« 文化系の立ち位置 | Main | War is over... »

高校野球?

連日、熱戦が繰り広げられる甲子園。

今日はうちの県の代表校が勝ちました。
わりと近くの高校なのですが、
盛り上がりは、イマイチ。

なぜか?

地元選手が少ないからでしょう。
18人中7人。
これでも、多い方。
うちの県で準優勝した強豪校は、
関西代表と呼ばれていたくらいですから。

高校野球は、ある意味、投資。
設備投資して、株価を上げるように。
寮をつくって、県外から選手を引っ張ってきて、
先生ではないプロ監督を雇い、
雨天練習場も完備して、
先生の監督率いる公立校を次々となぎ倒し
甲子園に出て、知名度を上げ、
偏差値を上げ、入学生を増やし、収入を増やす。

公立伝統校も、同窓会や後援会をフル回転させて、
カネをかき集めますが、太刀打ちできません。

結局、勝つには、カネ……

また、マナーの悪い高校野球ファンも目立ちます。
「ネット裏には何人監督がいるかわからない」
と言われるほど、言いたい放題。
野球ほど、後から何でも言えるスポーツはないんです。
おそらく、うだつの上がらない日々のうさをはらすため、
監督や選手にケチをつけ、えらくなった気分に浸るんです。
さらに悪いことに、校長や監督に文句を言い、引っかき回すことも。

高校野球は、部活動ですから、教育の一環。
野球を通して、人間性を高めるのが目標。
敗戦やエラーから学ぶこと
ファンを喜ばせるためのものではないんです。

甲子園には、部員が100人を超える強豪校も、ちらほら。
野球は、9人でプレイします。
ベンチには、地区大会で20人、甲子園で18人しか入れません。
激しいレギュラー争いで、選手を鍛える効果もあるでしょうが、
明らかに、多すぎます。

では、なぜ?

まず、部費がたくさん集まり、
そして、他校に行けば脅威になる選手を、抱え込めるから。
結果、他校なら活躍できただろう選手を飼い殺すことも。

ノーギャラで、あれだけの集客力のある球児達が、
大人のエゴに振り回されるのは、とても残念です。

結局、資本主義か、と思うと冷めてしまいますが、
それでも、純粋に高校生がプレイする姿には感動します。
負けて、あんなに泣けるのは、それだけ本気になったからでしょう。

僕が応援するのは、オール地元選手の公立校。
今回は、10校出場しています。
そんなチームが、強豪校に挑んでいくところが甲子園の醍醐味。

もうしばらく前のこと、
うちの県の公立進学校が、
夜間照明もなく、丸坊主もしないで、
甲子園でベスト16に入ったことも。
また、そんなチームを見たいものです。

すでに、全国各地では、
新チームが、春の甲子園に向けて、
秋の熱戦が始まったようです。

とまあ、語るときりがない高校野球。

娘よ、で、どうよ、そっちの新チームは?

知るわけないって?

……………。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

|

« 文化系の立ち位置 | Main | War is over... »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 文化系の立ち位置 | Main | War is over... »