« December 2013 | Main | February 2014 »

ニッチな仕事

自分が必要とされる仕事をつくりだせ、
とは、僕が好きなコトバ、
マーフィーの法則の一つ。

仕事というものは、
一番長く働くひとが、
えらいんじゃないんです。

一番たくさん仕事をするひとが、
えらいということもないんです。

だいたい、仕事でえらいとかえらくないとか、
あまり意味のないこと。

いばりたくて、
または、カネがほしくて、
えらくなりたいひともいるようですが。

ニッチを探さなくちゃいけないんです。

ニッチとは、

生物学的には、「生態的地位」
つまり、生態系の中で生き抜くための、
自分だけの居場所。

ビジネス的には、「特定市場分野」
つまり、他社が進出していない市場の隙間。

僕は毎晩ごはんをつくるために、
あまりサービス残業しないで、
多くの同僚より早く帰るのですが、
職場でニッチを見つけられるかどうかは、
職場にいられるかどうかの大変な問題。

先日、ボスに褒められたんです。
僕のクラスの不良生徒が、
テキトーに放置しているうちに、
勝手に立ち直り、
進学先もきまり、卒業のめどがついたのですが、
そのことを評価したようなんです。

「いや、僕は何もしてませんから」

これは、謙遜でもなく、本当のこと。

「いやいや、一人を救わなくては、二人目は救えませんから」

と、ボスは熱く語るんです。
本気で褒めているようでした。
本当に何もしてないのに、です。

教師らしくない教師の僕の仕事は、
そう、生徒らしくない生徒の担当。
どうやら、これが、僕のニッチなようです。

後で、その不良に、
ボスに褒められた、と報告すると、
自分のおかげだから、感謝しろ、
と言われてしまいました。

娘よ、自分が必要とされる仕事をつくりだせ。

ま、パパはボスに褒められたけどな、ははは。

だから、テキトーに放置するのは、高度な教育法なんだって。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

カウントダウン弁当

今日は、僕の学校では、
三年生最後の一日授業の日。
明日からは、半日授業が少しで、卒業式。

つまり、僕の教え子達は、
今日が最後のお弁当だったわけです。

「弁当バッグにお礼の手紙でも入れとけよ」
と、担任のクラスの生徒達には言いましたが。

僕は高校時代、外食派だったんです。
市街地に高校があったので、
昼休みは抜け出して、
500円で食べられるところに行きました。
お好み焼き屋、大衆食堂、ラーメン屋など。

一番好きだった店は、お好み焼き屋。
いつもの、と言って、注文していました。
しょうゆ味の焼きうどんとライス。
休み時間に電話して予約しておいて、
昼休みが始まると、走っていきました。

食後は、午後の農業実習に備えて、一服。
タバコは、名前を書いてキープしていました。

僕が、弁当はいらない、と言うと、
夜も店で働く母は感謝していたのですが、
実は、母の弁当が嫌いだったんです。

今、当時の馴染みの店は、
すべてなくなってしまいました。
さみしいかぎり。

娘よ、うちの弁当もカウントダウンだなあ。

さみしいかぎり。

冷凍食品、3年間、一度も使わなかったぜ。
話題の毒入り冷凍食品、うちは関係なかったな。
ははは。

え、明日の弁当何かって?
そんなの明日の朝にならなきゃ、
ひらめかないんだって。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

今、思う

今、行きたいところといえば、
いつか行ったところばかり。

今、聴きたい曲といえば、
いつか聴いた曲ばかり。

今、食べたいものといえば、
いつか食べたものばかり。

今、欲しいものといえば、
特に思い浮かばず、
ただ持ってるものが壊れないことを祈るばかり。

今、したいことといえば、
特に思い浮かばず、
この日常が続くことを祈るばかり。

今、してもらいたいことといえば、
特に思い浮かばず、
自分でできることをずっとしたいだけ。

いつも、こんな気持ちなわけではないのですが、
ここのところ、そんな気持ちが続いています。

幸せとは、幸せかどうか考えないことかもしれません。

娘よ、これから、いろいろ待ってるぞ。

新しい出会いや新しい発見が、さ。

楽しみだな。

Love & Peace ・・)v

| | Comments (0)

光で影をつくること

どんなものにも、光と影があります。

光のことを話しているときには、
影のことは話すことができず、
影のことを話しているときには、
光のことを話すことができず……、

つまり、言葉では、どんなものも、
うまくとらえることができないんです。

それでも、日々、言葉を紡ぎ続けるのが人生。

そう、だから、時には、
沈黙する必要があるんです。
光も影もまるごと受け入れ、
じっとして。

照明は、
光をつくるものではなく、
影をつくるもの。

そんなことを聞いたことがあります。
隅々まで明るい日本の室内では、
それは理解しにくいのですが、
居心地のいいホテルルームなど、
天井に蛍光灯なんてなく、
シェード付きランプで、
照らしつつも、影をつくっているんです。

書いてないけど、書いてある。
そんなコトバを見つけたいものです。

書いてあるけど、書いてない。
そんなコトバが多すぎます。

娘よ、今日、パパは沈黙する。

…………。

え、眠いだけのくせにって?

