« December 2012 | Main | February 2013 »

水曜シネマ

平日の夜に映画に行くのが好きなんです。
明日も仕事なのにあえて行くのが。

しばらく、封印していたのですが、
水曜日は、近くのシネマで、女性は半額、
ということを知って、娘と行ってきました。

それぞれ学校が終わってから、現地集合。
シネマのある巨大ショッピングモールで、
パスタを食べて、
娘はカフェで宿題を少しして、
僕は明日の弁当の材料を調達して、
キャラメルポップコーンも買って、、
いよいよシネマへ。

静かな、しみじみと心に染みる映画でした。

帰りは、だいぶ、遅くなりましたが。

映画で、ちょこっとでてきた、絵本を読んで寝ようとおもいます。

 「ちいさなおうち」

なあ、娘よ、よかったなあ。

え、宿題まだ終わってないって?

まじか……

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

豊かな暮らし

母が、今年は、豊かな暮らしを目指すんだそうです。

アベノミクスで、潤うのはごく一部の人たちで、
我々は1円でも多く貯蓄したほうがいい、
と、店のお客さんに教えてもらったんだとか。

しかし、音楽や美術や文学には、
カネを惜しむことはしない、とも。
ま、芸術至上主義は我が家の伝統ですから。

今日、母が勧めていた本が届きました。

 「野生の食卓」

鎌倉に住む物書きの女性が、
近所を散歩しながら、
野草を摘んで、
美味しくいただく暮らしを綴った本。

七草を摘んで、七草粥をつくったり、
仲間を呼んで、野草パーティを開いたり、
と、カネはかけないけれど、なかなか豊かな食卓。

母いわく、
おすそわけをしあったり、
小さな感動を共有して大きな喜びにしたり、
身近なところに美を見つけたり、
心を込めておいしい料理をつくったり、
と、カネをかけなくても、
豊かに暮らす方法はいくらもある、と。

たしかに。

カネやモノがないと豊かになれないのは、
心が貧しいから。
逆に、心が豊かなら、
カネもモノもさほどいらないはず。

ということで、娘よ、うちも目指すぞ。

心豊かな暮らし。

え、何をするかって?

ま、今まで通りってことだ。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

もう半分、まだ半分

コップに半分、水が入っています。

これを、どう見るか?

よく聞く話。

もう半分、と見るか、
それとも、
まだ半分、と見るか。

ひとによって、ときによって、見方は違うでしょう。

もう半分どう増やそうか、と思うひともいるかもしれません。

足りないと見るか足りると見るか、
これは、大きな違い。

半分しかない。
増やさなきゃ。

と、突っ走る時期も必要でしょう。

もう半分もありゃ充分。
なくなりゃ、なくなったで、また考えよう。

と、脱力する時期も必要でしょう。

僕は、すっかり、半分もある派。
以前は、増やす派でしたが。

半分の半分、
半分の半分の半分、
半分の半分の半分の半分……

こうすると、永久になくならないのが不思議。

人生後半は、ちびちび、味わうのがコツなのかもしれません。

おい、娘よ、センター試験まで、
まだ1年もあるんじゃなくて、
もう1年しかないんだって。

「も」と「しか」じゃ、大違いだって。

わかってんのか?


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

たかが買い物、されど買い物

僕の実家は田んぼの真ん中にあるんです。
近くに小さなスーパーがあったのですが、
閉店してもう何年も経ちます。
もう、近くには一軒も店がなくなってしまいました。

30分くらい歩いたところに、
コンビニができたのですが、
大きなスーパーは、
歩いてはいけないところにあるんです。

僕は実家では調達屋。
依頼されれば、車でひとっ走りして買いにいき、
この町で手に入らなければ、
インターネットでお取り寄せ。

けっこう重宝がられているんです。

で、先日、スーパーに行ったら、
タクシーが停まっていました。
お年寄りが、買い物にきたのでしょう。

最近、「買い物弱者」という言葉を知りました。

 車を持っていなくて、
 500m以内に店がないところに住むひと。

急激に増えているそうです。

スーパーの宅配もあるのでしょうが、
カタログを見て1週間分の買い物を、
漏れなく注文するのは至難の業。
1週間後に食べたいものなど、わかりっこありません。

母の話では、実家の近くには、
買い物弱者の方がちらほらいて、
みな困っているんだそうです。
家族に頼める方ばかりでなく、
コンビニですべて用を済ましている方もいるとか。

大型スーパーだけでなく、
巨大ショッピングモールもできて、
休日には渋滞ができるほどのにぎわい。

で、その結果が、これ。

珍しい食材を売るスーパーも
おもしろい雑貨もあるモールも、
僕は大好きなんです。
しかし、なんだかなあ、と。

莫大な資本を持つ大型店が、
安売りという弾丸を撃ちまくり、
小さな店を徹底的に叩きつぶし、
で、ライバルがいなくなったら、
元の値段に戻す……

やはり、弱者にやさしくなくっちゃいけません。
弱者にやさしい社会をつくるのは、
自分が弱者になった時、やさしくしてもらうため。
誰もが年をとれば、弱者になるのですから。

