« March 2014 | Main | May 2014 »

ダイエットなんかやめよう

ダイエットは、失敗するんです。

たとえ、ダイエットを継続し、
体重を落とすことができても、
5年も経てば元に戻り、
多くの人が、リバウンドして、
ダイエット前の体重より増えるんです。

なぜか?

ダイエットをすると、
脳は飢餓状態と判断し、
恐ろしい命令を出すんです。
代謝を減らせ、と。
つまり、
少ない食べ物でもやってけるようになるのです。
栄養の吸収率が上がり、
カロリー消費率を下げるんです。

で、晴れて、体重が落ち、
ダイエットを終了して、
前と同じ量をを食べ始めると……

栄養はより多く体内に吸収し、
カロリー消費は少なくなっているので、
太る、太る、残念ながら。

ダイエット中は、
食べたいのをずっと我慢するので、
その反動で、暴飲暴食に走りがち。

で、どうすればいいか?

僕が体重を10キロ以上落としたときは、
レコーディングダイエットをしたんです。
食べたものをすべてメモして、
意識的に食べるようにするという方法。
そう、無意識にダラダラ食べるから太るんです。

もっといい方法があるんです。
それは、マインドフル・イーティング。
五感を働かせて食べること。

おなかが空いたら食べていいんです。
しかし、おなかが空いてなかったら食べない。
一度、食べたいだけ食べて、
自分の体がどのくらいの量を欲しているか確かめて、
その後は、体の内なる声に耳を傾け、
空腹になったら、食べ、
満腹になったら、箸を置く。

これだけ。

マインドフル・イーティングをマスターするには、
1年はかかるんだとか。

食べるのを我慢するか、
暴飲暴食するか、
このローテーションの人生は不幸なこと。

とにかく、おなかと相談して、食べる。
そして、五感を働かせ、全身で味わう。

これなら、できる、と思います。
今日、始めたところ。
マインドフル・イーティングを。

娘よ、だってさ。
TEDで言ってたぞ。

だいたい、ダイエット、ダイエット、うるさいって。
食べるの我慢した次の日にはチョコ食いまくってんだから。

まず、五感を働かせてみって。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

長編小説の愉悦

今日、ようやく一冊の長編小説を読み終えました。
寝る前に、数ページ読んでは、眠くなりり、
忘れてしまうので、翌日、
また同じページを読んでは、また眠くなり……

アメリカのユダヤ人作家の知る人ぞ知る本、
絶版になっている翻訳本の古本を、
わざわざ、お取り寄せしたんです。

アシスタントというタイトル。

悪党になりきれないイタリア系青年、
仲間に誘われ、小さな店に強盗に入るも、
罪悪感にさいなまれ、
その後、その店で、アシスタントとして、
タダ同然で働きはじめ、ユダヤ人店主を助ける。
そして、店主の娘とも恋に落ち……

罪悪感から始めた店員(アシスタント)の仕事、
やがて、掛け持ちで働き、
店主の娘の学費も稼ぎはじめ、、
誰かのアシスタントになることこそが彼の人生になる……

なるほど。

たしかに、自分のためだけに生きても、
最初は充たされたような気になるけれど、
結局、充たされず、空しくなるもの。

なかなか、読み応えがある本でした。

あえて、この時代、
紙の本で長編を読む。
しかも、昔の小説を、古本で。

これは、もはや、贅沢。

いいね。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

残るプライド

祖母は最近元気がなかったんです。
いつも寝てばかりで。
デイケアもサボって。
夕飯に食堂まで連れてくるのが、やっと。

93才にもなれば、
しかたないかと……

祖母は、若い頃、歌が上手でした。
女学校では、音楽の授業の時はいつも、
みんなのお手本で歌ったというのが自慢。

食卓での会話。

「おばあちゃん、歌なんか歌えないよねえ」
「歌えるにきまってるよ」
「聞いたことないよ」
「私ぁ、女学校の頃は、いつもみんなの前で歌っただに」
「そんな昔のこと言われてもねえ」
「あれ、時計台の鐘なんか、上手に歌っただに」

すると、すかさず、母が登場。
大きな字で紙に書かれた歌詞を持って。

♪とーけいーだいのー、かねがーなる~

と、祖母の歌が始まります。

歌い終わると、
僕が、いちおう拍手して、言います。

「どうせ、それしか歌えないだら?」
「そんなこと、あらっかね」

すると、母が大きな字の歌本を持って再登場。
懐メロ・メロディーが始まります。
小一時間、母と祖母が歌っています。

祖母は、実は、どんな歌でも歌えるんです。
メロディーがわからない歌はすべて、
「とうりゃんせ」のメロディーで歌います。
だから、歌詞さえあれば、祖母は無敵のシンガー。