だから、昨日、東京で歩きすぎてつかれたんだって。


(あくび)


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

東京散歩

今日は、会合でに上京したのですが、
会合の前に時間があったので、
学生時代、住んだ町を訪ねたんです。

小田急線千歳船橋駅で降り、
住んでたアパートを見にいきました。
当時、エアコンなし、西向き、夏は灼熱地獄、
多少、改装され、きれいになっていましたが、
住民はまだあの夏の西日
に苦しんでいるはず。

ひと駅歩いて、祖師ヶ谷大蔵駅へ。
駅南から改札のある駅北へに行くには、
よく踏切に邪魔され、電車を逃したのですか、
今は高架駅になり、踏切もなくなっていました。

お金にちょっと余裕があるときは、
裏路地の小さな洋食屋に行ったんです。
2階席の窓際が指定席、
白馬に乗る美女の油絵がかかっていて、
その絵を見ながら料理を待っていたら、
同じ顔の女性が料理を運んできて、
めちゃめちゃ驚いたのを覚えています。

その場所には、小さなフレンチ風ラーメン屋が。
おなかが空いたので、そこでランチ。
とても美味で驚きました。

その洋食屋、キッチン・マカベというのですが、
表通りに、大きくなって、移転していました。
まだ白馬の女性はいるのか気になりましたが、
ここで、思い出散歩は終了。

祖師ヶ谷大蔵には、なんと、温泉があるんです。
それは、次回の楽しみにとっておくことに。

とにかく今日は、よく歩き、疲れました。
今、帰りの電車に乗っているのですが、
あの頃アパートで歌ったフォークソングが、
まだ頭の中でエンドレスに流れています。

よし、娘よ、ギター弾いて歌うか。

え?

はいはい、やめときます。


Love&Peace・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

つらいことがあっても

先ほど、歌ってきました。
実家で。
フォークギターを弾いて。
母も歌って、兄も大喜び。

人間は、つらいことがあって、
ちょっと休むと、
その間に、
同じことが起こっても大丈夫なように、
前より強くなるんです。

そう、超回復。

昨日、ギターの練習を休んだんです。
ちょっと鍋パーティに呼ばれてもいたもので。

指先が痛かったんです。
だから、あまりたくさん弾けなかったんです。
しかし、昨日休んでいた間に、
指先が超回復して、硬くなったんです。
で、今日はギターをいつもよりうまく弾け、
母まで歌ったというわけです。

人生は、
つらいことがあって、
ひと休みして、
超回復の繰り返し。

な、娘よ、つらいこともなくっちゃな。

一曲、やるか?

ああ、まだ、いいか……

Love & Peace ・・)v

 今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

大器晩成、間に合わず?

なんでも前々から始めるひともいれば、
なんでもギリギリに終わらせるひともいます。

ま、僕は後者ですが。

正反対の前々派とギリギリ派が一緒に仕事をすると大変。
ギリギリ派がなかなか動かないので、
前々派は、いらつき、
結局、待ちきれなくなり、
ギリギリ派の仕事もやってしまい、
二人分働くことになるんです。

こうして、前々派の負担は増え、
一方、ギリギリ派は仕事が減り、
さらにギリギリにならないと動かなくなるんです。

よくあるんです。
これが。

だから、
職場では礼儀正しく、
ひとの話は心して聞くようにしています。
時に、どこかに行ったら、お土産を買ってきたりも。

社会は、前々派のおかげで成り立っているので、
感謝の念と尊敬の気持ちは忘れたことはありません。

娘よ、この言葉、知ってるか?

 大器晩成間に合わず型

頼むよ。
大丈夫か??

え、パパこそ大丈夫かって?

 パパはパソコンを使うんじゃなくて、
 パソコンを使うひとを使うのが仕事

そんなこと言ってたくせにって?

言ってない、言ってない。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

やさしいアナキズム

このごろ、誕生日にもらった古本を読んでいます。
40年くらい前の「アナキスト」という本。
アナキストの歴史が分かりやすく書かれています。

僕がツッパリ少年だった頃、
「亜無亜危異」というバンドを崇拝していて、
バンドを組んでコピーもしました。
その古本をくれたマブダチと。
そのバンド、アナーキーと読むんです。

以来、ずっとアナキスト。

僕にとってのアナキズムは、
無政府主義というより無強権主義、
自分のことはできるだけ自分でして、
誰にもいばらせず、
誰にもいばりもせず、
人間関係をヨコにしよう、
というスタンス。

 カネで操る奴もいなけりゃ、
 操られる奴もいない。

そんな「アナーキー・シティー」が理想。
亜無亜危異の歌にあるんです。

1 地元の小さな店で買い物をする
2 庭で育てる
3 自給自足体制を整える
4 子どもを守る
5 自然療法を使う
6 独学する
7 家族最優先
8 テレビを消す
9 自然に帰る
10 お互いを無条件で愛する

最近、ネットで見つけた「アナーキーな生き方」
実に、とっても、ラブ&ピース。

娘よ、うちは10点中何点だ?

