« March 2013 | Main | May 2013 »

調理実習

今日は、僕のクラスのロングホームルームがありました。
クラス独自のお楽しみの時間。

でも、50分。

僕の提案で、調理実習を行いました。
家庭科室を借りて。

クラスを8班に分け、
各班で、好きなものの材料とレシピを調べ、
役割分担して、材料費を割り勘して。

50分で、調理して食べて片づけるのが条件。

プリンをつくった班が一つあって、
他はほとんどホットケーキミックスを使っていました。

僕が入れてもらった班は、ホットサンド。
購買で、昼、食パンを買い、
僕が持参したバウルーで、挟んでは焼き、挟んでは焼きました。
パンは4斤もあったので、
他の班の生徒達にも分けてあげました。

当たり前のことですが、
ワーキング・シュフの僕は手際がよく、
的確にいろいろとアドバイスするので、
生徒たちは驚いていたようです。

「センセイ、女子力、高すぎー」
と、訳のわからないことを言われて。

もちろん、焼きたてのホットサンドは大好評。

生徒たちは、男子も女子も、よく働き、
きちんと、ゴミを処理して、調理室もきれいにして、
無事、調理実習は、時間内に終了。
最近の家庭科教育はなかなかのようです。

僕が中学の時は、
男子は技術、女子は家庭、
と、学校がジェンダーを仕込んでいました。
それも、もう、今は、昔の話のようです。

二学期にも、調理実習があるんです。
今度は、昼休みに仕込んで、
もっと手の込んだものに挑戦したいと思います。

娘よ、GW、うちで調理実習するぞ。

だから、するぞ。

するって言ってるだろ。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

ツッパること

♪ツッパることが男の
 たった一つの勲章だって
 この胸に信じて生きてきた……

んです。

本気(マヂ)で。

不良少年だったときも、
大学生だったときも、
教師になってからも。

あえて、少ないほう、弱いほうについて、
負けるとわかっていても、
ツッパってきたんです。

やるなら、とことん。

ハンパはダサいので。

ヤンキー先生が、
自民党の議員になったときは、
それはそれはショックでした。

で、あの歌を歌った嶋大輔が、
もし、自民党から出馬するなんてことになったら、
もっと、ショックを受けるでしょう。

そして、ポスターを見つけたら、
「ハンパしちゃってごめん」
と、イタズラ書きするしかありません。

あ、でも、そういえば、
「横浜銀蝿」とか嶋大輔を聴いていたのは、
ツッパリに憧れてたやつでした。

真のツッパリが聴いてたのは、
テレビなどまったく縁のない、
インディーズのパンクでしたから。

ま、そもそも、「男の勲章」だなんて、
ジェンダーフリーな僕の大嫌いな言葉。

ということで、娘よ、やるならとことん。
とりあえず、勉強をさ。
ハンパしちゃってごめん、って言いたくないだろ。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (2)

パンを買う

美味しそうなパンを買ってきました。

パンを買うカネと、
株を買うカネは、
まったく、違う。

と、エンデは言いました。
たしかに。

アベノミクスで、
国が借金してカネをばらまき、
円安になって、景気もよくなる、
と期待が高まり、
株を買うひとが増えてるんだとか。
買うひとが増えれば、
株価も上がっていきます。

で、今の状況。

株を買うカネは動いているが、
パンを買う金は動いていない、
ということのようです。

パンの値段が2パーセント上がって、
株価は大きく下がるかもしれません。

また、この円安で、石油の値段が上がり、
うちでイカを美味しくいただいた翌日、
イカ釣りが、休漁になったとか。

もうこうなると、アベノミクスではなく、アベノリスク。

この5ヶ月間で、日本でも、
100億円以上、
資産を増やした投資家もいるんだとか。

カネでカネを買って、そのカネを売り抜ける……
そんなひとばかり、資産を増やしているようです。

で、娘よ、明日の朝はパンでよろしく。

ホットサンドだぞ。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

畑へ

春になったら、そのうちに……
と思っていたのですが、
先延ばし、先延ばしで、
ようやく、今日、畑に行ってきました。

もちろん、畑といっても、
ベランダのプランターのことですが。

まず、去年の秋にとった朝顔の種をまきました。
いちおう、微力ながらグリーンカーテンのつもりで。

そして、ハーブの苗を買ってきて、植えました。
バジルとレモンバーム、
どちらも、ここらでは売ってないので、
育てるしかないんです。

プランターをシャベルで耕すと、
土のいい匂いがしました。
ちょっと懐かしい匂い。

僕は農業高校を卒業したので、
高校時代毎日のように土をいじっていたのです。
もっとまじめに勉強しとけばよかった……
と、毎年、思うんです。

バジルは、たいてい、ペーストにして、
うちで、ちょっと食べて、あげちゃうんです。
レモンバームは、料理本によく出てくるので、
とりあえず、育ててみよう、と。

娘よ、まだ空いてるプランターあるぞ。

あるぞ。

だから、あるって。

興味なしか……

ま、ネギの根っこでも植えるわ。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (2)

