« February 2014 | Main | April 2014 »

馬を水辺に

ひとは、たいてい、教えるのが好き、
とはいうものの、
誰もが、教わるのが好き、とは限りません。

 馬を水辺に連れていくことはできるが、
 水を飲ませることはできない
 
親として、また、教師として、
いつも、そう思います。

こちらがどれだけ教えたくても、
どれだけ教えるのが上手くても、
相手に教わる気がなければ、
そう、「水を飲ませることはできない」んです。

ここ数日、
娘が僕に料理を教わる気になり、
ようやく、教え始めたんです。

今日は、三食、娘がつくりました。
いちおう、僕の指導のもと。

それなりの味だけれど、
なんかおいしくない、
とは、娘の言葉。

同感。

まだ、勘が鈍いようです。
そのうち、テキトーにできるようになるでしょう。
このテキトーというのが、なかなか難しいのですが。

だから、娘よ、いつも仕掛けるのが遅いんだって。

明日、出てくんだろよ。

ま、健闘を祈る。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

大事な情報

わからないことがあったら、
自分で調べるより、
ひとに聞いたほうが、
断然、速いし、わかりやすいんです。

頭を下げて、
教えを乞い、
また頭を下げて、
お礼を言います。

これで、たいてい、なんとかなります。

仕事の会議資料など、
頭のいい同僚が読み終えた頃、
教えてもらえば、
ポイントをしぼってくれるので、
自分で読むより、よっぽど効率的。

ま、たまに、プライドが高くて、
自分がわかないと認められなかったり、
頭を下げたりできないひともいるようですが、
僕は、平気。

一番大事な情報は、
誰がその情報を教えてくれるか。
僕はこの情報はたくさん持ってるんです。

実は、誰でも、たいてい、
教えたい願望があるんだとか。
たしかに、道を聞かれて、教えたりすると、
ちょっと気持ちよくなったりします。

我以外皆師、
とは言ったものです。

娘よ、水が下に流れるように、
頭下げてりゃ、情報が降ってくるぞ。

ははは、ま、少しはプライド持てよ。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

第五の気持ちな映画

このごろ、夜、映画を観るんです。
うちのホームシアターで。
スクリーンを垂らして、
リビングを暗くして、
音は大きめで。

一つ、ビデオレンタル屋にお願いしたいことが。
借りる前に、映画の中に、
濃厚なラブシーンがあるかどうかわかるように、
パッケージに表示してほしいのです。
知らず、借りてきて、親子で観ていて、
大きなスクリーンの中で、それが始まると、
まあ、気まずいこと、気まずいこと。
ここは、よろしくお願いしたい。

さて、最近、よかったのは、

「ONCE ダブリンの街角で」

アイルランドが舞台、
路上ミュージシャンが主人公。
すてきな出会いをするんです。

特撮なし。
ラブシーンなし。
殺人なし。

僕の好きな映画の3条件を充たしています。

景色がよくて、
登場人物が少なくて、
美味しそうな料理が出てくる。

この第2次3条件もクリア。

人間の感情は、喜怒哀楽だけじゃないんです。
複雑で、うまく言葉にできない、
喜怒哀楽じゃない、第五の気持ちもあるんです。
小説の行間に、書かれてないけど書かれてるような。

なんかいいねえ、と娘。

そういえば、小学生二年生から、
字幕映画につきあわせてきたんです。

さて、娘よ、また、なんかいいの探しとくわ。

え、これから東京のミニ・シアターにちょくちょく行くって?

まぢか、うらやましいぜ。


Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

世界を変える第一歩

誰かに何かいいことをする。
すぐに、その場を去る。
お礼などしてもらわず。
そして、いい気持ちになる。

すると、何かしてしもらったひとは、
恩返ししたくてもできないので、
誰か他のひとに何かいいことをする……

恩送り、というんだそうです。

「ペイ・フォワード」という映画に出てきます。
社会の宿題で、世界をよくする方法を考えよ、と。
で、主人公の少年が考えたこと。
一人が三人にいいことをする。
お礼はもらわない。
で、その三人がそれぞれ他の三人にいいことをする。

 1→3→9→27→81→243……

たしかに、名案。
「三人が三人に」は難しそうなので、
いいことして去る、これならできそうです。

ま、僕は今、余生を送ってるんです。
やりたいことは、ほぼ全部やってきました。
外国も行ったし、燃えるような恋もしたし、
子育てもしたし、本も出版したし、
思い残すこともないのですが、
さすがに、死ぬにはまだまだ早いので、
「いいことして去る」を、
ちょっとだけやってみようと思います。

娘よ、世界を変える第一歩だ。

やってみ、ペイ・フォワードをさ。

え、パパのはただのおせっかいだって?

