« January 2014 | Main | March 2014 »

中華鍋と包丁

僕の中華鍋とメイン包丁は、
高校卒業したときに、
父が買ってきたもの。
もう、20年以上使っています。

中華鍋は、
フライパンにもなるし、
鍋にもなるから、
炒めて、そのまま煮込めて、万能だ、と父。

包丁は、
一番長く使っているので、
もう体の一部。
ときどき研ぐので、よく切れます。

やはり、かわいい子には、
いい道具を与えなくっちゃいけません。

いい道具とは、
使えば使うほど、
体になじみ、
メンテナンスすれば、
一生使えるもの。

娘よ、パパの中華鍋と包丁、持ってくか?

え、新しく買ってくれないのかって?

いい道具ってのは、3代使えるんだって。

だから、ただのケチじゃない

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

早く寝なくてはならない夜

この頃、娘の弁当をつくらないので、
まあ、気が抜けること、気が抜けること。

毎朝、緊張感ゼロ。
ほんと、ギリギリまで寝ています。

思えば、女子高生弁当は、
味はもちろんのこと、見た目も重要。
いや、見た目のほうが重要。
教室で弁当箱を開けたときが勝負。
かわいい弁当箱に、
ごはんの白、肉の茶、卵の黄、プチトマトのア赤、野菜の緑、
と、5色、バランスよく詰めなくっちゃいけません。

明日は、卒業式の予行なので、
ひさしぶりに弁当をつくることに。
おそらく、明日が最後の弁当となるでしょう。

そう、明朝は、早起きです。

娘よ、起きろよ。

しかし、明日早起きってなると、
夜中目が冴えるのはなぜだ?

ま、いっか、昼寝すりゃ。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

一所不住な春

高校生の時に、現代文で習った言葉。

 一所不住

一つのところに住まない、という意味。
文中の、旅をすみかとする西行や芭蕉に憧れたものです。

高校を卒業して、
引っ越すこと、7回。
ちょっとだけ、一所不住。
このアパートも、数年経てば、出ていくのでしょう。

いろんなところにも、旅をしました。
電車で、北海道も、九州も
自転車で、箱根を超えたり、京都に行ったり、
海外も、数カ国。

しかし、
たとえ、引っ越さなくても、
たとえ、旅しなくても、
一所不住の精神は大事、と思うんです。

ひとは、何か成し遂げたら、
つい、いつまでも、その達成感に浸りたくなります。
いわゆる過去の栄光に。

これじゃ、いかん、のです。

何か成し遂げたら、
すぐ次にとりかかる。

そう、世阿弥先生がいったように、
「初心忘れるべからず」です。

常に、新しいものにとりかかるべき。

たとえ、同じことをやり続けても、
毎回、マイナーチェンジして、
よりよい方法を探るべき。

ある陶芸家は、言いました。
伝統とは改革の歴史のことだよ、と。

なるほど。

娘よ、春だなあ。

ほんと、春だなあ。

しかし、受験終わったからって、調子に乗りすぎだって。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

日本画鑑賞、歴女と

最近、娘がすっかり「歴女」に。
受験で、日本史を勉強しているうちに、
歴史が好きになったようです。

おととい、京都に大学に下見にいき、
ついでに、日本最古の禅寺、建仁寺で、
「風神雷神図屏風」に魅せられてきたようです。
金の屏風、左に白い雷神、右に緑の風神、
俵屋宗達の傑作国宝。

で、昨日は、
尾形光琳の「紅白梅図」を見てきました。
金の屏風、左に白梅、右に紅梅、
屏風から出てきそうな迫力。
真ん中に流れる川の水の独自の紋様、
絵の具を垂らして描いた幹のリアリティ。

実は、光琳、宗達を尊敬していて、
風神雷神を、紅梅白梅に置き換えて、
この傑作を描いたんだとか。

この二作を二日続けて見た娘を、
少しうらやましく思いました。

娘は、他の展示作品にも感激し、
僕相手に、ウンチクを傾けてくれました。

僕が気に入った水墨画があったのですが、
娘の解説によれば、
桃山時代の海北友松の作品。
京都でも他の作品を見た、と。

これまで、洋画ばかり鑑賞してきたので、
日本画が、とても新鮮でした。

娘を見ていて、
勉強をすればするほど、
世界はおもしろく見える、
ということを感じました。

よし、娘よ、パパも勉強しよっと。

だから、better late than never だ。

わかるか、これ?
「六十の手習い」だぞ。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

Change the words!