娘よ、なんだかなあ……。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

石油ファンヒーターの件

実家の石油ファンヒーターが、
暮れからずっと調子が悪かったんです。
つけても、すぐピピピと電子音がして、止まってしまって。

説明書によると、通気口の掃除が必要、とのこと。
で、ヒーターの裏面に空気穴がたくさんあったので、
掃除機で、そこのホコリを吸い取りました。

で、スイッチをつけると……

多少、稼働時間が長くなったような気がしましたが、
また、止まってしまいました。

しばらく様子を見て、
再度、同じ作業をしましたが、
結果は同じ、
すぐに止まってしまうんです。

工具セットを持っていき、
分解して中を掃除しようとしましたが、
分解の方法がわからず、断念。

かつて、買った店で、見てもらったこともあるそうですが、
問題ない、と言われ、持ち帰ったとのこと。

もう、打つ手なし。

結局、父がかわりの新しいヒーターを買ってきました。
昼間、祖母が一人でいるとき、凍えてはいけない、と。

無念……

それでも、僕の努力を、実家の面々はねぎらってくれましたが。

さて、数日後には、例のヒーターが粗大ゴミに出されようとしていた時、
説明書の最後のページに、サービスセンターの電話番号を見つけました。
平日の昼間のみ電話を受け付けるそうなので、
翌日の昼休み、ケイタイでかけてみました。
無料の電話番号のほうは、何度かけても話し中。
有料のほうも、何度かけても話し中。
きっと、全国から、抗議が殺到しているのでしょう。

さて、しつこくかけて、ようやく、電話がつながりました。
有料のほう。
とても親切そうな青年が、丁寧に応対してくれました。
すぐに引き取って、無償で、修理してくれるとのこと。

その二日後には引き取りにきてくれ、
またその二日後には修理して返してくれました。

ストーブの裏面には、網目のカバーが取りつけられていました。
やはり、そこが問題だったようです。

で、そのヒーター、今や絶好調。
実家はいっそう暖かくなりました。

僕はヒーロー扱い。

でも、新しいヒーターの出費分はマイナス。

さらに、残念なのは、
電話一本で直してもらえるのに、
それを知らずに新しいヒーターを買ったひとが、
他にもたくさんいるはずなこと。

うるさい人には得をさせ、
その分、おとなしい人からぶんどる、
そういうシステムがあるのでしょう。

ちなみに、そのヒーターは、トヨトミLCー32A

ああ、やだやだ。

娘よ、パパは、電話一本で一万なんぼ稼いできたぞ。

え、そのカネ、どこいったかって?

そうだ、どこいったんだ?

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

独立系魂

昨日、今日で、僕の住む町で、
二軒の本屋さんが店を畳みました。

本はほとんどネットで中古を買う僕も、
その原因をつくった一人。

もう、独立系(インディーズ)な店は、
田舎では生き残れないのでしょうか。

両親のインディーズな店は、
売り上げと年金併用で、
なんとか切り盛りしています。

シャッター通りとも言われる商店街で、
今も開いている店の多くも、
きっと老店主が年金をもらいながら、
細々と営んでるのでしょう。

チェーン展開の大型店が、
大駐車場を完備して、
郊外にドーンと建って、
町の小さな店を次々とつぶしていく……

町の人を、非正規で雇い、
微々たる賃金を払い、
あとの利益は、都会の本社に上納。
少しのカネを町に落とし、
多くのカネを町から吸い上げる……

もう、これは侵略。
今や、戦時。

世界では、祖国の独立のために、
命をかけて戦うひとたちがいます。

豊かになるために属国になるくらいなら、
たとえ貧しくとも独立国でいたい、
というインディーズ魂!

うう、娘よ、明日も行くのか……

インディーズ魂はないのか?

え、パパも行くくせにって?

だから、そりゃ、偵察だって。

Love&Peace・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

「第五」の時代

今は、「第四の消費」(三浦展)の時代なんだとか。

ちなみに、
「第一」は、戦前、近代化したばかり、国家重視、
少数の中流階級が消費を楽しんでいました。

「第二」は、高度経済成長期、
一億総中流化、マイカー、マイホーム、家庭重視、
「大量生産」、「大きいことはいいことだ」

「第三」は、バブル期、
ブランドで個人の差別化、個人重視、
消費は、量から質へ、
一家に一つから、一人に一つへ。

で、バブルがはじけて「第四の消費時代」、
消費者の目が、国家でも家庭でも個人でもなく、
社会に向きはじめたようです。
どうせ買うなら、環境にいいものを、とか。
ブランド品に執着することなく、
ノンブランド品を自然に身につけ、
所有にこだわらず、レンタルですませ、
シェアハウスに仲間と暮らし、
カネがなきゃないなりに楽しんじゃう時代。

何より、この時代のキーワードは、シェア。
たとえば、情報など、
所有してるだけでは、意味がなく、
多くの人とシェアすることにこそ、意味があるように。

なるほど。
うん、なるほど。

さて、「第五の消費」の時代は?