わからない毎日

先日、街へ出かけたとき、
ちょっと小物ショッピングしたんです。

で、買ったのは、
千円ちょっとの温度計。
調理用です。

新茶はお湯は80度で、
油の温度はじっくり160度で、
とか、シピに書いてあっても、
いまいち目分量ではわからず、
苦労してたんです。

で、このごろ、いろいろ温度を計っては、研究中。

この11年、ほぼ毎日、
10000回以上ごはんをつくってきましたが、
それでも、わからないことだらけ。

一つ知れば、
一つ謎が増える、
と、そんな感じなんです。

でも、ますます、おもしろくなってきます。

な、娘よ、わからないって、簡単に言うな。

10年、毎日やっても、わからない。

これが、「わからない」ってことだ。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

絶叫な一日

昨日は、娘が遠足に出かけ、
今日は、僕が遠足に出かけました。

同じ遊園地へ。

昨日は、残念ながら、雨。
娘達は、絶叫マシーンには乗れなかったそうです。
今日は、残念ながら、晴れ。
僕は、絶叫マシーンに乗るはめに。

女子高校生たちが誘ってくれるんです。
センセー、一緒に乗ろうよー、と。

女子高生に誘われたら、
断るわけにもいかず、
本当に久しぶりにローラーコースターに乗りました。

なんで、お金を払って、
怖い思いをしなければいけないのか、
僕は、いまだに、理解できません。

で、三つも乗ったんです。
もちろん、絶叫してきました。

やめろー、とめてくれー、もういいー。

日々、小さな幸せに、
大きな喜びを感じる日常を送る僕には、
そんな非日常は必要ないんです。

それでも、学校を離れ、
楽しい一日を過ごすことができました。

娘よ、パパは少し慣れてきたぞ。

乗れなかったんだろ?
乗りたいんじゃね?

ま、そのうち、連れてってやってもいいけどな。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

おめでたい国

昨年の忘年会の帰り、、
会場のエレベーターの中で居あわせたのは、
自民党、塩谷立(りゅう)先生。
隣町の衆議院選挙で当選したばかり、
スーツの襟の金バッチが鮮やかでした。

そこで、僕は突撃取材。

 先生、国防軍はどうなりますか?

で、先生は、実体としてもうあるじゃないか、と。

 先生、徴兵制は?

これには、先生は即答。

 やるべきだ。

今でも、はっきりと覚えています。
先生も忘年会の帰りのようで、顔が真っ赤。
思わず、本音が出たのでしょう。

そんな自民党が、なんと支持率70パーセント越え。

「集団的自衛権」も認めたいようですが、
要は、アメリカが戦争するとき、同盟国として、
武器を使って、お手伝いをしたい、ということ。

「自衛」とは言いますが、あのイラク戦争も、
ありもしない「大量破壊兵器」の脅威をあおり、
はるか離れたアメリカを「自衛」するためでした。


まったく、おめでたい国、ニッポン。
すっかり、原発事故のことも忘れ……
ちゃっかり、再稼働に向けて、虎視眈々。

娘よ、今日のパパは、かたよってなくね?

たたかう準備しとけよ。
え、なんのって?
二十歳になったら、選挙権持つだろよ。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

イカが美味な夜

たいてい、晩ごはんを何にするか、決めてないんです。
仕事帰りに、小野田食品店という小さな店に寄って、
その日、よさそうなものを狩ってくるんです。

まさに、狩り。

その食品内の魚屋さんは、なかなか評判。
今日は、イカが美味しそうだったので、狩ったんです。

しかし……

魚屋さんが、ワタをとっちゃったんです。
もちろん、親切にとってくれたのですが、
ゲソのワタ煮もつくろうと思っていたので、
少し、がっかり。

でも、気をとりなおして、
フライパンで炒めて、
バター醤油で味付け、
ネギをトッピング。

まあ、美味なこと、美味なこと。
ごはんが、すすむこと、すすむこと。

昨夜は、シラス丼。
ごはんにシラスとネギをのっけて、
醤油をかけただけ。
これも、とっても美味でした。

魚介類は、スーパーで安いのを狩ってくと、
間違いなく、娘が残すんです。

だから、魚は魚屋でしか買いません。

魚介類は、狩ってきた時点で、勝負あり。
あまり、手をかけないほうが、美味しいんです。

さ、娘よ、そろそろ初鰹か。

炙って、ポン酢だな。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (2)