イギリスの短い動画。

盲目の男が、路上で、物乞いをしています。
段ボール紙には、

 I am blind. Please help me.

しかし、ほとんどのひとが、
ただ通り過ぎるだけ。
お金はなかなかもらえません。

そこに、若い美女登場。
段ボール紙をとりあげ、何かを書きます。

すると、次々と、通行人がお金をくれます。

例の美女は、言葉を変えたんです。

 It's a nice day and I can't see it.

で、動画のタイトル。

Change the words.
Change the world.

ブラボー!(スタンディング・オベーション)

言葉が変えれば、
世界が変わる。

娘よ、とりあえず、父への言葉遣いを変えなさい。

そうすれば、パパが変わる、世界も変わる。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

Nothing special is something special.

テレビ見て、
お茶飲んで、
お菓子食べて、
ギター弾いて、
本読んで、
昼寝して……

と実家で、
今日という一日を、
浪費しました。

一緒にいたのは、祖母と兄。
子どもの頃からのいつものメンバー。
そう、「いつメン」

ひとは僕のしている行為を、
介護ということもあります。

たしかに、
重度の障がい者の兄と、
93歳の頭がスローな祖母と、
とても健康な僕が一緒にいれば、
二人は僕に面倒を見てもらっているようには見えます。

でも、僕のしていることといえば、
ただ、一緒にいるだけ。
努力も苦労も皆無。

母に感謝されたりもするのですが、
それも、ちょっと迷惑。

今日は、途中、中抜けも。
兄の世話を祖母に頼んで、
遠方から来た友達とティータイム。

急いで、帰ると、
兄が煎餅を食べていました。
祖母が、私も煎餅欲しいやあ、と言うと、、
兄は口の中から出して、
祖母に差し出しました。

祖母は兄の世話をしているつもりで、
兄も祖母にやさしくしようとしているようです。

夕飯は、父と母がつくったので、
それをいただきました。

とにかく、特に何もしなかった休日、
執筆しようとも思ったのですが……

また、母に感謝され、
逃げるように帰ってきました。

だから、娘よ、パパはここからなんだって。

さ、新作、新作。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

見えない道を行け

ソシキといえば、
会員を集めて、
会費を徴収して、
事務所を借りて、
専従スタッフを雇って、
会議を開いて、
交通費を払って、
イベントを企画して、
機関紙を発行して……

いくつか、そんなソシキに参加しているのですが、
どのソシキも、会員が減って、会費も減って、
そのスタイルでは、現状維持できないのが現状。

今日はクミアイの会議に行ったのですが、
シビアな現実をつきつけられ、
言葉少なに、うつむいた仲間が、ちらほら、と。

僕も12年前は、
クミアイの活動家だったのですが、
シングルファーザーになったのを機に、
12年間の育児休暇をもらったんです。

で、その12年が過ぎ、
娘も巣立つことが決まり、
そのことがバレてしまい、
来春からは何か仕事がまわってきそう。

ふと内村鑑三を思い出しました。
教会はなくても、祈る心さえあればいい、
と、無教会主義を貫いたひと。

そう、教会というハコがなくても、
祈る心さえあれば、
たしかに、信仰は貫けるでしょう。

今日の会議の最後に、リーダーが言いました。

 見える道よりも、
 見えない道のほうが多い

なるほど。

見えない道に、ヒントがありそうです

娘よ、見えない道を行け。

え、パパはって?