これを、三日ほど続けたら、
今日はついに、
サボりまくっていたデイケアに行ったようです。

夕方、祖母に会いに行きました。

「また、今日、一日寝てただら?」
「そんなことあらっかね。働きに行ってきたところだよ」

デイケアは、祖母が言うには、
時に仕事だったり、時に学校だったり。

祖母の部屋には洗濯物の山がありました。

「これ、僕が畳んでやるかね?」
「あんたはオトコだで、できっこないよ」
「じゃ、お母さんに頼むか」
「そんなの私がやるでいいだよ」

明日は休日なので、
祖母とゆっくり過ごせそうです。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

父娘2.0

大変なんです。
娘を持つ父親は、ほんと。
息子を持つ父親と違って。

「悲しみよ こんにちは」
という有名な小説があります。
主人公の18歳の娘が、
イケてるシングルファーザーと、
夏休み、南仏でバカンスを過ごす話。

物語の終わり頃、悲しい事件が起こり、
その後、この娘と父親は、しみじみと、
お互いの恋の話なんかをするんです。

そんな親子像に憧れつつも、
恋話をする時が本当に来るのかなあ、
と思っていたら、
とっくにそんな時期に入っていました。
それはそれで、なかなかいいものです。

しかし、この時期に入るまでが、大変なんです。

オヤジは、フラれるんです。
娘に、クサい、キモい、ウザい、と言われて。
そこで、オヤジは、ようやく気づくんです。
娘は、オヤジの所有物ではない、
一人の女性である、と。

オトコの価値は、去り際に決まるんです。
それは「男はつらいよ」の寅さんに学びました。

これで、ようやく、本当の親子になるんです。
腹を痛めないオヤジは、
これっくらいのことは通り抜けなきゃなりません。

おう、娘よ、最近、仲良くやってるか?

ま、パパのことは、いいって……

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

ネクタイ2本

この春から
職員室の隣の席には、
転勤してきたばかりの、
とってもオシャレなひと。

だから、
あまりキタないかっこうはできないな、
と、極力、キレいな服を選ぶようにしたんです。

すると、
今日のネクタイすてきですね、
そのワイシャツとっても好きです、
とか褒めてくれるので、
もう絶対にキタないかっこうはできなくなりました。

で、この一週間で、
ネクタイ2本も買っちゃいました。
そういえば持ってなかったニット・タイ。
デパートで買おうと思ったら、
非常に高かったので、ネット通販で。

なぜ、ブランドものになると、
あんなに高くなるんでしょう?

 高くてもいいものは、当然、あるが、
 高くて悪いものも、実は、ある。

ファッション業界の常識なんだとか。
恐っ。

さて、先日、その一本を締めていったら、
初夏らしくさわやかですねえ、
と、早速、褒めていただきました。
ついでに、女子生徒にも、褒められました。

僕の格好は決まっているんです。
いつも、紺のブレザーとチノパンで、
ネクタイとワイシャツを変えるだけ。
だから、楽チン。
いちおう、紺ブレは3着、チノパンは3本持っていますが。

僕はよくヒダリの方々とおつき合いするのですが、
どういうわけか、キタない格好の方々が大多数。
ちょっと、残念。
きっと「正しい」ことを優先するあまり、
「美しい」ことを後回しにしちゃうんでしょう。

さて、買ったばかりのもう一本、
しばらく温存して、
ローテーションの谷間に投入することにします。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (2)

量より質を食う

ニューヨークへ行ったときのこと、
どんな美味しいものが食べられるか、
とても楽しみにしていたんです。

で、はたして、
ニューヨークの短い滞在中、
毎日いろんなものを食べたのですが、
これといった美味しいものには、
出会うことができませんでした。

しかし、美味しくないないぶん、
やたらと、量が多いんです。

まさに、質より量。

もっとも楽しみにしていたベーグルさえ、
僕の想像していたものの2倍の大きさ。
これも不味さを量でごまかしているようでした。

よくも悪くも、これが超大国アメリカ。

こんな質より量の食事を続けたら、
当然、メタボになり、
格好悪くなり、
不健康になります。

だから、ちょっと賢いニューヨーカーは、
ベジタリアンになったりするのでしょう。

やはり、量より質。

本当に質のいいものなら、
量がさほどでもなくても、
満足できるでしょう。

逆に、質が悪いと、
必要以上の量がないと、
満足できないのでしょう。

このごろ、ちょっと発見。
もうちょっと食べたいな、
と腹八分のところで、
ごちそうさまをします。
どうしても食べ足りなかったら、
あとで食べればいい、
と自分に言い聞かせて。

これで、たいてい、
あとで何も食べなくても、大丈夫。
どうやら、満腹感は、
少し遅れてやってくるようです。

しかし、娘よ、GWは食うぞ。

ははは。

いつ帰ってくるんだっけ??

