« みんな、誰かの宝箱 | Main | ソシキを超えたソシキ »

マイ・エプロン

僕はシュフなのですが、
ずっとエプロンはしてなかったんです。
なんだか、面倒で。

しばらく前に、
祖母にエプロンをもらったんです。
祖母が誰かからもらったものを。
丈の短い、腰回りだけのカフェエプロン。
祖母は、それがエプロンだとはわからなったのでしょう。

両親の店の手伝いをしたときに、
それをつけてみたら……
革命が起こったんです。

エプロンの紐を締めたとき、
高校時代、空手道着の帯を締めた時を思い出しました。
気合いが入るんです。

ポケットがいくつもついているので、
ケイタイやペンやメモ帳を入れておけて便利。

僕は、ズボンで手を拭く癖があるんです。
しかし、綿のカフェエプロンなら、手を拭き放題。
そこが、一番気に入っているところ。

さきほどは、カフェエプロンを締めて、
手打ちパスタをつくりました。
カフェエプロンのおかげで、
うちにいるのが、いっそう楽しくなったんです。

「暮らしの手帖」を創刊した花森氏は言いました。

 生活をおろそかにした結果として
 戦争がおこった
 だから自分は
 生活を大事にするための雑誌をつくった

なるほど。
 
あ、娘よ、父の日のプレゼント、カフェエプロンね。

そこんとこ、よろしくっ!

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

|

« みんな、誰かの宝箱 | Main | ソシキを超えたソシキ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« みんな、誰かの宝箱 | Main | ソシキを超えたソシキ »