とりあえず、気をつける……

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

いよいよ春

さきほど、娘の引越が終わりました。

先日、大きな家電を運び入れておいたので、
今日は、一緒に、ベッドやテーブルを組み立て、
基本キッチンセットを買い揃え、
テレビを設置して、
いよいよ、娘の一人暮らしがスタートです。

娘は、自炊をがんばりたい、とのこと。

娘よ、健闘を祈る。

これから、車で帰るの大変なんだよなあ。

あ、おにぎり、一つ、置いといたから。

じゃ、またな。

Love&Peace・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (2)

捨ててこそ得る

今日は、一日、会議でした。
新しいスタッフと顔を合わせ、
来年度のことをいろいろと決めました。

新しい季節を迎えるには、
やはり、
古いものを捨てなくっちゃいけません。

今日の最後の会議が終わると、
どっかん、どっかん、捨てました。
捨てるかどうか迷ったら、捨てました。
使えるものでも、使わないなら捨てました。
一年使わなかったら、捨てました。

何かを握った手では、
何もつかむことはできません。
手放してこそ、得られるんです。

何か一つを選ぶとき、
実は、それ以外のものを捨てているんです。

俳句の難しさは、
少ない言葉を選ぶというより、
多くの言葉を捨てるということ。

我々の脳は、
何かを忘れなくては、
何も覚えられないんだとか。

人間、日々、捨ててるんです。
そう、新陳代謝で。
これができないと、メタボに。
入るものが、出るものより多ければ。
自然、太るし、体にもよくありません。

この春、羽ばたくには、
まだまだ捨てなくてはならないものがありそうです。

で、娘よ、明日は、何捨てる?
 
だから、立つ鳥あとをって言うだろよ。

パパの部屋は物置じゃないっつーの。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

プロフェッショナル

先日、プロフェッショナルなひとを紹介する番組を見ました。
世界の要人に頼られる同時通訳者。
彼女は、英語が堪能なことは、もちろんんこと、
通訳する前の準備を決して怠らず、
重要語句の最適な訳語をあらかじめ考えておくんです。

で、本番は、格闘技なんだそうです。
持てるすべての知識と感性を総動員して、
反射的に次から次へと言葉をさばいていく……

そして、週一回、
銀閣寺まで行って、
和歌を詠んでいます。

最先端の時事英語を覚えつつ、
大和言葉の美しさを忘れないため。

娘と見たのですが、
大いに感動、そして、大いに反省。

娘よ、おたがい、四月からはがんばろうぜ。

え、今日がんばらない人は、、
ずっとがんばらないって?

先生が言ってたって??

ま、いいこと言うな、その先生。

じゃ、がんばらないようにがんばることにする。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

伝承鍋

思い切って、買ったんです。

 ル・クルーゼ

オレンジ色の18cmの丸い琺瑯鍋。
ネット・オークションで、
先日、深夜、1万1千円で競り落としました。
相場は、1万5千円強なので、かなりお得。

一人暮らしなので、
この大きさで充分。

娘は大喜びで、早速、ケイタイで写真に収めていました。

で、昨日、白米半合を炊いてみたら、
いつもどおりのつややかなごはん。

三代使えるらしいので、
ひ孫まで、伝承できるでしょう。

娘よ、ひ孫の料理が楽しみだなあ。

まだ、先だけどさ。

とりあえず、明日、ル・クルーゼで、なんかつくってみ。

教えてやるからさ。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

平日深夜のおひとり様

先日、レイトショーに行ってきました。
近くのシネマへ。
平日の夜に。
レイトショーはちょっと安いんです。

「LIFE」というアメリカ映画。
景色がきれいで、
ヒロインのシングルママもきれいで、
わりと満足。

映画のあとは、ひとりで珈琲を飲むんです。

で、ファミリーレストランへ。
ドリンクバーで飲み放題。
それだけだと悪いので、軽めのデザートも。

しみじみと解放感が沸いてきました。
12年の子育てを終えての、この自由。

 至福の時……

帰宅したときは、日付が変わっていました。
充実した夜なら、多少の寝不足でも大丈夫。

娘よ、寮の門限、夜12時だってな。

ははは。

でも、甘くね?