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (4)

御一人様じゃない御一人様

若い頃はよく一人旅に出かけました。
文庫本とカメラを持って、
着替えは持たないで、
鈍行を乗り継いで、日本中に。

自転車でも、
テントを持って、
あてのない長旅に出ました。

一人で、香港に行ったことも。
いちおう、英語の武者修行に。

このごろは、さすがに、
そんな旅には出ないのですが、
一人で、ミニシアターに行くのが楽しみ。

ミニシアターに行くと、
そんな御一人様がたくさんいます。
ちょっと連帯感を持ってしまいます。

ミニシアターの映画を見た後は、
誰とも話したくないんです。
というか、話せないんです。
一人、コーヒーを飲んで、一時間くらい過ごして、
心の整理をつけなくては、
また元の世界に戻れなくなりそうで。

今は、夜の喫茶店に一人。
一通り雑誌に目を通し、情報収集。
最近はネットもつながるので、
今日のブログはここで更新。

もし僕が本当に一人だったら、
一人は楽しめないな、
とも思います。

一人じゃないから一人になれる。

そう、感謝。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

モチモチの木

「モチモチの木」という物語に、
初めてふれたのは、
たしか、小学校の六年生の時。

当時の僕は、今思うと、多動児、
落ち着きがなく、いつも喋っていて、
先生にはしょっちゅう怒られていました。
ま、よく叩かれたりも。

だから「モチモチの木」の授業を、
まったく聞いていなかったので、
話の内容などまったく知りませんでした。
ただ、その木の変な名前と、
モチモチの木の絵だけ、
なぜか、心に残っていたんです。

で、初めて、きちんと読んだのは、
父親になり、娘に、読み聞かせたとき。

じさまと暮らす豆太は、
夜中、おしっこに行くのが恐くて、
いつも、じさまを起こして、
いっしょに行ってもらっていました。
家の前のモチモチの木が恐かったんです。
ある夜、じさまが、腹痛で苦しみます。
豆太は、勇気を振り絞り、
一人で医者を呼びに行き、
じさまは助かります。

で、じさまの腹痛が治ると、
また、豆太は、夜中のおしっこに、
じさまについてきてもらったというオチ。

そう、どんな弱虫でも、誰かのためなら、強くなれる。

小学生の時、
ちゃんと読んでいたら、
その後、違ったことでしょう。
迷惑をかけた人の数はずいぶん減ったはず。

ま、今さらですが。

娘よ、孫には、じいじが読んでやるぞ。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

マルつけ

僕は、センセイの仕事が、わりと好きなんです。
しかし、嫌いな作業が一つ。
それは、テストの採点。

職員室のおしゃべり番長である僕が、
孤独に、ただひたすら赤ペンを走らせる……

アメリカ人の先生は、採点をこう呼びます。

 Torture! (拷問)

同感。

で、嫌いな作業は後回しちゃうんです。
ところが、ついに、追い込まれ、
これ以上後回しにしたら、
学校に居場所がなくなりそうだったので、
昨日は全力でテストの採点を終わらせました。

ふー。

返却まで時間が残り少なかったので、
時短のため、×だけつけて、合計点を出しました。
平均点が高いと見越し、
○より×のほうが少ないと判断したんです。

そして、いよいよ、テストを返却したときのこと。

「センセイ、×しかないじゃん。傷つくじゃん」

その子の点数は50点以下だったようです。

「センセイ、これからは、○だけつけてよ」

僕は大きな間違いを犯していました。

人生は、しょせん、プラスマイナスゼロ、
だったら、プラスだけ見ていこう、
が、僕の哲学なんです。

効率を優先させたばっかりに、つい……

人間、哲学に反する、生き方しちゃいけません。

僕は頭を下げて、次は○だけつける、と約束。

そう、テストは、、マルつけするもので、
バツつけするものじゃないんです。
ま、テスト以外にも言えることですが。

そういえば、一回離婚すると、
バツイチと呼ばれますが、
それは失礼、と、マルイチと呼ぶひともいるようです。
たしかに、
不幸な結婚を解消して、
幸せな離婚をしたなら、
もうそれは、花マルイチ。

そう、人生は、マルつけ。
バツつけじゃないんです。

花マルつけるくらいでいかなくっちゃいけません。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

プロなアマ

以前読んだに、
知識人の条件が書いてありました。

①アウトサイダーたれ

 外からのほうが、ものごとはよく見えます。

②弱者の側に立て

 たしかに、知恵は、弱者のためにこそ使われるべき。

③アマチュアたれ

 プロは、カネをもらいます。
 カネをもらうということは、
 カネをくれるひとに縛られ、
 自由に発言できなくなります。
 その点、アマチュアは自由です。

 また、プロは、専門にとらわれ、
 視野が狭くなることも。

ここでいうアマチュアリズムとは、
カネをとれないヘタなワザでいい、
ということではないんです。

あえて、カネをもらわず、
自分の自由意志で、
プロのワザを発揮する。
もちろん、アウトサイダーとして、
弱者の側に立って。

これで、いいんです。
いや、
これが、いいんです。

目指してみよっと。

 主流派に入れてもらえず、
 強者にも相手にしてもらえず、
 書いても書いてもカネはたまらない……


Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

カッコよくいこう

そりゃ、できるものなら、
カッコよくいきたいものです。

カッコいいひとは、
身につけているものや、
何気ない仕草が、
とっても似合っているんです。

つまり、
自分を客観的に見つめることができて、
自分をよく知っていて、
自分を受け入れて、
自分以上でもなく、
自分以下でもなく、
等身大の自分を見せるのが、
カッコよさなんです。
僕の調査研究によれば。