ちょうどいい

娘がまだまだ子どもの頃、
ソースを、コロッケなどに、
やたらたくさんかけていました。

かければ、かけるほど、
美味しくなると思っていたらしく。

そのうち、学んだんです。
かけすぎたら不味くなる、と。

で、ちょうどいい加減を覚えたんです。

娘がお年頃になり、
お洒落に興味を持ち始めたころも、
やたらと、つけるものが多く、塗るものも厚く、
ケバケバしかったのですが、
だんだんと、シンプルになっていきました。

お洒落でも、ちょうどいい加減を覚えたのでしょう。

大人になるということは、
ちょうどいい加減を知るということ。

カネも、そのはずなのですが、
こちらは、ちょうどいい加減を知るのは難しいようです。

ソースをかけすぎたコロッケに、
さらにソースをかけ、
化粧をした顔に、
さらに化粧をして……

それはそれは、
品のないこと、品のないこと。

今、どういうわけか、
モノが売れてるわけじゃないのに、
株価が上がっているらしく、
内閣支持率も、好調をキープ。
もう70パーセント越えなんだとか。

経済の問題は、
カネの量の問題ではなく、
カネの分配の問題。

充分あるのに、さらにほしがるのは、
ああ、品がない、品がない。

娘よ、だから、言ったろ?

いい加減が、ちょうどいい加減だって。

わかるか?

パパは「いい加減」じゃなくて、
ちょうどいい加減、ってことかな。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

おでかけサンデー

今日は、県庁所在地へ行ってきました。
娘と。

カフェで、ランチして、
ミニシアターで、映画を観て、
カフェで、お茶をして、
デパートで、服を一着ずつ買ってきました。

映画は、寿司職人のドキュメンタリー、
当然、寿司が食べたくなったので、
夕飯は、父に寿司を握ってもらいました。

その映画の寿司屋は、お一人様、三万円でしたが、
もちろん、父の寿司は、タダ。
アボカド巻きが半分近く入っているんです。
娘の好物、父は孫に甘いんです。

娘いわく、僕は感謝すべき、と。
父親に一日つきあう女子高生は少ないんだとか。

はいはい、娘よ、しかし、女子高生はカネがかかるなあ。

え、パパも服買ったくせにって?

だから、ダサダサの父と歩きたくないだろ。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ここから、いまから

昨夜は、ナイターで、野球観戦。
今日は、午後、サッカー観戦。

どちらも、僕の学校のチーム。
教え子たちが活躍していました。

いい顔をしてるんです。
教室で授業を受けているときの顔とは大違い。

ある意味、プロの試合よりも、エキサイティング。

スポーツには、どのレベルにも、
熱い熱いドラマがあるんです。
トップレベルだけが、スポーツじゃないんです。

今朝は、僕が監督をしている水泳部は、
軽めの朝練の後、新入部員歓迎会を決行。
早起きしてつくったホットサンドを、
近くの公園で食べ、おしゃべるをするというイベント。
たった3人の入部ですが、
休部の危機を救った貴重な部員。

実は、美味しいものを食べさせ、
逃げられなくするという作戦。

野球部もサッカー部も、
残念ながら惜敗してしまいましたが、
まだたたかは、ここから。

もちろん、水泳部のたたかいも、ここから。

楽しみです。

娘よ、お勉強のたたかいも、ここから。

高校生たちの健闘を祈る。

 ♪ たたかいは、ここから
 ♪ たたかいは、いまから

  (それ、そーれ)

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

祝存続

実は、教師人生で、最大のピンチだったんです。

水泳部監督として、今年、20シーズン目、
現在、部員は、3年生3人のみ。
で、水泳部に登録した新入生は、ゼロ。

ついに、この夏で、引退……

と、覚悟してたんです。

ここらで、水泳部のある中学は少なく、
女子の水泳人口も急激に減ってるんです。
しかたないといえば、しかたないんです。

ところが、昨日、ひょっこり、
女子生徒が二人やってきて、泳ぎます、と。
マネージャー希望者も一人連れて。

そう、祝水泳部存続決定!