7点はいくな。

しかし、このごろ、パパにいばりすぎじゃね?


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

活動的生活

継続は力なりとは言いますが、
たいていのことは継続しなくては、
ものにならないもの。

たとえば、活動と生活。

活動というのは、
その最中は盛り上がるのですが、
時間が経つと、終わってしまいます。

僕も活動家として、
はりきっていたこともあったのですが、
結局、ワーク・ライフ・バランスを崩し、
活動はやめて、シングルファーザーとして、
生活に専念することに。

生活は、生きている限り、継続します。
料理、掃除、洗濯、育児、介護……
衣食住を支える家事に終わりはありません。

思想があって、活動があるのですが、
思想が生まれるところは、生活の中。
生活を離れての活動は、インチキ、
地に足がついてないので、共感は得られないでしょう。

活動を継続する一番の方法は、
活動を生活の一部にすること。

幸い、ネットのおかげで、
家事の合間に、
キッチンでパソコンを打てば、
簡単に世界につながるんです。

世界の半分はうちの中にあるので、
家事をしないと、
世界の半分は見えません。

生活のための活動、
活動のための生活、
生活か活動か、どちらかを選ぶなら、
迷わず、生活。
そう、活動的生活家。

だから、娘よ、キッチンのチェ・ゲバラと呼んでくれ。

え、本当にそう呼ぶ、って?

ま、時と場合も、いちおう考えてくれ。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

NO MUSIC NO LIFE

このごろ、毎晩のように、
BS放送で、歌番組をやっています。
歌詞の字幕付きで。

祖母は布団の中で、
イヤホンをつけて、
一緒に歌ったり、
拍手をしたりしています。

兄も喜んで見ています。
好きな歌が流れると、
体を揺らして。

音楽はスゴい、と思うんです。

僕のライフワーク、文学は、
祖母も兄も楽しめそうにないので、
よけいに、そう思うんです。

外国文学なら、
翻訳しなくては楽しめないのに、
外国の音楽は、
翻訳なんて必要なし。
たとえ、ドイツ語が分からなくても、
「第九」の偉大さは、充分、魂に伝わります。

やはり、音楽は、ブラボーです。

娘よ、パパは指の先が痛いぜ。
毎晩、ギター練習してるからな。
兄ちゃんは、いつも、おとなしく聴いてるぞ。

この指先が硬くなったら、
もうパパの歌は誰にも止められないぜ。

ああ、指先、痛っ。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ハッピーなお仕事

幸福学、テレビで観ました。
今回は、仕事がテーマ。

①愛より金が大事
②愛も金も大事
③金より愛が大事

どれが一番幸せか?

ま、予想通り、③→②→①の順。
GNPが日本よりずっと少なくても、
国民の幸福度が高い国はたくさんあるんだとか。

では、仕事とは?

①ジョブ 金を稼ぐ手段
②キャリア 出世のための手段
③コーリング 天職 社会に貢献する手段

仕事には、この三つの種類があるそうです。
同じ仕事でも、その都度、感じ方が変わることも。

幸福度が高い仕事は、もちろん、③。

たとえば、病院の清掃員。
ただ、金や出世のためでなく、
病院をきれいにすることで、
患者の健康を衛生面で支える、
と使命を感じれば、③になり、
ハッピーな仕事ということになります。

なるほど。

どんなにがんばっても、給料は増えず、
出世は無理なので、望んだこともなく、
日々、世界ラブ&ピース化のために、教壇に立ち続ける。

どうりで、僕がハッピーに働けたわけです。

娘よ、今日もストレスとたたかって働いてきたぜ。

え、毎日、女子高生と放課後、
バドミントンして遊んでるくせにって。

だから、それも世界ラブ&ピース化の一環だって。

Love & Peace ・・)v」


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

マイナスはプラス

たいていの失敗は、
しばらく経つと、
あのとき失敗しといてよかったな、
ということになるんです。

ま、失敗の多き我が人生のことですが。

たとえば、高校受験や結婚で、
僕は失敗したのですが、
失敗してよかったな、
と心の底から思うんです。

今のマイナスは未来のプラス、
今のプラスは過去のマイナス、
で、だいたい、プラスマイナスゼロに。

プラスマイナスゼロで、
プラスの方にスポットライトを当てれば、
人生はハッピーなんです。

それで満足できなかったら、
執着しすぎというものです。

今日、マブダチと、生の「第九」を聴いたんです。

 苦悩を突き抜け、歓喜に至れ

聴力さえ失ったベートーベン、
そのマイナスの底はさぞ深かったのでしょう。
ゆえに天にまで昇るプラスを産んだのです。

ブラボー(スタンディング・オベーション)!

娘よ、いつか、オケで、第九をバイオリン弾いてみ。

え、パパはって?