たとえば、田舎者が格好悪くなるのは、
田舎者であることを恥じているとき。

田舎に住んで、
田舎に誇りを持っていたら、
都会人憧れのカッコいい田舎者。

バーコードの髪で隠す禿げはカッコ悪く、
髪がないなら、ないなりの自分を見せる禿げは、
かえって、カッコよく見えるんです。

小さい自分を、
大きく見せようと
いくら、がんばったところで、
かえって、カッコ悪くなるのがオチ。

ま、とにかく、
自分を客観的に見つめること、
世阿弥風に言えば「離見の見」
これが、難しいんです、これが。

で、娘よ、さっき写メったのどーよ?

昨日、衝動買いしたんだけどさ……

だから、マフラーじゃなくて、ストールだって。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

 

| | Comments (0)

コーチングなブンガク

最近、たまに聞く言葉、

 コーチング。

対になるのは、ティーチング。

ティーチングとは、教えること。
コーチングとは、気づかせること。

 1+1は2だ。
 わかったか。
 おぼえろ。

これが、ティーチング。

 1と1をいっしょにしたら、いくつだろう?
 (待つ)
 数えてみよう。
 (待つ)
 そう、2だね。

これが、ティーチング。

ま、時間と心に余裕がないと、
なかなか、できませんが。

ちょっとブンガクに似ています。

ブンガクでも、言いたいことをズバリと、
教えるように書いたら、
いわゆるベタとなり、
読み手の心に届かないんです。

これは、親が子どもに、
勉強しなさい、と、言っても、
子どもが全然勉強しないのと同じ。

言いたいことを直接書くんじゃなく、
風景やセリフや仕草などを描写して、
読み手に想像してもらう、
これが、ブンガクのワザ。

そう、我々は言葉を使うかぎり、
日々、ブンガクなんです。

ブンガクは想像力を伸ばします。
その想像力が、実は、大切なものを産むんです。

それは、やさしさ。

それはそれは、
やさしくないひとの、
想像力の貧しいこと、貧しいこと。
鈍感力は最強ですが。

さ、今宵も、読んで、書いて、ブンガクします。

娘よ、文学部、通ってんだろ。

読めよ。

そろそろ、書いてみるか?

まだ、早いな、ははは。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

イロモノ

昔、寄席によく出かけました。
東京は新宿の末広亭に。
もちろん、落語を聞くために。

しかし、いくら落語を聞きに行ったとしても、
ずっと落語ばかりでは、ちょっと疲れてしまいます。
そこで、イロモノ登場、落語が二つ終わると、出てきます。
手品や切り絵や曲芸や漫才や独楽回しなど。

寄席に通ううちに、
そんなイロモノ芸人にも、
惹かれていきました。

すごい個性と芸の持ち主がいるんです。
絶妙な間で笑わせたり、
曲芸で、失敗しても、それを笑いに変えたり、
集中してない客に突然話しかけたり……

決して主流ではないけれど、
たかがイロモノ、されどイロモノ。
主流があってこそのイロモノ、
イロモノがあってこその主流。

寄席以外にも、イロモノは必要なこともあるようです。

なんだか、寄席に行きたくなってきました。

お、娘よ、今度、連れてってやるか?


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

センセイの仕事

当たり前のことですが、
他人は思い通りにならないんです。

しかし、学校では、教師が、
生徒を思い通りにしようとするんです。
思い通りにすることが教育だと思ってるかのように。

で、思い通りにならなくて、
あの生徒はバカだ、
などとグチって、
ストレスをためて……

バッカじゃないの、
と思ってしまいます。

思い通りにならないのに、
思い通りにしようとして、
思い通りにならない、
と文句を言っているのですから。

人間とは、人と人の間(あいだ)に間(ま)がある存在。

その間を無視して、
直接支配しようとしたら、
それは、もう暴力。

思い通りにならないけれど、
思いがけないことがあるのが人生。

1年後には予想もしない自分に出会う。
願わくば、よりよい自分に。
それを手助けするのがセンセイのお仕事。

だと思うのですが……

娘よ、1年後、楽しみだなあ。

パパだって、変わってるぞ。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

常温

熱くはないけれど、
冷たくもなく、
そこそこ、温かい、
つまり、常温。

熱いのは冷めるし、
冷たいのは温くなるし、
冷めたコーヒーも、
温いビールも、
どちらも、いただけない。

熱い気持ちが冷めるのは、
いつか気持ちそのものもなくなり、
やはり、悲しいこと。

温かい気持ちは、
熱くならないけど、冷めることもなく、
決してなくならない。

熱いときは熱くもなり、
冷たいときは冷たくもなる、
ここが常温の強み。
行き当たりばったりではなく、
そう、臨機応変。

温かい気持ちがあれば、幸せ。

といっても、そこそこの幸せ。

これで、充分。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

そこそこ、そこそこ、そして、そこそこ

ついにメガネ型のパソコンが発売されたんだとか。
アメリカの話、
これは、超便利。

しかし、便利は意外に不便だったりも。

天敵もいない、エサにも困らない、
そんな動物園の猛獣たちは、
ストレスを感じてるんだそうです。
だから、エサを隠したりして、
わざわざ不便にしてストレスを減らすんだとか。