いや、見える道も好きなんだって。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

疲れる数字

カネは数字
数字には終わりがない
だから
カネで幸せになろうと思っても、
永遠になれない

また、数字は比較
いつも、上がいて
いつも、下がいる
上を僻む分、下を蔑む

数字は不完全
たとえば、100m先に行こうとして、
半分進んだら50m
その半分進んだら25m
またその半分12.5m……
と、いつまで経っても紙の上では着かない。

娘よ、もう数字にゃ、疲れたよ

な、もうすぐ、春だなあ

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

小さな店の時間

夜になるとスクリーンを垂らす毎日、
今日見た映画は、「マザーウォーター」

豆腐屋、珈琲屋、バー、
どれも水を使うが舞台。

店主が一人で切り盛りする小さな店が、
歩いていけるところに、いくつかあって、
常連達が、ぽつりぽつりとやってきて、
いろいろ喋っているうちに、
一日いちにちが、静かに過ぎていき、
いつしか大切な時間が積み重ねられていく……

でも、そういう店、つぶれちゃうんだよね、
と、シビアな娘。

郊外の巨大ショッピングモールができてから、
町中の商店がいくつも姿を消してしまいました。
これまで歩いて買い物をしていたお年寄りたちは、
そうとう困っていることでしょう。

たしかに、娘よ、あそこ行くの楽しいけどさ、
インディーズな店のほうが、もっと楽しいぞ。

え、パパも今日行ったくせにって?

あ、ありゃ、偵察、偵察。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

やがて、かわいい

人間というものは、
産まれた時は、
それはそれは、かわいくて、かわいくて、
多くのひとに、かわいがられます。

成長するにつれ、
いろんなことを覚えて、
いろんなことに興味を持ち、
いろんなことを勉強して、
いろんなことを経験して、
年々、賢くなっていきますが、
年々、かわいくなくなります。

年をとればとるほど賢くなりますが、
いつかは、賢くなくなっていきます。
物忘れから始まり、
テレビのリモコンが使えなくなり……
これは、自然なこと。

かわいく産まれた人間は、
やがて賢くなり、
かわいくなくなるのですが、
やがて、年老いて、
賢さが失われていくにつれて、
かわいさを取り戻すんです。

93歳の祖母を見ていると、そう思います。

人間には、感情と知性の両面があって、
認知症になると、知性が失われていきますが、
感情は残るんだそうです。
それまで知性で抑えられていた感情が出てきたりも。
どんな感情生活を送っていたかが、
晩年の心の状態を決めるんだとか。

夢のかわいい高齢者になるには、
今の感情生活がものをいうわけです。

ケアマネさんによれば、
祖母は理想的なんだとか。

娘よ、おばあちゃんからは目を離せないぜ。

かなりイケてるみたいだぞ。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ダイニング・シアター

今宵も、映画です。

近くのシネコンでは、いいのをやってないので、
DVDをレンタルしてきました。

うちのテレビで観るのも野暮なので、
実家に置きっぱなしだったホームシアターを持ってきました。

娘はソファで、
僕はキッチンの定位置で、
お茶と菓子を用意して、
今、二本目を見ているところ。


お気に入りの古いフランス映画。
もう何度見たかわかりません。
 
ああ、せつない、せつない。

娘よ、もう日付が変わったが……

ま、いっか。

いいな、明日も休みか。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

贅沢な時間

今夜、娘は、一人で映画を観にいきました。
近所のシネコンで。
いよいよ、一人映画デビューです。

僕は遠慮したんです。
「永遠のゼロ」だったもので。

プチ歴女な娘は、
いたく感激したようです。
観たほうがいい、と。

受験が終わった娘は、
毎日、贅沢に時間を過ごしています。
めちゃめちゃ長い距離を歩いたり、
小説を読んだり、
英語の勉強をしたり、
朝寝したり、と。

僕が大学受験を終えたときも、
贅沢に時間を使いました。

夜中から朝まで、
こたつで、テレビゲームをして、
日中は、そのまま、こたつで眠り、
晩ごはんを、こたつで食べて、
祖母とテレビを見て、
祖母が寝たら、また朝までテレビゲーム。

