっと、
忙しくなったり、
ストレスが増えたり、
敵が現れたり、
何でも損得で考えたり、
と、いろいろ大変になるのでしょう。

そういえば、娘が幼い頃、
コロッケにソースをたくさんかけようとしたものです。
かければ、かけるほど、美味しくなると思ったのでしょう。
僕がいつもソースをとりあげるので、
娘は、いつも不満顔でした。

さすがに今は、
娘はソースを適量かけて、
食べているはずです。
かければかけるほど、
美味しくなるわけではない、
と、学習して。

大人になるということは、
幸せとは量の問題ではない、
と知ること。

幸せは、ある時期までは、足し算。
それから後は、引き算。

僕はとっくに引き算の時期に入ったようです。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

これしかないことはない

オール・オア・ナッシング

 全てか無か

現代人のほとんどの悩みの原因はこれ。

1か0か、デジタル式思考は、
わかりやすい反面、
いきづまりやすいようです。

これしかない。
これがダメなら、
オレはダメだ……

いや、これもあれば、あれもあるし、
白でも黒でもないグレーもあるし、
人生、そんなに、単純じゃないんです。

今日の真実が、永遠の真実でもないし。

1年で2億本売れるガリガリ君というアイスは、
一年中、季節によって、味を微調整してるんだとか。
ガリガリ君はこれしかない、
と見せかけて、
いろんなガリガリ君がいたというオチ。

いい加減が、よい加減なんです。
適当が、適切なんです。
いきあたりばったりが、臨機応変なんです。

これしかない、と思うから、
これ以外が来ると、、
対応できなくて、
ストレス感じたり、
パニクったり。

学校しかないセンセイは、
えてして、生徒を追い込みがち。
人生、学校だけがすべてじゃないんです。
そうは言っても、学校はけっこう好き。
そんな構えが、センセイにこそ必要なんです。

さ、明日も、早く帰ろうっと。

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

予定がないという予定

ま、人生、
予定通りにいくこともあれば、
予定通りにいかないこともあります。

僕の人生は、たいてい、後者。
予定どおりにものごとが進むなんて、
まず、ありません。

で、予定通りじゃなくて、どうだったかというと、
それが、けっこうな確率で、
予定通りじゃなくてよかった、
というオチになるんです。
どういうわけか。

予定を、いちいち、立てて、
予定通りに行かなくて、
いちいち、怒るなんてことになるなら、
予定は立てない方がいいでしょう。

 ケセラセラ
 Whatever will be will be.

そう、何でも、なるようになる。

これは、母の教えでもあるんです。
明日はどうなるかわからないんだから、
明日のことを、今日から悩んで、
今日を台無しにすることない、と。

はい。

授業や、原稿など、
事前に、いちおう構想はしても、
実際始まってみると、
すぐに、構想からかけ離れいきます。

ま、構想通りの授業も原稿も、
たいてい、おもしろくないんです。

さ、tomorrow is another day.

明日は別の日、
かっこよく訳すと、
明日は明日の風が吹く。

そういえば、中学一年の誕生日、
母にもらった文庫本の最後の一文。

そう、「風と共に去りぬ」


Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ひとり下町ぶらぶら

今日は、休みだったので、
東京滞在を一日延長。

で、一人、芭蕉めぐりをしようと、
清澄白河駅を降りました。
ところが、月曜は、芭蕉関連の施設は休館。

それでも、隅田川沿いをとぼとぼ歩き、
句碑を一つ二つ見て、
深川通りをてくてくと。
学校帰りの子どもが歩いていて、
個人商店が元気で、
突然、ピカソのゲルニカの看板が出てきたり、
と、なかなかエキサイティング。

下町を、しばらく歩くと、
商店街にはのらくろだらけ。
のらくろ作者ゆかりの町でもあったんです。
実は、僕はのらくろの大ファン。
のらくろ館も見つけて、おもわぬ収穫。