東京に2年住んだことがありますが、
名所はほとんど行かなかったんです。
東京から離れて住むようになってからのほうが、
むしろ頻繁に行くようになりました。

大好きなひとに、
会いたくて会いたくてたまらないので、
一緒に暮らし始めたら、
大嫌いなってしまうなんて、
よく聞く話。

願いがようやく叶うと、
ひとは幸せを感じます。
しかし、すぐに願いが叶ってしまったら、
その願いは、もう願いでもなくなり、
あまり幸せは感じなくなるでしょう。

文明においては、
一つ問題を解決するたびに、
違う問題を発生させてきました。

自動車が発明され、
便利になったにもかかわらず、
交通死亡事故が増えたり……

原発なんて最悪のケース。

そこそこ便利、
そこそこ不便、
そして、
そこそこ幸せ。

ここらで手を打つことにします。

な、娘よ、そう思わね?

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

結婚したい教師第1位のころ

もう何年も前のこと、
娘がまだ小学生だったころ、
僕は娘の学校の行事には皆勤でした。

ある午後、参観会に参加するため、
家族休暇をとって、
生徒達に別れを告げたとき、
男子生徒が僕をからかって言いました。

 センセイ、俺たちとどっちが大事なの?

僕は迷うことなく、笑顔で答えました。

 君たちより大事に決まってんだろ。

すると、それを聞いていた女子が言いました。

 センセイ、かっこいい……

で、僕は例の男子に言いました。

 君も家族を持ったら、仕事より優先しろよ。

その年の「結婚したい先生」ランキングでは、
若手のイケメンを抑え、堂々の1位に。

今日は職員室で、
息子の入学式に出るために、
学校を休んだ高校教師が話題になっていました。
ま、全員が、そんなの当たり前、と言っていましたが。

勉強を教えるだけが、教師の仕事じゃないんです。
自分の生き様を見せて、
一つの人生を例示することも、
けっこう大事な仕事。

僕が人生の影響を受けた先生達は、
その強烈な個性と生き様で、
教科書に書いてないことを教えてくれました。

教師は、親になると、変わるんです。

まず、自分の子を大事にすれば、
どの生徒にも、同じように、
大事にしてくれる親がいることがわかります。

自分の子すら思い通りにならないのに、
よそ様の子が思い通りになるわけがない、
と、謙虚にもなります。

親の苦労を、身をもって知り、
生徒達の親の苦労も想像できるようになります。

思い通りにならないけど、決して諦めない。
すると、子どもは思いがけない成長を見せてくれる。
これが、子育て、教育の醍醐味。

また、経験上、
自己犠牲してする仕事は、
たいてい、失敗に終わります。
その理由は、おそらく、
他人にも自己犠牲を求めるからでしょう。

だから、教師は、親としてもガチで取り組めばいいんです。
教師は、教師である前に、人間なのですから。

娘よ、パパがあの県の教師じゃなくてよかったなあ。

で、大学は、参観会ないのか?

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (3)

アローンだけれどロンリーじゃない日々

多くの方が心配してくれるんです。

 ひとりじゃさみしでしょう?

祖母も心配するんです。
じゃ一緒に暮らそう、
と言ったら、
祖母は一秒も迷わず、
イヤだよう、
と、本当にイヤそうな顔で。

ALONE と LONELY は
似たような単語ですが、
「ひとり」と「さみしい」と違うんです。

誰かとずっと二人でいても、
お互いの心にお互いがいなかったら、
一人でいるより、さみしいでしょう。

たとえ、一人でいても、
心の中にたくさんひとがいて、
多くのひとの心の中にもいさせてもらえるなら、
ちっともさみしくないでしょう。

今のところ、ALONEだけれど、
LONELYではないようです。

シングルファーザーのときは、
できないことがたくさんありました。
今、それを一つずつしているところ。

サービス残業もそう。
最近、ちょっと職場に遅く残り、
今まで知らなかった夜の職員室の風景を楽しんでいます。

二次会からの三次会も。

昨夜は、中学時代の水泳部の仲間と過ごしました。
僕は朝までOK、
ということで朝4時過ぎまでしゃべりまくってきました。
アフター・シンデレラタイム、
こんな楽しい世界があったとは驚き。

昨日、ふらりと、ミニシアターに行って、
づいでに、お得な会員にもなっちゃいました。
「劇場主義 映画は心のパン」とは館主の言葉。
「デイジーの瞳」という映画を観ました。
両親が離婚した6歳の少女の物語という設定の。
シングルファーザー1年生の頃を思い出しました。