娘よ、パパよりはましな春休みだな。

ははは。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

日曜の終わりのレイトショー

今日は、映画を見てきて、
さきほど帰ってきました。
レイトショー。
娘と。
明日、仕事なのに。

ま、受験が終わった娘は、明日も休みですが。

今日見たのは、テレビドラマを映画化したもの。
ま、ひまつぶしに、と思ってみたら、
けっこう、楽しむことができました。

僕と娘が本当に好きなのは、
登場人物が少なくて、
特撮とラブシーンと殺人がなくて、
うちの中のシーンが多い映画。

娘よ、たまにゃ、レイトショウもいいな。

え、明日も行くって?

おう、望むところだ。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

お知らせ!

キッチン歳時記「睦月」アップしました。

いよいよ、最終回です。
一年間、ありがとうございました<(_ _)>

Love & Peace ・・)v

| | Comments (0)

春の本

さきほど、娘と本屋に行ってきました。

ようやく大学受験が終わったので、
好きな本を読め、と。

今のところ、娘は、受験から解放されて、
なんでも好きな本が読めることがうれしいようです。

よし。

僕も大学受験が終わったとき、
すぐに本屋に行き文庫本を買いました。
芥川龍之介と三島由紀夫。
問題を解かずに読めることがうれしかったのを覚えています。

今日、娘が選んだのは、
TOEFLEの参考書、
新書「平和をつくった世界の20人」
そして、なぜかファッション雑誌。

娘は、明日は朝寝などせず、
図書館まで歩いていって、
好きなものを読むとのこと。

今日はとても寒いのですが、
もうすぐ春が来るようです。

娘よ、ついでに、料理でも覚えたら?

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

星の灯り

もう何度読んだかわからない本、

 星の王子さま

読む度に発見がある、深~い物語。

今日、ふと、点灯夫を思い出しました。

王子さまは、旅に出て、
いくつか星を訪ね、
何人ものへんてこな人に会います。

で、5人目に会ったのが、点灯夫。
その星には一つだけ外灯があって、
小さな星なので、自転が速く、
一分で夜になり、一分で朝になります。
だから、点灯夫は、とても忙しく、
一分ごとに、点灯と消灯を、繰り返します。

 いままでに出会った星の人は、
 ばかばかしい人ばかりだったけど、
 この点灯夫の仕事には意味がある、
 夜空の星のひとつをキラキラさせて、
 夢をつくりだしている仕事だとおもいました。

と、星の王子さまは言いました。

小さな星の小さな灯り、
しかし、誰かにとってはキラキラに輝く。

そんな、星の灯りを想像していました。

ひたすら自分の仕事に打ち込んでいたら、
いつしか、誰かの星になっている。
そんな、仕事をしたいものです。

な、娘よ、仕事ってそういうもんだろ?

ま、まだ早いな。

え、気づくの遅いんじゃないかって?

いやいや、まだ定年まで時間はある。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

たましい

人間、二種類にわかれる
と、やっぱり、思う

魂入ってる人と、
魂入ってない人

そりゃ、魂にも、いろいろあって
スゴいのもあれば
スゴくないのもあるけど
どんなに魂が小さくても
魂入ってれば
すぐ、わかる
簡単に、わかる

たとえ米粒より小さな魂でも
入ってるのと入ってないのじゃ
大きな違い、果てしない違い

やる気あるとかないとか
力あるとかないとか
上手いとか上手くないとか
美しいとか美しくないとか
そういうのはすべて
関係ないみたい

この夜で一番高く売れるものは、
魂だとも思う

魂を売り渡せば、
それなりのカネが手に入る
他のどんなものを売っても得られないほど

一度売り渡した魂は、
もう二度と取り戻せない
どんなに大金を注ぎ込んでも
買い戻すことはできない

もし魂をたまたま持ってたら
絶対に手放しちゃいけない
と、これは確信できる

魂入ってる人
けっこう、いる
魂売り渡しちゃった人
けっこうなんてもんじゃなく、いる

娘よ、魂入ってるか?