 昔はカネがなくちゃ生きてけなかったんだってねえ。

などと、すっかりカネから解放された時代。
カネにコントロールされた人は、もはや歴史上の人物。

 さ、この野菜、お隣さんと交換してくるかねえ。

などと、食べ物は自分たちでつくっちゃって、
省エネだけじゃなく、省カネもしちゃう時代。

と、僕は思っているのですが……。

娘よ、一足先に、うちだけ「第五」時代に入るぞ。


おい、パパについてこないのか?

おーい。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

ひとを動かすもの

ある心理実験で、
アンケートに答えてもらい、
謝礼に、封筒に、紙幣を入れて、与えました。
その封筒には、貧しい国への寄付を呼びかける手紙も。

手紙は、二種類、
一つは、その国の悲惨さの具体的な数値の統計をのせたもの、
もう一つには、ある女の子の写真とその生い立ちを書いたもの。

どっちが多くの寄付を集めたか?

答えは、女の子の写真を見たグループのほう。

さて、それならば、統計と写真を一緒に入れたら、
より多くの寄付が集まるだろう、
と、さらに実験。

で、答えは、

 統計 < 写真と統計 <写真

つまり、ひとは、圧倒的な数字を見せられるより、
一人の人間のドラマを見せられたほうが、
心を動かされ、行動を起こす動機付けになるようです。

数字に強いひとがいるんです。
いつも、具体的な数値を出して、
自分の意見の「正しさ」を訴えるんです。
もちろん、反論はできないのですが、
どうしても、素直に「正しさ」を受け入れられなかったんです。

もちろん、数字で動くタイプのひともいるのでしょうが、
僕は、数字より、人間ドラマで動くタイプのようです。

物語の力は、やはり、あなどれない。

で、娘よ、これ、去年の模試の英文だぞ。

読むか?

偏差値上がるぞ。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

「パパラギ」再読

パパラギとは、白人のこと。

南海の酋長ツイアビが語るんです。
島の民たちに。
いかに、パパラギがおかしいか、を。

パパラギは、肉を罪と、体を包む。
二つの「縁の高い小さなカヌー」に足を入れるので、
足がもう死にかけていて、いやなにおいがする。

「丸い金属と重い紙」をお金と呼び、それが大好きで、
もはや、それがなくては、生きていけなり、
時に、お金のために残酷にもなり、
もっともっ、とお金をほしがる。
お金は、増えても増えても満たされない。

パパラギは、分けあうことなんてしなくて、
たくさんモノがなくては暮らせないほど貧しくて、
お金をたくさん集めたら、
あとは自然にお金でお金を増やしていく。

酋長は、自分の年齢など知らず、気にもしないのに、
パパラギは、「小さな丸い機械」を身につけ、
一日を細かく切り刻み、秒単位で忙しがっている。

パパラギがよく出かけるのは、
「まやかしの暮らしのある場所」、
そこを、映画館と呼んでいる。
「束になった紙」を読まずには暮らせず、
知らなくてもいいことまで気にして、
もはや、本当でないことを好み、
本当のことを知ることさえできない。

この「パパラギ」はヨーロッパ人なのですが、
そっくり、今の日本人にも当てはまります。

 足をからめて登ったヤシの木を、
 ヤシの木より高く登ったものはない。
 頂上で引き返すだけである。
 もっと高く登ろうとしても幹がない。

サモアの「ラウ」という言葉は、
「私の」と同時に「あなたの」も意味します。
なぜパパラギが所有にこだわるのか、
酋長は、理解できないんです。

大学一年生の時に読んだ本、
お取り寄せして、二十数年ぶりに再読、
パパラギも日本人も、
まったく進歩してなくて、
さらにひどいことになっているようです。

娘よ、この本、読め。

たまにゃ、親のいうこと聞け。

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (2)

あこがれの調達屋

実は、あこがれているものがあるんです。
映画に出てきたりして。

 調達屋

リクエストしたら、何でも持ってきてくれる人。

映画では、囚人や捕虜の中に、そんな調達屋がいて、
仲間のために、知恵と人脈を駆使して、
リクエストの品を届けるんです。

暮れの職場の忘年会で、
大ビンゴ大会が行われました。
景品はいつもの倍、ハズレなし。

でも、喜ぶ人もいれば、喜ばない人も。
えてして、いらないものが当たるんです。
で、ほしいものは、ほかのひとに当てるんです。

で、調達屋ジロー登場。

まずまわりの同僚の景品をチェック、
何がいらなくて、何がほしいかを把握、
そして、席から席へ、酒をつぎながら移動、
同僚と同僚の間に入って、
物々交換の交渉をしたんです。

これで、けっこう、次々と、
いらないものが、ほしいものにかわり、
同僚たちに感謝され、うれしかったんです。

僕にとっては不要品でも、
他のひとにとっては必需品なんてこともあるんです。
もちろん、その逆も。

僕にとっての311は、これなんです。
ちょうど、引っ越しの時で、
いらないモノを処分しなくてはなりませんでした。
被災地に送れば、きっと役に立つモノも。
しかし、当時、物流が混乱していて、モノは送れず、
引っ越しの期日も迫り、どうすることもできず、
泣く泣く、ゴミ処理場へ、何往復もしたんです。

テレビを見れば、連日、
一切を失い、避難所で暮らす方々が……

モノを減らして暮らそう、と思いました。
また、不要なモノを見つけたら、
必要とするひとに届ける努力をしよう、と思いました。

このごろ、ひとにモノをあげるのが、マイブーム。
モノは減るし、多少は喜ばれるし、
カネは節約できるし、ゴミも減らせるし、
一石二鳥どころか、少なくとも四鳥。

娘よ、愛とは、与えることだ。

え、こづかいを与えろ?