明日は、練習が終わったら、
得意のホットサンドを食べさせて、
やめられなくする予定です。

娘よ、明日の朝ごはんは、ホットサンドだ。

味見を頼む。

パパの今後の教師人生かかってんだから。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (2)

一以之貫

このごろ、ほんとにひどいんです。
浮気性が。

読みかけの本が、もう何冊も。

昔は、一度に、一冊しか読まなかったのですが。

今、何読んでるの?
と、訊かれたら、
困ってしまいます。

長編小説、短編集、新書、料理本、英語の本……

読みかけの本のうち、
何冊かは読み終わるでしょうが、
何冊かは読んでいたことさえ忘れてしまうでしょう。

 一以之貫

最近、覚えた四文字熟語。
何と読むかは知らないのですが、
「いちをもってこれをつらぬく」と書き下すんだそうです。

僕は、まさに、この対極。

二つのコンロは常に火がついていて、
電子レンジと洗濯機が回っていて、
皿を並べて、娘を呼んで……

と、うちの中でも、
常にいくつかのことが同時進行。

昨夜観た映画「舟を編む」
主人公は、コミュニケーションは苦手、
しかし、マジメ、一つのことに打ち込むことは得意。
辞書づくりのため、ひたすら言葉と向き合います。
そして、15年もかけて、ようやく辞書を完成させるんです。
まさに、「一以之貫」

憧れます。

ま、僕には無理ですが。
絶対。

そんな「一以之貫」な人たちのおかげで、
世の中、成り立っているんです。

ブラボー。

娘よ、すべてを貫けない我々にできることは、
感謝することぐらいだ。


え、パパみたいにはならないって?


健闘を祈る。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (2)

辞書のある生活

高校生のときから、
いつも持ち歩いているものがあります。

それは、辞書。

高校時代、小さな英和辞書が
制服を着ているときは、胸ポケットの中に、
作業着を着ているときは、ズボンのポケットの中に、
寝るときは、枕元に。

大学時代は、小さな英英辞書を持ち歩きました。

今は、片手で使える小さな電子辞書が、
ズボンのポケットの中に入っています。
英和、和英、広辞苑が入ったすぐれもの。

授業中、こっそり、
スペルやアクセントをこっそり調べたり、
ど忘れした漢字を調べたり、
と、もはや頭脳の一部。

そう、辞書のない生活など、
僕には考えられないんです。

大学受験をパスしたとき、
高校の国語の先生が、
お金を出しあって、
僕に大きな国語辞書を買ってくれました。

大学時代、アパートで、いつも手に届くところに、
その辞書がありました。
それを引きまくっては、
レポートや小説を書いていました。

今日は、さきほど、娘と、
「舟を編む」という映画を観てきました。
辞書づくりに挑む人たちの物語。

 黙々と机に向かうことはかっこよい。
 地道に努力を続けることは、すでに偉業。

娘も僕もいたく感動して帰ってきました。

さ、娘よ、今日も机に向かうぞ。

え、眠くなるの、早すぎじゃね?


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

まん丸い世界

今日は、ボストンで悲劇が起こりました。

そして、同じ、今日この日に、
7人のパレスチナ人が殺され、
87人のイラク人が殺され、
12人のアフガニスタン人が殺され……

また、イランで地震があり
ここでも、多くの方が……

 世界にガイジンはいない
 どんなひとも、
 うれしいときは笑い、
 悲しいときは泣き、
 誰かを愛し、
 誰かに愛されている。
 世界にいるのは、人間だけ。

真のグローバリゼーションとは、
アメリカのモノを世界中で売ることではなく、
分けあえば余るモノを世界で分けあい、
世界の喜びや悲しみをも分けあうこと。

な、娘よ、世界は広いなあ。
しかし、丸い世界はつながってるぞ。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

すばらしき本たち

大学時代、たくさん本を読みました。
文系学生は、ありあまる暇があり、
僕はそれまで本をあまり読んでなかったもので。

では、我が青春の書、三冊。

「ノルウェイの森」

当時、空前のベストセラー、
恋人が先に読んで、僕にくれたんです。
たしかに、「100%純愛小説」、
心を打ち抜かれた小説でした。

「ライ麦畑でつかまえて」

主人公ホールデンは、高校生、
心やさしいアウトサイダー、
大人のインチキを見抜いてしまうんです。
ゆえに、ドロップアウトしてしまいます。
ジョン・レノンを撃った犯人が持っていた本。
自分の気持ちはこれに書いてある、と。