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

長い一日の終わりに

隣の県の港街まで、
娘と行ってきました。
僕のワンボックスカー(軽)で。
娘がこれから4年住む街へ。

貰った家電を運び入れ、
ベッドやら椅子やら小物やらを、
北欧ホームセンターに買いに行きました。
まあ、ここがスゴいこと、スゴいこと。
北欧デザインのインテリアだけでなく、
巨大倉庫のような売り場や、
レストランまで完備。
つい、時間を忘れてしまいました。

買い込んだものを部屋に入れ、
今日はここまでで終了。

今、帰りの高速道路のサービスエリア。
一休みです。
あくびが出てきました。

娘よ、よく寝るなあ。
朝寝も昼寝も車ん中でしてさ。

明日は、料理、教えてやる。

で、パパはちょっと寝る。

Love&Peace・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

あの日のあのイヤな感じ

あのイヤな感じを、今もよく覚えています。

湾岸戦争時の劣化ウラン弾による砲撃のため、
多くの子ども達が白血病に苦しんでいるイラクに、
アメリカがまた戦争をしかけようとしていました。

「テロリストの側につくか、我々の側につくか」
と、当時のブッシュ大統領は世界に迫りました。

世界中で、反戦デモが起こりました。
僕が住んでいた田舎町でも、
小さなデモがあり、娘を連れて、参加しました。

アメリカが戦争を始める理由は、
イラクにはアルカイダがいて、
「大量破壊兵器」があるということ。

当時の首相の小泉は、断固、支持を表明。
「国際社会で名誉ある地位を占めたい」と、
ついに、自衛隊を戦地に派遣することも決定。

当時、出版された本には、
これからミサイルが降り注ぐ国が、
どんな国かを見せる写真集なども。

戦争は止まる、と思っていました。
戦争は止まる、と信じていました。

しかし、戦争は始まりました。
そのころ、ブログで、
Love & Peace ・・)vを発信する決意をしました。

ご存じの通り、
イラクには、アルカイダはいず、
「大量破壊兵器」もなくて、
しかし、軍需産業は大もうけ。

それが、11年前の今日、3月20日。

娘よ、寝てる場合じゃないぞ。


Love & Peace ・・)v


| | Comments (0)

この二つの目で

 あるから見えるのではない。
 見えるからあるのだ。

とは、心理学で習いました。
人間は、見たいものを、
たいてい、見たいものだけを、
見てるんです。
いや、見てる、と思っているんです。

以前読んだ本に、
ある有能な科学者が、求める結果を焦り、
結果をでっちあげてしまったことが書かれていました。

結局、後に、その仮説は正しいことがわかり、
でっちあげる必要はなかったというオチ。

そう、見たいものが、
見えちゃうこともあるのでしょう。

どんなものも多面的なのに、
自分に都合のいい一面だけを見て、
すべてをわかった気になることも。

錯覚の絵に、いとも簡単にだまされるように、
我々の目なんて、大したことはないんです。

そう、謙虚でなくっちゃいけません。

恋は、相手のいいところだけを見ます。
愛は、いいところも悪いところもまるごと。
だから、恋は終わり、愛は不滅なんです。

娘よ、目が二つあるってことはな、そういうことだ。
いいところと、悪いところと、両方見なくちゃな。

耳も二つあるぞ。

だけど、口は一つだ。

え?

はい、黙ります。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

DO FOR OTHERS!

我々はなぜここにいるか?

アインシュタインの答え。

 We are here for others.
 「我々は他者のためにここにいる」

我々の仕事は、
たしかにカネのためでもありますが、
やはり、他者にために何かして、
できれば、感謝されるためのもの。

ひとが老いるということは、
他者のためにすることが減るということ。

祖母は93歳で、
一日の大半は寝ていますが、
他者のために何かしよう、
といつも思っているようです。

重度の障害者の兄も、
他者のためにできることは、
ほとんどないのですが、
僕のケータイが鳴ると、
何も言わなくても、
僕に手渡してくれます。

そういえば、ずいぶんと前、
雨の日に車を運転していて、
車輪がどぶにはまってしまったとき、
後ろの二台の車から二人が降りてきて、
雨の中、車を持ち上げ、助けてくれました。
そして、名前も言わず去っていったのです。

今日は、アメリカ人の同僚が、
切符を買って、店を予約するのを、
ちょっと助けてあげたら、
感謝されること、感謝されること。

実に、いい気分です。

娘よ、たしかに、我々は、他者のためにここにいる……

わかるか?