愛とは、カネと交換できない、
愛は愛としか交換できない。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ごちそうさま

今日のランチは、禅寺で。

娘たちが昨日から禅寺で、
合宿でワークショップをしていて、
その迎えついでに。

娘たちは、朝5時から座禅したんだとか。

美味の基本中の基本は、
よく働くこととおなかを空かせること。

僕は、朝を控えめにして、
腹ぺこのまま、いざ禅寺へ。

セルフサービスで、食堂まで、
ご飯と味噌汁を運びます。

若いお坊さんが、作法を教えてくれます。
食前のお経も一緒に読みます。

ごはん中は、無言。
完食が原則。
おかわりはあり。

おわんが四つ、ごはん、味噌汁、煮物、ごま豆腐。
当然、精進料理、ベジタリアン食。
たくわんももらえるのですが、一切れ残すんです。

しゃべらないので、一口一口、味がよくわかります。

最後に、ご飯のお椀に、お湯を注ぎ、
たくわんで、洗うんです。
そのお湯を、他のお椀に移し、また洗い、
最後に、たくわんを食べ、そのお湯を飲み干します。

さて、このごはん、
信じられないほど、おいしかったんです。

あの肉食の娘も、その美味に感動したほど。

米は、八十八と書きます。
それだけ多くの人と手間がかかっているんです。

感謝して、自分を見つめ、
その米を食べる資格があるか、常に問い、
食は薬であり、
道を成すためにこのごはんをいただく覚悟をする。

と、最後にお坊さんがお話をしてくれました。

心を込めて、手を合わせ、
ごちそうさま、と言わせていただきました。


で、娘よ、座禅は退屈だっただろ?

え、気持ちよかったって?

マジか。
パパもやってみようかなあ。

え、まだ早いって?

……………。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

新春「第九」

今日は、ひと泳ぎして、髪を切って、
父にすしを握ってもらって昼食をすませ、
この前まで住んでいた町のコンサートホールへ。

 新春コンサート「第九」

読書会の同志が歌い、
娘と僕のバイオリンの先生が、オケのコンミス、
と、これ以上ない豪華キャスト。

普通の市民が、ステージに上がるところがいいんです。
ベートーベンは、それまで貴族のものだった音楽に、
初めて普通の市民を参加させるという革命を起こしたんです。

構想30年、
聴力を失っての作曲、
プライベートでは散々、
それでも、「苦悩を突き抜け、歓喜に至れ」、と、
この人類史上最高の音楽を生み出したんです。

200年近く、今も歌い継がれています。
 
で、今日のステージは、迫力が違いました。
やはり、ライヴは、別物。
指揮者は、天国に導かんばかりに、タクトを振り、
オケ奏者、ソロ歌手、合唱団の魂が伝わってきて、
僕まで、天国に近づいたような気がしました。
全身の毛が逆立ち、最後は涙も。

娘よ、今日は一日模試で大変だったな。

CDが、なんで、70分か知ってるか?

「第九」が全部入るからだってさ。

いいか、苦悩を突き抜けなきゃ、歓喜はないぞ。

え、パパは苦悩があるのかって?

ま、ないけどさ。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

笑っちゃえ作戦

スウェーデンでも、
規制緩和による格差社会化が問題に。

で、おもしろい運動があったんだとか。

 上流階級サファリ

バスで、高級住宅地に出かけ、
そこに生息する猛獣(金持ち)を観察するツアー。

「あの猛獣たちは、うその会社を作り、
 税金逃れして、こんな豪邸に住むんですよ」
などと、旗を持つガイドさんが説明してくれたり。

猛獣(金持ち)を、笑いの対象にして、
恥ずかしがらせるという戦法。

このセンス、いいです。

 ユーモアとは、「にもかかわらず」、笑うこと。

今日、たまたま開いた本の一節。

逆境「にもかかわらず」
決してユーモアを忘れないことこそ、
生きていく、大きな力。

なるほど。

娘よ、だから、笑えって。

さっきから、あやまってんじゃんよ。

おい、聞いてっか?

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

冷えとたたかう

うちは、とても寒いので、
冷えとたたかう今日この頃。

数年前は、足が冷えて冷えて困っていたのですが、
そういえば、足の冷えがなくっているんです。

ヨガをしてるからでしょうか?
といっても、朝、数分だけ、サボる日もありますが。

うちの中では、
下半身は毛布を巻いて、カフェエプロン。
上半身はカウチンセーター。
首にネックウォーマーをして、
ニットのハンチングもかぶり、
もはや、完全武装、
これが僕の基本スタイル。

それでも、寒いときがあるんです。
なにせ、暖房代をケチっているもので。

で、最近、導入したのは、ダウンベスト。

体というのは、冷えてくると、
血が心臓のまわりに集まり、
まずそこを優先的に温めるんです。
だから、手足が冷えるんです。
そこで、心臓のある体幹を温めると、
血が、もうここは大丈夫だ、と、
手足の末端まで行きわたり、
手足を温めるそうです。

そう、血行を制すものは、冷えを制す。

ダウンベストを着ると、
じわじわ、つま先が温まるのが不思議。

今、お湯を飲みながら、書いているのですが、
これも、体の中から温まります。

足が寒いからといって、
足を温めると逆効果、
というのが体の奥が深いところ。

あ、娘よ、それと、三つの首を温めるといいそうだぞ。

首、手首、足首だってさ。

え、レッグウォーマーがないって?