「嘔吐」

哲学的な小説。
難解な文章が多く、読了したことにも感動。
「実存は本質に先行する」と言ったサルトル作。
我々は、意味も与えられず、生まれてくる。
ここが、意味があってつくられるモノとの違い。
自分には意味がないのは当然、もともとないのだから。
自分の意味は、これから、自分で探せばいい。
この言葉にどれだけ救われたことか。

「共産党宣言」「蟹工船」「怒りの葡萄」も、
後の僕の人生の方向性をヒダリに決めた青春の書、三冊。

大学三年生のゼミで、一年かけて読んだ本。

The soud and the fury.「響きと怒り」

超難解で、翻訳と解説書を参考にしつつ、
少しずつ、読み進めました。
最後は、教授とケンカしてしまいましたが。
一冊の本と、あんなに真剣に向き合ったことは、
後にも先にも、あれが最後でしょう。
フォークナーは、一生かけて、取り組む作家なのでしょう。

娘よ、本は、やっぱりいいなあ。

え、なんかいい本ないかって?

そろそろ、パパの本でも読んでみるか?
ま、一冊しかないけどさ。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ニューヨークのガイジン

以前、ニューヨークに行ったとき、
どんなことがあっても食べたいものがありました。
それは、ベーグル。

そのころ、ベーグルをつくることに凝ってたんです。
タネをホームベーカリーでつくって、
ドーナツ型にして、発酵させて、茹でて、焼くんです。

で、本場のベーグルを食べよう、と。
一人、ベーグルを出すカフェへ。
オーダーの仕方も、
メニューの種類もよくわからず、
じっと、ニューヨーカーを観察して、
真似して、なんとか購入。

僕のつくるベーグルの約2倍の直径、
具も多く、約2倍の厚さのベーグルサンド。
さすがに、半円二つに切ってありました。

がぶりと、一口、噛みついたときのこと、
急にさみしくなったんです。
この美味を共有するひとがいなかったからというより、
この店の中で、僕だけがガイジンだったから。

日本に住む外国人は、
ガイジンと言われるのを好みません。
「外の人」と疎外するニュアンスがあるからでしょう。

そのとき、僕はまさに、
ニューヨークのガイジン。

そう、ガイジンはさみしいものです。

以前、仲良しのイギリス人女性が言いました。

 世界には、ガイジンはいない。
 誰もが、悲しいときは泣き、うれしいときは笑い、
 誰かを愛し、誰かに愛され、
 世界にいるのは、人間だけだ、と。

今も、忘れられない言葉です。

な、娘よ、そもそも、みんなお互いにガイジン。
みんなガイジンなんだから、
ガイジンもいないってわけだ。

しかし、ガイジンはいなくても、
英語は大事だ。

教えてやるか?

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

おもしろくないけど、おもしろい

おもしろくない物語が、好きなんです。
おもしろくないけど、おもしろい物語が。

たとえば、水泳。
練習は、ひたすら、プールを往復するだけ。
ゲームもなく、景色も変わらず、話もできず。
しかし、一見、単調なその行為に、
ドラマをつくれるスイマーが、
記録を伸ばしていくんです。

日常というのは、たいていおもしろくないんです。
しかし、その日常におもしろさを見いだしていく。
これが、ブンガクの仕事、と僕は思うんです。

だから、おもしろくないけどおもしろい小説が好きなんです。

現実から逃避する物語ではなく、
現実を補強するような物語。

このブンガクの力こそ、
ほとんどが日常な我々の人生を豊かにするんです。

ブンガク、万歳!

しかし、娘よ、村上春樹はおもしろい。

え、パパが読み終わったら、読みたいって?

でも、女子高生には、まだ早いかな。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

残業ナイト

歓迎会シーズン到来、
今日、ひとつ、行ってきました。

娘のバイオリンのレッスンがあったので、
父に娘の送迎と夕食を頼んで、
ゆっくり、食べて、語ってきました。

このごろ、ずっとノン・アルコール。
送別会で、飲みすぎて、地獄を見てから、
酒を控えてるんです。
ま、もともと、弱いというのもあって。

今日の店で、感銘を受けたのは、
タラコ・キムチ・うどん。
あとは、まあまあ。

娘と父は、ファミレスで、
包み焼きハンバーグを食べたんだとか。
これは、二人の定番鉄板メニューなんだそうです。

娘よ、じいじと楽しかったか?