本当にわかってるか?


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (2)

されど小さな店達

できるだけ、買い物は、
小さな店でするようにしてるんです。
店主の個性が光る個人商店が好きなもので。

ぽつり、ぽつり、と、
また僕の好きな小さな店が、
その灯を消してしまいました。

郊外の巨大ショッピングモールは、
あいかわらずの盛況のようですが。

この町の個人商店は、
ほとんどが年輩の店主が営んでいます。
長い歴史を今も刻みつつも、
現実は、年金をもらいながら、
なんとかしのいでいるのでしょう。

誰かに雇われて裕福に暮らすより、
たとえ儲からなくとも自分の足で立つことを選ぶ、
そんなインディーズ魂を持つ、
アナーキーな個人事業主達を、
地方公務員の僕は尊敬しています。

子どもの頃、近所には、
傘屋、氷屋、竹屋など、
今は見かけない店も。

娘よ、なんだかなあ……

また、あの店、行くぞ。
シフォンケーキが美味いとこさ。
あのお姉さん、がんばってるからさ。
応援しなくっちゃ。

なっ。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

FAQ(よくある質問)への回答

娘が巣立つ日が近づき、
それにも関わらずまったく準備しない娘、
それにも関わらずなんとかなると思う僕、
あいかわらずの行き当たりばったり親子な日々。

で、今月末から、
僕もひさしぶりの一人暮らし。

よく訊かれるんです。

 結婚は?

めんどくさいので、この場を借りて、回答。

 結婚はしません。
 
で、これもよく訊かれる質問。

 さみしくないの?

人間、母子分離して産まれてきた以上、
孤独は宿命。
結婚したくらいで、さみしくなくなると思ったら大間違い。

人生とは、そもそも、孤独からの逃走。

空の巣症候群というのがあるらしいのです。
子が巣立った後、巣が空になり、
親が、生き甲斐を失ってしまう……
娘まで、その心配をする始末。

で、娘よ、子どもだけが巣立つと思ったら大間違いだ。

また、このうちで会おうぜ。

パパにも新しい世界が待っている。
引っ越さなくてもな、ははは。

だから、結婚できないじゃなくて、しないんだっつーの。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

永遠のアナログ

実家の壁掛け時計が動かなくなりました。
電池を替えてみたのですが、ダメ。
時計の裏に、「S51」とマジックで書いてありました。
そう、昭和51年から38年も時を刻んできたんです。

小学生の時から、いつも見ていた時計が、
もう動かないとは、なんともさみしいこと。

で、近所の時計屋に持っていきました。
時計屋は、そんなに長く使っていたことに驚きました。

「買ったほうが安いよ」

と、予想通りの言葉。
それでも、修理を依頼。
分解修理は、5千円とのこと。
新しい時計が三つくらい買えるでしょう。

もちろん、修理を依頼。
で、一週間ほどで電話がかかってきて、
とりにいってきました。

時計屋は、修理の細かな作業を、
身振り手振りで詳しく説明してくれました。
そんな高度な技術を持ったひとが、
歩いていけるところにいたことに驚きました。

で、さきほど、時計を元の場所にかけました。
今、その時計は、新たな時を刻んでいます。

これで、ひと安心です。
僕が死ぬまで動いてくれるでしょう。

娘よ、アナログはな、そう簡単にゃくたばらないぜ。

え、今、パソコン使ってるくせにって?