え、パパはって?

ま、きくなって

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

ライヴに生きる

LIVEと書いて、
ライヴと読むこともできるし、
リヴと読むこともできます。
ライヴは、生(なま)、
リヴは、生きる。

今日は、ライヴにいってきたんです。
カフェでの弾き語りの。

日々、旅に生き、
日々、魂を歌い、
生きるために歌い、
歌うために生きるミュージシャン。

僕を引率したマブダチは言いました。
「ホンモノはライヴハウスにいる」、と。

一曲目で、撃ち抜かれて、
二曲目で、涙が出ました。

今ここでしか聴けないライヴ、
たった一人で、
たった一つの魂を、
たった一つの楽器と、
たった一つの声で歌う。

ライヴでなければ伝わらないものがあるんです。
そのミュージシャンのCDを聴いても、
決定的に抜け落ちる何かが。

ライヴとは生きること、生きるとはライヴ。
そこには、魂を売り渡さない生き方がありました。

言葉では、とても伝えきれないんです。
ま、今日は、黙ることにします。

な、娘よ、次はつきあえって。

え、何がよかったかって?

だから、説明できないんだって。
そういうものあるんだって。
今ここで見るしかないものがさ。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

見えない自分を見ること

自分では、見えないもの。
それは、自分。

ほとんどのひとは、自分に甘いもの。
だから、頭の中の自分は、
本当の自分より、ずいぶんとイケてるもんなんです。

僕が今より10キロ以上体重が多かったとき、
自分のことを太っているとは思っていませんでした。
だからこそ、太り続けていたのでしょう。

鏡があっても、本当の自分は見えないもの。
ひとは、見たいものだけ見ているんです。
そう、見えてるようで、見えてないんです。

で、歌ったんです。
例の卒業ソングを。
娘が、歌ってみ、というので。

そしたら、ダメだしの嵐。
根本的にJポップを理解してない、と。

自分では、ほぼ完璧、と思っていたので、びっくり。

つくづく、自己認識は難しい、と痛感。

「離見の見」(世阿弥)、
つまり、自分を客観視すること、
これができたら、大したものなのでしょう。

ちぇっ、娘よ、ここからだぜ。

また、ご指導、お願いしたい。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ミスはするもの

人間はミスをするんです。

このごろ、卒業ソングを一曲マスターしようと、
毎日、弾き語りを練習してるんです。

コードは、簡単で、
歌詞も、覚えました。

しかし、一曲通すと、
絶対に、ミスをするんです。
歌詞を間違えるか、
コードを間違えるか、
両方間違えるか、
毎回、違うミスが出るので、対応できません。

今日も1時間以上、
1曲だけを練習したのですが、
結局、ノーミスで弾き語ることはできませんでした。

卒業シーズンまでに、
上手じゃなくても、
せめて、ノーミスで弾きたいものです。

そもそもミスする人間は、
緊張する舞台に立ったら、
間違いなくミスをするでしょう。

オリンピックを見ていても、
一流選手が、まさかのミスをして、
メダルを逃す場面が多々。

金メダルをとる選手は、
一番大事な場面で、
一番緊張する中、
一番のパフォーマンスができるひと。

ハンパないです。
ブラボーです。
明日もきっと寝不足です。

いいか、娘よ、人間、ミスしてからがスタートだ。

しかし、シュフは家事で、
ノーミスでも褒められないけど、
ミスしたら、文句言われる……

ま、いっか。
今に、わかる。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

家族外家族

このごろ、祖母が布団から出てこなかったんです。
寒いからでしょうか。
ちょっと心配だったので、
昨日と今日と、実家に長くいたんです。

ここのところ、ゆっくり時間をとれなかったもので。

今日も祖母は寝ていたのですが、
夕方に布団から出てきて、
兄の世話をしたり、
皿洗いをしたり、
椅子に座って、歌番組を座ってみたり、
と、少し元気になってきました。