また、飲み会あるから、じいじと頼むよ。

え、だから、これも仕事なんだって。
好きで行ってるわけじゃないんだって。
ま、残業みたいなもんだな。

ほんとだって。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ものの見方

ひとは、見えるものを、見てるんじゃないんです。
ただ、見たいものだけが、見えるんです。

 あるから、見えるのではない。
 見えるから、あるのだ。

と、心理学の講義で、聞いたことがあります。

ある盲目のひとが、成人してから、
急に目が見えるようになり、
毎日、ぐったりと疲れたんだとか。

それは、多すぎる視覚情報を、
頭脳が処理できなかったからなんだとか。

ふつう、見えるひとは、
見たいものだけを見る技術を習得していますが、
急に目が見えるようになったひとは、
見えるものすべてを見てしまっていたのでしょう。

我々は、つまり、
見えるのに、見てなかったり、
逆に、見えないのに、見ていたり、
と、なかなか、いい加減。

また、すべてのものは、多面的なのに、
一面だけを見て、すべてをわかった気になったり。
これも、見えないのに、見えているという錯覚。

 事実は、ひとつ。
 見方は、360度。

これも、心理学の先生の言葉。

ものごとは、見方によって、様々な表情を見せてくれます。
ものの見方は、その人の生き方でもあるようです。

 ブンガクとは、ものの見方。

これも、有名な言葉。

見えると、思ったら、
見えてないかも、と思ったほうが、いいのでしょう。
明日から、そうします。

な、娘よ、目を開けてりゃ、いいってもんじゃないぞ。

おい、目をつぶってる場合じゃないぞ。
宿題終わってないの、知ってるぞ。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

あの食堂のあのごはん

昭和の高校生は、
土曜日も高校に行ったもんです。
半日授業で。

僕は帰宅部だったので、
土曜日は、クラスメイトと、
どこかでランチするのが楽しみでした。

学校はメインストリート沿いにあり、
近くには、
お好み焼き屋、
喫茶店、
そば屋、
ラーメン屋、
大衆食堂、
ほかほか弁当屋、
などなど。

どの店も個性派で、ハズレはなし。

今もよく覚えているのは、中村食堂。
四人がけの四角いテーブルが四つの小さな食堂。
そのテーブルがいっぱいになると、
奥の居間のちゃぶ台で食べさせてもらいました。

僕がいつも頼んだのは、豚汁ライス。
豚汁とどんぶりごはんと沢庵で、250円。
おかずはなし。

僕は農業高校で、午前中、農作業をして、
おなか、ぺこぺこで、食堂にたどりつくんです。

そして、ようやく、ありついた豚汁ライスの、
それはそれは、美味なこと、美味なこと。

僕が行くと、おばちゃんは、いつも、
湯飲みを二つ持ってきてくれました。
あんたはお茶が好きだで、と。

たまに、お金があると、
400円の肉丼を食べました。
豚肉とタマネギだけを煮たのをのっけた丼。
それは、もう、信じられないほどの美味。

今は、店はすべてなくなり、
メインストリートは、シャッター通りと呼ばれています。

う、娘よ、ああ無常。

明日、肉丼つくってやるか?

え、美味いのかって?

そりゃ、中村食堂のにゃ負けるなあ。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

便利で不便

ま、毎日、パソコンに向かっているわけですが、
便利なようで、不便なんです。

執筆活動しながら、
情報収集することもできれば、
友人と近況を情報交換できるし、
買い物もできるし、
映画も見れるし、
アメリカの友達と囲碁もできるし、
と、便利すぎて、
執筆に集中できなくなるんです。

一度にいろんなことができるのはいいのですが、
一つのことにじっくり取り組むことが、
以前より、苦手になってきました。

たしかに、これは、
意志の問題でもあるでしょう。
しかし、便利すぎるのも、問題でしょう。

以前、タイマー付き電気炊飯器を使ってたんです。
朝起きれば、ごはんが炊けていて、
夕方帰れば、ごはんが炊けていて、
これぞ、ワーキング・シングル・ペアレントの味方、
と、思っていたし、どこかに書いちゃったりも。

でも、今は、ごはんのたびに、
食べる分だけ、鍋で炊きます。
火から目を離すことはできず、
炊飯が、とっても不便になったんです。
しかし、後悔はありません。
なぜなら、こっちのほうが、断然、美味しいからです。

不便にしたほうが、よい。

そんなことが、けっこう、あるんです。

昭和の高校生は、
切手を貼って、封筒で、
ラブレターを出したもんだ、
と、教え子に言ったら、驚いていました。

今もラブレターとってあるぞ。
機種変更したら、メールなんて消えるだろ。
と言ったら、
教え子達に、めちゃめちゃうらやましがられたんです。

これも、不便の勝ち。

わかるか、娘よ、何でも便利ならいいってもんじゃないぞ。

え、なら、パソコン使うなって?