で、今日の昼間は、一日、祖母といっしょにいました。
祖母はなかなか起きてこなかったのですが、
僕が帰るときには、玄関まで見送りに来て、
いつもの投げキッスをすると、祖母も投げキッスをしてくれました。

今宵は、深夜のファミリーレストランに行ってみようと思っています。

娘よ、そっちも楽しそうだな、ははは、またな。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

夜活帰り

5時を過ぎてしまいました。
朝の。
夜空が白くなってきています。

ちょっと、飲みにいったんです。
僕はウーロン茶でしたが。

3軒ほど。

朝までいいよ、と言ったら、
ほんとに朝になっちゃいました。

娘よ、よい休日を。

グッナイ。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

まな花見な昨日

昨日、ロングホームルームの時間、
僕のクラスの新入生達と、
学校からブラブラ歩いて。
近くの公園へ行ってきました。

そう、花見。

まだ、半分くらい残っていて、
風が吹いてきたので、
桜吹雪を満喫。

今日も、ロングホームルームの時間がありました。
6人グループをつくって、
各メンバーが自分の理想の弁当を語り、、
グループの究極の弁当を発表するという企画。

ま、そこそこ、盛り上がり、
新入生同志の交流も深まったことでしょう。
たぶん。

どうせ、人間なんて、
食べて出すだけの管、
中身は何もない。
そう、空っぽ。

でも、空っぽな人間どうし、
お互いを思いあったら、
お互いの空っぽを埋めあって、
中身は充たされるでしょう。

花見と弁当サミットは、
実は、それがねらい。

教え子達の健闘に期待したいと思います。

娘よ、やっぱ、愛だろ、愛。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

サービス残業見学

このごろ、急いで、
晩ごはんをつくるために、
うちに帰る、
ということがないんです。

12年間、そんな生活をしていましたが。

だから、ここ数日は、
サービス残業してみたんです。

けっこう遅くまで、
多くの同僚が残っているんです。
慣れ親しんでいたはず職場の、
今まで知らなかった風景にびっくり。

学校の仕事は、
時間をかけようと思えば、
きりがないんです。

誰もが強制されてはいません。
また、いくら残業しても、残業代はゼロ。
まさに、サービス残業。

カネのためではなく、
まさに生徒のために、
少しは自分のために、
労を惜しまない同僚達。
資本主義の論理で動いていないのは確か。

ちょっと、社会見学をしてるような気分。
今のところ、新鮮で、楽しかったりも。

で、さっき、ポチっとしました。
セカンド包丁を娘にあげてしまい、
やっぱり欲しくなったもので。

そう、シュフ魂の灯を消すわけにはいかないんです。

娘よ、料理の腕、上がったか?

GWには、なんかつくってみろ。
辛口批評してやるからさ、ははは。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

コトバを届ける

新学期、新入生が学校に来れば、
入れ替わり、立ち替わり、
いろんなセンセイがお話をするんです。
いろんな立場から、
もちろん、新入生のことを思って。

しかし、届いてないんです。
コトバが、新入生の心に。
コトバに思いはこもっているのですが。

もちろん、中には聞いている子もいるのでしょうが、
もし、僕が新入生だったら、白昼夢を見ることでしょう。

何を言うかは、
実は、
何を言わないか。

ほとんどのセンセイ達は、
次から次へと言いたいことを言います。
たいてい、大事なことばかり。

しかし、コトバが届かなくては、意味がありません。

言うことと、
聞いてもらうことは、
まったく、別物。
ちょっと、技術がいるんです。

まず、言うことは、絞ります。
一つか二つ、
三つじゃ多すぎます。
そして、繰り返すのですが、
バリエーションを変えて。

当然、ベタな表現は避け、
できれば、時に、笑いもとる。

不完全なくらいが、ちょうどいいんです。

なぜなら、誰もが不完全だから。
不完全なくせに完全ぶって話したら、
それこそ、自己不一致、インチキです。
すぐに見抜かれちゃうんです。

ちょっと足りないくらいが、いいんです。
ごちそうのように。

と、いうことで、
明日は気をつけることにします。

おい、娘よ、センセイの話はちゃんと聞いてるか?