それから、
小粋な古本屋、
アメリカンでレトロなカフェ、
ふつうの蕎麦屋へ。

ざる蕎麦をいただき、
外に出ると、
もう暗くなっていました。

ここ周辺には、
美術館、博物館、庭園、銭湯、
古着屋、帽子屋、ギャラリーも。
で、知る人ぞ知る珈琲の聖地だったり。

もちろん、また戻ってくる予定です。
近いうちに。

娘よ、つきあえよ。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

カプセルホテルなう

初めてカプセルホテルに泊まったのは、
大学一年の終わりごろ。
突然、マウンテンバイクを買って、
旅に出たんです。
自転車を長時間漕ぐことは初めてで、
予想以上に疲れたのはもちろんのこと、
まあ、お尻が痛いこと、痛いこと。

ようやく、カプセルホテルを見つけ、泊まったんです。
目覚めると、筋肉痛で、
走り始めると、またお尻が痛くて、
さらに超向かい風で。
進まない、進まない。

なぜ自分はペダルを漕ぐのか?
どうして漕ぎ続けなくてはならないのか?
自問自答しながら、西に向かっていくと、
座布団が落ちていたんです。

おお神の恵みよ、
それをサドルに縛りつけて、
とりあえず、次のカプセルホテルを目指したんです。

実は、初日、走り初めてすぐ、
帰ることにしたんです。
無謀な挑戦であると気づいて。
ガールフレンドに公衆電話から、
今から帰るよ、と伝えようとしたら、
彼女が言ったんです。

「お父さんがジロー君はえらいって言ってたよ」

で、帰れなくなったんです。
彼女のお父さんに褒められたら、
そりゃ、途中で投げ出すわけにはいきません。

で、2日目もなんとかカプセルホテルを見つけ、
缶チューハイを飲んで、眠りました。

3日目は、昼過ぎに、
一泊二千円の民宿を見つけたんです。
で、早めの休息。
おばあちゃんが1人で住み込んでいました。
素泊まりでしたが、
おばあちゃんは、こたつを出してくれ、
スポーツ新聞を買ってきてくれ、
風呂も沸かしてくれました。

よく休んだので、
4日目はがんばって、
夜、ようやく目的地の京都に着きました。

ま、帰りは、宅急便で、
自転車を実家に送ったのですが。
しかも、着払いで。

帰りの鈍行電車の快適なこと、快適なこと。
眠っていても、進むことに、感謝感謝。
実家で、母に着払いのことで叱られるともとも知らず……

今夜は、カプセルホテルに滞在中。
明日、学校が休みなもので、
ちょっと東京見物でもしようかな、と。

で、初めてのカプセルホテルを思い出したというわけです。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

新しきソシキは

今日は、一日、クミアイの会議。
重厚な提案の後に、
濃厚な発言が続き、
深刻な問題が議論され、
特に問題を抱えていない僕は発言することもなく、
ずっと座っていました。

ソシキの運営は、大変なようです。
ま、どのソシキも同じでしょうが。
メンバーを集め、
カネをもらい、
タテモノを借り、
スタッフを雇い、
様々な活動を展開して、
その理想を実現させるべく奮闘する。
常にさらなるメンバーを募りながら。

インターネットで、瞬時に世界がつながる時代。
ソシキは、もう古いのでしょうか?

いや、古いのは、コトバ。
今日聞いたのは、
どこかで聞いたことがあることか、
先が読めてしまうようなことばかりで。

ド真ん中の直球ばかり。
そんなコトバは、
どんなに正しかろうと、
心に届かないんです。

プランAがダメなら、
ふつう、プランBに行くのですが、
プランAがうまくいかなくても、
次にまたAが出てきて、
それがダメでも、またまたAが出てくる。
声が大きくなったり、頻度が多くなったりするだけで、
もうAしか出てこないような。

 プランAがダメでも心配するな。
 アルファベットはまだ25コある。

と、いうように、柔軟性とユーモアが欲しいものです。

で、実は、四月から、週一で、
クミアイの仕事をすることになりました。
十数年ぶりに。

子育てが終わり、
ヒマだろう、と目をつけられ、
承諾せざるを得なかったんです。

新しき酒は新しき酒袋へ。

そう、新しいソシキは新しいコトバで。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

芸術と日常

僕が芸術に求めるものは、
日常を忘れさせる非日常ではありません。

だから、
キャラメルポップコーンを売ってるシネマの映画は、
どうも苦手なんです。

やたら話が大きすぎて、
エロや暴力が多すぎて、
音も大きすぎて、
観ていて、恥ずかしくなってしまうんです。

芸術とは、新しいものの見方。

いつも見ているものでも、
見方を変えれば、
こんなにも美しい。

そんなものの見方を提案してほしいんです。

たとえば、小説は、大きく説かないんです。
小さく、説くんです。
すぐ目の前にあるようなものの中に、、
大きな宇宙につながる小さな宇宙を見つけて、
日常をより豊かにして、深みを与えるんです。