父が言うには、
僕が行くと、
祖母は、はりきるんだそうです。

母がいつも祖母の世話をメインでしているのですが、
祖母は一緒に住んでいる母には、
自分の娘でもあるので、
つい甘えて、わがままを言ったりするのでしょう。

一方、一緒に住んでない孫の僕が行くと、
そんなわけにもいかず、
いちおう、客として、もてなそうとするんです。
「よく来たねえ」
「悪いねえ、寝てて」
「ごはんは食べたかね」
「お菓子あるで食べてよ」
「今、起きるでねえ」
とか言って。

うちの外に家族がいるのは、とてもいいこと。

うちは二人家族なのですが、
うちの外に家族的存在のひとがたくさん。
血のつながっているひとより、
血のつながってないひとのほうが多いくらい。
娘は多くのひとに育てられました。
男手一つでなんて、とても無理なので、
ずいぶんと助かりました。

そんな娘も、もうすぐ高校卒業。
僕の子育ても、もうすぐ卒業。

娘よ、少しは恩返し活動に励めよ。

え、パパは何にもしないのかって?

おう、なんか考えとく。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ラブ&ピース、フード&ソング

今日は寒くて外に出る気も起こらず、
実家に行き、ストーブの前で、
ギターの弾き語りの練習をしていました。

祖母も布団から出てきそうもなかったのですが、
とりあえず、テキトーにごはんをつくり、
祖母を起こして、食べてもらいました。
蕎麦とシウマイ。
どちらも好物だったようで、元気になってきました。

「おばあちゃん、歌聞く?」
「ほんなら、歌ってみない」

で、このごろ練習している歌を、
ギターを弾きながら、熱唱しました。
好評だったので、ジュリーの歌も。

すると、顔色もよくなってきて、
テレビでオリンピックを見始めました。

料理と音楽の力、あなどれません。
僕のライフワークのブンガクも立ち向かえないほど。
超高齢者の祖母を、
ブンガクで喜ばせようとしたら大変ですが、
料理と音楽ならば、簡単なこと。

よし、娘よ、明日も歌うぞ、料理するぞ。

え、歌はいらないって?

兄ちゃんは黙って聞いててくれるんだけどなあ。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ラスト弁当

今日、ついに娘の高校の最後の弁当でした。

ま、いつもつくってるような普通の弁当。
ごはん、主菜と副菜に、スープをつけて。

この3年間、
ごはんは、朝、鍋で炊いて、
冷凍食品は使いませんでした。

大変だね、
と、よく言われましたが、
弁当づくりが大変とは思ったことがなく、
毎朝、楽しむことができました。

朝、目覚ましが鳴ると、
布団の中で、朝ごはんと弁当のメニューを考えて、
ひらめいたら、ベッドを出るんです。

弁当づくりは、俳句に似ています。
弁当箱という型が決まっているので、
そこに、ごはんとおかずをはめ込む感じ。

学校に持っていく弁当はもう終わりですが、
娘の高校は家庭学習日に入るので、
置き弁や塾弁は、まだ続きます。

あと何作、新作弁当を作れるでしょう?、
今晩は、メニューを考えながら寝ることにします。

娘よ、弁当づくり、交代するか?

あ、不味そうだから、やっぱいいわ。

ははは。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (2)

雑司ヶ谷のこと

これまで何度も読んだマイ古典
何作かあります。

 ライ麦畑でつかまえて
 ノルウェイの森
 星の王子様

そして、もっとも読んだ回数が多いのは、
夏目漱石の「こころ」

読むたびに、
こんなこと書かれてたっけ、
と発見があります。
本は同じでも、
こちらは同じじゃないからでしょう。

僕が「こころ」を初めて読んだのは中二、
それを、娘に言ったら、
娘も中二で初めて読み、いたく感動していました。

最近も読んだばかり。
いつでも、僕を迎え入れてくれるマイ古典。
読む度に、違う自分に出会え、
まるで鏡のようです。

今日は、娘と東京にいたので、
ちょっと行ってきました。
漱石のお墓へ。
雑司ヶ谷霊園、「こころ」の舞台にもなったところ。
犬の散歩していたご婦人が案内してくれ、
娘と、お墓の前に立ち、手を合わせました。

他にも、
永井荷風、島村抱月&須磨子、小泉八雲……
そんな文豪達のお墓も。
すべてに手を合わせ、帰ってきました。

娘よ、今日は一日、長かったな。

で、そろそろじゃね?