今、ギターで忙しいんだって。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ちょっとだけれど…

カレーライスは、
カレーとライスでできてるわけじゃないんです。

そう、福神漬けがなくては、
カレーとライスは、
カレーライスにはなれないんです。

もし、福神漬けが、
カレーとライスと同じ量入っていたら、
それは、食べられないでしょう。
ちょっとだから、いいんです
ちょっとだけれど、なくては困る存在。

だから、娘よ、パパは福神漬けを目指すことにした。

仲間に入るか?

だから、あえて少数派なんだって。
相手にされてないわけじゃないぞ。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (2)

常に及ばざる

 過ぎたるは及ばざるがごとし、

とは、論語の中の言葉なんだとか。

ところが、家康は言いました。

 及ばざるは過ぎたるより勝れり、

と、さすがは、
264年も戦争しなかった幕府の礎を築いた方。

どこからがやりすぎか、
これを見極めるのは至難のワザ。

たいていのことは、
最初、やればやるほど、評価されますが、
そのうち、やってもやっても効果が出ず、
ついに、やればやるほど、迷惑になることも。

 やりすぎは、効果があがったとしても、有害である。

とは、僕の好きなマーフィーの法則。

なるほど。

ま、大きな夢を持って、
生涯「及ばざる」状態でいるのも、
いいものだとは思いますが。

な、娘よ、パパは生涯を、
世界Love & Peace化に費やすぞ。
止めるなよ。

ま、お仕事は、やりすぎないように気をつけるけどさ。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

探しもの

いつも、探しているんです。

 「もっと楽な方法が必ずある」からです。

僕は、仕事では、
楽をするために、労を惜しまないタイプ。

すぐれたブンガクには、
答えはないんです。
ただ問いがあるだけ。
だから読了しても物語は終わらなくて、
その問いの答えをずっと探し続けるんです。

とにかく、いつも何かを探しているんです。

もっと美味しい料理はないか。
もっと感動するものはないか。
もっと楽しませる方法はないか。
もっと、もっと、もっと……

探しに探して、
ようやく見つけたと思った瞬間、
気持ちが冷めてしまうことも多々。
で、また何か他のものを探し始めるんです。

ショッピングも、
買うまでいろいろリサーチするのが楽しいんです。
商品が届いた瞬間、
なぜそんなに欲しかったのか不思議になったりも。

 山のあなたのなお遠く幸い住むとひとの言う……

そう、人生とは、
問いに答えるのではなく、
問いそのもの、
答えを探し続けること。

で、娘よ、パパの日記帳と手袋知らね?

昨日まで、あったんだよなあ。

え、うちが散らかってるから、
いつも探し物ばかりしてるって?

うるさいっ、だから財布と日記帳、見たかってきいてるんだって。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

帰ってきたギター

昭和の若者の部屋には、
たいてい、フォークギターがあったもんです。
もちろん、僕の部屋にもありました。

近所の楽器屋に通い、
店員のお兄さんに教わったんです。
フォークソングのアルペジオ奏法。

僕にとっての楽器は、
女子の気を引くための道具。
動機が不純なだけに、よく練習しました。
自作の歌をカノジョに捧げたことも。

時代は、平成に変わり、
僕は故郷を出たのですが、
フォークギターを持っていき、
アパートで、歌ったものです。
恋人が来ると、一緒に歌ったりも。

熱血青年教師の頃は、
教室にギターを持ち込み、
英語の歌を歌ったことも。

もう10年以上その存在を忘れていたギター、
今日、帰ってきました。
先日、楽器屋で修理をお願いしておいたんです。
急に、また弾き語りしたくなったもので。

さっき弾いたら、
ぜんぜん弾けなくて、びっくり。

唯一、指が覚えていたのは、
初めて弾いたフォークソング、
日本の名曲、「神田川」

今、指先が痛いんです。
練習するうちに、また指先が硬くなり、
昔のように弾けるようになるでしょう。

な、娘よ、楽しみにしてなって。

なんなら、教えてやるか?

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

マイ・ゾーン

集中して勉強する一つの方法。

 マイ・ゾーン

机の上に、ペンなどを置いて、
ノートを開いたくらいのスペースをつくり、
そこをマイ・ゾーンとして、
その中しか見ない。

ひとは目に入るものに影響されやすいもの。

だから、まわりの視覚情報をシャットアウトできれば、
勉強に集中できるというわけです。
さらに、試験会場で、すぐにマイ・ゾーンをつくれば、
初めての環境でも、まわりをシャットアウトして、
いつものように集中できるようにも。

今日、ちょっと、仕事中、試したみたら、
集中、できること、できること。
決して広くないマイ・ゾーンですが、
その深いこと、深いこと。
やがて、目の前の世界が広がっていくように思えました。

不思議に、世界観は、
あえて狭くすることで、
深まり、、そして、広がるんです。
世界の広さは、面積だけじゃ測れないんです。

今や、人生のほとんどを、
キッチンで過ごす僕ですが、
以前よりマイ・ワールドが広がっているのは確か。

娘よ、マイ・ゾーンやってみ。

健闘を祈る。

パパもやってるぞ。
今、パソコンだけしか見てないから。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

プランA

お気に入りの英語のフレーズ。

 If "Plan A" doesn't work out,
Don't worry,
You still have 25 letters left.