人生のほとんどは日常。
だから、日常が充実していることそが幸せ。

もし世界が明日で終わるなら、
今日と同じような明日にしよう、
と思えることが。

芸術至上主義万歳!

さて、週末、何観よう、何読もう??

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

まだコタツ生活

昨日、今日と、
こたつでダラダラしています。

ちょっと熱っぽくて、
食欲もなく、
コンビニでゼリーやら杏仁豆腐やら買い込み、
テレビのリモコン片手に、
食っちゃ寝、食っちゃ寝。

先ほど、汗ばんできたので、
熱も下がったようです。

今日は早めに寝ることにします。
明日には治るでしょう。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

最後のLHR

今日の放課後、
僕のクラスは一年最後の、
クラス独自のロングホームルームだったんです。

で、ジロークラスといえば、
もちろん、調理実習。
エプロンして、家庭科室で。

僕はやんちゃな男子と班を結成。
ホットサンドを、手際よく焼いて、
クラスメイトにも配りました。

さて、他の班は、
クレープ、白玉団子、ケーキ、クッキー。
手際は悪かったのですが、
まあまあの味。

さて、片付けまでが調理。
シンクの水滴まで拭き取って終了。

今日、なんど叫んだことか。

お前は勉強だけか?

特に優等生にはきつくあたってしまいました。

ま、楽しい時間でした
ちょっと、いや、だいぶ、食べすぎましたが。

Love&Peace・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

お皿の数

英米人と、
日本でごはんを食べると、
驚かれるんです。

「皿がなんでこんなに多いんだ!」

で、あちらを旅してわかったんです。
食事は、基本、ワンプレート。

たとえば、イギリスのフィッシュ&チップス。
もちろん、一皿に盛られ、
そして、食事は、それで完結。

「皿がなんでこんなに少ないんだ!」
と、逆に思ったんです。

日本人は、
神社へ初詣に行き、
クリスマスを祝い、
仏式で弔っちゃったり。

そういえば、
僕は仏教徒の家に生まれ、
キリスト教系大学に行き、
困ればお題目を唱えるのですが、
洗礼を受けたこともあるんです。

さきほど現役の僧侶の話を聞きました。
松山大耕さんのTEDスピーチです。
他宗教との交流を深める活動をしていて、
日本人の寛容さ世界に広めたい、と。
メインのない、お皿の多い精進料理が典型的とも。

なるほど。

実は、僕の中では、
仏教とキリスト教が共存してるんです。
しかも、矛盾しないで。
輪廻転生と天国での永遠の生命は、
と、かけ離れてるのですが、
僕にとっては同じことなんです。

