« 夏の終わりの「いちご白書」 | Main | また同じストーリー? »

人生、つまり、限られた時間

いよいよ、今日から、娘も僕も学校。

このごろ、8月のうちに新学期を始めるのが流行。
昨日から、学校始めちゃってるところも、あるとか。
授業数確保とかの理由で。

僕は「よく遊びよく学び」派なので、
9月から学校を始めればいいと思うのですが。

で、明日で8月が終わるのですが、
8月が始まる前には、
あれもやろう、これもやろう、と企んでいたのですが、
結局、今、8月を振り返ってみると、
やりたいことの半分もできてない、と反省しきり。

ま、毎年のことですが。

この夏は、どこにもでかけませんでした。
いちおう、娘が受験生なもので。

で、何をしていたかというと、
やはり、特になし。

結論。

 人間、時間があればあるほど、何もしなくなる。

人生とは、限られた時間。
だから、精一杯生きるんです。
もし、永遠の命を与えられたら、
自分がダラダラ生きるだけじゃなく、
自分も他人も大切にしなくなるでしょう。

9月から、忙しくなるでしょうが、
それはそれで、歓迎することにします。

な、娘よ、作家なんて締め切りがあるから書けるんだってさ。

え、パパは締め切りあるんじゃないのかって?

 たたかーいは、ここかーら。
 たたかーいは、いまからー。
 
 ソレ、ソーレ。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


|

« 夏の終わりの「いちご白書」 | Main | また同じストーリー? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 夏の終わりの「いちご白書」 | Main | また同じストーリー? »