 もしプランAがうまくいかなくても、
 心配するな。
まだ25文字残っている。

ちょっと笑ってしまいますが、
実に、深いコトバ。

もしプランAがうまくいかなかったら、
もう一回A、それでダメなら、さらにA,
それでもダメなら、本気でA、みんなでA、
無限のAのバリエーション。

こうなったら、笑えなくなります。
実は、よくあることだったり。
 
長年、Aでうまくいっていたのに、
最近、どうもうまくいかなくなったら……

ふつう、Aはやめちゃって、他の方法を探るんです。

ところが、
みんなAでがんばってるのに、
アイツだけAをサボってる、
と、見られがち。

ここが、難しいところ。
たまには、Aを貫いて、
うまくいくこともありますから。

でも、Aでずっとうまくいっているように見えるひとは、
実は、他の人が気づかないところで、
そのAを微調整して、
バージョンアップし続けてるものなんです。

今年は、非Aのよりよい方法を、
いろんなところで見つけたいと思っているんです。

な、娘よ、パパはいつもサボってんじゃないぞ。
サボってるように見えるけどさ。
ああ、毎日、忙しい、忙しい。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

ブリコラージュ的人生

ものをつくる方法は二つ。

設計図をもとに、
材料を集めて、
ものをつくりあげる。

もう一つは、
ありあわせの材料でテキトーに、
ものをつくりあげる。

前者は、エンジニアリング。
後者は、ブリコラージュ。

今日はカレーをつくろう、
と、スーパーで食材を買い、
ルーの箱の裏の指示通りにつくる。

そんなエンジニアリング的な料理もあれば、
うちにある材料で、知恵を絞って、
シュフ魂込めて、つくる料理もあります。
こちらは、ブリコラージュ的な料理。

ちょくちょく有機野菜をお取り寄せするのですが、
どんな野菜が入っているかもわからず、
見たことのない野菜が入ってることもあり、
ちょっとした挑戦状のような感じなんです。
この野菜を食べきるシュフ魂を持っているのか、
と、大地からの使者に問われているみたいで。
これが、また楽しいのですが。

さて、
計画通りにいかないのは、
もちろんのこと、
材料がすべて揃わないことも、
人生においては、よくあること。

幸せも、そう。
今、ここにないものを嘆くより、
今、ここにあるものに感謝したほうが、
ずっと簡単に幸せをつくれるでしょう。

ブリコラージュ能力、なかなかの能力。

娘よ、食材買い出しなんか行かなくても、
うちにあるものをテキトーに料理すりゃ、
三日くらいはヘイチャラだぜ。

ははは。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

幸福を買いに

今日は、途中下車した同志と、
駅の近くの居酒屋でトーク。
名物おもろ(豚足)が看板メニューの店。

僕は昨日の革命児芭蕉を力説。
同志は幸福を買う方法を教えてくれました。
テレビで観たんだとか。

その方法は3つ。

①経験を買う。

 どんなに高いモノを買っても、
 もっと高いモノがあって、
 ちぇっ、となるんです。
 ところが、経験は比較できないもの。
 だから、モノより思い出。

②ごほうびを買う。

 たとえば、ごちそう、
 何か特別な時だけ、
 ごほうびに、ごちそういただくんです。
 もし、毎日、ごちそうだったら、
 ごちそうもごちそうじゃなくなるでしょう。

③他人のために投資する。

 自分のためだけにカネを使い続けると、
 むなしくなるものです。
 他人のためにカネを使い、
 喜んでもらうほうが満足度は高いはず。

なるほど、いいことを聞きました。

この居酒屋の料金は、
同志とのトークという経験と、
ひさしぶりの再会を祝したごちそう、
つまり、①と②への投資。

割り勘だったのですが、
僕は同志のために払い、
同志は僕のために払い、
③にも投資することができました。

娘よ、パパは幸福を買ってきたぞ。

え、ただ居酒屋行っただけのくせにって?

ま、卒業したら連れてってやるって。

だから、連れてってやるって。

遠慮するなって。

 
Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (2)

芭蕉の革命

昨日たまたまテレビをつけて、
松尾芭蕉を紹介する番組を観たんです。

 古池やかわず飛びこむ水の音

この俳句は、斬新で、革命的だったんだとか。

蛙を詠むのなら、鳴き声を描く。
千年続く王朝文学では、それがお約束。
さらに、蛙がきたら山吹とも決まってたんです。
だから、はじめは、「山吹や」とすべき。
蛙は、清流に鳴く蛙と決まっていたのですが、
芭蕉の蛙は、そこらの雨蛙。

革命児芭蕉は、
王朝文学に反旗を翻し、
その呪縛から文学を解放したんです。
その後、文学は我々の手のもとに。

芭蕉が、美の在処を、
日々の生活の中に見つけたおかげで、
我々の生活が詩になったんです。

また、新たなライフスタイルも呈示。
「旅に生きる」とは、
所有財産や地位に執着しないで、
生涯を美の発見に費やすこと。

芭蕉、カッコよすぎです。

芭蕉は、うちの中で、水の音を聞きました。
そして、いつか見た池を思い出したんです。
音から心象を描くという技法は、
その時代、前人未踏の大技。

日本人の美意識に、
大きな影響を与えた芭蕉、
ブラボー(スタンディング・オベーション)!