説明するとなると、
小説にしなくちゃいけないのですが。

あ、新しいテーマにしよっと。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

二つのバカ

先に、直感で出した答えが、
後で、論理的思考から導いた答えと、
同じになるなんてことは、
よくあること。

論理的思考では、
いくつかの根拠をもとに、
唯一の正答をを出します。

直感よりも論理的思考のほうが、
一般的には信用があるのも事実。

しかし、論理的思考にも欠点が。
答えを出すのに、時間がかかりすぎることと、
答えが一つで、独善的になりやすいこと。

実は、その正答の根拠は、数えられるほどで、
複雑なものごとを単純化して、
先に答があって、後で根拠をくっつけたりも。

直感というのは、考えないことではないんです。
無数の要素が醸し出す雰囲気を感じ、読みとり、
総合評価をして、瞬時に判断するんです。

だから、直感は、論理的思考に、負けず劣らず、
実は、とても高度な知的活動なんです。
鈍感な人には、とても無理なこと。

ここが、わからないひとにはわからないんです。

自分が拾った根拠二つ三つで、
たった一つの正しい答えを出すと、
それ以外は見えなくなり、
違う意見にはまったく耳を貸さない……

こういう人を、論理バカというんです。
困ったことに、自分が頭がいいと思っていたり。

けっこう、いるんです。
そこらに、ちらほらと。

では、論理バカに会ったらどうするか?
人間ウォッチングを楽しみたいのでないならば、
逃げの一手。

娘よ、だから、パパは直感バカではないわ。


Love&Peace・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

足跡

今日、いよいよ、祖母が旅立ち四十九日目、
そのちょっと前の日曜日、
いつもの愉快な親族の面々が集まりました。
両親の小さな店に。

父自作の祭壇をもうけ、
祖母のお骨に、
お経をあげました。
僕も、いちおう、読経。

うちの仏教の曰く、
死は新たなる生にむけての、
大いなる旅立ち。
ということで、祖母にはできるだけ、
近くで生まれ変わってほしいものです。

そういえば、うちでは、
僕は祖父の生まれかわりということになっています。
祖父は、娘である僕の母の顔を見ることなく、
フィリピンのレイテ島沖で戦死しました。
ゆえに、僕と祖母はとても仲良しだったわけです。

お昼は、天ぷら屋さんのお座敷で。
いつも我が家の誕生会で食べる天丼のお店。

その後、両親の店に戻り、二次会。
日本茶ときんつば、
珈琲とケーキ、
さらに、紅茶と今日いただいたお菓子を少々、
話は尽きないんです。

僕が記念写真を撮って、
すぐにプリントアウトして配布も。

人間が他の生物と違うところは、
足跡を残すところなんだとか。

で、祖母の足跡は、
長編小説にしちゃう予定です。

乞うご期待。


Love&Peace・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ハッピー・バレンタイン

映画を見てきました。
今日は、市内のシネマへ。
いつものミニ・シアターではなく。

 「悼む人」

今日公開で、どうしても見たかったんです。
原作はまだ読んでなかったもので。

主人公は旅を続ける青年。
新聞の死亡記事を読んでは、
故人のことを調べ、
亡くなった現場へ赴き、
彼なりの方法で故人を悼むのです。

人間を人間たらしめているののは、
見えないものを見る力。
物事の動きの背景にある法則を思い、
誰も経験したこと死後の世界を思い、
目の前にる人の心の中を思い、
見えないものに支えられ、
我々は生きていけるのでしょう。

悼むとは、
目の前にもう現れることのない人が、
どう生きて、誰に愛され、誰を愛したか、
心に永久に刻むこと。

ストーリーは、
ドロドロしていて、
セックスと暴力のおきまりの展開。
ま、シネマ・コンプレックスですから。
ちょっと、暗い気分に。

すると、教え子女子二人が、うちに来る、と。
もちろん、チョコ持参で。
で、ひさしぶりに鍋を囲みました。
餅入りキムチ鍋。

二人のうちの一人が、
もうすぐ赤ちゃんを産む、と。
これはこれは、めでたいこと、めでたいこと。

で、最後は、いい気分の一日となりました。

ハッピー・バレンタイン!

ま、娘よ、チョコあげるのは、日本だけだけどな。
チョコ、また今度会ったときでいいぞ。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

目に見えないもの

大切なものは目に見えない。

とは、愛読書「星の王子様」の中の言葉。

たしかに、愛や平和や正義など、見ることはできません。

実は、科学も、
目に見えないものなくしては、
語ることはできません。

目に見えない仮説を立て、
目に見えない法則を探して、
科学は発展してきました。
原子や電子なんて、見ることは不可能でしょう。
しかし、ちゃんとある。

ま、小説も、目に見えないもの。
絵を想像しなくては物語は進行しません。

最近、教育現場では、やたら、
目に見える成果が流行り。

そもそも、現実世界なんて、
目に見えるものは、
氷山に一角のようなもの。
想像力を駆使して、
ようやく、2~3割わかるだけかもしれません。

たとえ、目の前にいなくても、
心の中にはしっかりと存在する。
実は、そんな人こそ、大切なんです。

僕は気ままな独り者なので、
目の前にいないひとにばかりに囲まれ、
ぜんぜん、さみしくないんです。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