二回目。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!
 

| | Comments (0)

勉強と研究

一つ、後悔していることがあります。
それは、卒業論文を書かなかったこと。
僕の大学は、書かなくても卒業できたんです。

書きたいことはあったので、
ある教授に指導を仰ぎました。

教授の部屋で、
アイディアを言うと、
その根拠は、とすぐ訊かれ、
何か単語を言うと、
その定義は、とすぐ訊かれ、
全然、話が進まないんです。

「君、小説書くんなら、それでもいいだけどね」

これ以上、その教授のところに通うと、
殴ってしまいそうだったので、
卒業論文は、断念。

かわりに、小説を一つ書いて、
僕の卒業論文ということにしました。
もちろん、教授には見せませんでしたが。

高校までは、勉強するところ。
大学からは、研究するところ。
勉強は、答えがあって、先生が教えてくれますが、
研究は、答えがなくて、誰も教えてくれません。

ずっと問いを抱え、
ずっと答えを探り、
もがき続け、
やっと答えが出たと思ったら、
すぐに次の問いが出てくる。

たとえ答えが出なくても、
そんな経験をしたら、
後の人生も変わってくると思うんです。

だいたい、人生なんて、永遠の問い。
人の数だけ、答えがあって、
どれも正しかったり、どれも間違いだったり。

娘よ、人生と書いて、研究と読むんだぞ。

さ、研究のために、さっさと勉強終わらせようぜ。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

なんとかならんら

「なんとかなるら」
とは、語尾に「ら」をつけるここの方言で、
なんとかなるだろう、という意味。

最近、気がついたのですが、
デキる人たちは、たいてい、
「なんとかなるら」なんて思わず、
心配性で、用意周到。

しかし、デキるひとたちも、
事前に、あれこれ心配が多すぎたり、
現場で、予定通りいかなかったり、、
と、ストレスが貯まるようです。

そう、僕とは真逆。
もう、感謝の言葉しか思い浮かびません。

僕は「なんとかなるら」が口癖で、
これまで、だいたい、なんとかなってきたんです
運がよかったり、まわりに助けられたり。

また、なんとかなりそうもないときは、
当初の計画を変更し、
時には目標を下げ、
足りないものは現地調達して、
いきあたりばったりじゃなく、
つまり、臨機応変に、
結局、なんとかしちゃうことも、多々。

僕が書く文章は、いつも、
一行先は、何を書くか決めているけど、
二行先は、いつも未定。
これで、20年、書いてきました。
ブログも10年以上くらい。

ま、いまさら、変えられないので、
これからも、これでいきます。

デキる方々、今後もよろしくお願いします。

だから、娘よ、パパのふり見て我がふりなおせ、よ。

ったく、ダメなとこばかり似るんだものなあ……


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

今年の恵方

ふと、父の年を数えてみたら、
もう75歳になっていました。

で、未だに、現役。

僕は教師で、
75歳の教師など見たことないので、
それは、スゴいことだな、と感心。

教師など、定年後は大変。
突然、目の前から、生徒がいなくなり、
もういばれなくなるのですから。

今日は、節分ということで、
父に恵方巻きをつくってもらいました。
採算度外視具沢山太巻き。
タダで。

恵方巻きブームのおかげで、
両親の店は一日にぎやかだったようです。

それにしても、娘よ、なぜ太巻き食べれない?

そのアボカド巻きで、福を呼べるのか?

で、今年の恵方はどっちだ??