ま、文明の進歩も捨てたもんじゃないぞ。


Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

フツーのカレー

昨日は、母に頼まれ、実家でカレーをつくりました
フツーのカレー。
具は、豚の細切れ、ジャガイモ、タマネギ、人参。
ルーは、市販のものを2種類混ぜて。

祖母が手伝うというので、
野菜を切ってもらいました。
あとは、圧力鍋で、シューシューと。

母の大好きな亀田選手のボクシングを観ながら、
みなで、カレーライスをいただきました。
圧力鍋効果で、人参がとろけるほど柔らかく、
ま、フツーにおいしいカレーでした。

たくさん、つくったので、
タッパーに入れて、お持ち帰り。
翌日のカレーは美味というので。

首相が食べたというカツカレーは、
3千5百円もして、
さぞかし美味しいのでしょうが、
僕たちには、このフツーのカレーで充分。

な、娘よ、翌日のカレーより美味な、
翌々日のカレーを明日食うぞ。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

フェアなお店

昨日、ちょっと娘と出かけ、
フェア・トレード・ショップにも寄りました。

若い女性が営む小さな店、
雑貨や食材や服などを売っています。
ちょっと腰掛けて、フェア・トレードについて学ぶスペースも。

途上国に、カネを寄付するんじゃなく、
フェア(公平)に、トレード(売買)をする活動。

ODAでは、
途上国に、頼まれもしないのに、
日本の税金を使って、
大きな建物をつくって、
政治家と仲良しの企業が大もうけ、
なんてことも。

南の人たちが、食べていくために、
北の人たちの、腹の足しにもならない、
コーヒー豆をつくったり、
また、チョコなんて知らない子どもが、
過酷な条件下で、カカオをとらされたり。

僕はバングラデッシュの麻のヒモを、
娘はフェアトレードチョコを、購入。

この店は、この春、1周年を迎えたんだそうです。
店主は、夜バイトをしながら、がんばってるんだとか。

娘よ、ディズニー好きもいいけどさ……

え、スターバックスも大好きだって?

ま、今にわかる。
お勉強しなさい。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

世界に一つの傘

また、傘をなくしてしまいました。
おそらく、どこかに置いてきたのでしょう。
高価なものではないのですが、
けっこう気に入っていたんです。
とても、残念。

これまで歴代の傘とは、
たいてい、こんな別れをしてきました。

うちに、骨の折れた傘はあったんです。

数年前まで、この町に、
おばあさんが一人で傘修理屋を営んでいて、
僕も何本も直してもらいましたが、
もう、やめてしまったんです。

そこで、傘修理セット(1050円)をお取り寄せ。
今日、自分で、修理してみたんです。
見事、復活。

調子に乗って、実家に行き、
骨の折れた傘をもらってきて、
これも、修理成功。

充実感。

さきほど、娘の壊れた傘にも挑戦したのですが、
こちらは、骨が、プラスチックで、部品があわず、断念。
こわれているのは、たった一カ所なのに……

ほんの一部が壊れただけで、
捨てられるモノのなんと多いことか。
修理するより、買い換えさせたほうが、
儲かるのはたしかですが。

修理したモノは、
世界に一つのモノとなり、
いっそう愛着が湧くというものです。

娘よ、待て。
もうちょっと時間をくれ。
いい方法がきっとあるはずだ。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

新タマネギのミステリー

新タマネギを、よく見かけるようになりました。

スライスして、
おかか醤油をかけておくと、
辛みがなくなるんです。

実に、ミステリー。

これに、温泉卵をのっけるのが、
娘の大好物。

温泉卵は、専用の保温容器に、
卵を二つ入れ、湯を注ぎ、20分待てば、
白身が固まり、黄身がトロリとなります。

「美味しいものを食べる」んじゃなく、
「美味しく食べる」んだそうです。
旬の新鮮な食材の、
「味をつける」んじゃなく、
「味をひきだす」んだそうです。

今日読んだ雑誌に書いてありました。
魯山人の記事が載っていた。

グリーンピーズごはんも食べたくなってきました。
子どもの頃、よく祖母がつくってくれたんです。

な、娘よ、そろそろ、グリーンピーズ克服してくれよ。

頼むよ。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (2)

ここのところのミステリー

このごろ、しょっちゅう、なくすんです
で、いつも探し物をしています。
 
 この前まであったのに、
 今、どこにもない。

今日もさきほどまで探し物をしていましたが、
もう、あきらめました。

なぜ、こんなにモノがなくなるのか、ミステリー。

たとえ、探すのをあきらめても、
心はそのミステリーを推理し続けます。

これが、なかなかのストレス。
ほんと、頭に来ます。

モノが多すぎて、
モノに執着するから、
苦しむのでしょう。

しかし、いつもあったモノがなくなるのは、
ちょっとさみしいものです。

モノを減らし、
モノから離れる……

 物欲を断ち、
 物を捨て、
 物質主義から離れる。

ま、この断捨離ができたら、苦労はないのですが。

娘よ、知らね?