うるさい……


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

すべてを疑え

マスコミなんて、チェって感じなんです。

ついこの前まで、
さんざん、彼女を持ち上げ、
割烹着、ムーミン、指輪など、
主に、科学と関係ないことで持ち上げていたのに、
今は、論文が怪しい、とこき下ろしています。

これぞ、マスコミの二毛作。
最初は、持ち上げて、さんざん儲けて、
今度は、こき下ろして、さんざん儲ける。

取材された側はそうとう傷つくはず。
しかし、もちろん、マスコミは無傷。
最初から、科学のことなど無頓着。

あのベートーベン二世についても、
マスコミは、音楽そのものにはまったく触れず、
いつもの二毛作。

マスコミは、涙のハンデ乗り越え物語が大好き。
話題さえあれば、音楽性など関係なし。
最初から純粋に音楽性を評価できていれば、
あんな出来心は産まれなかったでしょう。

僕はそのCDを聴いたことがないのですが、
もし、それが本当に名曲だったら、
100年後も残っていて、
ゴーストライターのことなど、誰も覚えていないでしょう。

実体を、実体以上に見せて、
評価をつり上げ、
そのうち、実体を暴き、
評価を暴落させる。
まるで、株価操作。

娘よ、まったく、チェって感じだぜ。

いいか、マスコミなんて、
カネがしゃべってるようなもんなんだから。

 「すべてを疑え」

マルクス先生が言ってたぞ。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

グッバイ、さよなら

資本主義社会で、
一番大事なのは、
株主の利益なんだそうです。

だから、企業は、
消費者や社会の利益よりも、
株価が上がることを優先するんだとか。

たとえ、
格差を広げようと、
10万年以上残る核廃棄物を産もうと、
戦争が起ころうと、
おかまいなし、
すべてがビジネスチャンス。

資本主義社会で、
「勝ち組」に入るのに必要なものは、
そう、鈍感力。

株主とは、つまりは、企業相手の金貸し。
資本とは、元手、つまりは借金。
企業は、不要なものを、カネを借りて、つくり、
消費者は、不要なものを、カネを借りて、買い、
不要なものの中毒にさせるCM……
そして、いつも儲かる金貸しとその仲間達。

そんな社会の縁の下の力持ちは、
熱心で禁欲的で従順なマジメ庶民。
給料少なくったって、
労働時間長くたって、
上に意見が言えなくったって、
がんばっちゃいます。

だから、娘よ、パパはがんばらないようにがんばるんだって。

グッバイ、資本主義、さよなら、キャピタリズム。

え、タブレット最近手に入れて中毒になってるくせにって?

こ、これは、偵察偵察。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

比較を凌駕

裕福な国と貧しい国では、
どちらが自殺者が多いかというと、
裕福な国なんだとか。

その原因は、比較。

裕福な国では、
金持ちが幸せ、と思われ、
金を得るために、激しい競争があり、
いわゆる、格差も生まれます。

貧しい国の平均以上の収入があっても、
裕福な国で最下層の収入ならば、
死にたくなる人も出てくるのでしょう。

そう、たとえ、貧しくても、
まわりもみんな貧しくて、
支えあっちゃったりすれば、
カネはなくともハッピーになれるはず。

競争の目的は、比較。

基本、比較できるものなんて、大したものじゃないんです。
本当にいいものは、比較なんてできませんから。

比較なんて、しょせん、ジャンケン。
グーは、チョキより強いが、パーより弱い。

娘よ、ああ、やだやだ。

比較を受け付けないもの、
一つでもとってこい。

ゴールデンウィークの時にでも見せてくれ。


え、まだ早いって?

そっか……

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

なんとかならん味

もうすぐ巣立つ娘ですが、
春から自炊するにも関わらず、
まったく料理を学ぼうとはしません。

行けば、なんとかなる、とか言って。

僕がいつも手際よくつくるのを見て、
料理など簡単、と誤解しているようです。

で、娘よ、なんとかならんぞ。

料理はそんなに甘いもんじゃない。

しかし、味はすでに教えてあるからな。

その舌がいろいろ教えてくれるぞ、たぶん。

父の偉大さもな、ははは。

グッド・ラック。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

流されないこと

先日、映画「ハンナ・アレーント」を観て、
なんだか、ずっと考えているんです。
ファシズムについて。
彼女はナチスの迫害を逃れたユダヤ人哲学者。
ファシズムにガチで勝負を挑んだんです。