大事なこと言ってるぞ、きっと。

聞き漏らすと、単位落とすぞ。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

春の所信表明

この春、3年ぶりに、
高校一年生のクラス担任となりました。

あれから3年、
娘の高校入学と同時に、
高校一年生の担任となったあの春から。
まさに、Time flies.、光陰矢の如し。

高校ではパンやジュースを買えるぞ、
と言うと、驚いて、喜ぶ新入生達、
実に、初々しくて、かわいいんです。
ま、今のところは。

所信表明演説では、
いつもの「人間」の話をしました。

人は生まれた瞬間から、一人。
人と人の間(あいだ)には間(ま)がある。
だから、人間。
その間にこそ、愛が生まれる。
お互いよりかかったら、
間がなくなり、愛もなくなる。
お互い、自分の足で立って……

とかなんとか。

この春、超問題児の教え子が、
なんとか卒業できて、
しかも大学進学までできたのですが、
その教え子が、卒業式に、号泣しながら、
「センセイが、いい加減で、本当によかった」
と、言ってくれたんです。

ということで、今年も、

 いい加減がよい加減

で、いきます。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

明日のデモクラシー

学校というところに長くいると、
民主主義は難しい、
と、つくづく、思うんです。

もし、教師が生徒達に、
「多数決で決めます。授業やめたいひと?」
と、きいたら、たいてい、
過半数が手を挙げ、
で、授業はやめることに。

生徒達も、わかってるんです。
本当は、授業をやめないほうがいい、と。

でも、楽なほうが楽しいし、
イケてる生徒がが手を挙げたら、
まわりは手を挙げざるをえないし、
ということになるんです。

ここが、教師の腕の見せ所。

「うるさい。授業はやるぞ」
とは言わず、
「つらいけど、みんなでがんばろう」
と生徒に思わせちゃうのが、プロのワザ。

もちろん、これがまた難しいのですが。

原発、戦争、格差が大好きなアベシンゾー、
それでも国民の過半数が支持してるんだとか。
だから、「最高責任者」は向かうところ敵なし。

ここのところずっと、
民主主義の正念場のようです。

さ、明日は入学式。
この春、また1年生のクラス担任です。

娘よ、二年後頼むぞ。
選挙デビューだな。

ま、パパは五年後を見据えて、
明日も学校に行ってくるぜ。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

いろいろと日曜日

今日は、一日、いろいろと。

朝、意外に早起きして、
ヨガ、朝風呂、朝食、掃除、洗濯。

そして、腕時計の電池交換に挑戦。
うちの工具セットを駆使して、
老眼ともたたかい、なんとか成功。
電池代432円だけでできたので、
かなり節約することができました。

今後4年間は、けちけちライフなんです。

小腹が空いたので、サツマイモ蒸しパンをつくりました。
常備菜のポテトサラダもついでに。

たまっていた段ボールを縛り、
他にもゴミをまとめました。

それから、実家へ行き、
兄と祖母とゴロゴロしつつ、
ちょこちょこ掃除して、
冷蔵庫にあるもので晩ごはんをつくりました。

食材を買い込んで、
うちに帰ってくると、
洗濯物を取り込み、
そばつゆをつくり、
娘に頼まれた宅急便の荷造り。

気づけば、11時。

そう、夜はこれからです。

娘よ、明日から、いよいよ新学期だなあ。

ま、今年度も、
いい加減がよい加減、
適当が適切、
がんばらないようにがんばるぞ。

真似すんなよ。
まだ早い。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

成長のDIY

うちに小さなポーチがあります。
ずっしりと重い。
工具セットが入っています。
各種ドライバー、ペンチ、ナイフ、ボンドなど。

組立、分解、修理、調整など、
けっこう使うんです。
娘の引越の時も大活躍、、
基本工具セットを娘の部屋に置いてきました。

うちには、工具箱もあって、
ノコギリ、ハンマー、レンチなど
本箱くらいならつくれちゃいます。

父のところに行けば、
電動ノコギリや電動ドライバなども、
物置小屋くらいならつくれちゃいます。

ちょっと油断すれば、
買わされ続ける資本主義社会、
ま、買わされ続けちゃってますが、
自分のことは極力自分でして、
少しでも意地を見せなくっちゃいけません。

アナキスト大杉栄は、
自分のことは自分でするのが心地よい、
と言っていました。

DIY、Do It Yourself!

レコード会社に魂を売って、
アイドルにしてもらうんじゃなく、
ライブハウスを渡り歩き、
魂を歌い続けるインディーズのように。

成長とは、
自分でできることが増えること。
老化とは、
自分でできることが減ること。

だから、介護でも、
自分でできることを減らさない、
これが基本なんです。

おう、娘よ、成長してるか?

健闘を祈る。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

むしろ酸っぱいブドウ

先日、またやってしまいました。
車の側面をガリガリっと。
電信柱にこすりつけてしまいました。

もう、何度、車に傷をつけたことか。

とりあえず、塗料が剥がれたところに、
マニキュアのような塗料を塗っておきます。
錆び止めに。

いつも、頭の中がグルグルまわっているんです。
何かについて考えているというより、
目に映るものが記憶の何かを呼び起こし、
その何かが他の何かを呼び起こし、
まさに連鎖反応が起こっているんです。

今回の傷はちょっと面積が広くて、目立ちます。
これを元に戻すには、ちょっとかかるでしょう。

今、ケチケチ生活中なので、
もちろん、直すことはしません。

銀色の軽ワンボックスは、
けっこうあるので、
駐車場でよく間違えてしまいます。

しかし、これからは安心。
大きな傷のおかげで、
すぐに見つけられそうです。

それに、ボロ車に見えれば、
まさか大金があるとは思われないので、
車上荒らしの被害のリスクも減るというもの。

しかも、この傷がついたおかげで、
これから多少は運転に気をつけるので、
未来の大事故を防いだことにもなります。

娘よ、ここまで考えると、
むしろ、もっと早く、
車に傷つけるべきだったって、ことじゃね?