よし、次はそれだ。

メンズあるかなあ?


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

小さな店

仕事帰り、いつも小さな食料品店に寄ります。
八百屋と魚屋と雑貨屋がいっしょになった我が家の食料庫。

大きなスーパーに行くこともありますが、
こちらに来るほうが圧倒的に多いんです。

店が小さいので、
どこに何があるか把握しているし、
店内の移動距離も短いし、
駐車場は近いし、
とにかく、早く買い物を済ませられ、
とっても助かっています。

魚屋さんは、
魚をさばいてくれだけでなく、
料理法もアドバイスしてくれます。

レジのひとも、
季節に応じて声をかけてくれます。

言葉をかけてくれる店って好きなんです。

そういえば、話ができる喫茶店も少なくなりました。

今日はついでにその店の向かいの店へ。
コーヒー豆専門店。
ほんと豆を売るだけの店。
ここのお兄さんもいろいろと教えてくれます。

なんてすてきな小さな店たち。

巨大店舗がドーンとできて、
近くの小さな店が次々となくなり……

これは、もはや侵略戦争と同じ。
ただ銃弾が資本になっただけ。

ブラック企業が、
カネにものを言わせて、
大きな店をつくり、
安い賃金で店員を雇い、
安い商品を一秒でも速く提供する。
そして、次々と小さな店をつぶし、
また大きな店をつくる……

娘よ、巨大ショッピングセンター行って、うかれてんなよ。

え、パパも先週行ったくせにって?

あ、あれは、偵察だ。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

不味くて美味い家庭料理

僕は自分が食べるものは、
たいてい、DIY、
自分で作るんです。

そりゃ、いつもうまくできるわけではありませんが、
ずっと安上がりだし、
中に何が入っているかも把握できるので安心。

もちろん、外食は大好き。
しかし、工場でつくって運ばれてきた食材で、
高校生バイトがつくるようなものは、ごめんです。

どうせカネを払うのなら、
うちで再現しようとしても絶対に不可能なもの、
そんな感動を味わいたいんです。

さて、舌先の美味など、
シュフにとっては簡単なこと。

たとえば、
ここでもっと砂糖と油を足せば美味くなる、
とわかっていても、
シュフには足すことはできないんです。
家族の健康を考えてしまうから。

これが、家庭料理のイマイチな味の原因。

また、好き嫌いは、
人生を貧しくします。
生きるために食い、食うために生きる人生を。

だから、嫌いなものでもバンバン出します。
たとえ、残されても。

これが、家庭料理が不味いと言われる原因。

栄養価は低いわりにカロリーは高く、
中に何が入っているかわからない食べ物を、
注文して60秒以内に受け取って、
小学生のこづかい程度のカネを払って、
おなかを満たす……

娘よ、そんなの間違ってる。

この前、遊びにいって、何食べてきたんだ?

え、じゃあ、こづかい増やせって?

そんなら、遊び行くときも、弁当持ってけ。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ミュージカル!

昨夜、夕食は父にすしを握ってもらい、
車を飛ばして、映画に行ってきました。
母と。

 ミュージカル「レ・ミゼラブル」

以前、他の映画を見たのですが、イマイチで、
あまり期待していなかったのですが、
見終わった瞬間、
立ち上がって、拍手しそうになりました。

ブラボー!

恋、罪と正義、カネ、親子愛、神、そして、革命。

人生のすべてが詰まったストーリー。

歌がいいんです。歌が。

僕は、ブンガクと英語が仕事なのですが、
いつも、音楽にはかなわないな、と思うんです。
言葉の壁など、ひとっ飛びしちゃうところが。

な、娘よ、バイオリンがんばれ、バイオリン。
せっかく、弦楽合奏部やってんだから。

え、パパもバイオリン持ってるくせにって。

ま、パパのことは気にせず、がんばれ。

音楽は、国境を越えるぞ。


Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

ガラス拭いて、おにぎり焼いて

今日は、朝食後、キッチンでぼんやりしていたら、
南向きのガラスがとっても汚いことが判明。

で、急きょ、ガラスを拭くことに。

僕のエプロンにはポケットがたくさんついているので、
新聞紙をくしゃくしゃに丸めたのをすべてのポケットに詰め込みました。

そして、雑巾とバケツを持って、
マフラーをして、ベランダへ。

ゴム手袋をはめて、
右手に雑巾、左手に丸めた新聞紙、
右手で拭いて、濡れてるうちに、左手で仕上げ。

これは、両親の店の大掃除の時にマスターしたワザ。
サッサと拭いて、キュッキュと仕上げ。

で、ティータイム。
南向きのガラスを眺めると、
まるで、ガラスがはまってないかのようにキレイ。

掃除担当の娘も、驚いていました。

で、昼ごはんは、焼きおにぎり。
この一週間、試行錯誤を続けてきたんです。
失敗の連続。

成功というのは、原因がわからないもんなんです。
しかし、失敗は、原因がわかりやすいんです。
だから、失敗するたびに、原因をつぶしていけば、
なんとか、成功にたどりつくもんなんです。

