« フォークはメスより強し | Main | 大きな矛盾 »

一度に一つずつ

このごろ、ちょっと心がけてること。

何かをしてるとき、
ふと、他のことをしたくなるんです。
でも、グッとこらえて、
同じことを続けるんです。

集中力の持続時間を、
少しずつ延ばそうという、
ささやかな抵抗。

ジョルトという業界用語があるんだとか。
「技術的な事象(テクニカル・イベント)」とも言うそうです。

通常のテレビ番組では、1分で10回ほどのジョルトが、
CMになると、1分で20回ほどのジョルトが仕込まれているとか。
ジョルトは、急な場面展開や、派手な音声や映像で引き起こされます。

ジョルトのたびに、ある種のホルモンが分泌され、
「戦うか、逃げるか」の緊張状態になります。
これは、太古の人類の本能の名残。

絶え間ないジョルトのおかげで、
興奮状態になりっぱなしになり、
テレビから目を離せなくなるんです。

番組制作者は、ジョルトを連打。
視聴者がうっかり自分を取り戻す前に、
視聴者の集中力を広告主に売り渡してしまいます。

今日読んだ「さよなら、消費社会」に書いてありました。

なるほど。

おそらく、僕の集中力の減退は、それが原因。

情報化社会は、高度刺激社会。
その刺激は、買え買え光線。

もっと退屈を楽しむこととします。
一度に、じっくり、一つずつ。

娘よ、集中力は持続してこその集中力だぞ。

え、放送大学受けながら、高校野球観て、料理してたくせにって?

だから、間にあわないんだって。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

|

« フォークはメスより強し | Main | 大きな矛盾 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« フォークはメスより強し | Main | 大きな矛盾 »