娘よ、芭蕉はな、革命を起こしたんだぞ。

え、その後の化政文化は町民文化になったね、って?

お、勉強してるな。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

いい子問題児

ちょっと心配な教え子たちがいるんです。

学校というところは、
校則を守って、勉強ができれば、
「いい子」ということになり、
ほめられることはあっても、
叱られることはなく、
卒業することができます。

一方、「悪い子」は、
もちろん、悪さに程度はありますが、
いろんな先生に叱られたり、慰められたり、
たくさんコミュニケーションをとって、
卒業するまでに大きく成長するんです。
その過程で、先生もいろいろ学ぶことも。

どっちが得かといえば、
やはり、「悪い子」でしょう。
先生の記憶にもよく残るし。

一方、手のかからない「いい子」は、
あまりコミュニケーションもとらないので、
先生にも忘れられてしまうでしょう。

僕も、当然、悪い子でしたから、
叱られたぶん、
恩師もよく覚えていてくれて、
大人になった今でも、
かわいがってくれるんです。
つくづく、悪い子でよかったな、と。

僕が心配なのは、「いい子」たち。
入学以来、年齢と学力以外、
あまり変わることはなく、
大きな忘れ物をしたまま卒業する気がするんです。
それは、先生たちの忘れ物でもあるんです。

僕のクラスの生徒たちも、
今、受験真っ盛りで、
それが終われば、すぐ卒業。

Better late than never.
遅くなっても、何もしないよりまし。

明日は「いい子」に話しかけることにします。

娘よ、いっぱい叱られて、得したな。

パパは肩身の狭いときもあったけどな。

ははは。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

寒さにも負けず、冷えにも負けず

寒い日が続いています。

ついに、我が家は、
暖房を使わないまま、
年を越してしまいました。

娘が、暖房断ちしたもので。

うちにあるのは電気の暖房。
セラミックヒーター2台と、
オイルヒーター1台。
毎冬、けっこう電気代がかかていたのですが、
それらを使ってないので、
先月の電気代は、昨年の半分以下。

我慢した甲斐がありました。

上から、ニット帽、ネックウォーマー、指出し手袋、ダウンジャケット、
下半身は、毛布スカート、レッグウォーマー。
そして、足湯たんぽ。
通販生活で買いました。
もともとは祖母のだったのですが、
使わなくなったのでもらってきました。
で、今、僕の足は、ぽっかぽか。
両足そろえて、すっぽり入る一本足の大きな靴のような形。
かなり効果があるので、娘と交代で使います。

寝るときは、ふつうの湯たんぽを使います。
プラスチックのウォーターボトルに湯を入れて、
哺乳瓶用の保温袋でくるみ、
寝間着の胸のあたりに入れておくんです。
これが、実に効きます。
湯は朝まで温かいので、朝のお茶に再利用。

寝る前にヨガもします。
全身の血流をよくすれば、
温まるかな、と。

いろいろ工夫して寒さ対策するのも楽しくなってきました。

しかし、娘よ、毎晩、布団乾燥機で布団温めるのズルくね?

ちぇ、受験終わったら、毎晩、こたつで寝てやる。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

短期決戦か長期決戦か

ある組織がうまくいかなくなったら、
リーダーをクビにして、
さらに指導力のあるリーダーを連れてくる。

それも、一つの方法でしょう。

有名な心理学実験。

ある人が、クイズに答えている。
その人が間違うたびに、
電気ショックを与えるボタンを押す。
そのショックは、毎回、強くなっていく。

Aには、 責任は上の者が取る、と言う。
Bには、 自己責任でボタンを押してほしい、と言う。

Aの場合、
間違いの度にショックの強度を上げ続け、、
しまいには、致死レベルも超えてしまうそうです。

Bの場合は、
途中で、ボタンを押せなくなってしまうそうです。

つまり、
上に責任があれば、ひとも殺せるが、
自分に責任があれば、ひとは殺せない、
ということ。

さて、我らが県知事、
我々教職員のリーダー教育長に、
文部科学省の官僚を招きたいようです。
今までは我々教職員の中から選ばれていたのですが。

上が強力なトップダウンの組織は、
短期決戦には強いんです。

一方、
みなが対等のボトムアップの組織は、
徐々に団結が生まれ、
長期戦になると、こちらのほうが強くなるんだとか。

教育というものは、たとえば、
受験直前集中講座のようなものとは違います。

先の見えない長い道のりを、
ずいぶんと歩いていき、
まったく違う自分に出会うこと。

そう、教育とは長期戦。

ここがわからないエラいひとが多いので困っちゃうんです。

まったく……

で、娘よ、受験直前集中講座、学校で始まるんじゃね?
先生の言葉一つが一点だと思って、受けてこい。

え、教育は長期戦とか言ってのにって?