で、今日も焼きおにぎりに挑戦。

白いごはんで、固めのおにぎりをつくり、
魚焼き両面グリルを予熱して、おにぎりを入れる。
そして、待つ。
この待つというのが、意外に難しいんです。
ここで待てないと、ごはんがくっつくんです。
表面がカリカリになるまで、じっくり待ちます。
たれは、しょうゆとみりんを混ぜたもの。
カリカリのおにぎりを、たれにドボンと漬けて、
グリルに戻し、焦げ目がつくまで、また待ちます。

で、ついに、初めて、
焼きおにぎりらしい焼きおにぎりの完成。
まあ、美味いこと、美味いこと。

娘よ、見たか、パパのシュフ魂っ。

え、弁当に入れてほしいって?

ま、まかせとけって。

あれ、ガラス拭き、そっちの仕事じゃね?

Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

模範解答

「仕事とわたし、どっちが大事なの?」

FAQ(よくある質問)の一つ。
昨夜、喫茶店で読んだ雑誌に載っていました。

今日、新年会で、男性二人に、
どう答えるか、聞いてみました。

一人は、「両方だ」、と即答。

もう一人は、「仕事の重要性を説明する」
と、長期戦に持ち込む覚悟。

なるほど。

ちなみに、以前の僕、
「君だ」と答えて、仕事に行く。

ま、今は、
そう聞かれるような働き方はしていません。

さて、模範解答。

 「さみしかったんだね」

お見事。

そう、その質問の答が重要じゃないんです。
そのような質問をした相手の心に寄り添うことが重要なんです。

昨日、夜の喫茶店で、2時間勉強した成果。


娘よ、テレビと宿題、どっちが大事なんだ?

だから、「宿題」とか言って、テレビ見んなっつーの。


Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

夜の珈琲

時々、夜の喫茶店に行くんです。
娘と。

喫茶店といってもチェーンの店。
コーヒーはとてもおいしいとはいえないので、
ただ居座るためだけに。

娘は、たいてい宿題。
僕は、時間つぶしのような情報収集。

たまに場所を変えると、
集中できていいんです。

今夜も、閉店の11時までいました。
2時間も。
もはや、うちの別室。

娘よ、宿題ははかどったか?

パパは、一段と、思想が深まったぞ。

ま、また10枚綴りのチケット買っといたから。

一杯40円くらいお得らしいぞ。

また、明日、いっちゃう?

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

時間差流行生活

このごろ、携帯ゲーム機で、お勉強してるんです。
ニンテンドーDS。
3世代前くらいの型落ち中の型落ち品。
数年前に、4千円で譲ってもらい、
娘に与え、
娘が使わなくなっったので、僕がもらったんです。

これが、まだ、バリバリ使えるんです。
当時、大人気だったのですが、
今は、もうジャンク品扱い。

しかし、当時、DSなど触ったこともなかったんです。
だから、今、僕にはこれがとっても新鮮。

うれしいことに、
中古で出回っているソフトの、
安いこと、安いこと。
もう飽きられて、値が下がっているんです。

僕は流行に鈍感で、
人気がなくなった頃、ようやく手に入れ、
かなり遅れてはいますが、
同じ興奮を感じているのでしょう。

実は、とっても安上がり。

ベストセラー本なども、
数年経って、評価が定まった頃、
タダ同然の古本で手に入れて、読むんです。

そう、積極的流行遅れ。

今、使っているケイタイも、
使うたびに、教え子たちにバカにされるのですが、
話すだけじゃなく、メールも写真付きで送れ、
インターネットにもつながり、
ググることも、ショッピングも、映画の予約も可能。
この頃にいたっては、写真をとってはフェイスブックにアップ。
これでも、まだ未開拓の機能が入っているんです。
もはや、ポケットに世界が入っちゃう時代。
スマホじゃなくても。

そう、積極的流行ズラし。

しかし、娘よ、DSとケイタイのすごさ、
まわりのひと、誰もわかってくれないんだけど?