ギリギリ人

ギリギリ人なんです。

約束の時間、直前に到着。
原稿の〆切、直前に提出。
出勤も、いつも、ギリギリ。

でも、遅れたことはないんです。
実は、一度も。

もう二十年以上、水泳部顧問として
ストップウォッチ片手に、
ゼロ・コンマ何秒を競ってきたので、
体内時計は秒単位。

寝るときだって、
光る腕時計をしてるくらい。

5分あれば、何かして、
15分もあれば、いろいろできます。

ところが、まわりには、非ギリギリ派ばかり。

そんなひとたちは、
いつも余裕をもって、とか言って、
早めに到着して、
僕をイライラしながら待っているんです。

僕は時間に間に合っているのに、
なんだか責められているよう。

早く来てほしければ、
早い時間を言ってくれれば、
その時間に行くのに。
ったく。

だいたい、早く着いて、ただ待ってるなんて、
時間が、もったいない、もったいない。

原稿だって、
〆切の直前まで、
練りに練らなければ、
読んでくれる人に失礼です。

原稿を早く出して、
何もしないなんて、
僕にとっては怠惰。

もちろん、たまには遅れることがあります。
それは、〆切が明らかに早すぎる時や、
遅れても、失うものがなさそうな時など。


だから、ちゃんと、考えてるんだよなあ。
だけど、わかってもらえないんだよなあ。

さ、明日も、ギリギリに行こうっと。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

教えないで教える

ま、学校には、マジメな先生が多いわけです。
熱心に、教材を準備して、
一生懸命、教えます。
しかも、丁寧に、じっくりと、
みんながわかるように。

ふつうに考えたら、
そんな先生は、まさに、いい先生。

でも、実は、
高校生くらいになると、
自分で勉強しないと、
学力は伸びないんです。
教わってばかりじゃダメ。

もし、授業で全部わかっちゃったら、
うちで勉強する必要がなくなり、
学力が伸びないこともあるんです。
教えすぎると、逆効果なんて結果に
そう、いい先生が、いい先生じゃないなんてことも。

最近、先生達は、
管理職に、授業を見られて、
勤務評価されるんです。

このおかげで、
きっとマジメな先生が増えていることでしょう。

ふつうに考えたら、
マジメな先生が増えることは、
とても、いいこと……

 馬を水辺に連れていくことはできるが、
 馬に水を飲ませることはできない。

いくら先生ががんばっても、
生徒に教わる気がなかったら、
生徒は何も学ばないでしょう。

ここが、難しいところ。

まず、あえて、教えないで、
生徒に、わからない、と思わせる。
でも、まだ教えない。
生徒は、教えてくれないから、自分で勉強し始める。
で、生徒のわかりたいという気持ちが強くなる。
ここまで来たら、ようやく教えるんです。
でも、ちょっとだけ。
すると生徒は、砂漠で飲む水のように、吸収するんです。

だから、教師ジローは、
イーカゲンで、テキトーなんです。
あえて。

僕が師事していた文学の師匠は、
ぜんぜん、教えてくれませんでした。
ホテルのバーで、ウイスキーを飲みながら、
ポツリと、わけのわからないことを呟くんです。
僕が、その意味を訊くと、
「ここらのヒントで書いてもらわないとなあ」、と。
師の言葉の意味がわかるまでに、
いや、わかったような気になるまでに、、
早くて、半年、
今も考えているものさえあるくらい。


 人に何かを教えることはできない。
 ただ自分で気づくように助けることができるだけだ。

これは、ガリレオ・ガリレイの言葉。

さ、明日も学校。
教えないで、教えるべく、
がんばらないようにがんばろっと。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

三つのこと

人生で、必要なのは三つのこと。

まず、謙虚であること。
そして、執着しないこと。
最後に、感謝すること。

人間は、地球の王だと勘違いして、
自然への敬意を失い、
環境破壊までしてしまい、
結局、自分が困るんです。

自分が自然の一部であることを知る、
そう、これが、謙虚ってもの。

新製品は、欲しくなります。
でも、手に入れてしまうと、
うれしいのはその瞬間だけ。
また他のモノが欲しくなります。
これが、執着、
いつまで経っても、満たされない人間。