ナチの高官アイヒマンは、
マジメでフツウの小人物で、
ただ考えることをやめたために、
人間であることもやめて、
大量虐殺に協力したんです。

そのことに、ハンナは驚き、素直にそう書きます。

まず、それで叩かれます。

ユダヤ人100%善、ナチス100%悪。
なにせ、600万人も虐殺されたのですから。

ユダヤ人の地域の指導者達が、
もしナチに協力していなかったら、
多くの命が助かったはず、
とも、ハンナは書きます。

これが、ユダヤ人達の逆鱗に触れてしまいます。

それで、いっそう叩かれてしまいます。

人間は考えることをやめると、
権力者の道具に成り下がり、
大量虐殺にも協力してしまうんです。

これが、ハンナのいいたいこと。

100%善と信じて、
考えることをやめたユダヤ人は、
その後、イスラエルを建国し、
多くのパレスチナ人を殺しました。

そう、考えることをやめると、
ナチでもユダヤ人でも、
殺人にさえ協力してしまうのです。

これが、ファシストが増長し、
戦争に突き進むメカニズム。

東日本大震災から3年、
明日は多くの特集番組が放映されるでしょうが、
多くのひとが、考えなくなっているのは事実。

今、考えないことは、
アベシンゾーを増長させ、
日本を戦争に突き進ませることを支持すること。

ただ、考えること。

100パーセント善も、
100パーセント悪も、
すべて疑うこと。

考えることは、流されないこと。

娘よ、大学ってところはな、
たくさんヒマをもらって、考えるところだ。

わかるか?

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

すでに花見

今日は、休日、特に予定もないので、
午後は、兄と祖母とのんびりしていました。

だいぶ、寝ていることが増えた祖母ですが、
なんだか元気が出てきたらしく、
ドライブに行こう、というので
三人で出かけました。

ちょっと早めのお花見に。
菜の花畑へ。
まだ咲いてないかと思っていたのですが、
けっこう黄色くなっていて、なかなかでした。
寒かったので、車内で鑑賞。

「去年も来たっけねえ」、と祖母。

感動したことを覚えているのでしょう。

帰りに、軽トラの鯛焼き屋を発見。
おやつに買って、河原に車を停めて食べ、
残りは、両親がいる店に届けました。

祖母は、菜の花と鯛焼きに、
いたく感動したようで、
帰ってからも、いつもなら忘れちゃうのですが、
しばらく、何度もその話をしました。

やはり、我が家は、感動が主食。

少しは祖母の寿命も延びたはずです。

あ、娘よ、すまぬ、鯛焼き全部食べちゃった。

菜の花、満開になったら、また行こうぜ。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

毎日哲学者

人間とは何であるか、
人間はどう生きるべきか、
そんなことを考えたら、
誰でも哲学者だと思うんです。

人間は、考えることで、人間になります。
考えることをやめたら、人間じゃなくなります。
すると、たいてい、誰かの道具になってしまいます。

マジメな人は、要注意。
先生の言うことをよく聞いて、
いつしか考えることをやめて、
先生の言うとおりに行動して褒められます。
大きくなっても、考えないで、
「上」の言うことをよく聞いて、
「上」の言うとおりに行動して、褒められます。

その結果、無責任に、戦争協力してしまったりも。

だから、考えることは、とっても大事。

ナチスのユダヤ人虐殺に関わったアイヒマンは、
今日観た映画に出てきたのですが、
残虐な極悪人ではなく、
ふつうの正常なマジメな小人物で、
「上」の命令に従っただけ。

ただ、決定的にかけていたのが、「考えること」

僕も教師なのでよくわかるのですが、
こちらの言うことをよく聞く生徒ばかりなら、
ストレスはなく、仕事は楽で、助かります。
だから、ついつい、言うことを聞かせようとしがち。
で、時に、学校が民主主義破戒装置になることも。

そう、教師は教えてばかりじゃなくて、
考えさせなくっちゃいけません。

娘よ、考えてるか?

ディズニー行って、
スターバックス飲んでりゃ、
いいのか??

パパなんか、ダラダラしてるように見せかけて、
いつも、哲学者ばりに考えてるぞ。

え、何をって?