うっさい、もうそんな時期じゃないっ。


Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

オスソワケ

東京都知事選挙候補の一人の言葉。

 弱者が権力を握ろうとしています。
 弱者救済が行きすぎると社会はどんどん駄目になります。
 国を作ってきたのは時の権力者と金持ちです。
 言葉は悪いが貧乏人はおすそ分けに預かって生きてきたのです。

彼はとても正直な人だと思います。
心の底からそう信じているのでしょう。
だから、悪いともなんとも思わず、
ツイッターで、そうつぶやいたのです。

アベシンゾーたちも、
同じことを思っています。
ただ正直に言わないだけで。
権力者の家に生まれ、
弱者にオスソワケしてやるために、
自分たちがトップダウンで国を支配すべき、
と、信じているんです。

さて、今朝も、お餅をいただきました。
餅入り雑炊にして。
ちょっと足りなかったので、
黄粉餅も。

まだ残るお餅は、
正月が終わった悲しさを、
和らげてくれます。

実家では、正月のお餅を買ったことがないんです。
毎年、餅つきをしたお宅から、オスソワケしてもらうんです。
そして、僕はオスソワケのオスソワケに預かっているんです。
杵でついたお餅の雑煮は、
たとえ具が白菜だけでも、とっても美味。

このオスソワケは、
決して、権力者や金持ちからのものじゃありません。
両親が長年おつきあいしている、
ふつうのひとからのもの。

もちろん、両親も、お返しのオスソワケをします。
オスソワケのオスソワケだったり、
父の助六寿司や卵焼きだったり、
すると、また他のオスソワケをいただくんです。

オスソワケとは、
権力者でも金持ちでもない者どうしが、
自分の分を少し削って、
お互いを喜ばせあうもの。

僕はバジルジェノベーゼが嫌いなのですが、
夏にはせっせとベランダでバジルを育て、
ペーストにしては、オスソワケするんです。
オスソワケに預かってばかりの僕も、
たまには誰かを喜ばせたくて。
すると、たいてい、もっといいものになって返ってきます。

今年も、ただただ、感謝感謝です。

娘よ、感謝して、明日の朝も餅を食え。

はいはい、具は白菜だけじゃないって。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

始業式前夜

娘も僕も、いよいよ、明日から学校、
ついに、正月も終わりです。

大学生の頃を思い出します。

正月が終わると、
バッグにお餅やら蜜柑やら干し芋やらを入れて、
東京まで電車を乗り継いで、
冷えきった暗いアパートに一人帰ったことを。

翌朝、具が白菜だけの雑煮をつくり、
祖母の雑煮との味の違いに、
故郷の遠さを実感したものです。

今日で冬休みも終わりなので、
実家で、映画を見ました。
得意のホームシアターで。
ここ数年、恒例行事。

今は、実家が、毎日顔を出せる距離にあるのですが、
また今年も、お餅と干し芋をもらってきました。

さ、新年の抱負も決まったことだし、
今日は早く寝て明日に備えることにします。

娘よ、明日の朝も雑煮食べられるぞ。

え、パパのは不味いって?
具が白菜しかないからって?

…………。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (2)

お知らせ!

アップしました。

キッチン菜時記「師走」

Love & Peace ・・)v

| | Comments (0)

正月の神頼み

ひとは困ると、
神様に祈りたくなるもの。
正月になれば、神社に行って、
賽銭投げて、手を合わせ、
いろいろとお願いするんです。

全国で困ったときの神頼みされて、
神様はきっと困っていることでしょう。
賽銭にも興味もないでしょうから。

このごろ、仏教の本を、ちびちび読んでいるのですが、
仏様に手を合わせれば、願いが叶う、
なんてことは、一文字も書いてないんです。

僕の仏教のイメージは、
煩悩リセット装置。

たとえば物欲。
手に入れれば入れるおど、
もっと欲しくなり、
もっと欲しくなればなるほど、
手に入らないものが増え、
そのことで苦しくなる。

ならば、その煩悩をリセット。

 吾(われ)唯(ただ)足るを知る。

今あるものに感謝する心がスタート。
手に入らないものに執着することは、見苦しいこと。
ある意味、ストーカー行為。

おいしいものを食べたかったら、
高級レストランに行くよりも、、
まず、体を動かして、おなかを空かせること。
そうすれば、うちにあるもので充分満足できるんです。

な、娘よ、お年玉なんて、いらなくね。
パパによこしなさい。
貯金しといてやるから。

え、お守り?