究極の執着は、命へのそれ。
これが、苦しいんです。
人間の力だけでは、乗り越えられなさそう。

今ないモノを欲しがり、
結局、手に入らず不幸になる人間。

実は、今あるもので、幸せになれるんです。
しかし、今あるものともいつかはお別れします。
だから、今あるものが今あることに感謝。

これで、けっこう、幸せになれるんです。
祖母を見ていて、そう思いました。

信仰を持つ人は、
神の前では、必然的に、謙虚になり、
天国に行くので、現世に必要以上に執着せず、
すべてのことで、神に常に感謝。
いとも簡単に、三つのことをクリア。

一方、
資本主義教の信者は、
カネやモノに執着しまくり、
カネを貯めては、貧乏人に威張り、
心は充たされないので、感謝もしない。

これじゃ、幸せになれそうもありません。

ほんとに。

今、日本でも、資本主義教の信者が、増えています。

おお、恐っ。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

この町にもピケティ

愛車ホンダ・バモスのタイヤが、
すっかり磨り減って、
もはや、危険な状態になっていたんです。

車には、あまり詳しくないので、
友人が指摘してくれるまで、
まったく気づきませんでした。

実は、毎日、綱渡りをしていたようです。
昨日は、雪が降り始めたところを走ったりも。
おお、恐っ。

今日、慌てて、タイヤをすべて交換してきました。
予想外の出費は、ちょっと痛かったのですが。
事故ったら、もっと高くつくもので。

以前なら、馴染みのガススタに行けば、
タイヤが磨り減ったら、教えてくれたんです。
オイルの交換時期なども。

でも、最近は、
自分でガソリンを入れる、
セルフ・スタンドばかり。
一円単位でしのぎを削る業界、
人件費をかけたら、つぶれてしまうのでしょう。

効率優先で安い店ばかり増えたら、
危ないことも増えるでしょう。
確実に。

商店街の顔の見える小さな店が、
郊外の顔の見えない大きな店に、
次々と潰されてしまったら、
町はずいぶんとさみしくなるでしょう。

もちろん、それはさみしさだけの問題ではありません。
これは、格差拡大の原因でもあるんです。

最近、話題のピケティさん。
資本主義社会では、格差は広がるばかり。
金持ちが儲かれば、貧乏人もそのおこぼれで潤う……
そんなことは、歴史上、皆無。
だから、金持ちから税金をとるしかない、と。
消費税で、貧乏人からも巻きあげるんじゃなく。

ブラボー!

たたかーいは、ここかーら、
たたかーいは、いまからー、
ソレソーレ。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