ああ、傷ついてよかった。
ちょっと遅かったけど。

だから、合理化なんてしてないって。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ひ孫用鍋

僕は、基本、モノを大事にするタイプ。

先日は、37年動いていた壁時計を、
近所の時計職人に依頼して直したばかり。

鉄のフライパンは10年以上使っているし、
中華鍋や包丁など20年以上も使っているんです。
ケイタイも、2008年製を使用中。

今日、デジカメのプリンターが動かなかったんです。
花見や入学式の写真を現像しようと思ったら。
これは大変、とサービスセンターに電話したんです。

 「本来なら、お預かりして修理するところなんですが……」

つまり、
生産終了後7年経つと、
部品を保管しなくなるので、
もう修理できないから、
同じフィルムを使える新機種を買ってほしい、
とのこと。

さみしいかぎり。

以前、独立時計師の番組を見たんです。
彼は、500万円もする腕時計を一人でつくったのですが、
自分の死後も、誰でも直せるように、と、
シンプルな仕組みに仕上げていました。

しかたなく、電器屋に行くと、売り切れ。
おそらく、駆け込み需要の影響でしょう。

ったく………


娘よ、この前買ってやった琺瑯鍋、
三代で使えるらしいぞ。

パパのひ孫にあげなきゃな。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

今日も桜な一日

さきほど、高速バスで帰ってきました。
ひさしぶりのスーツ&革靴で疲れました。

キャリーバッグと旅行バッグに、
娘の運び忘れた荷物をパンパンに入れ上京。
荷物を駅のロッカーに預け、
大学の入学式に出て、
桜の木の下で記念撮影をして、
娘もいろいろとつきあいがあるらしく、
娘にコインロッカーの鍵を渡し、解散。

僕はそばを食べて、
古本屋街に行き、
文庫本二冊買って、
珈琲を一杯飲んで、
インドカレーを食べて、
高速バスターミナルへ。

バスの中ではミステリーを読みました。
小惑星が半年後に地球に衝突し、
人類滅亡するという状況での殺人事件、
それを負う新米刑事が主人公。

さ、続きを、ベッドで読むことにします。

あ、新作も少しは手を着けなくては……

娘よ、洗濯機、使えたか?

ははは、自分で干せよ。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

シガツイッピ

先日、なんとか今年も、
花見に行くことができました。

93歳になった祖母と、
重度の障害者の兄と。

そう、いつメンで。

祖母の健康診断の通院につきあい、
その帰りに、兄もつれて、僕の車で、
実家の近所の神社に。

満開の桜を日よけに、
小ぶりなシートを敷いて、
そこに座って、記念撮影。

僕がとても小さな頃には、
実家から、この神社まで、
三人で歩いて遊びに来たんです。
今では、信じられないことですが。
もう40年くらい前のこと。
帰りには、駄菓子屋によって、
飴を買ったり、クジを引いたりしたものです。

ひと休みしてから、
近くの公園の桜も見て、
パチパチ写真をとってから、帰りました。

これで、新年度も迎えられます。

今朝早く、娘も巣立っていきました。
結局、自力で起きられず、僕に起こされて。

娘の初自炊のおかずは、ピーマンの肉詰め。
夜、自慢げに、メールで画像を送ってきました。
ピーマンから入るとは、ま、上出来でしょう。

明日は、東京で、入学式。
家族休暇をとって上京しますが、
はたして、午前中の入学式、娘と会えるのでしょうか。

さて、娘よ、「娘よ」っての、もうやめようかな。

どう思う?

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

こんな夜も

結局、やりたいことの半分もできないんです。
いつも、いつも。
まったく、イヤになります。

今日こそは、と思っても、
たいてい昨日までと変わらない一日、
なにも進歩なし。

ま、やりたいことと、できることは、
悲しいくらい、違うということなのでしょう。

やりたいことがやれない理由の一つは、
やらなくてもいいことをやってるから。
テレビやネットで、無駄に時間を浪費したり、
さらに、食べたいわけでもないのに食べたりも。

やることをやる、
やらないことをやらない、
答えはいつもシンプルなのですが……

昨夜は、娘とリビングで、
ダラダラとお笑い番組を見ながら、
ケータイをいじったり、
お茶を飲んだり、菓子を食べたり、
僕はそのままソファでうとうと……

そういや娘よ、こんな夜は、
この三年間で初めてじゃね?

こんな夜も、たまには、いっか。
いやあ、三年間、駆け抜けたなあ。

次はゴールデンウィークだな。

また、駆け抜けてこいや。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

« March 2014 | Main | May 2014 »