な、スゴいよな?
日本の技術ってさ。

だから、iphone5触ってないで、聞けって。


Love & Peace ・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

乞食にしわなし白髪なし

そういえば、朝、顔を洗わないんです。
子どものころは、一度も。
十代のころも、一度も。
大人になってからは、時々、いやたまに。

なんとかなるもんです。

よく洗った時期もあるんです。
チューブの洗顔のを使って。
すると、顔がパサパサヒリヒリするので、
洗顔後、顔にクリームを塗るんです。

顔を洗うと、油が抜けるのでしょう。
だから、また顔に油を戻すのでしょう。

なんだか、無駄なような気が。

もしかしたら、CMに、
洗顔は大事、クリームも必要、
そう思いこまされて、
買わされ続けたのかも。

このごろは、寒いので、
お湯だけでちゃっちゃと荒い、
化粧水をちょこっとつけるだけ。

実は、肌の調子は、上々。

 乞食に しわなし、白髪なし

そんな言葉があるそうです。
資本主義社会から完全に疎外された乞食のほうが、
かえって、健康的だったり、
と皮肉なことも本当にあるのかもしれません。

いつも、キレイでいい香り、
そうでなければ、人前に出られない……

この強迫観念が、過剰消費を生むのでしょう。

清潔は大事、
しかし、潔癖は考えもの。

もし、手のひらが、無菌だったら、
ばい菌がついたら、一気に増殖するでしょう。
いろんな菌の攻防が、増殖を防いでいるのですから。


だから、娘よ、風呂長いって。
毎日入らなくても、全然平気だって。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

与えれば与えるほど……

持てば持つほど、欲しくなる。
欲しがれば欲しがるほど、
持てないものも増える……

これは、たぶん、人間の習性。
決して満たされない無限ループ。

持てば持つほど、与えなくなる。
持たなければ持たないほど、与えたくなる。

これも、習性。

だから、
金持ちは、独占したがり、
貧乏人は、共有したがる、
というより、貧乏人は共有せざるをえない。

独占すればするほど、仲間が減り、
共有すればするほど、仲間が増えるもの。

大人になれば、プレゼントは、
もらうより、あげるほうがうれしいもの。

実は、あげればあげるほど、もらえるんです。

両親を見て知った『オスソワケの法則』

もう、こうなったら、どんどん、あげちゃうしかありません。

しかし、娘よ、もうあげられるものはない。

カネなんか、特に、ない。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

新年のありがとう

今朝、ひさしぶりに早起きを。
そう、新学期が始まったんです。

弁当は、ごはんを炊いて、
鶏の照り焼きをのせて、
卵焼きとほうれん草を添え、
ワン・ボックス弁当に。

で、学校に出勤して、
久しぶりにう生徒たちと挨拶をかわして、
また、学校生活が始まったんです。

すると、急に、
こんなテキトーでイーカゲンな僕を、
センセイと呼ぶ生徒たちの存在に、
感謝の気持ちがこみ上げてきたんです。

大掃除、始業式、教室でちょっと話をして、帰りの会。

弁当の前に、初歩き。
水泳部員たちと、1時間ウォーキング。
あれこれ、しゃべりながら。
今まで歩いたことのないルートを行き、
いろいろと、小さな発見もありました。
オフシーズン、このウォーキングはけっこう楽しみ。
こんなオヤジとつきあってくれる彼女たちにも感謝。

ワン・ボックス弁当を食べ、
午後は、デスク・ワーク。
今日は、定時で勤務終了。

久しぶりに会った同僚の先生たちも、
あらためて、いいひとが多いことに気づき、
感謝の気持ちは消えないまま、
ちょっと、両親の店へ。

母がコーヒーを淹れてくれました。
これが、いつものように抜群に美味で、また感謝。
父は74歳、サラリーマンなら、とっくに定年なのに、
今も、現役で、このことにも、また感謝。

帰りに、母がオスソワケの野菜をくれ、
父も、オスソワケの餅を出してきてくれ、
どれも、買おうとしていたものばかり、
買い物袋いっぱいいただき、またまた感謝。


娘よ、人生、感謝しかなくね?

え、今日だけ、すぐ忘れるくせにって?

いや、吾れ唯足るを知る。

いつも、ありがとう。

合掌。

「ブッダ」読む?
おもしろいぞ。

だから、影響されてないって。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!


| | Comments (0)

新学期前夜

いよいよ、明日、
娘も僕も学校が始まります。

ということは、弁当づくりも始まります。

今、娘は宿題のラストスパート。
徹夜する勢いのようです。
ま、どうせ、終わらないでしょうが。

僕も、放置していた仕事を少々。
早く寝られそうもありません。

さきほど、弁当の仕込みを少々。
明日の朝はキツいでしょうから。

さんざん、この正月は、
有意義で無為な時間を過ごしたのですから、
多少、夜なべを強いられても、しかたありません。
後悔はこれっぽっちもありません。

さ、もう、ひとふんばり。

だから、娘よ、見通しが甘いんだって。
今年こそ、計画的にことを進めろって。

え、パパに似たって?

パパは、間に合わせるぞ。
絶対に。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

ヤンキーVSツッパリ

先日の新聞に、ちょっとおもしろい記事が。
精神科医の斉藤環氏の声。

「自民党はヤンキー政党」

氏のヤンキーの定義。
「気合いとアゲアゲのノリさえあれば、まあなんとかなるべ」
という空疎に前向きな感性のこと。

放射能、「まあなんとかなるべ」
生活保護、「気合いが足りん」
領土問題、「来るなら、来いや」

先のことは考えず、
難しいことも考えず、
理屈こねてる暇があったら行動して、
地元の祭りの担い手となり、
不良になるところを、すっかりロンダリングされ、
ヤンキー保守として、地元の顔役に。
ニヒルな知性派を蹴散らして、選挙で圧勝。

カネだ、カネ、カネ持ってこーい!