山の幸、山の湯、山の宿

年に一度のお楽しみ、
熱血青年教師時代の同僚との、
一泊温泉旅行に行ってきました。

今年は、静岡の奥のコンヤ温泉。
まわりには山しかない、静かなところ。
「銘酒館」という小さな宿。
温泉は、露天風呂も。
今回は、6人で貸し切り。

各種地酒が置いてあるんです。
ま、僕は興味なし、ですが。

お父さんと息子の二人で、丁寧におもてなししてくれます。
メイン料理は、ワサビ、蕗の薹、シシ鍋などの山の幸、
山女の刺身の寿司や創作小料理も。

囲炉裏があって、
暖をとるだけじゃなく、
じっくり焼いた山女の串焼きや、
シメの焼きおにぎりも。

朝、パラパラと雪が降る中、朝風呂。

朝ごはんも、小鉢盛りだくさんで、気が利いていました。

予約制なのは、
旬の献立を考え、
仕入れをして、
仕込んで、
最後の最後まで、
完璧なおもてなしを目指すためなんだそうです。

ちょっと病みつきになりそうな宿、オススメです。

娘よ、女子大生には、まだ早いなあ。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

勝負の因果

あるスポーツの指導者が言っていました。

強い選手が勝つのではない。
勝った選手が強いのだ。

原因があって結果があるんじゃなく、
結果に原因を後づけしてるだけ。

極端な例だと、
勝った日は赤いパンツを履いてたから、
次の試合の日も、それを履こう、とか。

たしかに、ばかげてはいますが、
そんな経験も何度かあります。

結果というものは、
無数の原因が生じさせもの。
だから、一つか二つの原因で、
成功談を語っても、まゆつばもの。

勝ちに不思議な勝ちあり、
負けに不思議な負けなし。

これは名将野村元監督の言葉。

なるほど、なるほど。

そう、負けたときほど、勉強になるんでしょう。
たしかに、成功より、失敗から学ぶほうが多い……

昨日の飲み会で聞いた話です。

はい、日々精進します。
いい加減がよい加減で。

Love&Peace・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

グッド・ジョブ

いつの間にか、
昼間の仕事が好きになっていました。

使命に燃えているとか、
そんなんじゃないんです。

朝起きて、
温かい布団を出て、
仕事に行くことが、
別に嫌じゃないんです。

そりゃ、もちろん、
時間に追われたり、
ストレスがたまることも、
たまには、ありますが、
そういう日もなかったら、
楽しい日もなくなるでしょう。

年々、僕のキャラと僕に求められる仕事が、
あってきているような気がします。
これが、仕事が好きになった原因かもしれません。

 自分にあった仕事はない。
 仕事に自分をあわせるしかない。

有名な寿司職人、数寄屋橋二郎さんの言葉。
これは、妥協じゃないんです。
今のままの自分でできる仕事なんてどこにもないので、
絶えず、自分を磨いて、微調整しないとダメ、ということでしょう。

 自分にしかできない仕事を見つけろ

マーフィーの法則の一つ。
二十年も教壇に立ち続ければ、
そんなもの二つ、三つ、見つかるんです。
たとえ、他の人が簡単にすましていることがきなくても。

ど真ん中じゃなく、
すみっこの狭いすき間、
そんなニッチな居場所も見つかったような気も。

さ、土日、ゆっくりして、
来週も、がんばらないようにがんばります。


Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

金魚鉢の中

この前、娘にあったとき言われたんです。

 パパは自分が正しいと思いすぎ。

ドキリ。
たしかに、そうだったからです。
で、僕が苦手な人もそうだったからです。

今、読んでる本に出てきた言葉。

 Intuition first, strategic reasoning second.

 直感が先、理屈はその次。

人間の頭は、像の上の御者のようなもの。
像のようなコントロールできない無意識の上に、
ちょこんと意識が乗ってる感じ。

感情的に流され判断しているくせに、
後からいろいろ理屈をつけて、
「正しい」と思い込んでるんです。

もちろん、自分の信じる正しさは、大事。
明日を生きる原動力ですから。

しかし、
像の上で振り回されてるかも、
という自覚は、もっと大事。

そう、謙虚、謙虚。

人間は、
自分が放り込まれている構造から、
外に出ることはできないんです。
金魚鉢の中の金魚に、
金魚鉢を見ることができないように。

はい、口はひとつ、耳は二つ。

明日は飲み会、
同僚のお話をじっくり聴かせていただきます。

そう、我以外皆師なり。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

弱くて強くて、実はやさしい

強がっているのと、
強いのとは、
大きな違い。

自分の弱さをさらけ出せる人って、
実は強い人なんだなあ、
と思うんです。

弱さを見られたって、
笑顔でいるなんて、
強くなくっちゃできません。

誰もが弱みを持っているもの。
強く見える人は、
ただ、その弱みを隠すのが上手いだけ。

みんな、弱みを見せあっちゃえばいいです。
そうすれば、お互い助けあいやすくなります。
幸い、弱みも人それぞれなら、強みも人それぞれ。
人間、助けあうようにできてるんです。

ある集団の中で、
誰も弱みを見せず、
お互いに、強がっちゃったりしたら、
その集団は、一見強そうですが、
実は、助けあえないぶん、
やがて、弱体化するんです。
だいたい、そんな集団、居心地は最悪でしょう。