食べてからじゃ、遅いか……

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ケアメンな日々

送ったように、送られる。

これは、僕の持論。

以前、ある童話を読んだんです。

おじいちゃんが、ごはんをいつもこぼすので、
嫁が、食器を飼い葉桶に替えたんです。
すると、翌日、嫁の息子が、木で箱を作り始めました。
嫁が、何をつくっているか、ときくと、
おかあさんのために飼い葉桶をつくっている、と。
それから、嫁はおじいちゃんにやさしくなったというオチ。

人生の前半、
僕は自分のために生きてきました。
欲望の赴くままに。
その生き方に、もう飽きちゃったんです。

自分の欲望なんて、
充たしたところで、
また新しい欲望が生まれるだけ。
そう、きりがないんです。

12年のイクメン時代もほぼ終わり、
いつしか、ケアメン時代に突入。

最近、一人暮らしの女性に積極的に声をかけます。
「男手欲しいときは、言ってね」
そう、僕もオトコ、多少の重いものは運べるんです。
お年を召した女性は、とても喜んでくれます。

僕がシングルファーザーになったとき、
いつでも頼りにしていいよ、
と近所のママさんが声をかけてくれたんです。
頼れるひとが近くにいるとわかるだけで、
とても心強かったことを覚えています。

ま、結局、ケアメン活動も、
自分のためのことなのですが。

 送ったように、送られる
 だから、
 送られたいように、送る

弱者にやさしい社会をつくることは、
結局は、年老いて弱者になる自分のため。

ま、娘よ、たまにゃ、パパもデートするけどな。

ははは。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

忘るべからず

初心、これは今年のテーマなんです。

ほぼ毎日ちびちび読んでいる禅の本に、
初心が一番大事と書いてあったので。

ひとは、調子に乗るもの。
何かをする前のドキドキや、
ピュアな心を忘れちゃうんです。
で、何かを成し遂げると、ドヤ顔に。
こうなったら、たいてい、すべてが終わります。

 初心忘るべからず

これが世阿弥の言葉だったとは知りませんでした。
ご存じ「風姿花伝」を書いた伝説の能役者。

幼児期から老年期まで、演じる能。
その年代ごとの演じ方があるんです。
幼児期は、初々しく、
青年期は、稽古に励み、
中年期は、さらに芸を極め、
老年期は、無理をせず、無駄を省き、
老年期にしかできない芸を見せる。

世阿弥のいう「初心」とは、
新たなことに挑戦するときの心構えのこと。
何歳になっても、新しいことに挑戦する気持ちを持て、と。

なるほど。

最近、ギターの練習をしてるのですが、
まさに「初心」忘れるべからずです。
音符は未だ読めませんが、
指先はカチコチになってきました。

よし、娘よ、今日は楽譜を買ってきたぞ。

おばあちゃんにも初心を持ってもらって、
デュオに挑戦だ。

ま、人生には初心しかないから。

え、飽きっぽくて、新しもの好きなだけだって?


だから、今度は続くって、見てろって


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

目が開いているかぎり

見せ方は、見せるものに劣らず、重要、
だと思うんです。

いいモチーフさえあれば作品ができるほど、
芸術は甘いもんじゃないんです。

水にぽちゃんと何かが落ちる音を聞いて、
芭蕉は、「古池や」の名句をつくりました。

大したものじゃなくても、
見せ方しだいて、芸術になることも。

逆に、どんなに凄いものでも、
見せ方が悪ければ、
誰も見向きもしないことも。

文学で一番大事なことは、
「ものの見方」なんだとか。

そこらに落ちている物も、
芸術家の目を通して見れば、
作品に昇華することも。

何気ない日常も、
作家が綴れば、
文芸作品になったりも。

 美は、見つけた者の創作である。

そう、美は、誰かにもらうものじゃなく、
自分の目で見つけてくるもの。

娘よ、ああ、忙しい、忙しい。

目が開いてる限り、芸術なんだからさ。

芸術至上主義万歳!


だから、芸術至上主義は、家訓の一つだぞ。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

« January 2014 | Main | March 2014 »