だから、いろいろだ。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

花粉症の原因

くしゃみをしたり、
鼻をかんだり、
目がかゆくなったり、
そんなひとが増えてきました。

大きなくしゃみをして、
チクショーと叫ぶ同僚がいるんです。

もう二ヶ月くらい前から言ったんです。

「花粉症」は花粉が原因じゃない、と。

花粉をブロックするためにマスクをして、
アレルギー反応を抑える薬を飲んで、
そんなことをしても、ムダムダとも。

案の定、同僚は、今日も大きなくしゃみをしていました。

ある生徒が髪を茶色に染めてきたとします。
で、先生は、注意して、髪を黒く戻すよう指導します。
ま、これはよくあること。

しかし、これで解決したわけじゃないんです。
もし、何か心に問題があって、髪染めしたなら、
髪の色を変えただけじゃ、問題は残ったまま。
次は、違う形で、外に出てくるでしょう。

表に出てる部分を、
ちょこちょこっと直してもダメ。
心の問題に向き合わなきゃ。

「花粉症」の症状が出るのは、
体内の気と血と水の流れが淀んでいて、
水がたまっていて「水毒」になっているから。

すべての問題は、
全体のバランスが崩れ、
一部に現れている状態。
だから、その一部だけ、直してもダメ。
これは、何にでも言えることだと思うんです。

漢方薬がいいと思うんです。
漢方では、病名という考えすらないんだとか。
病名は、一面を指しているにすぎないからでしょう。

すべての人の顔が違うように、
自分にあった薬を選んでもらい、
適度に運動もして、
バランスよく食べ、
大きく呼吸するといいはず。

しかし、娘よ、誰も信じてくれないんだなあ。

パパを信じるか?

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ベビーシッター

時に、職場で、女性の先生が大慌て。
お子さんが、急に熱を出したりすると。
すぐに授業をやりくりして、
他の先生に頭を下げて、
急いで帰らなくていけなくなって……

僕も同じ経験をしたことがあるので、
懐かしくなります。

娘が風邪を引いたりすると、大変。
朝ごはんを終えると、
テレビの前に布団を敷いて、
DVDの映画をかけて、出勤。
映画が終わるまでに、一つ授業をして、帰宅。
昼ごはんを食べて、他の映画をかけて、再出勤。
その映画が終わるまでに、また帰って、
おやつを食べて、再々出勤……

なんてことも。

アメリカ人の同僚にその話をしたら、
そんなことアメリカでしたら大問題、と。
子どもを放置したら、犯罪になりかねないので、
必ずベビーシッターを依頼するそうです。

アメリカ映画で、
夫婦が結婚記念日に、
子ども達をベビーシッターに頼んで、
二人っきりでお洒落して、
ディナーに行くシーンを見て、
心から、うらやましく思ったことがあります。

シングルファーザーになってから、
教え子にベビーシッターのバイトを頼んだこともあります。
その時は、本当に助かりました。

日本に決定的にかけているものの一つ、
そう、ベビーシッター。

娘よ、春から、ベビーシッターになることにする。
勉強だって教える最強のベビーシッターにな。
もちろん、タダで。

イケてね?

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

臭くない脱資本主義

常々、言ってきたんです。
テフロン加工のフライパンは、
資本主義の象徴だ、と。

最初、油を引かなくても、食材を炒められ、感動。
しかし、だんだん、食材がくっつくようになり、
最後は、油を引いても、くっつくようになり、
ここで、フライパンの寿命が尽きます
しかし、あの最初の感動を忘れられず、
また、新しいテフロンのフライパンを買い……

同じことの繰り返し。

僕はもちろん鉄のフライパンを愛用。

資本主義とは、壮大なる使い捨てシステム。
ま、その最たるものが原子力集金所。

資本主義の主力商品は、中毒。
CMで、美男美女を起用して、
なくてもいいものを、なくてはいけないものに変えちゃうんです。

さて、この年になると、
風呂で、あまり体を洗わないんです。
もし、ボディシャンプーをつけて、ごしごし洗ったら、
風呂を出た後、皮膚の脂が抜けてしまい、
カサカサで、粉を吹いてしまい、かゆいこと、かゆいこと。

ところが、ここで、資本主義登場。

まず、恐怖を煽ります。
加齢臭を漂わせたら大変、と。
で、いい香りのボディシャンプーで洗います。
風呂上がりは、体に保湿クリームを塗り込みます。
ヤツらは、ボディシャンプーでもうけて、
さらに、保湿クリームでもうけて、
まさに、二毛作。

髪も、そう。
脂をとるシャンプーで洗って、
脂をつけるリンスで潤いを与えます。

実は、頭皮は、脂をとられちゃ大変、と、
さらに脂を分泌するようになるんです。
そう、洗えば洗うほど、脂が増え、
加齢臭がさらに化することも。

それでも、シャンプー&リンスの二毛作は止まらない……

だから、娘よ、パパはぜんぜん臭くないし。

誰も、そんなこと言わないしな。

え、気づいてないのはパパだけだって?