自分の弱みを見つめれば、
他者の弱みもわかり、
それで、やさしさも生まれるはず。

 強くなければ生きていけない。
 やさしくなければ生きる資格がない。

レイモンド・チャンドラーの名言。

ここが、決定的に欠けてるんです。
やたら、強がって……

まったくヤツには、困ったものです。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

クールな役割

昔よく見た刑事ドラマのシーン。

電気スタンドが一つしかない取調室、
強面の刑事が怒鳴りまくっても、
絶対に口を割らない容疑者。

そこに、老刑事登場。
たばこを一本すすめ、
しばらくすると、カツ丼が運ばれてくる。
そして、やさしく語りかける取り調べ。
容疑者は、ついに真実を語り出す……

これは、学校でもよく使う手。
強面の先生がガンガン叱って、
やさしい先生がフォローする。
実は、あうんの呼吸なんです。
指導される生徒には気づかれないように。

どちらも重要な役というわけ。

困るのは、
自分にあった役割を忘れ、
老刑事が強面刑事を目指したりすること。
これは、絶対にうまくいかないんです。

今までやさしかった先生が、
急に怒鳴りまくって、威張り出したら、
そう、もちろん、うまくいくわけがありません。

今日、NYタイムズのネット記事を見たら、びっくり。

Departing from Japan's pacifism,
Shinzo Abe vows revenge for killings

そのまま訳せば、

 日本の平和主義を捨て、
 アベシンゾー殺害の復讐を誓う。

こりゃ、どう読んでも、宣戦布告!
.
まさに、
やさしかった先生が急に怒鳴り散らして、
どつぼにはまるパターン。

これまで、日本は、
平和主義を貫き、
伝統文化と高度な科学技術を併せ持つ、
まさにクール・ジャパンだったはず。
「国際社会において名誉ある地位」を得ていたんです。

日本には、そんな重要な役割があったんです。
老刑事のような、やさしい先生のような役割が。

ヤツは、まったく、わかっちゃいません。

娘よ、オシャレでかわいい女子大生オルグしとけ。

立ち上がるときは、近づいている。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

教師の仕事

教師の重要な仕事の一つ、
 
 ダメなところを見せること

もちろん、ダメっぷりには、限度がありますが。

ダメなところを見られても、
それでも教壇に立ち続ける。

人間とは、不完全、
時に矛盾することもある。
それでも、前に進み続ける。

これを教えなくっちゃいけません。
体を張って。

先週末、水泳部の面々と、
スキーに行くことになったんです。
人生、初スキー。
体育の先生に基本を教わり、
簡単にできると思ったんです。

これが、大きな間違いでした。
滑るというより、転がり落ちる感じ。
最後にリフトで山頂に行ったら、
そこには地獄が待っていました。
転ぶこと、転ぶこと、
いろんなところを打ちまくって、
最後はスキー板を外して、下山。

で、今日、全身筋肉痛で、
あばら骨と尾てい骨も痛み、
もう歩くのも大変でした。

まあ、そんな僕を見て、
生徒達が喜ぶこと、喜ぶこと。

いつも赤点をとる生徒が言いました。

「センセイ、これで僕たちの気持ち分かった?」

はい。

明日も教壇に立ちます。
もちろん、顔をあげて。

Love & Peace・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

小さな幸せの力

大きな幸せには、
大きな苦労が必要。

いっぱい苦労をして、
大きくマイナスにして、
一気にゼロに戻す。
これが、大きな幸せ。

プラスにはいかないのか?
はい、いきません。
人生プラスマイナスゼロですから。

たとえば、モノで幸せを得ようとしたら、
めちゃめちゃレアで高価なモノを狙います。
なかなか手に入らないので、
物欲が高まり、苦しくなります。
で、ようやく、手に入れて、
その苦から解放されるのも束の間、
気持ちはすぐに冷め、
次はもっと大きな喜びが得たくなり、
もっとレアでもっと高価なモノが必要になり、
それを手に入れるための苦労は、いっそう大きくなります。
いつしか、代償と犠牲を大きくし続けることでしか、
幸せを感じられなくなっていきます。
まるで、麻薬のように。

これが、幸せでしょうか?

日々、繰り返される暮らしの中に、
小さな幸せはたくさん落ちています。
見落とされているだけで。
何も大金をつぎ込まなくても、
どこか遠くへ出かけなくても、
目の前の、小さな幸せを集めれば、
大きな喜びが感じられるんです。

小さな幸せ、大きな喜び、
そんな毎日が続くことこそ平和。

「海外在留邦人保護のために……」

過去に何度も戦争を始めた口実、
それが、いよいよ、聞こえてきました。


Love & Peace・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

« January 2015 | Main | March 2015 »