パパの帽子、二つ、立て続けに消えたんだけどさ。

そうか、知るわけないか……

いいか、人生はミステリーだ。
生きていくってことは、探し続けるってことだぞ。

え、使ったら元に戻せばいいって?

だから、そんなことはわかってても、なくすからミステリーなんだって。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

日帰り温泉

昨日は、午後、有給休暇をとって、
日帰り温泉に行ってきました。
市営の山里の温泉。

母の音頭で、親戚が集まったんです。
一部屋、座敷を貸し切って、
飲んで、食べて、温泉につかるという企画。

実は、もう20年も会ってない親戚も。

祖母は、終始、上機嫌、
ボケながらしゃべって、
みなを笑わせ、盛り上げてくれました。

お昼を食べて、しゃべって、
お風呂に入って、しゃべって、
晩ごはんも食べて、しゃべって。
僕の一族は本当によくしゃべります。

みな、おみやげを持ち寄って、
ちょっとした銘菓交換会も。

親戚のおじさんは、魚屋。
祖母の実家の魚屋を今も守っています。
以前は大きな店を営んでいたのですが、
今は、おなじみさん相手に、
本当に美味しい魚を市場で買ってきて、
その魚にあった調理法で提供しているそうです。
お客さんに喜んでもらうのが一番の喜び、と。
孫がよく遊びに来るそうで、こんな幸せはない、とも。

娘のことが、よく話題になりました。
娘は、行きたがっていたのですが、先約があったんです。

しまった、娘よ、傘、置き忘れてきた。
とりにいくついでに、ひとっぷろ浴びてくっか?

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

執着からの逃走

執着、これがやっかいなんです。

仏教では、これから逃れることを目差しますが、
それができれば、そもそも、
仏教さえいらなくなってしまうでしょう。

たとえば、収集家。
お宝を一つ手に入れた時、
それは、それは、喜ぶでしょう。

しかし、その喜びは、すぐに消え、
さらに入手困難なお宝が欲しくなるはず。
そして、それがようやく手に入れることができたら、
それは、それは、さらに喜ぶでしょう。

もう、こうなったら、
それより入手が簡単なものには、
喜びを感じなくなってしまうでしょう。

すると、もう入手不可能そうなお宝しか欲しくなくなり、
それは、それは、苦しくなるはず。

やがて、コレクションな膨大な量になります。
ひとり、それを眺めては、悦に入ります。

もし、天災で、引っ越すことになったりしたら、
それは、それは、さあ大変。

持てば、持つほど、失うものは多く、
執着すればするほど、身動きがとれなくなるはず。

死んだら、あの世に持っていけないのにも関わらず……

誰にでも、好きなものがあり、執着します。
その執着が、その人の個性もつくるんです。

執着があれば、苦しみ、
執着がなければ、その人たりえず、
執着から逃れようと努めたら、
また、執着から逃れることに執着してしまい……

そう、執着はなかなかやっかい。

時に、心を無にできたら、どんなに楽か。

それにしても、娘よ、少しは、勉強に執着しなさい。
問題集開けば、いつも、うとうとしやがって……


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

連載第2回目アップ!

ようやく、先ほど、推敲が終わり、
「キッチン菜時記」第2回『弥生』を、
ジロー's カフェ新館にアップしました。

小説のような、
エッセイのような、
日記のような、
どこに発表していいのかわからない文章。

ならば、自分で勝手に発表しちゃえ、と。

 生きるために食べ、
 食べるために生きる。

我が家の家訓。

娘も、食べるのが趣味なんだとか。
そのくせ、ダイエット、ダイエット、とうるさいのですが。

今日から、新学期。
そろそろ、畑の準備もしなくては。
といっても、ベランダのプランターで、
ハーブの苗を埋めるだけですが。

我が家の相続もコツコツと。
寿司職人の父の料理のワザを
少しずつ教えてもらおうと思います。

娘よ、晩ごはん、何にする?

え、部活の打ち上げで、いらないって?

はいはい。

じゃ、創作料理の実験でもするかな。
失敗しても、もんくいうひといないからな。


Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

« March 2013 | Main | May 2013 »