まぢか。
ドラッグストア、まだやってるよな?

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

歌の練習

今日は、新しい曲を練習しました。
アメリカの歌の古い歌。
歌詞は、忌野清志郎が訳したもの。

先日、小さなライブで、
最後にミュージシャン達が、
歌ってくれたんです。

 「500マイル」

青年が故郷を遠く離れて出ていく時の、
悲しい気持ちを歌った歌。

訳詞がいいんです。
直訳ではなく、
テーマがポエムになっていて、
心に染みわたってきます。

歌は、聞くだけじゃなく、
歌うと、いっそう味わえることを知りました。

で、実は……、

自分の歌を、初めて聞いたんです。
たまたま動画で撮られたのを。
ヘタすぎて、びっくり。

さ、練習、練習。

娘よ、自分を知ることは大事だ。

500マイルって歌知ってるか?

え、youtubeで見るって?

ま、いっか、パパが歌わなくても。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

答の在処

今年も、3月11日が近づいてきました。

またテレビや新聞で、
特集が報じられるでしょう。
終戦記念日のように。

僕にとっても、
311は、人生でもっとも大きなできごと。
世界観やら価値観やら人生観が、
ガラリと変わってしまいました。

記念日に、
特集番組を見たり、
特集記事を読んだり、
集会などに参加したり、
それはそれで大事なこと。

しかし、記念日の翌日には、
いつもの生活に戻り、
徐々に忘れてしまうもの。

一年に一度だけじゃ、
どんなことでも、
効果は期待できないでしょう。

3月11日ではなく、
日々の暮らしの中に、
ポスト311があるんです。

津波で流されたカネやモノより、
ずっと大切な何かがある、
と、我々の多くが知ったのが311。

その後、日々の暮らしの中で、
何を大事にしてきたのか、
ここが、日々、問われているんです。

ま、あいかわらず、
カネを追い求め、
原子力集金所を動かそうと、
アベシンゾーたちは画策しているようですが。

娘よ、答えは、日々の暮らしの中にある。

いつもな。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

ストリート・スマート

独学で身につけたもの、
なかなか、侮れません。

教わるのではなく、
自分でつかまなくては、
わからないもの、
それを知ることが、独学。

ストリート・スマートとは、
学校の外で学んだことで賢いこと。
学歴なんかなくとも、
生きる力に満ちあふれているひとはけっこういます。

逆に、たとえ高学歴でも、
残念なひとも、ちらほら、と。

火は熱い、といくら教わったって、
実際に火傷するまでは、
身にしみて知ることはないんです。

独学のギター1本で、
どん底からはい上がった経験を、
自分の歌にして歌ような歌手には、
魂が入っています。
魂は、ストリートでしか、学べないもの。

ただ、学校に行って、
校則を守って、
まじめに授業を聞いて、
テストで高得点を取っても、
絶対に学べないものがあるんです。

ただ、学校で学べないものは、
学校で学ぶものがあってこそのもの。
だから、やはり、学校は大事。

で、教師は、
教科書に書いてあることを教えることは、
もちろんのこと、
教科書に書いてないことを教えるのも、
大事な仕事。

な、娘よ、大いに学ぶで、大学だぞ。

大学は、スクール・スマートでよろしく。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

卒業な一日

今日は、卒業式。
教師として故郷に帰ってきて三年、
初めての卒業生を送り出しました。

で、娘も、今日、高校卒業。
こちらは、母親が担当。
感慨深いものがあったようです。

僕は式が終わってから、
教室で、歌いました。
一ヶ月練習してきた弾き語り、「3月9日」
緊張して、最初、声が震えてしまいましたが、
教え子達に応援され、無事、歌い終えました。

その後、色紙や手紙をもらったのですが、
意外に多かったコメントは、
僕がいい加減でよかった、と。

やはり、いい加減がよい加減、
間違いはありませんでした。

娘よ、パパは、教師に向いてんじゃね?

ははは、パパも育児卒業だ。

ミスター・フリーダムと呼んでくれ。


Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (2)

« February 2014 | Main | April 2014 »