そりゃ、強いわけです。
知性や理屈が通るわけがありません。

さすがは、「ヤンキー先生が」所属する自民党。

僕は、十代の頃、グレたことがあるんです。
しかし、僕たちは、ヤンキーではなかったんです。
ツッパリと呼ばれていました

権力に迎合しない。
ツッパリ以外のひとには暴力はふるわない。
いじめはしない。
盗みはしない。
女子は大切にする。
仲間がシンナーをしたら、ボコボコにする。
アナーキスト。
ハンパは絶対にしない。

しだいに、そんな掟ができあがりました。

氏は、あきらめ気味に、
ヤンキーの中の知性派を『ほめてのばす』しかない、と。

もう、こうなったら、全面抗争。

ヤンキー VS ツッパリ!

娘よ、だから、パパはビビってなんかいねえって。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

吾唯足知

この世界には、
我々が必要なものは充分あるんです。
しかし、我々が欲しいものは足りないんです。

今あるもので、充分、幸せになれるのに、
今ないものを、嘆いて、不幸になってしまったり。

暮れに行った京都、
枯山水の庭で、
つくばいに四つの文字が。

 吾唯足知 (われただ足るを知る)

フロイトの甥、バーネイズは、
叔父が解明した無意識に、
宣伝で訴える方法を確立しました。
これが資本主義を支えるCMの始まり。

People buy things they don't need,
with money they don't have.

最近、ネットで見かけた英文。

 ひとびとは必要ないモノを、
 持ってないカネで買う。
 
そう、借金してまで。

資本主義とは、借金主義。
カネを借りて、事業をして、利子をつけて返す。
ゆえに、事業は、利子の分、拡大を義務づけられ、
カネを貸すほうは、何もしなくても富んでいく。

過剰生産→大恐慌→戦争、
と、昔はこの流れがあったのですが、
過剰生産→過剰消費、
と、今では、いらないモノを借金して買うシステムで、
戦争は回避しているようです。
ま、銃弾のかわりにカネを使った戦争ともいえますが。

やはり、平和が一番。
カネには気をつけないといけません。
大好きなだけに。

な、娘よ、だから、お年玉、ぜんぶパパに預けなさい。

え、パパからまだもらってないって?

前借りしたの、忘れたのかっ?
利子とらないだけ、ありがたいと思え。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

初詣

今日は、恒例の初詣に。

杖をつく祖母と、
車イスの兄と。

ひっそりとした山寺、
石段があるので登らず、
お参りは省略。
ふもとの茶屋でティータイム。


祖母は甘酒、僕はゆず茶、
兄は自販機のカフェオレ。

金山寺味噌と御利益饅頭を土産に。

茶屋のひとたちが、僕たちを覚えていてくれて、
とても親切で助かりました。
また来年もよろしくお願いします、とお別れの挨拶。

夜は、娘も合流し、暮れにもらった牛肉ですき焼き。

そろそろ、ごちそう納めでしょうか。

今年も、おだやかでいい正月でした。
ちょっと疲れたので、早く寝るとします。


娘は、もう何時間も、
テレビを見ながら、ケイタイをいじっています。

ま、娘よ、正月だからな。

今のうちだぞ。

グッナイ。

Love & Peace ・・)v


今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

正統派正月

今日は、
お餅食べて、
お節食べて、
箱根駅伝見て、
干し芋かじって、
親戚が来て帰って、
夜もお節食べて、
ウイスキィ少し呑んで、
ホームシアターで白黒映画見て、
祖母と布団並べて、
手塚治虫のブッダ読んで寝ます。

娘よ、正月は最高だぜ。

で、いつ帰ってくんだっけ?

Love&Peace・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (0)

モダンタイムズ

昨日今日、二日続けて、
宅急便が届きました。
ネットで注文した、直火のホットサンドメーカー、
ヤフオクで落とした、ブッダ全12巻。

今や、スピードも商品。

まことにありがたいのですが、
そんなにサービスしてくれなくてもいいんです。
大晦日元旦くらい。
どちらも不在で、再配達までさせてしまい、
ドライバーさんたちに、本当に申し訳なく思います。

夜は、実家で、恒例の新春ホームシアター。

「モダンタイムズ」

無声映画に近い白黒映画、
あのチャップリンの名作。
効率史上主義の工場では、
労働者の食事さえ、オートメーション化しようとします。
さすがにそれは失敗しましたが。
機械に、文字どうり、人間がのみこまれてしまう社会に、
コメディーで挑むチャップリンはブラボー!

しかし、この映画で、
アカのレッテルを貼られたチャップリン、
アメリカから国外追放されてしまったんです。

そう、笑いとばしちゃうのも、立派な戦術。

今年も笑って過ごしたいものです。

な、娘よ、スマイルだ。

チャップリンのスマイルって曲知ってるか?

ま、いい、餅に飽きたら、ホットサンド、どーよ?

Love&Peace・・)v

今日もランキング応援ヨロシクお願いします<(_ _)>→クリック!

| | Comments (2)

« December 2012 | Main | February 2013 »