だから、さっき、神社行って買ってきたって。
五角形の合格お守り。
きっと、効果あるぜ、ははは。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (2)

忘れないもの

この年末年始、
寿司職人の父は、よく卵を焼いていました。
卵焼きだけを買ってくれるお客さんがいるからです。

材料は、卵、水、砂糖、塩だけ。
そんなありふれた材料が、
職人の腕で、商品になってしまうのが驚き。

父は、毎回、卵を焼くたびに、
今度は失敗するんじゃないか、
と不安になるんだそうです。
もう50年以上のキャリアがあるにもかかわらず。

職人とは、初心を忘れない人のことなのでしょう。

祖母も、50年以上、シャリを炊いていましたが、
毎回どうすればおいしくできるか考えるだよ、
と、僕によく言っていました。

向上心がなくては、
現状維持することはできないのでしょう。

なるほど。

人間は、調子に乗るものなんです。
自分を過大評価して、
自分が見えなくなり、
すべてを失うことは、ざら。

で、新年の抱負。

 初心忘れるべからず

に、決定しました。

ということで、娘よ、これも家訓に入れることにする。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

残るもの

今年も、僕の年賀状はアナログ。
うちにもプリンターはあるので、
やろうと思えば、宛名と写真くらい入ったものが作れるのですが、
なんとなく、ずっと万年筆で書いています。
僕の住所は面倒なのでゴム印で押しますが。

このほうが楽なんです。
太字の万年筆はさらさら書けて、疲れないし、
そりゃ3千回以上もブログを更新してれば、
言葉なんていくらも出てくるし、
このほうが速いんです。

この頃、ちょっと事情があって、
昔の手紙を読むのですが、
ケイタイもパソコンもない時代、
手書きの手紙をよくもらい、
それがけっこう残っているんです。
かわいい封筒と便箋の。
中にはノートを破って書いた手紙も。

引越の時、捨てられなかったものが、
娘も僕も、段ボールひと箱分ずつあるんです。
思い出ボックスと読んでいます。
いちおう、それ以上は増やさないのがうちのルール。

そういえば、戦前、祖父が書いた手紙も残っています。
家宝として、僕が引き継いだんです。
そのほとんどが、祖母に当てた恋文。
ま、これをモチーフに、長編小説も書いたことがあります。

アナログは、残るんです。

デジカメで、たくさん写真を撮りまくり、
ハードディスクに入れっぱなしにしておいて、
パソコンが壊れて、すべてなくなったことが、
もう何度あったことか。

デジタルは残らないんです。
なぜか、僕の場合。

もちろん、ネット中毒の僕のことですから、
デジタルは大好き、
ネットがないと禁断症状が出るくらい。

でも、アナログもなかなか、ということなんです。
人間、1か0か、なんて単純じゃないんです。

な、娘よ、同情するぜ。
ラブレターとか、残ってないだろ。
ははは。

だから、パパの思い出ボックス触るんじゃねえっ。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

元旦の現状維持

実は、現状維持って、とても大変なこと。

当たり前のことですが、
人間は、誰もが、日々、老いていきます。
現状維持は不可能なこと。

政治だって、そう。
向かうところ敵なしアベシンゾーが、
美しい大日本帝国づくりが着々と進み、
今年もさらに現状が改悪されていきそうです。

この正月を、
いつものメンバーで、
いつものように過ごして、
現状を維持できたなら、
これは、とんでもなく、ありがたいこと。

今日の元日は、そんなありがたい一日でした。

年が明けるなんて、
まったくめでたいことです。

みなさん、明けましておめでとうございます。
今年も、
いい加減がよい加減で、
テキトーが適切で、
がんばらないようにがんばります。

おい、娘よ、現状維持なんて、問題外だ。

受験生は、受験当日まで、伸びるぞ。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

静かに年越し

今日は午前中、
中華風豚の角煮を仕上げました。
昨夜から作り始めたんです。
煮卵入りで、ここ十年くらい、定番のお節に。

午後は、実家で、お節づくり。
紅白なますときんぴらごぼう。
93才になった祖母とつくりました。
今年はもう一緒につくれないかな、
と、思っていたのですが、
年末に向けて、祖母が元気になったんです。
これも、ここ十年くらい続いています。

黒豆は、母が担当。
たくさん入れすぎて、
圧力鍋からシューシュー吹き出して、
まあ、こわかったこと、こわかったこと。
今晩一晩置けば、明日の朝には味が染みているでしょう。

うちは、年越し蕎麦は、夕飯時に食べるんです。
麺と天ぷらを買ってきて、
つゆだけ、僕が担当。

そして、父が握った寿司もつまみながら、紅白を見ます。

今年は、受験生の娘がいるので、
実家から、うちに帰ってきて、
テレビをつけずに、
静かに過ごしているところ。
除夜の鐘がさきほどから鳴っています。

で、いつの間にか、年が明けたようです。

あ、娘よ、大掃除やるの忘れた……

ま、いっか。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

« December 2013 | Main | February 2014 »